さくら日記

本日2度目の更新です。

昨日のうちにほぼ完成させていた奈良マラソンレポを昼休みにUP。
あと、当日ゴール後の食事を書いて奈良レポは終了です。
過去のフル&ウルトラのレポで最も短く早く終了予定。

いつも数ヶ月かけて書いていますが、今回は仕事が激務の中、2週間以内で終わりそう。

前日と翌日のレポはリアルタイムで終わらせていることもありますが
やはり 「いいレポにならない」 から、さっさと終わらせたいのかも。
「なかったこと」 には出来ませんが、記憶から抹殺するかも。したいかも。


今日は仕事を早く終わらせて反り腰改善に行ってきました。
9月末から通い始めて23回目。
前回の写真撮影の結果は、歪みは直りつつありますが、まだまだ。

奈良マラソン不調の原因は、「疲労の蓄積」 だそうです。
へぇ…。
前職の肉体労働で歩き回っていた時は、歩きながら疲労が取れていたそうですが、
今は座りっぱなしでしかもちょうど激務の時。

事務職でも、普段なら倉庫や作業場へ度々行き来ますが、今は忙しすぎてそれすら最小限。
本当に座りっぱなし。

ということで、今日のお昼はウォーキング2km。
お弁当を食べた残り時間でシャカシャカと。


マラソンを走るためには前職のほうがよかったのか~。
ま、転職を後悔はしていないのですが。

今年もあと2週間。
ヨガや忘年会や反り腰改善で残業が出来ない日も多々。
明日は残業だ~。


わたしの言いたいことは通じるかしら。
スマホから見たFacebookのスクショ。
見事に顔の部分に+のマークが。
ここまでぴったり重ならなくてもいいのに、ひどい~。(°▽°)


ではまた明日。
応援ありがとうございます。(o^^o)

にほんブログ村







スポンサーサイト



Category: さくら日記

奈良マラソンレポ④20km~30.5km関門収容

奈良マラソンの目標 (12/07)
奈良マラソン、まず大阪へ。 (12/07)
奈良マラソン前日 (12/08)
【速報】奈良マラソン、まさかのDNF (12/09)
奈良マラソンレポ①体調不良 (12/09)
奈良最終日、観光レポ (12/10)
奈良マラソンレポ②当日朝 (12/16)
奈良マラソンレポ③スタート~20km (12/16)


アップダウンが多いという奈良マラソン。
15kmすぎの窪之庄町南交差点を曲がるころからひたすら上り。

fc2blog_201812162036559d1.jpg
覚悟はしていましたし、もともと坂は嫌いではないのですが
とにかく平地ですら走れていないので、坂にいたってはいうまでもなく。

師匠やTH2さんと擦れ違っても、基本はスライドランナーを見続け
前を見ないようにして坂だと気付かないように。(笑)
意図的にそうしているというよりは、結果的にそうなったという感じ。
もともと坂も風も気にならないタイプなので。
というか、細かいペース設定をしていないし。

fc2blog_201812162042041e9.jpg
白川大橋を越え、天理市内に入ってくると愛媛では見ない建物がたくさん。
ひとつだけかと思ったら、次々に似たような建物が。
酔っぱらって帰宅したら自分の住まいが分からなくなるのでは?なんとことを考えつつ
「母屋」は寮母さんのことかな?とか考えたり。
何度も直角に曲がりながら進みます。

23kmあたりの直線で、後方から女性の声が聞こえてきました。
『その調子よ~♫』 と元気づけてくれる声。
なんと!フィニッシュサポーターさん。
うぇぇぇぇぇ、まさかのフィニッシュサポーターさんにまで追い越されるとは。

ここで初めて6時間完走が危ういことを知りました。
(と、わたしの記憶では思うのですが、ハーフ通過時に、やばい!と気付いていたのかも?)
ペースアップしてついていく気力はなく、それまで通りのペースでへらへらと走り続けるしかなく。

fc2blog_20181216205521031.jpg
走りながら撮った2枚写真のうちの1枚がこちら。
こういう建物が衝撃的過ぎて。

沿道から 『関門まであと○分~!』 なんていう声も聞かれ始め、何度かの角を曲がると計測マットが。
往復両方にまたがって敷かれた計測マットが。
「これで25km、とりあえず関門は大丈夫そう。」 と思ったら、なんと本当の25kmは復路側。
そういうオチか。
EPSONの時計をしているのだから見ればわかりますが、もうぐだぐだ。

25kmの先でぜんざいが。
お腹が空いてお腹が空いて、ぜんざいが早く食べた~いっっっ。

男性スタッフさんが 『ぜんざいまでもう少しだから頑張れっ!』 といった直後
別の男性スタッフさんが 『ぜんざいはもうないよ。』

膝から崩れ落ちそうになりましたが、どうにか意識を保って走りました。
遅い自分が悪いのさ。
でもぜんざいが食べたかったな。
ここで温かいぜんざいを食べたら、心身ともに生き返るのに、心折れまくり。

fc2blog_20181216205618e5b.jpg
こちらは、たっちさん提供の写真
ランナーさんがたくさん、そして 「ぜんざいは100m先」 という看板が。

そしてよく見ると、上のわたしが往路で撮った写真にはこの看板はない。
空腹でツラいのにぜんざいが売り切れ。
次のお素麺も売り切れなのだろうか?という不安がよぎります。

fc2blog_2018121620564101a.jpg
もちろんたっちさん提供の写真

わたしがここを通過したとき、テーブルも何もかも片付けられていて
ゴミ袋にはいった空容器が並んでいました。
ツライ・・・。自業自得とはいえ、かなりツライ・・・。



fc2blog_20181216210552ff1.jpg

ん?25kmが12:34:24で、25.8kmが1分前ということは12:43頃。
つまり0.8kmに9分もかかっている???えぇっ???

とにかく25.8km関門は1分前というコールの中、通過。
普通に考えて関門をギリギリ通過すると、次の関門はまずアウト。

沿道から次の関門までの距離と時間を教えてもらえますが・・・脳が働かない。
今、冷静に関門表を見て計算すると
25.8kmが12:44閉鎖、次の30.5kmが13:22閉鎖、
わたしは25.8km関門を1分前に通過したようなので、つまり4.7kmを39分で。
8'18/kmで走れば次の関門は超えられる。

周りが落ちてきているからともいえますが、中間地点までひたすら落ちていた順位が
中間地点以降わずかながら上昇。
女子率は高いですが、前後の間隔がすごく広くてランナーはまばらなので、
ここで順位を上げられるというのはそれなりに走っているということ。
というか、周りはみんな歩いているので、とりあえず走れば抜けるのですが。

fc2blog_2018121621165199a.jpg
15~20km 46:37
20~25km 44:51
25~30km 47:00 (トイレ3分込)

「それなりに走っている」 と訴えたところで、average 約9分
走っているのですよ。本人なりに 「走って」
決して歩き通しではないのですが、走ってキロ9とは。
何度も言いますが、痛いところはない。(軽めの腹痛・腰痛はありますが激痛ではない。)
心肺の限界というわけでもない。
脚が売り切れたわけでもない。
じゃあなぜ走れないの???
本当に不思議。

8時にトイレに行ってから4時間半が経過。
女子の日2日目、そろそろ交換しないとまずい。

30.8km関門を越えようと思ったらトイレに寄っている暇はない。
でも寄らないままに関門にかかってしまうとそのままバスで連行され大変な事態になりそう。
常設トイレでないとマズい。

ということで、28kmあたりで往路側のトイレへ。
当然トイレはガラガラで待ち人はおらず。
またしても紐が解けない~。
行きたくもないトイレの時間の無駄なことったら。
ざっと計って3分強のロスタイム。

コースに戻って、『残り1.5kmを10分で走れば関門通過できるよ~!』 なんていう声援も聞こえますが
1.5kmを10分?

途中、私設エイド発見。
私設エイドというよりは、弱り切ったランナーを見るに見かねて
ご自分の飲み物を提供してくださっていた感じ。
水筒から温かい飲み物を注いでくださっているようでしたが、コップは使いまわしのよう。
よほど立ち寄ろうと思ったのですが、待ち時間があって時間短縮のため泣く泣くスルー。

白川大橋のたもとの私設エイドでは小さな紙コップに半分はいった豚汁を。
スタートしてから4時間以上、飴とチョコだけで噛んで食べるものは一切なし。
久々の噛んで食べる物はありがたい!温かいものならなお嬉しい。
疲れた身体に染みに入りますが、やはり胃がちゃぷちゃぷ。

30kmあたりにはかおりんさんたちがいてくれる!
その先にはお素麺エイドがある。
食べたら走れるはず。


結局、30.5km関門は13:22に閉鎖で、13:25に到着。
そう、トイレに行っていなければここは通過できていた計算。
ここを通過できたからといって、ゴール出来ていたのかと言われると無理なのでしょうが
ひとつでも先へ進みたかった…。

ゴールで待ってくれている師匠に電話で報告。
わたしの奈良マラソンは30.5km地点で関門閉鎖、収容という形で終わりを告げました。

30.5km走るためにかかった時間は4時間25分 (グロス・笑)
ほんの数年前の全盛期に速い時なら、4時間35分でフルマラソンが走れていたのに、なぜ?

結局今でも原因は掴めないまま。
食事が足りなかったとか、女子2日目というのもありますが、それだけではない何かが。

fc2blog_20181209222544680.jpg

13:22、30.5km関門閉鎖
13:25、わたしが関門へ
13:30~35頃、バス出発
14:09、収容バスが会場到着

バス車内は、ほぼお通夜。
途中でいびきが聞こえてきたりして、当たり前ですが皆さん疲れているのだなと。
わたしは?というと、正直なところ疲れているともいえないような・・・???
なんだか不思議な感覚。

悔しい~!!!という感覚もなく、泣きそうということも全くなく
でも、現実を受け止めきれないというか、信じられない感じ。

5時間以内を目指す!それが無理でもいくらなんでも完走は出来るでしょ~と思っていたのに。
あの激坂峠越えの四万十川ウルトラですら、42.195km地点に6時間後に到達していたのに
なぜ奈良マラソンでは関門収容???

いまだに納得しきれないというか、謎は深まるばかり。
ただ、仕事が忙しくて疲れがたまっていた+女子の日2日目というだけでこうはならないはず。
何かほかに原因があるはず。
久万ハーフの2時間55分の時も同じ現象。
この謎が解明されない限り、次のレースが怖い。

ちなみに次のレースは、2月の高知龍馬マラソンと3月の四万十川桜マラソン。
今は完全に目標を見失っていますが、それを断ち切るため・・・

1216_20181216220847786.jpg
このブログのリンクを整理したついでに、目標を書き込んでおきました。
それにしてもこの直近の結果表・・・ダメダメなものばかり。
豪雨中止は仕方ないにしても、DNSとDNFの割合が多過ぎ。

1104.jpg
精一杯の負け惜しみで過去の戦績を。
以前に整理していたものなので、奈良の結果が未記入ですが
過去12戦、一度だけ5:00:17という記録がある以外、すべて4時間台でのゴールなのに
なぜ今回は6時間もあってゴール出来なかったのか???

悔しいというか、不思議というか、情けないというか、仕方ないというか。
あ~もう訳が分からない。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


収容バスは奈良テレビ放送本社前に到着。
その後のことは、奈良マラソンレポ①体調不良 (12/09) で書いた通り。
寂しくなる動線で荷物受取に行き、着替えて会場を後に。

さらにその後のことはまた別レポで。

ちなみに最後になりましたが、師匠はきっちり3時間30分を切ってゴール。
年代別一桁の素晴らしい成績でした。
わたしはダメダメでしたが、自慢の師匠です。(*☻-☻*)


応援ありがとうございました。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村