B747-400D 【1】

飛行機が好きといっている割には、機種はよくわからず
とりあえず ジャンボだけはわかる!と言ってみたものの
B747-400Dの 「 D 」 がなにを意味するものかすら知らず・・・。
( コメント欄で教えていただいたのですがドメスティックのDなんですってね! )

ここのコメント欄を通じて教えてもらったり
マイミクさんに実際お会いして話を聞いたりして少しずつ学んでいるわけですが、
とりあえず どの機種が好き?と聞かれたら 絶対ジャンボ。
その次は B777-200  ( B777-300は、長すぎる気が・・・。 )
それ以外は・・・もう何が何だか分からず。

と、ヘンな講釈は抜きで B747-400Dの過去画像集です。
なぜ急に?ってことですが、単にブログネタがないから。
それとmixi の B747-400画像コミュが 久しぶりに書き込まれていて
刺激を受けたから(笑)。

では、すべてさくら撮影・・・しかも全てこちらで公開済みの画像集をどうぞ♪
「 B747-400D 羽田空港 2010.1.17~19 」

あ。撮影機材は・・・・言うまでもなく コンデジです。

aCIMG7471.jpg

aCIMG7474.jpg
2010.1.17 
この日の朝、羽田について ディズニーランドホテルでランチ。
そして羽田に戻ってきました。
さすがに寒いですが、おかまいなしに飛行機見学。

bCIMG7518.jpg
奥にもジャンボ。

bCIMG7520.jpg
照明塔・・・(泣)。

bCIMG7528.jpg bCIMG7530.jpg

bCIMG7524.jpg bCIMG7525.jpg

bCIMG7532.jpg

bCIMG7533.jpg

bCIMG7557.jpg

bCIMG7563.jpg
お尻も かわいい♪

bCIMG7541.jpg

bCIMG7544.jpg

aCIMG7703.jpg
2010.1.18
39歳の誕生日
カーテンは全開で寝ていたので、目覚めた瞬間に飛行機!
朝一にデッキへ行き、そのあとは部屋から撮影。
羽田エクセルホテル東急、最高です♪

aaCIMG7745.jpg

aaCIMG7748.jpg
2010.1.19
マイミクさんと整備場見学。
前日の18日に姉たちと行った時はジャンボはいませんでしたが
19日には会えました♪
2日連続の整備場見学もなかなか乙なものでした。

以上、今年の1月に羽田で わたしが撮影した “ ジャンボ ” でした。
松山空港ではめったにジャンボを見ることはできませんが
羽田や那覇だとよくいますよね。羨ましい・・・。

この時の詳しい様子は こちら 長編です。


自分の記録として、ジャンボの写真だけ集めたいので
他の日のジャンボも そのうちにシリーズ化します。

※ おなじスポットの同じ機種でも、
トーイングトラクターは違ってたりするんですね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


※整備場の写真は公開許可いただいております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

A社のB747−400Dでもともとは翼端のウィングレットを取り外した航空機があります。
なんか話によると大手術だったって聞いてます。
機番はわかりませんが今でも飛んでいると思います。

2010/07/23 (Fri) 22:13 | まっつん #- | URL | 編集
まっつんさんへ♪

大手術・・・どこで?
伊丹かしら?それとも外国?

どうして外す必要があったのかしら???
謎だらけです。

先日、マイミクさんが赤いジャンボ機に搭乗しましたが
それが、その機のラストフライトだったそうで
キャプテンアナウンスでそのお知らせがあったそうです。
わたしはその話を聞いただけで鳥肌が立ってしまいました。
もしわたしがその便に乗ってたら 確実に泣いてますね。

ジャンボが消えるのは寂しいです。

2010/07/23 (Fri) 22:48 | さくら #- | URL | 編集

ウイングレッドは、1回だけ取り外しが出来るみたいですv-218
昔国際線でジャンボが大活躍だった時に、国内線用のB747-400Dの主翼先端にウイングレッドを取り付けて国際線用の機体と同じように改修した機体がありましたv-233
国際線での活躍が終わると、国内線にまた戻って来てウイングレッドを取り外し、埋めてあった2個離れた窓も復活してB747-400Dとして再び活躍しています。ウイングレッドの取り付けは羽田で行なって、取り外しはシアトルのボーイング工場で行なわれたみたいです。
B747-400とし国際線で活躍していた機体をB747-400Dとして国内線で使用した機体がありました。ウイングレッドを取り外し主翼はB747-400Dと同じようになりましたが、元々国際線専用として製造された為に、2階席の2個離れた窓は最初から開けられていなかった為、この機体は2個離れた窓がないB747-400Dとして短い間運航されていましたが、今はもう売却されています。

国内線のスポットは、B747SRの全幅をベースに作られていて、ウイングレットを装着したB747-400だとスポットに使用制限が出てきて、特に羽田では色々と大変だったみたいで、B747-400が国内線を飛ぶ時は、オープンスポットを使用さぜるえなかったみたいです。
ウイングレッド装着だと、全幅が長くなってしまいます。
なので国内線を飛んでるB747-40Dには、ウイングレッドが装着されていないのですv-218

ウイングレッドを取り付ける作業風景の写真が、ANAストーリーと言う本に載ってますよ〜v-221

2010/07/24 (Sat) 10:07 | aoki #- | URL | 編集
aokiさんへ♪

へぇ・・・
ウィングレッドもあればいいってものじゃないんですね。
ジャンボ機で羽田でオープンスポットだったら
バスが何台も行き来しなくちゃいけなくて大変でしょうね。
わたしはオープンスポット大好きですけどね。

ウィングレッド、機内の窓から見るとかっこいいですよね〜!!!
なんて、自分の眼では見たことありませんが
いろんな方のブログで拝見すると 素敵です。

たくさん乗れる人とか、飛行機の近くで働いている人
いいなぁ・・・。羨ましいなぁ・・・。

国際線、乗りたいなぁ・・・。
B747-400乗りたいなぁ・・・。

話飛びすぎ、もはやコメレスになっていない(汗)。

2010/07/24 (Sat) 10:34 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する