奈良マラソンレポ①体調不良

レース前日、夕方のブログ更新時は体調はなんともなく。
といってもこの一か月くらい、ずっと不正出血には悩まされていました。
前夜のブログ更新後、「不正出血か?生理か?」という状態になり、そして生理確定。

いまっ!?
よりにもよっていま?
前回は10月始めなのに2ヶ月以上開いての、いま?

7日に奈良マラソンの目標として、

松 : 5時間以内にゴール
竹 : 6時間以内に笑顔で&激痛や故障なくゴール
梅 : とりあえず完走

と書きましたが、結局どれも達成できず。
普段は生理だからといって、特別痛みに苦しんだり体調が悪くなることはないのですが、
更年期で飛び飛びだからなのか、反り腰改善中だからか
軽い腰痛&腹痛、そして下半身全体がとにかく重い!

以前の久万高原ハーフで、どこも痛くないし、体調不良の自覚症状もないのに、
2:55という恐ろしい記録を出したことがありますが、今回もそんな感じ。
痛み止めは持っていましたが、「飲まなきゃ」と思うほどの痛みではなく。
ただ、走っても走っても進まず、追い越されっぱなし。

心肺の問題でもなく、脚が「終わった」わけでもなく、スタート直後から、走っても走っても進まない。

応援ナビのわたしの記録。

4時間29分での申告で、Gブロックスタート。
中程か、すこし後ろに並びました。
スタートしてから抜かれっぱなし。

スタートが女子1068人目。
10kmで、女子2176人目、つまり1108人の女子に抜かれている。
女子を2割と考えたら、男女合わせて5,000人くらいに抜かれているということ。

8kmと、25km過ぎでトイレに行きましたので、純粋に走った時間は、
15kmまでは約37分/5km、それ以降30kmまでは約45分/5km
アップダウンうんぬん以前に、笑う遅さ。


ずっと体調不良が続いていた中で参加した四万十川ウルトラマラソンの激坂込みですら
42.195km地点には、ちょうど6時間後に着いていましたから
いくらなんでも6時間あればゴールは出来るはず。


…というヨミが、だんだん怪しくなり、23kmあたりでフィニッシュサポーターペーサーさんにも抜かれ
25km過ぎの関門は1分前に通過。
そもそも関門をギリギリ通過した人が、次の関門を通過出来るとは思えない。

しかもそろそろトイレに行かなくては大惨事になってからではマズイ。
関門収容されると、そのまま即バス収容でトイレに行く暇はない。
ということで、ゴミ箱や手を洗う関係で常設トイレを探し、行きたくもないトイレに行き
大幅なロスタイム。(待ち時間無しで約3分)

そして30km先の関門収容。ち~ん。
25kmから先も、一応それなりに走ったので、トイレに行かなければその関門は通過できたかな。
ま。だからといってゴールは出来ていないでしょうが。
とにかく。フルマラソン初の関門収容。

う~ん。
地味にツライな。


iPhoneは持って走りましたが、応援ナビやLINEは全く開かず。
iPhoneの用途は、走りながら2枚の写真を撮っただけ。
わたしがゴールしたあとの待ち合わせ場所も決めていたのに、まさかの収容とは。

関門収容になり、とうにゴールしているはずの師匠に連絡。
四万十川ウルトラマラソンに続いて、またもゴールではなく
収容バス降車場に迎えにきてもらうという展開。

走っているとき、わたしの周りには半袖生足のランナーは皆無。
Gブロックではさほど浮いていませんでしたが、途中からは浮きまくり。
格好だけは一人前なのに、全く走りが伴っていない。

極寒でも半袖生脚。


クリスマス仕様

収容バスは暖房が効いてはいましたが降りたら寒い~。

12:43、25.8km関門を閉鎖1分前に通過
13:00頃、トイレでロスタイム3分ほど

13:22、30.5km関門閉鎖
13:25、わたしが関門へ
13:30~35頃、バス出発 (2台)
14:09、収容バスが会場到着

いつも師匠と一緒に出走すると、荷物預けは師匠の袋にまとめるのですが、
今回は袋が45Lで小さかったのと、ダウンなど嵩張るものがあったので初めて別々に。
つまり、今まではわたしがゴールして師匠と合流したらわたしの荷物があったのに、
今回は、わたしの荷物を受け取りに行かねば。

そこまでが寒い~。


走っていれば半袖+生脚+小物で大丈夫でしたが、走っていなければ寒い~。
師匠の上着3枚のうち2枚を借り、脚は肌を晒したまま
ゴールへ向かうランナーさんを横目に見ながら先へ進み、
その先でゴール後のランナーさんと合流という地味に気持ちが寂しくなる動線。

まさかゴール出来ないなんて思っていなかったのに、現実はバスでの帰着。
完走タオルをかけたランナーばかりの中、しっかり上着を着たわたしは目立っていたかも?
温かいお茶をいただき、ココロもカラダも少し生き返りました。

ゴール後の動線は、逆行禁止のはずですが、走り終え着替えも済ませた師匠がまた出口から出るシーンは不思議。
(もちろん逆行はしていないです。)

それから預け荷物の引き取りに。
受け取って、更衣室へはいかず、その場で上着を着てジャージをはいて。
そして会場をあとに。

歩道橋を渡っていたら、ゴールへ向かうランナーがたくさん。
本当ならわたしもそこを通ってゴールへ向かっていたはず。

今回は、「あと少しだったのに!」というのではなく明らかに無理でしたが、原因は、
【1】直前1週間の激務&睡眠不足
【2】生理2日目&久万の再来?謎の体調不良
【3】補給の失敗

朝ご飯が足りなかったかな?
スタート前に、みかん1個といちご大福1個を食べましたが
早々にお腹が空き、最初の給食はバナナでスルー。
ぜんざいとお素麺を楽しみにしていましたら、25.4kmのぜんざいは売り切れていました。
31.1kmのそうめんには行きつかず。

自前の飴と、私設エイドのキットカットくらいでは力は出ない…。
でもキットカットがなかったらもっと大変でした。
橋の手前の私設エイドでは紙コップに入った豚汁をいただきましたが、美味しかった~。
「噛んで食べる」のは久しぶり~。笑
でも直後から胃が、「ちゃぷちゃぷ」どころか激しく波打つ感じに。

また胃がちゃぷちゃぷの感じだったので給水は意図的にほんの少しにしていたのに
最近は胃が低調。


ウエアは、週間予報では最低気温が0度になったりして散々悩んだ低温。
週初めが異常な暖かさだっただけに、この温度差にやられるかと心配しましたが
タイツは嫌いだし走れば温まるはずと、半袖生脚で強行。

100均のアームカバーとネックウォーマー、ラン用厚手グローブ(スマホ非対応)で調整。
付けたり外したりをこまめに。
スタートまではポンチョと合羽の2枚重ねとカイロの予定でしたが、
合羽を着ただけでポンチョとカイロは、そのまま預け荷物に入れた状態で失念。
合羽を脱いではじめてポンチョを着ていないことに気づきました。





前から来たTH2さんに会い、撮っていただきました。(o^^o)

奈良マラソン2日間で、「さくらさん」と呼ばれたのはほんの数回。
もともとのお知り合い限定で、お初の方はいらっしゃいませんでした。
目立つシャツで走っていたのになあ。
あまりにも遅すぎたから声を掛けづらかったとか?
(うぬぼれすぎ&考えすぎ?)


ということで、iPhoneから少しずつ少しずつちまちま書きました。
いつもながら組み立て無視で思いつくまま書いているので、話があちこち飛んでいますが
レポはまだ数回続きます。


応援ありがとうございます。
それでも1位になれない…
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
ウエアはほぼ同じですが、バナーは高知龍馬マラソンです。
奈良も競技場ゴールですが、今回はDNF
帰宅後、パソコンから奈良マラソンバナーを作ります。(*^_^*)


スポンサーサイト



【速報】奈良マラソン、まさかのDNF

まさかの関門収容です。
25kmあたりの関門は1分前に通過。
30km先の関門には間に合わず収容されました。

原因は体調不良。
まさかの女子の日が昨夜から。
更年期で全く読めずにいましたが、まさかの!

腰痛、腹痛、長いトイレ2回、空腹。
寒さは理由にはなりませんが、
走っても走っても進まず。


レース中に撮った写真は2枚だけ。

故障はありません。
応援ありがとうございました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村