阿嘉島のウミガメ 【姉日記】

今回の阿嘉島3日間で、のべ10匹のアオウミガメと4匹のタイマイに出会うことができました。
内、アオウミガメ9匹が阿嘉ビーチ、タイマイ4匹とアオウミガメ1匹がボートシュノーケリングで
出会った子です。


全て写真に収めていますが、個体識別ができそうなのは、阿嘉ビーチのアオウミガメ9匹。
仮に亀1~亀10とします。(亀4は儀名で出会った子 なので除きます。)

個体識別のポイントは、①大きさ ②首についた苔 ③甲羅の模様 ④その他


苔美1 亀1

苔美2 亀5

苔美3 亀7

亀1は小さめで首半分位まで苔が付き、甲羅の左端中央に白点があります。
亀5は全く同じ特徴で亀1と同一個体、亀7は画像で甲羅の白点は確認できませんが、
大きさと苔の付き方から見てこれも亀1と同一個体。

橙子1 亀3

橙子2 亀3

橙子3 亀10

亀3は大きめで苔なし、前脚の先がオレンジになったきれいな子。全く人を怖がりません。
これと同じ特徴を持つのが、亀10。


日出美1 亀6

日出美2 亀8

日出美3 亀8

亀6は大きめで首の付け根に苔。甲羅の模様が日の出のようにきれいな子。
この子も全く人を怖がりません。亀8も同じ特徴です。


亀9PA061189 亀9

亀9は沖で遠くから写真に収めた子。うっすらとしか見えませんでしたが、
コバンザメがついていたので他の子とは別個体だとわかります。

亀2PA040751 亀2

そして悩んだのが亀2。鮮明な画像がなく、首の苔の有無も不明。ぱっと見は甲羅が
随分黒っぽいので別の個体かとも思いましたが、どうも甲羅の模様が亀3と似ている気が…。

比較縁甲板 縁甲板比較 右が亀2・左が亀3

比較椎甲板 椎甲板比較 右が亀2・左が亀3

比較肋甲板  肋甲板比較 右が亀2・左が亀3

縁甲板・椎甲板・肋甲板を1枚ずつ見比べてみて、色味は違うが模様が同じで、恐らく亀3と同一個体。

以上、半日に及ぶ考察から、今回3日間で阿嘉ビーチで見たアオウミガメ9匹のうち、
4匹は別の個体だという結論に。
それでは次回会った時に個体識別ができそうな3匹に名前をつけましょう♪

亀1=苔美(こけみ) …首に苔が付いているから
亀3=橙子(とうこ) …手足の先がオレンジできれいだから
亀6=日出美(ひでみ)…甲羅の模様が日の出のようできれいだから

う~ん、我ながらネーミングセンスなし???
あ、因みに全部女の子の名前なのは、尻尾が短くて恐らくメスと判断したからです。
カメのオスは尻尾が太くて長いはずです、たぶん。

ここから下は、ボートシュノーケリングで見たウミガメです。

タイマイ1PA050872 座間味島沖で見たタイマイ1

タイマイ2PA050905 座間味島沖で見たタイマイ2

タイマイ3PA050910 阿嘉島沖(儀名)で見たタイマイ3&4

儀名は本来ダイビングスポットで深いのでシュノーケリング向きではありませんが、
リクエストして連れて行って頂きました。5M位は潜っているのですがこれで精一杯。

亀4PA050914 儀名で見たアオウミガメ(コバンザメ付)

こんな感じで亀さんに沢山出会えた3日間でした♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



Category: 姉代理更新

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する