17年ぶりの献血(成分)

今日は中学時代からの友だちと、数年ぶりのランチ。
コロナ関係なく、最後に会ったのはいつなのだろう???
友だちが東京に住んでいる間は、帰省の度に会っていたのに
友だちが松山に住むようになってからは、不思議と会う機会が激減。
「いつでも会える」気軽さからかな?

ランチの後、予定にはなかった買い物に行くことに。
AVAと三越へ。
マリメッコのバッグや切り売りの生地を求めて行きましたがどれも買うに至らず。
それから献血へ。

友だちとランチすら急遽決まったことで、街へ行く予定はなかったので
献血手帳も持ち合わせておらず、突撃。
献血ルームが銀天街から大街道に移転になって、
たしか大街道の右側と左側も移転になった気がするのですが、
いつの間にかさらに新しくなっていて、ずいぶんと広くなっていてびっくり。

前回がいつだったのか全く思い出せませんが、
データーによると平成15年(2003年)12月30日が最後。
17年も前・・・。

2013年秋に走り出してからは献血はしていないのはわかっていましたが、
2004年~2013年までの10年間は、なぜ献血しなかったのだろう???
素で不思議。

2005年に引っ越して、単に献血ルームが遠くなったから?
短時間パートから8時間勤務に変更し、忙しくなったから?

とにかく。
17年ぶりの成分献血をしてきました。

fc2blog_20200711233241046.jpg
「献血手帳」から「献血カード」に変わったのは知っていましたが、初めて手にした献血カード。

健康診断でも看護師さんを悩ませる細い血管なのですが
あの手この手を使ってバシッと一発で決める献血ルームの看護師さんはプロ中のプロ!

それにしても17年も経つといろんな機械が新しくなっていて(当たり前)
いろいろなものに興味津々、眼を白黒。

つい先日、健康診断で心電図をとったばかりで、異常はなかったのに
献血に際し、改めて心電図が必要と、心電図まで。
健康診断会場での心電図は恥ずかしくもなんともないですが、
献血ルームで胸を出しての心電図は予想外で、ちょっと恥ずかしかった・・・・。
(もちろん個室ですし、女性看護師さんが担当してくださいましたが。)

  この5行に「心電図」という言葉が5回も出てきた。
  くどいので書き換えようにも、難しかった。悔しい。

検査用の採血は左手で。
その間にも本番採血用の右手のその場所にはホッカイロ。
本番採血のベッドへ移動してからは肩口と手のひらにもホッカイロ。
お世話掛けます…。

針を刺すのは常にガン見。
管が2本あったり、検査用の血液をためる小さな袋がついていたり、へぇ~!
周りは慣れた方が多いようで静かに落ち着いている中、挙動不審にキョロキョロ。
久しぶりすぎてずいぶん心配されましたが、人生16回目の献血は無事に終了。

fc2blog_20200711233154718.jpg
ネスレ日本株式会社さんよりいただきました。

献血のお礼(?)ご褒美(?)は、かなりたくさんの中から選べるようになっていて、
迷った挙句、修正テープを。(笑)

ネット等で、コロナのため外出自粛が響いて血液が不足しているとの情報をよく目にしますが
比重さえ足りていればわたしでも出来ることなので協力できてよかった。
マラソン大会が近いと、なかなか難しいのですが、いまはマラソン大会もないし。

全血で400mlをするわけでもないし、成分献血ならマラソン大会が近くても
影響はないと思うのですが、なんとなく。
そもそもシーズン中の休日は走ることが多く、街へ出かけること自体が少ないですし。

今日で16回目。
まずは20回を目指して、たまには献血もしていきたいと思います。

帰宅後は、たくさんもらった献血の資料を丁寧に読み、ラブラッド会員に登録。
17年前は忘れたころに検査結果が届いていましたが、ラブラッド(web)会員だと2日ほどで届くそうで。
6月に健康診断をしたばかりなのですが、(その結果はまだ)
いろんな検査結果も楽しみです。

ということで。
マラソンを走れるくらい健康な皆さん、献血へ行きましょう。(*^^*)
※ わたし自身は17年ぶりなのに偉そう。


几帳面といわれるA型。
信じてくださる方も疑惑を持たれる方もポチいただけると喜びます。
(カテゴリーの参加割合を変更しました。)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Category: さくら日記