下関海響マラソンレポ ~動画から~

動画から
今回の下関海響マラソンは師匠と一緒に参加していましたが、走るのはそれぞれ。
今回は整列開始後早めにCブロックへ入り、
しばらくは師匠が隣にいましたが、わりと早めにバイバイをして、師匠はAブロックへ。

3時間27分台でゴールして、着替えて、ふぐ汁とヨーグルトを頂いて、他の初対面のランナーさんと会話をして
合間合間に応援ナビをチェックしていたそう。

40.3km関門閉鎖時刻が5時間44分後

グロスとラップ
20~25km 0:45:56
25~30km 0:46:48
30~35km 0:47:02

このままのペースで 35~40kmに47分かかるとしたら・・・?

ゴール予想タイムは6:02と出ていたらしく・・・。
これはマズい!40.3km関門で終わる!と思った師匠が少し迎えに来てくれました。
(迎えに来たというか、心配しすぎて様子を見に来たというか。)
下関海響マラソンはゴールのあたりでランナーはメイン会場をぐるっと回るため、
応援者はワープも可能で、こういう場合はお迎えがしやすいコース。

2年前の栄光(?)を引きずって、Cブロックスタートながら
関門も事前にチェック済み。

30km手前で6時間ペーサーさんたちに追いつかれて焦りましたが
関門だけはしっかりチェックしていて、それは通過できる計算で走っていました。
でもスマホを眺めながら待つ人にはそれは伝わるはずもなく、相当ハラハラしていたようで。
もしも、35~40km に47分かかっていたら関門閉鎖でしたが、そこは2分前に通過。

メイン会場のゴール裏側で待っていてくれるかな?とは思って打ち合わせ済みでしたが
まさか迎えに来てくれるとは。

そして歩道から写真や動画を撮ってくれたのですが、
その動画から起こした画像が最初の写真。
この崩れに崩れたフォームは・・・なんと表現すればいいのやら。

体幹を鍛えよう。
途中放棄のプランクを再開しよう。
そう誓えるほど悲惨なフォーム。

数年前に、いつものLINEでのやりとりの中、脚を組むのをピタリとやめたり
9月に四万十対策に付き合っていただいた速いラン友さんから、腕振りのアドバイスをもらったり
1年前に通っていた反り腰改善の整骨院で何度も走る時の姿勢をアドバイスいただいたり
少しずつ少しずつ意識としていろいろ改善しているつもりが、
40kmも走って疲労困憊になると、こんなフォームで走っているのか・・・。

始めにこの時の「写真」は見ていて、どんなにしんどい時でも相変わらずヘラヘラ走っているなとは思いましたが
この動画を見て、はぁ~・・・。という感じ。
もうこの動画が目に焼き付いてしまったので、今後はこのイメージをしっかり維持して
「このようにならないように!」 と気を付けて走りたいと思います。

下関2019 ペース結果
左から希望の松と竹、結果の梅。

第一前
前から見たらこんな風なのに

fc2blog_20191105214647485.jpg
横から見たらこんな風って・・・


走り終え、着替えてランチした後。
気持ちは真っ直ぐ立っているつもりですが、激しく傾いています。


今日からプランク頑張ろ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






スポンサーサイト