萩往還Cレポ【1】ウエアや装備

パソコンの具合がおかしいし、iPhoneは8にしてからイマイチだし、(いまだにezwebメールできず)
iPhone8で撮った画像はうまくPCに送られず、送られたものもかなり再生できず。
なにもかもの不具合続きでげんなり。
はぁ。

それでもレポを書き進めなくては!
ということで、今日はウエアや装備から。

くちきに
昨年のウエアで特にトラブルはなかったので今年もほぼ同じに。

ウルトラのレポを読んでいると擦れて出血したとか、水ぶくれ等のトラブルをよく目にします。
わたしは皮膚が強いのか、そういうトラブルをほとんど経験したことがありません。
雨の四万十川ウルトラで足に巨大な水ぶくれが出来たくらい。

ということで、今回の萩往還ウエアは 「基本は昨年と同じ」

【帽子】
愛媛マラソンキャップ自作日除け付き
5人のお仲間さんで走りましたが、そのうちの4人は愛媛マラソンキャップ。
整列前に師匠がトイレに行った時、『今年はその帽子の人が多いですね。』 と声を掛けられたそうですが
たまたま仲間で揃えただけでした。

昨年はわたしたち以外に数人同じ帽子の方を見かけましたが
今年はわずかだったように思います。
その中のお1人は、愛媛県人かと思ったら山口の方でした。
山口県民の方が山口県を走るのに愛媛マラソンキャップとは、なんだかとっても嬉しいです。

この帽子をかぶっていると、ほぼ 「わたしは愛媛県人です」 というアピールになるので
わたしが往路の山の中で、かなり早く帰ってきたBランナーさんから 『愛媛の人?』 と声を掛けていただきました。
その男性は松山の方だそうで、わたしも住んでいるところを言っておきました。
お顔もお名前もナンバーカードも分かりませんが、このブログを読んでいてくださったらいいな。
(A様やBに出るような方が読むブログではないけれど・・・)

下関海響マラソンや萩往還等、四国外の大会で四国からの参加者を見ると
ダントツで愛媛県が多いのは、愛媛マラソンが定着しているから???
高知マラソンも歴史は古いですが、市民ランナー参加型の高知龍馬マラソンになってからは
まだ5年ほどなので、「市民ランナー」という意味では愛媛がマラソン人口が多いのかな???

fc2blog_20180505094059444.jpg

fc2blog_20180510003251977.jpg
こちらは着替え後の集合写真。
全員愛媛マラソンキャップで。(*^^*)

この2枚の写真はどちらがいいか?(素敵か?)
やはり上のほうですよね。
お2人はさっさとゴールしていましたが、3人がゴールしたばかりで臨場感があって。

“ 5人全員で完踏証とメダルを手にする ”
達成できてよかった~!!!

【サングラス】
昨年は一般フレームの薄色サングラス。
特に大きな問題はなかったのですが、近視の度が合わなくなったことと
萩往還・四万十川ウルトラとも夜明け前に活動開始、四万十川ウルトラは日没後も走るということで
今年はスポーツフレームのカラーコントロールレンズ

いま、日常生活でかけている眼鏡は、ごく一般的なフレームですが
少しでも鼻に汗をかくとすぐに滑って、これで走ると度々元に戻す作業が必要でイライラ。
スポーツ用のフレームは汗をかいても落ちてこず快適。

カラーコントロールレンズで、紫外線が強い時は真っ黒になるので
写真写りはよくないですが、まぁそれは仕方ない。
ゴールシーンではサングラスを外すつもりだったのに、興奮しすぎたのかすっかり忘れていました。

【Tシャツ】
おかやまマラソンには何の思い入れもないのですが、おかやまマラソン参加賞
①サラッと生地で地味な色。(ランパンがピンクだから上は地味に)
②どうせリュックで隠れるからデザイン無視。
③リュックで擦れるとTシャツの生地が傷むことがあるので、そうなっても惜しくないもの。

【ランパン】
サイズ・丈・ポケット全てが、これ以上のものに巡り合えないのではないかと思う大のお気に入り。
ウエストのゴム加減が少し違うだけでずいぶんなストレスになりますが、このランパンは本当に最高。

【膝テーピング】
いつもの型抜き既成品 (見た目の色は違いますが同じもの)

【ゲイター】
いつもの。
「フルマラソンでガツガツ走ると攣りそうor攣るのですが、ウルトラでゆっくり走ると攣らない」
はずが、3回目のウルトラにして初の攣る傾向が。
往路前半だったはず。
なので念のため持っていたツーランを飲み、その後は攣る前兆はほぼなし。
ゲイターの有無でどう違うのかはよくわからないのですが、いつも装着しています。

【ソックス】
メリノウールがいいと聞いたので購入したのですが、Sサイズの短めだったこともあり
今回の萩往還ではそちらは採用せず、いつものRXL5本指を用意していました。
が、前日受付に行き、おうどんの横に出店していた売店で 「メリノウール5本指ソックス」 を発見。

初めてのメーカーで洗濯もしていないものをいきなり本番でというのは少し勇気が必要でしたが
師匠が同じメーカーのものをはいていること、足首部分の丈が長めなことから
前日に買って、いきなり翌日の本番で使用。

fc2blog_20180510010008958.jpg

結果、いつものプチ水ぶくれ以外何のトラブルもなく快適でした。
今までも雨レース以外では足にトラブルが起きたことはないのですが、
プチ水ぶくれが最小で、途中で痛みもまったくといっていいほど感じなかったのは
メリノウールソックスのお陰かな。

ちなみに、師匠がプレゼントしてくれました。

【シューズ】
昨年はミズノウェーブユナイタス、今年はミズノウェーブライダー
少しでも新しいものがいいかという感じで、特に深い意味はなし。

下関海響マラソン2017でも履いていて、わたしなりにいい結果を残せたシューズ。
うん。このシューズは山口と相性がいいんだわ。(*^^*)
って、こじつけすぎ?

fc2blog_20180510005359d28.jpg
かかと部分の隙間に石が2、3回 挟まりました。
昨年も経験していたので想定内。
ただ、今年は取り除いてくれる人がいたのでとっても助かりました。

【リュック】
今年はお茶等を携帯しなくてよかったので小さい方のリュック
背中は空っぽ。

前のポケットが4つあるので、
① アルフォート4個とリップ 
② 塩サプリとカンロ飴
③ 地図
④ iPhone8
+クリップで留めた汗拭きタオル

fc2blog_2018042916395690d.jpg

iPhoneは、途中で重くなったので師匠に預けました。
6まではそんなに思わなかったのに、8になってから重い!

fc2blog_201805100119382e1.jpg
わたしが師匠を撮影した貴重な写真。
基本的にわたしが前で師匠が後ろだったのに、ここはどうして師匠が前にいるのかな?
ちなみに、師匠のリュックはわりとパンパン。

ちなみに師匠が持っているものは・・・
師匠本人用のゼリー・サプリ類他、師匠個人のもの。
2人共通のカットバン・テーピング・ワセリン・日焼け止め・お金
2人分のドリンク、おやつと差し入れのおやつ
2人分の100均合羽 (スタート前に防寒で着ていたもの。てっきり途中で捨てたと思っていたら持ち帰っていました。)
わたし個人のiPhone、アームカバー、エアーサロンパス

ひとつひとつは軽いものでも、全部リュックに入れるとそれなりの量になります。
わたしは荷物は軽いし、背中のものを取り出す手間はないし、エアサロはちょうどのところにかけてくれるし
こんな手厚いサポート(またの名をセコ技)を受けて本当に感謝。

あ。書き忘れ。
ランパンのポケットに、折り畳み式マイカップが入っていました。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【中間点預け荷物】
昨年はいろいろ預けていましたが、意外となにも使いませんでした。
時間に余裕がないことと、しっかり休むとかえって体が疲れるので、中間地点の休憩は最小限の予定。
預け荷物はごくシンプルに

① 汗拭きシート (高知龍馬マラソンでもらったガンガン冷えるの)
② 胸にぶら下げるタオルの交換用
③ おやつ袋の交換用
④ おにぎり移し替えポリ袋

師匠と一緒に走るときは、フルマラソン後の預け荷物等、いつも一緒にしています。
預けも受取も一度で済むから。
今回もその戦法で、師匠のナンバーカードの袋にわたしのものも入れてしまうことに。

前日のうちに師匠に預けておいたのですが、なんと。
2人分でもあまりにコンパクトすぎてホテルに置いたまま忘れてしまったらしく
気付いたのはタクシーで移動後、会場に着いてから。

でも、どうしても必要というものもなかったので、預け荷物はないまま出走。
結果的には、おにぎり袋が無くて困ったくらいで、特に問題はありませんでした。
不足が懸念されたおやつは、お仲間さんからお裾分けを頂きましたし。(*^^*)

中間地点に預ける荷物が無いということは、朝 わざわざ預けに行く手間もないし
中間地点で引き取りに行く手間も、再度預けに行く手間も、ゴール後引き取りに行く手間も
全部省けるので、結果オーライ。

もちろん雨だったりしたら預けるものも変わってきますし、忘れたら致命傷になりかねませんが
今回は、特に問題はありませんでした。

人に頼るということはそういうこと。
途中で離れて走っていたとき、「日焼け止めがいる~!!!」 と思っても師匠のリュックの中。
「日焼け止めがないなら日焼け防止のアームカバー!」 と思っても、それも師匠のリュックの中。

そんなこんなのプチトラブルがありながら、カットバンを使うシーンもあったりしながら
それでも無事にゴール出来ました。

「来年はこう変えよう。」「来年もこの方法にしよう。」 と思うたび、「あ。来年はもうないんだった。」 と落胆。
レポを書きながら少しずつ熱を冷ましていかなくては。
みなさんのレポを読みながら感動を思い出しています。

明日はヨガではなかったので、どんなレポを書こうかな。
それではまた明日。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
スポンサーサイト