1号2号の習い事

今朝まで4勤でした。
1号が珍しく 「 かぁさん いつも働いてるね。 」 と。

2勤くらいだと 「 かぁさん また休み~?いつも休んでるね。 」 と言われるのですが。
年間の公休回数が決まっていて、それを12で割った数が毎月の休みの回数で
1日だけ行って休みだったり、4勤があったり。

ということで、今日は休みですが のんびりまったり。
ひたすらゴロゴロして過ごしました。

夜、リアルスコープを見ましたが、体操教室の話でした。
1号2号、学習塾とは無縁ですが いくつかの習い事には行っていました。

幼稚園時期は 体育教室。マットや跳び箱など、体育の授業のようなもの。
2号は飛んだり跳ねたり体を動かすことが大好きで
2号がちょっとやんちゃなことをしていても、先生が温かく見守ってくれていましたが
同じ年齢の別の子が2号を真似ようとすると 『 ◎◎くんは危ないから辞めておこうね。 』
とか言われていました。

2号が幼稚園の時、少しの間、親子水泳教室にも通いましたが
たまに先生にプールに投げ入れられていました。
“ ちゃんと自然に浮き上がってきます ” という見本として。

その後、2号だけ 普通のスイミングスクールに通いましたが
ぼちぼちゆるやかに進級しながら、楽しんでいたようです。
たいていは二人が同時期に同じ習い事をしていましたが、スイミングだけは2号のみ。
特に深い理由もないのですが、なんとなく。

1号が小学生になってから4年ほどかな、二人とも体操教室に通い始めましたが
先生は、元オリンピックメダリスト。
二人ともずっと続けたがっていましたが、こちらへの引越しで
継続が難しくなり泣く泣く辞めました。

2号は、技術的には基本クラスどまりでしたが
自身の身長の倍ほどの鉄棒の上から、スポンジだらけのふかふかのピットにバック宙降りをしたり
怖いもの知らずなことを楽しそうにしていた姿が印象的。

1号は、少し上級クラスに上がりましたが、
残念ながら通う距離と月謝などの面で通い続けるのは困難と、辞めることに。
あのまま続けていれば、今頃選手として大舞台で・・・のわけはないのですが
二人とも本当に楽しくやっていただけに、大人の都合で辞めさせるのはかわいそうでした。

こちらへ越してきてからは、たまたま目についたテニスに通いました。
テニスのことは ど素人で、全く分かりませんでしたが、月謝が安いという理由で。(^^ゞ
まずは硬式のラケットを使い、屋内でスポンジテニスで、その後硬式ボールへ移行。

今にして思えば、小学生で硬式テニスを習ってるなんて
やっぱり良家のご子息の薫りが(爆)。

今日のテレビを見ながら
二人とも器械体操は続けさせてあげたかったな~と 過去を思い出していました。


2号、決して泣き虫というわけではないのですが、感情が豊かな子で ←親バカながら褒め言葉
( 今は、感情の起伏が激しい子になってしまいましたが )
体操教室を辞める最後の日は、練習しながらしくしく泣きだしてしまいました。

小さいながら親の事情を察してか、 「 辞めたくない 」 とかいう言葉は一度も言わなかったのですが
必死で涙を拭きながら練習している姿は、本当に可哀想でした。

親子で涙しながら代表の先生に辞める挨拶をしたなぁ・・・。
今 思い出しても泣けてくる~。

大きくなった1号2号から 「 どうして離婚したの!俺らは犠牲者だ! 」 と責められることもありますが
 ※ 二人は、詳しい離婚理由を知っています。
2号のあの涙を思うと
離婚してなければ、あのまま続けさせてあげられたのにと 本当に申し訳なく思います。


テレビでテニスを見ても何とも思いませんが
子ども ( 小学生男児 ) が 器械体操をしているのを見ると、ついついあの時を思い出してしまいます。
母子3人、みんなにとってちょっと悲しい思い出。



.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・



と、ヘンな話になりましたが 一気に軌道修正して今日の小梅。

110514_0622~02 わたしが仕事から帰った時、みんなはまだ寝ていて 小梅もケージの中。
扉を開けて 「 小梅さん おはよ~♪ 」 と声をかけるも無視。
“ うるさいな~。 もう少し寝るからほっておいてよ~。 ”
かなり迷惑顔の小梅。

このあとわたしに引きずり出されました。


110514_0826~01 
たいして寒くはなかったのですが 登校する1号がファンヒーターを付けていました。
設定温度が22度で、現在温度が26度。
かろうじてゆる~く動いています。

2.3日前は 半袖で扇風機だったのに、今朝はファンヒーター。
体調管理が大変ですが、みんな元気です。(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私信 Mさんへ♪
今日は2号がお世話になりました。
時間が取れたら またお茶しましょう♪
関連記事
スポンサーサイト



Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する