萩往還Cレポ【6】佐々並~明木

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


やっと走り出したというのに、前回のレポは、まさかの佐々並まで。
70kmのうちの14.4km

今回のレポで陶芸の村まで行くのでしょうか?
書いてみないと分かりませんが、佐々並からの続きです。

その前に、今日は8km走ってきました。
長~い信号待ち数回を入れて1時間ほど。
走ったところだけだと 6'45/km くらいだったかな?

今週は土曜日までに あと2回くらい走ろうと思っていますが
まだ萩往還の疲れをとる週と位置付けて、のんびり走ります。
あ、来週からもガツガツ速くは走りません。
四万十に受かると信じて、四万十へ向けた練習。

それまでにある ちょこちょこの練習会やレースは、「楽しく元気に走る」 が目標なので
まずは四万十100完走と、冬レースを4時間45分以内に気持ちよく走り抜くこと。
月間175km以上を継続できるよう頑張ります。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


前回レポはスタートから佐々並エイドまでのことを書きました。
エイド寸前で、師匠はトイレに行くからと前に出て。

エイドでチラッと会って、「先に行くね。」 と声を掛け
わたしは自分の給水だけして、さっさと出発。
師匠は自分の給水と、2人分のボトルへの補充と。
こういうわずかなことでも時間短縮されるので相当助かりました。
エイドで見失う心配もなく、そのあと無事に合流出来るかの心配もなく、わたしは自分のことだけ。
これだけのフォローがあって完踏できなかったら罰当たりもの。

fc2blog_20180514230530a57.jpg
8:28  14.8km地点 旧道登り口のほんの少し先
束の間の舗装路を終え、また往還道へ。
短い距離とはいえ激上り。

hIMG_0001_20180513162750c59.jpg

登って登って階段も登って、釿ノ切峠(ちょうのぎりとうげ)へ。

0250 0905
↑昨年の写真

↓今年の写真 6:02スタート 9:05に ココを通過。昨年と今年、全く同じでした。
fc2blog_20180514231223b69.jpg
今年も、この場所で写真を撮ろうと思っていて、できるだけ昨年と同じシーンでと思っていましたが
今年はなぜか釿ノ切峠の看板が見当たらず。

あら?見落としたかな? もしかして 「釿ノ切峠」 の表示はあの上の青い道路標識だったっけ?と
珍しく自撮りにチャレンジ。

fc2blog_20180514231438144.jpg
急に立ち止まって迷惑をかけないよう、後ろのランナーには一応気を配っています。 (もちろん師匠が。)
「よしっ 釿ノ切峠の表示と一緒に写真が撮れた!」 と思ったのは大きな誤解でしたが。

今回は師匠の相当手厚いフォローがありましたが、
その分 「師匠まで巻き込んでメダル&完踏証無し」 は絶対に許されないというプレッシャーも。

「もしもわたしがダメそうなら、せめて師匠だけはゴールして。
わたしと一緒に走ってギリギリとか、もう一緒に完踏できないという状態になっても
師匠独りで残りを本気で走ったら完踏は出来るでしょうから。」 と真面目に言った時
『絶対に最後まで一緒に居る。ダメだった時はダメだった時。』 と言ってくれました。

えぇ、この続きは皆さんのご想像通り。
「もしも師匠が何かのアクシデントで走れなくなったら、わたしは独りで走るね。」

きっと皆さん、わたしが ものすご~くわがままを言って師匠を振り回しているとお思いでしょうが
だいたい合っています。
でも、師匠から感謝されることもたくさんあることだけは書いておかねば。(*^^*)

わたしの初フル高知龍馬マラソンで最後尾から出発という貴重な体験をしたこと
一昨年まで、ぼっち参加で香山公園内の観光すらせず、ただ走るだけだったのに
昨年からはお仲間さんと楽しく打ち上げや観光をして、旅ランに目覚めたこと、
そして今年、明るい往還道を往復し、一升谷を駆け下りることが出来たこと。

ワガママな弟子を持ち、師匠に同情する意見が多い中、ちょっと反論。(o|o)


それにしてもこの写真は、わたしの眼が怖い。
ちなみに師匠の帽子についているのはMyカップ。
洗濯ばさみで留めていますが、これって、見えないのにうまく留められるものなのかなぁ???
ずっと一緒にいたはずなのに、エイドでは自分のことにいっぱいいっぱいで
師匠が給水するシーンは全く見ておらず。

看板は、他の方のブログでも 「釿ノ切峠の看板が撤去されていた。」 と書かれていたので
見落としたわけではなくて撤去されていたのでしょうが、なんだか寂しいです。
車の人にはあまり意識されないかもしれませんが、走っている(歩きの)人には、いい目印だったのに。
とはいえ、来年からはここを走ったり歩いたりする人はほとんどいなくなるのでしょうね。
寂しすぎます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

たぶんこの先だったと思うのですが、本日初の私設エイド。
さっそく立ち寄り、なにか蒸しパンのようなおやつを頂きました。
昨年は同じ方かは分かりませんが、ミニミニおにぎり。
私設エイドには本当に救われます。
「帰りも待っていてくださるんですか?」 と聞いたところ、『居ますよ!』 と。

そのあと、【絶対に間違ってはいけないポイント】 を右折 (というかUターンな感じ)、
三度 往還道へ。
舗装路と、未舗装の往還道が交互にやってくるので飽きません。

0254 0923
↑昨年の写真
↓今年の写真
fc2blog_2018051423393069f.jpg
ここも昨年と全く同じ通過時間、9:23
テントが新しくなってる・・・。
というか、全く同じ時間なのに賑わいが全く違う。
ここは温かいお茶を提供してくださいます。

それにしても今年のほうが陽が射していて暑そう。 
~以下、前回と同文~ 要するに今年のほうが涼しかったです。

fc2blog_2018051423395517b.jpg
往路で前を走るわたしが振り返って撮影。
かなり真剣に進んでいますが、山の中は走れないので、このくらいの余裕はあります。
この写真と同じ写真を撮るため、ロケハン。

3回くらい振り返って後ろを確認し、「帰りにこのあたりで写真を撮ろう。」 と確認しあいましたが、
まさかあんなことになろうとは。

ちなみに往路のこの時点では、時折振り返って後ろを確認する余裕もありましたが
復路では後ろを振り返るのもしんどくて、何度かある道路の横断は全部師匠任せ。
「右を見て、左を見て、もう一度右を見てから」 渡るなんてことはしんどいので
師匠に 「渡る時に言って~。」 とお願いし、『今、渡って!』 の声掛けで道路を横断。
本当にセコ技駆使しまくり。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

0255 0955
↑昨年の写真 9:55 
↓今年の写真 今年は9:50。
fc2blog_20180515003139c76.jpg
時計の針は同じような位置に見えますが、今年は5分早く到着。
(スタート位置が変わったため、今年は100m延びていますが、そのあたりはスルーで。)

この写真のすぐ先が 24.2km 明木(あきらぎ)エイド。
約20分の貯金が出来ました。

0513-5.jpg

今日のところはここまで。
陶芸の村まで行けるかと思いましたが、佐々並から明木までたったの10kmしか進みませんでした。
続きは明日以降に。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

萩往還で不思議に感じることがあるのですが、
皆さん自分が出た部門以外を 「一番しんどい」 ということ。

fc2blog_201705031755408c3.jpg

A 250km 48時間 赤いコース
B 140km 24時間 青いコース
C  70km 12時間 緑のコース

普通に考えたら A様の250kmが一番しんどいと思うのですが、
複数のA様によると、「Bが一番キツイ」 というし
Bの人によると 「往還道ばかりでロードが少ないCはキツイ」 というし。
CのわたしからすればA様もBも、とても信じられないすごいことだし。

わたしが聞いた限り 「自分の出たコースは他のコースよりキツイ」 という意見は皆無。

B完踏の実力(実績)があっても、「往還道が好きだから」 と、あえてCを選ぶ方もいるし
ABCそれぞれにすごく魅力の詰まったコース。
もしも大会が継続されたとしても、わたしがAやBに出ることはあり得ませんが
改めて、ABCと3つもの設定があって、それぞれに特色がある萩往還マラニック・・・いい大会でした。

師匠が3回A様を経験していて、いろいろな話を聞いているので
今、A様のブログを読んで、他人事に思えず自分のことのように感じたり
やっぱりわたしとは無縁の全く違う世界のことのように感じたり、
言っていることが矛盾しているのは自覚済みですが、不思議な感覚。

250km走った方々ですら、レポが終わっている方も多いのに
わたしのレポはまだまだ続きます。
次回レポでは陶芸の村までは行けたらいいな。(希望的観測)


まだ明木までしか行ってないの?と驚いた方もそうでない方も、応援ぽちっとお願いします。
15日はブログ村メンテナンスだそうですが、のちに反映されるそうです。


にほんブログ村


スポンサーサイト