通勤ランしようかな。

今週の土曜日は出勤日。

金曜日は、車で行って走って帰る。
土曜日は、走って行って車で帰る。

久しぶりの通勤ランしようかな。

会社にはシャワーも更衣室もないので
平日朝の通勤ランは厳しいですが
土曜日なら汗をかいてからの仕事でも大丈夫。
(と、思うことにする。)
もちろんランウエアから制服には着替えます。

いかにも事務員さんという制服ではなく、作業員のような制服。
昨年までは夏はアイロンかけが必要でしたが、
今年から制服が変わり、アイロン不要の生地に。
やった~。

土曜日に車の鍵や免許証を持って行くのを忘れないようにしなければ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
ビークル関係で勧められたのでインスタ始めました。
しばらくは見る専用で、自分が書くことはないと思います。

今日は某記念日でしたが、インスタ開始記念日になりました。(o^^o)


スポンサーサイト



5月、どうにか150km

5月30日のブログ

今日も仕事はヘロヘロ。
上司の都合により火曜日から金曜日が激務なのですが、
よりにもよって月末月初。

健康診断以降、ここ数日 胃が痛いのですが、
胃潰瘍ではないはずだけどなぁ。

日々、少しずつ新しい仕事を習っていますが、ちんぷんかんぷん。
さすがに今日明日は もともとの仕事が激務過ぎて、新しい仕事を習うのは一時停止。
萩往還以降、体調を崩すことなく元気ですが、だんだん弱ってきたのかも。

昨年は花の森練習会直後に風邪をこじらせて寝込みました。
花の森は練習会なので、ショートカット(本来の折り返しより先に折り返し) もアリかも。(*'ω'*)
なんてね、100kmエントリーしたのに、そんな甘いことではいけませんね。

ということで、今月の目標は下方修正して150km

1805_20180531013953aba.jpg
走った日の記録だけでなく、31日分の行があるのは、何日休んだかが一目で分かるように。
一年前のものや二年前のものもよく見かえすので、あえて全ての行に平成30年5月から入れています。

今月は萩往還後の休養が長引いたので、距離は伸びませんでしたが、どうにか150km
あ。萩往還は 「C70km」 といいますが、実測は68.9kmとのこと。

この表は、練習で走った時はEPSONくんのデーターの距離で
レースは時計の計測に関係なく公式発表されている距離で入力しています。

1805-2.jpg
この先、どんなに少なくても150km以上は走らねば。
先日も書きましたが、6~9月は175km以上、10月は200km以上の設定。


以上、自分の記録でした。
これ、更新は真夜中ですが、今日も夕飯後にソファで小梅と一緒にガッツリ夜のお昼寝をしています。
夜のお昼寝をなくしてその分早く寝るべきなのはわかっているのですが・・・。

明日は少し早出。
それでなくても激務なのに、早出~。
といっても15分20分の話。
朝、いつもより15分早く出るということは、けっっっこう忙しいのですが。

「忙しい」 とは 「心を亡くす」
心を無くさないよう、気を付けます。



にほんブログ村





目指せ月間150km

5月29日(火)の日記

今日も仕事は疲れました。
バタバタしまくり。
おもいきってしっかり残業するか?走るか?

① 今日は涼しいし
② 梅雨入りしていつ雨が降るかわからないし
③ 土曜日も仕事だし

走ってきました。
とはいえ7kmだけ。

萩往還が終わってから1回に10km以上走ったのは一度だけ。
「疲れをとる」 という時期はとっくに過ぎた気はしますが・・・まぁ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


fc2blog_20180530012222087.jpg
昨日の記事では 「昨年のお気に入り写真」 を載せましたが、
こちらは今年のお気に入り写真。

5日、湯田温泉駅でSLを待っているシーン。
間もなくというところで iPhoneを構え、師匠に何やら話しかけているようで。

こういう自然なシーン、好きです。
昨日の写真も今日の写真も撮影者は同じ方。
いつもありがとうございます。(*^^*)

fc2blog_20180530012803eec.jpg
この時、わたしが撮った写真がこちら。
重連というレアものだそうで、二か所から蒸気が出ているのが分かりますか?
わたしは、事前に知らされていなかったら、目の前で見ても気付かなかったと思います。

旅行記はまた改めて来週にでも。
30日(水)も、走れたら走ろう。
31日(木)は、ヨガ。
目指せ月間150km、目標まであと6km



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村




今日はお休み

走るのも、ブログもお休みです。

仕事で、とってもとっても疲れました。
明日から週末までは激務。
時間的に残業しまくりというよりは、精神的にキツイ週。
耐えられるかなぁ~。
あ、簡単に 「辞めたい」 とかは言いません。
「年金もらえるまで働く!」 が わたしの口ぐせなので。

今47歳、あと20年ほど?
わたしの時代には年金は何歳からもらえるのでしょう?
年金だけで食べていけるのでしょうか?

あ~暗い。

この先、四万十ウルトラに焦点を当てた場合の練習目標は
5月 150km
6月 175km
7月 175km 
8月 175km
9月 200km

今月が へっぽこすぎますが、萩往還で頑張ったので・・・。
わたしが25kmで区切っているので、目標距離はこんな感じ。
6月は梅雨の合間に。
7月8月は朝練か???

まずは5月の月間150km これは最低ラインですが、あと13km
梅雨入りしたものの雨は降りそうにないので、明日と明後日に分けて走ります。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


fc2blog_201705032055564f8.jpg
昨年の 写真

この写真は、すごくお気に入りの一枚なのですが
昨年はこの写真を見ても 「観光中の一枚」 というだけでした。
今、改めてこの写真を見ると 「ここを通ってゴールした!」 とジーン。

ちなみに、わしが今 勤めている会社、わたしは出戻って2年なのですが
数年前に社員旅行で瑠璃光寺に行ったそうです。
へぇ~!!!

社員旅行は平成初期のバブルの頃は、遠くへ行っていましたが、今は近場。
だったら湯田温泉とかいいなぁと思っていましたが、既に行っていたそうです。
昨年は湯布院へ行きましたが、今年は無し。


さー明日から がんばろっ。(棒読み)

にほんブログ村
Category: さくら日記

萩往還Cレポ【15】70km完踏

本日二度目の更新です。
今日の走った記事は こちら
では、萩往還レポいよいよゴール編。

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)
萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化 (05/15)
萩往還Cレポ【8】明木~陶芸の村 (05/16)
萩往還Cレポ【9】陶芸の村折返し (05/17)
萩往還Cレポ【10】陶芸の村~明木 (05/19)
萩往還Cレポ【11】奇跡の場所、一升谷 (05/20)
萩往還Cレポ【12】会計 (05/21)
萩往還Cレポ【13】一升谷~坂堂峠 (05/25)
萩往還Cレポ【14】坂堂峠~ゴール手前

*~*~*~*~*~*~*~*~*


fc2blog_20180527001802cbc.jpg
タケタテカケタ・タケさんのブログ、のぶろぐ さんよりいただいた写真。

fc2blog_20180526235137951.jpg
師匠が撮ってくれた写真。

fc2blog_2018051210090310c.jpg
お仲間さんが撮ってくれた写真。

そして両側びっしりの大歓迎の中を進んで香山公園内へ。
わたしたちが最後の予定でしたので、ゴールは5人全員でという話をしていました。

この萩往還は、シンプルに計測マットがあって、その先に写真撮影用のゴールテープがあります。
普通は、ゴールゲートがゴールで、そこに計測マットがありますが、萩往還は分離型。
これ、すごく考えられていていいアイデアだなぁと。
トライアスロンとか出たことないのですが、こんな感じなのかな???

とにかく。
ゴールマットを踏んだ後、そのままの勢いではあるのですが写真用ゴールへ。
オールスポーツではすごくいい笑顔の写真がたくさん。
いろんな時間のゴールシーンを見ていると、全く見ず知らずの人の写真でもウルウル。

スタート前にそのゴール時の説明があり、【家族や仲間と一緒にゴールしてもいい】 ことが伝えられていました。
「ぜひ5人で」 と言い合っていましたが、わたしたちが最後ではなかったことと、
かなりの混雑だったので4人でゴールするのは取り止めになり、わたしたちだけで。

たまたま偶然ですが、わたしたちの前はガラガラで、後ろはびっしり。
もしかして角を曲がってからゆっくり走りすぎて渋滞を作ってしまいましたか???
角を曲がってからはほぼ追い越しが出来ないので、角を曲がった時点で並びが決まってしまいますが
いろんなレポを書いても、もう来年の参考になることはない。
はぁ・・・寂しいです。

とにかく。
ものすごい大声援・大歓迎の中を香山公園敷地内へ入り、ゴールの計測マットを踏み
『(写真撮影は)2人一緒でいいの~!?』 というスタッフさんの声に大きく頷いて、写真用ゴールへ。
先月の四万十川桜ではしっかりサングラスを外す余裕があって、
この萩往還でも、ゴールはサングラスを外そうと思っていたのにすっかり忘れてそのままゴール。

ゴールしたらその場に座り込みたい気分だけれど、さすがにそれは迷惑だから
座っていいところまでは歩いて行かなくちゃ…と思っていましたが
いざゴールしたらそこまで極限ということもなく。
もちろんもう少し走れるという余力は全くありませんが。

fc2blog_20180506125405201.jpg
まずはメダルをかけてもらって、完踏証発行へ。



18時までに帰ればCは折返し確認のみでメダルと記録証がもらえます。
(ABはパンチのチェック有)
ABC共に18時を過ぎると、ウェーブスタートなのでその確認があるそう。

よかった~~~。
完踏できて本当によかった。
自分が嬉しいのはもちろんもちろんですが、師匠を巻き込んでのDNFが免れてホッ。
師匠は、5年連続5回目にして初めてのCメダル&完踏証。

過去4年間、B1回とA3回、伝説に残る暴風雨の時ですら完踏したというのに
最後の萩往還で、しかもCで、まさかの完踏できなかったなんていうことになったら・・・
2人で一緒に元気にゴール出来てなにより。

そのあとはとりあえず座れるところを探して、ちょうどいい段差があったので、わたしは腰を下ろし、
とっくにゴールしてサッパリ着替えも済ませているお2人と、
たった今ゴールしたばかりの師匠は、最後のお仲間さんの出迎えに。

少し前に脚を怪我して、DNSかDNFかと心配だったお仲間さん。
怪我さえなければもっともっと速いゴールでしたが、怪我が大きく影響。
陶芸の村で追いついて、それっきりわたしたちが先行していましたが、さほど間をあけずゴールとのこと。

最後の人に合わせて 「5人でゴール」 ぜひぜひぜひしたかったのですが、
ゴール付近は逆走することも出来ず、写真スポット手前で4人が先に待っていてみんなでゴールは
わたしが動けないということもあって中止。
たった今ゴールしたばかりで、どう頑張っても無理でした。ごめんなさい。

ゴールして、メダルをもらって完踏証をもらって、やっと腰を下ろしたので
まずは家族に無事に完踏した報告をと、iPhoneは・・・と思ったら、
あ゛゛゛゛師匠が持ったまま。
その師匠は、わたしのiPhoneを持ったままお仲間さんのお迎えに行ってしまった。

仕方ないからポケ~っと待とうと思ったら、師匠がiPhoneを届けに戻ってきました。
そして、師匠はお仲間さんのゴールを見逃すという・・・。
重ね重ね申し訳ない。

ここでTHさんに再会。
無事に完踏の報告が出来ました。
四万十川ウルトラでもTHさんゴール後、わたしバス収容帰着後に会場でお会いして
人がたくさんいるごちゃごちゃした場所でも必ずお会いする不思議。

fc2blog_20180505094059444.jpg
18:04 
悲願の 「メダルと完踏証を持った全員写真」
左お2人、速すぎ…。
いったい何時間待ったのかしら?

fc2blog_20170510062552993.jpg
ちなみにこちらは昨年のゴール直後のもの。
4人はすっきり着替えているのにわたしだけ走った直後。
今年は、この場所はまだランナーの走路になっていたのと工事のフェンスがあってここでは写真撮影できず。
昨年は、4人のゴールから時間がたっていたとはいえ、誰もメダルを首から提げていないのはわたしへの配慮と思われ。

とにもかくにも、今年は全員完踏した~!!!

昨年はあまりにもわたしだけが遅かったのと、荷物置き場も撤収の都合があったのか
わたしの荷物はお仲間さんが回収してくれていました。
今年はゴール後に、みんなで回収に。
わいわいと楽しく会話しながらの移動。ホント楽しい。

まずは中間地点行きのドロップバッグ回収。
えぇ、わたしたちは預けていないので回収もありませんから待ち時間に写真撮影。笑

fc2blog_20180527235908a6a.jpg
もちろんメダルは提げたまま。

それから洞春寺へ。
朝 置いて行った荷物を回収に。

fc2blog_20180528000221ff7.jpg
ジャージを履いてウインドブレーカーを着るだけなので、更衣室へは行かず外で着替え。

fc2blog_20180510003251977.jpg
18:25
そして再度記念撮影。
今度は全員が愛媛マラソンキャップ。


さて。
ココからどうやってホテルまで帰りましょうか。
疲れているしタクシーが王道な気はしますが、タクシー乗り場はちょっと遠い。
しかもこの時間だと絶対にかなりの行列のはず。

ということで、バスで帰ることに。
70km走って、ゴール後は一歩も歩きたくない!と思っていたはずなのに
とりあえず座って休んだら 「バス停まで歩いてもいい。」 と思えるってスゴイ。

ウルトラを走りながらの休憩の取り方はそれぞれで、どれが正解というのはないと思うのですが
わたしは休まず走り続けるタイプ。
まだ経験が浅いので、それが正解かどうかは正直わかりませんが、休むのが怖いから。
師匠は、一度しっかり休んでシューズを脱ぐのもいいとは言いますが。

12時間近く動き続けて、わたしが “ 休んだ ” といえるのは、陶芸の村での5分ほどかな。
ゴール後、お仲間さんを待つわずかな間に座って休んだだけでずいぶん復活。
そこで、走れと言われたら絶っ対に嫌ですが。

fc2blog_20180528001310901.jpg
18:37
のんびり10分足らず歩いてバス乗り場。
みんながバスの時間をチェックしてくれているのでわたしは座って休憩。(ぉぃ
そして乗るバスが決まったようで、バスが来るまで座って休憩。
みんなで動くと、みんなが決めてくれるので助かります。

賑やかだった香山公園一帯から少ししか離れていないのに、静かなバス乗り場。
わたしたちのほかに2名くらいいらっしゃいましたが、
やはりウルトラを走った後に路線バスというのは選択肢としては珍しいのかな?

朝のタクシーが1台、1500円ほど。
帰りのバスは1人、220円。安っ。

18:49のバスに乗り、ホテルの部屋に着いたのが19:00過ぎ。
それから、もちろん屋上露天風呂へ。
すぐに温泉に行けるよう、自宅から 「4日のお風呂セット」 はまとめて来ています。
それを持って温泉へ行き、服を脱ごうとウインドブレーカーのファスナーを降ろしたら
メダルをかけたままでした。(;・∀・)

お仲間女子さん 『メダルのデザインは去年と同じだったね。』
わたし 「・・・。」

わずかな間があってから
「わたし去年は もらってないから、去年のデザインを知らないの。(*^^*)」

『ごめ~んっっ』

こうして一年経ってもいろいろ気を使わせてしまうので、
なんとしてでも完踏したかった。
本当に完踏できてよかった。(*^^*)

fc2blog_201805050553443c9.jpg
20:30にロビー集合で打ち上げへ。
ホテルに帰り付いてから90分後にロビー集合というのは前々から決まっていて。笑
昨年と同じお店の同じ席でカンパ~イ。
今日は運転しないけど、やっぱりアルコールは要らない。

22:30まで約2時間、楽しく食事。
昨年はいろいろ気を使わせてしまったけれど、今年は気兼ねなく食事を楽しむことが出来ました。

が。
脚がダル重。どうしようもなく脚がダルイ、重い。
ネジを回して身体から外して仮置きしたいくらい。

脚を組まなくなってからずいぶん経ちますが、足首だけ絡めてみたり、
硬い椅子の上に正座をしてみたり、どうやってもダルイ!重い!
いくら自分が頑張った証拠とはいえ、どうしようもなくダル重。
わりとツラかったです。

翌日以降の筋肉痛は、愛おしいというか、笑えるというか、
「わたし頑張ったわ~。」 と余韻に浸れますが
この打ち上げ時の脚のだるさは本当にツラかった。

23:00 就寝。
2:40 に起床、12時間走り続けた長い一日が終わりました。
わたしの人生の中で相当記憶に残る1日。


あと、前日と翌日の旅行記を書きます。
わたしの萩往還レポ、まだまだ終わりませんのでもうしばらくお付き合いくださいませ。


応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
バナー作りました。(*^^*)



2部練で最低ノルマ達成

昨日午前は背中に根が生えて、ソファと身体が一体化して走れず。
午後から美容院で、白髪染の後は汗をかいてはよくないので走れず。

練習プランは、土日で20~25km
2日に分けて、10+15 の予定が、昨日サボったものだから、今日1日で20~25 走ることに。
うはっ。

20kmで3時間の見積もり、25kmで4時間弱?
リュックを背負い、おやつ、お茶、iPhone、iPod、お金を持ってgo。
ペースは全く考えず、走り続けられる速さ、つまりゆっくり。


七折からこちらへ。そこから左折。


梅(七折小梅?)の作業をしているおばあちゃんと、『暑いでしょう?』「はい、暑いです。笑」
なんて会話を交わしながらジョグ。
10:15出発でも暑い…。


画像では伝わりづらいですが、結構な坂。
すごい汗で、塩サプリをガリガリ。


さらに坂を上ると山の中に入り木陰で涼しくなりました。


てっぺんが見えた~!
前回は外山から来て七折へ、今回は七折から外山へ。
昼間なら女性独りでも平気。
途中、単独チャリダーさんにお会いし、ご挨拶。
農家さんの軽トラは道路脇に何台か。

外山から街へ戻り、10kmちょっと。
それから広田へ向け山道を走るつもりでしたが、暑い。
いくらなんでも暑すぎる。

まだ身体が暑さに慣れていないので無理は禁物。
自宅へ帰ることに。




第1部 10:15~ 大阪マラソンTシャツ

夕方涼しくなってから2部練に行こうと、顔を洗って、シャワーは無し。
シャワーしてしまうと2部練の意欲も洗い流されるので、汗臭いまま午後はまったり。


第2部 17:00~ 萩往還Tシャツ

5kmでやめたい気持ちと戦いつつ7km
かろうじて合計20km。

タイム無視で、どうにか最低ノルマ達成。
胸を張って頑張りました!とは言えませんが、どうにか頑張りました。
ふぅ。

目指せ月間150km
レベル低っ。


(ᵔᴥᵔ) (ᵔᴥᵔ) (ᵔᴥᵔ) (ᵔᴥᵔ) (ᵔᴥᵔ) (ᵔᴥᵔ) (ᵔᴥᵔ)



0527.jpg

走っている時、びっくりなLINEが。
え~と、2年近く前からお知り合いですが、ブログは言ってなかったはず。

愛媛県内の人だから、共通のマラソン大会とかで検索すればすぐにわかりますよね。
『ブログ読んでるよ。』と言ってもらえて助かりました。
ありがとうございます。
えっと、今日はおねだりしたらコンビニアイス(カキ氷、笑)が差し入れられたのかなあ。
次回こういう機会がありましたらよろしくお願いします。(o^^o)

元は上司繋がりのこの方、、、
わたしの上司にはこのブログを伝えていないそうですが、もう検索とかでバレているのかしら。
バレているならそれなりに対応が…汗。

顔出ししてもしなくても分かる人には分かる内容ですが。(*゚∀゚*)

ではまた夜なべして萩往還レポを書きます。
体重はずっと50.0~50.6くらいの間。
今は、おやつを少し解禁しています。



応援ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村





萩往還Cレポ【14】坂堂峠~ゴール手前

今日(土)は休みの番。
今日と明日で合わせて25km走ろうと思っていて、10+15 の予定。

9時に起きてしっかり朝食をとったあと、
小梅が居間のソファにいるので、小梅と触れ合おうとソファにゴロン。
それっきりソファと一体化してしまい本日終了。

14時半に美容院の予約をしていたので、
10時から走れば12時に終わって・・・
11時から走っても13時に終わってシャワーしてから美容院に行ける。
12時半から5kmだけ走ろうか・・・
脳内では色々考えますが身体はソファから全く動かず。

今日は曇っていたし、気温も高くなくて走りやすそうだったのに、ダメダメすぎ。
こういうの日常茶飯事なので、誰かと約束歓迎。

時間を決めて待ち合わせをすると走るしかないので
ついついズルズルという今日のパターンを回避できます。

ということで、わたしペース(6'40~これから暑くなるから7分くらい)で、
20km~25、30kmくらい、一緒にまったり走ろうと誘ってくださる方募集中です。
6月は梅雨かなぁ?

今日は14時半から美容院で白髪染め。
毎月毎月かかるこの費用、もったいないけれど白髪はツラいし。

気持ちは若く、見た目も少しでも若くなるよう精進します。
実際は紫外線にやられてお肌ボロボロシミだらけですが。(;・∀・)

ということで、そろそろゴールという萩往還レポです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)
萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化 (05/15)
萩往還Cレポ【8】明木~陶芸の村 (05/16)
萩往還Cレポ【9】陶芸の村折返し (05/17)
萩往還Cレポ【10】陶芸の村~明木 (05/19)
萩往還Cレポ【11】奇跡の場所、一升谷 (05/20)
萩往還Cレポ【12】会計 (05/21)
萩往還Cレポ【13】一升谷~坂堂峠 (05/25)

hIMG_0001_20180513162750c59.jpg

前回レポで書き忘れたところから。

佐々並から坂堂峠てっぺんまでの間に、61.5km地点 夏木原キャンプ場があります。
長い長いロードの途中、昨年はこの坂で設定されたタイムを過ぎ
なかなかキャンプ場が見えずハラハラ。
関門はどうにか数分前に通過したものの、時間内完踏は絶望的になっていました。

スタッフさんから 『歩いてもいいから立ち止まらないで!』 と、思い出しただけでウルウルする声援。
『頑張って。』 も有り難いけれど、もう充分すぎるほど頑張っているし、これ以上頑張れない。
『歩いてもいいから』 という応援は、本当にこの場にいるランナーに沿ったランナー目線の応援。
収容バスは目の前にありますが、不思議と 「乗れば楽になる」 という考えは浮かばず。
夏木原キャンプ場という場所は、わたしの中では重要ポイント。

それが今年は、師匠が一緒で心強いこともあり、走ってキャンプ場を通過。
EPSONで調べると、キャンプ場通過の1kmは12分ちょっと。
これ、歩きも入っていますが、しっかり走っています。(自虐ではなくて “素”)

キャンプ場は今年はエイドになっていましたが、水分補給はいつでもできるので
(自分用のボトルが減ったら自動で補充されるシステムですし)
今年は、エイドには見向きもせず走り続けました。
後で皆さんのブログを読んでいたら、ここのエイドにはフルーツポンチがあったとか。
えぇぇぇぇぇぇ、寄ればよかった。


以上、前回の書き忘れ。
では、前回からの続きです。

昨年も散々苦しめられた最後の不整地往還道。
不整地の下りが恐ろしく苦手なわたしにとって、最後の最後に不整地激下りはツライ。

このシーン、師匠はわたしのフォローで手いっぱいで
とてもとても写真を撮る余裕はなかったので往路の写真を。

fc2blog_2018051316225886d.jpg
この急斜面具合は、画像で伝わるでしょうか。
画像の上には行く先の手すりが写っています。

わたしの足元にある山水を流すための(?)くぼみ。
往路はヒョイと跨げばいいですが、復路はこの隙間がツライ。
あちこちにこのくらいの隙間があって、疲れた脚には相当なダメージ。

fc2blog_20180513162328fef.jpg
こちらも往路の写真なので、元気に笑顔で歩いていますが、復路はボロボロ。
木が埋められている、あのわずかな段差がツライ。

最後の往還道は師匠に手を繋いでもらって転びそうなときの保険にしたり
師匠に前になってもらって、肩を持たせてもらったり。
走っている時はあれほど 「前には出ないで」 とエラソーに言っていたのに。

いよいよキツクなってくると、師匠とつないだ手に思いっきり力を入れ、体重をかけたり。
師匠が力を入れて引っ張ってもらうということはしていません。
そんなことしてもわたしがついて行けないから。
でも、わたしの体重を可能な限り師匠と繋いだ手に預け、分散。

排水や埋め込まれた木材等、わずかでも段差があるところでは一度止まって、
ヨイショと越えて、またヨチヨチ歩き。
この区間でいったい何人の方に追い越されたのだろう???

順位がどうとかはいってられないので、ただひたすら時間内完踏だけを目指して。
この強烈な不整地下りが終わっても、まだロードが3.6km残っています。
キロ10分でも36分かかる、実際にはそれ以上みておかねば。

0526-1.jpg
昨年のこの区間、22分と36分。
1km進むのに、36分!!!なめくじか。

今年のゴールタイムは11時間47分50秒。
師匠の手を借りてのこのタイムなので、やはり師匠がいなかったら12時間は確実に越えていたでしょう。
下りで手を借りたこと以外にも、荷物を持ってもらったとか給水ボトルの補充も全部頼んだとか
一つ一つは些細なことでも、まとめるとすごい力になってもらいました。

オカリナエイドのことは 「涙」 のレポで書いた通り。
以下、自分の “ 今年の ” レポからコピペ。

給水所にはスポドリやコーラなどが用意されていますが、
今年の給水でわたしが飲んだのは、すべてお茶かお水でした。 
フルマラソンならスポドリを選択しますが、基本的にスポドリは好きではないのと
ことしは涼しくて大汗をかかなかったこともあり、お茶かお水。
(途中、塩サプリを1個だけ食べました。)

70kmの間に(実測68.9km)、公設・私設合わせ何か所かのエイドがありますが、ひたすらお茶かお水。
64.1km走ってきたココで初めて、ふと甘いものが欲しくなりカルピス。

昨年はわたしがあまりにも遅すぎたので片付けが終わっていましたが
今年は、まわりにたくさんのランナーが。

コースから数歩外れてエイドに立ち寄り、カルピスを依頼。
本来はセルフサービスなのでしょうが、注いでくれるというのでお言葉に甘え
Myカップを差し出して、立って待ちました。

とはいえ、もはや立ち止まると自分の身体を支えるのすらしんどくて
テーブルに両手をついて、両手両足の4か所でどうにか身体を支えている状態。

その姿をみた私設エイドの方々が 『頑張ったね~。』 『えらかったね~。』 『あと少しよ~。』 と口々に。
この日 初めて飲んだ甘いカルピスは、すっっっっごく美味。
残り5km、まだまだ先は長いけれど頑張ろう!と。

去り際、わたしからお礼を。
「ありがとうございました~っ。昨年はここで時間を過ぎていたんですけどすごく応援してもらって・・・」
以下、言葉にならず。

今年は師匠がついていてくれて、肩を持たせてもらうなどセコ技を駆使しつつどうにか完踏が見えてきて
昨年は相当折れた心でココを通過して励ましてもらったこととか
いろんな想いが全部渦巻いて、涙で言葉にならず。

走りながら、というか5月4日当日に泣いたのはこの一回だけでした。


↑ 以上、“ 今年の ” レポコピペでした。

fc2blog_20180526225346581.jpg
17:15 ゴール34分前、天花畑でロードに出てすぐのところ。
やっとロードに出てホッ。
往還道の山の中は歩いていると肌寒かったので日除け対策用アームカバーを装着。たしか100均の。

ロードに出て3.6km、残す時間は47分。
ロードに出て初めて 「完踏出来そう!出来る!」 と確信。

fc2blog_20180526222913472.jpg
昨年はロードに出ても一歩も走れませんでした。
激下りで完全に脚が売り切れ。

今年。どんなに師匠の手を借りたといっても、もう脚は残っていないだろうな
最後のロードは歩きだなと思っていましたが、意外にも走ることが出来ました。
EPSONくんでの62~63kmは 9'50/km、63~64kmは9'53/km
昨年はこの区間は12分弱かかっていますから、わたしなりにすごい進歩。

「走ることが出来ました」 と胸を張って、9'50 とか 9'53 ですが、
歩きを取り入れつつしっかり走っています。

わたしのiPhoneは相変わらず師匠が持ったまま。(重いから)
グループLINEで動きがあると師匠が読んでくれます。
他にも応援メッセージが入ると読んで伝えてくれます。

かなり心配してくれているであろう家族。
途中で一度、なりすましLINEはしてもらいましたが、
「今年は大丈夫だよ!完踏できそうだよ!」 と伝えてもらおうと残り1~2kmあたりで師匠に依頼。

師匠からの返事は 『それは完踏してからでいい。』 でした。
ちっ。

fc2blog_2018052623221602f.jpg
お2人はさっさとゴールして、残るは3人
LINEで現状報告。
師匠は自分のiPhoneはしまったままで、わたしのiPhoneで やり取り。

つまり、師匠からの書き込みでも、他の3人にはわたしが書いたものと誤解される恐れがある。
というか、実際に誤解されていたようで。(無理もない)
ちょっと内輪ネタですが、その記録。
※水色のハートスタンプのところは師匠の名前

最後の橋を曲がってからは住宅街。
お家の前で応援してくださっている方がたくさん。
その中のお1人は、 『まっすぐ400(メートル) 、曲がって300 (でゴール)よ!』 と。
なんと的確なアドバイス。

ランナーなら全員が経験あると思われる 「あとちょっと詐欺」
決して応援者の方に悪気があるわけではないので、詐欺というのは失礼すぎますが
どの大会でも聞かれる 『あとちょっとよ~!』 という声。

知っているコースなら素直にうなずくことが出来るのでしょうが、
初めてのコースだと、ついその言葉を信じてしまいます。
そして、「全然 “ ちょっと ” じゃないじゃんっ」 と毒づく結果に。
※ 全ての応援にとってもとっても感謝しています。

応援してくださっている方からすれば、フルマラソンで40km過ぎの地点に居れば
『あとちょっとよ~』 となるでしょう。
でも走っている側からすれば、その残り2kmが長いっ。
なので、応援してくださっている方からの 『あとちょっと』 は鵜呑みにしないようにしていますが
この方の 『まっすぐ400 、曲がって300よ!』 は、初めてのランナーには恐ろしく的確だったと思います。

fc2blog_20180526230827991.jpg
17:46 
ゴール4分ほど前。最後の角を曲がる寸前。
先着のお仲間さんが今か今かと待ち構えているのは分かっていましたが、記念写真。
ちょっと顔が怖いのでモザイク。

そして、最後の角を曲がると、この先に待っているのはビクトリーロード。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


fc2blog_20180527001802cbc.jpg
お仲間さんが萩往還のブログを読んでいたらわたしたちが写っていたと教えてくれました。
タケタテカケタ・タケさんのブログ、のぶろぐ

写真をお借りしていいか聞いたところ、すぐにOKの返事を下さっただけでなく
元の大きな画像まで添付してくださいました。
萩往還レポは画像たっぷりで一話完結。
この文章力・・・というのか、簡潔にまとめる力、少しだけ分けてほしい・・・。

~ 私信 ~
画像ありがとうございました!
偶然写っていてとってもとっても嬉しいです!!!

fc2blog_20180527001903ec9.jpg
ズームにしてよく見ると、師匠はiPhoneを持っています。
そしてこの時に師匠が撮ってくれたのがこの写真。
よ~く検証してみると、こちらの写真が二歩分だけ後に撮られているようですが、ほぼ同じ位置。

fc2blog_20180526235137951.jpg
師匠が撮ってくれた写真。

fc2blog_20180512101052a59.jpg
同じ写真をズームで見るとこの先の人だかりが分かると思います。

fc2blog_2018051210090310c.jpg
お仲間さんが撮ってくれた写真。
この先、すごくたくさんの方の大歓迎。

A様やBも同じゴールなので 「たかだかCのわたしのためにすみません」 という気持ちも少し入り混じりつつ
大歓声に応えます。
昨年はほとんどの人が撤収した寂しくひっそりとしたなか、お仲間さんが出迎えてくれ
タクシー乗り場にいたわずかな人も声援を送ってくれました。
今年はこの大歓迎ぶり。



~ まさかの続く ~

タイトルは 「ゴール」 と書いたのに、ゴールしませんでした。
首がパンパンで、わたしにしては珍しく肩こりのようなので、本日これにて終了。
タイトルはひっそり直しておきますが、Twitterでは直らないので、
Twitter経由で来ていただいた方、ごめんなさい。

では次回いよいよゴールします。


応援ありがとうございます。

にほんブログ村
結局今年のバナーは作っていない・・・。

30分ジョグ

fc2blog_2018052601295555a.jpg

30分だけ走ってきました。
仕事のあと、社員駐車場で4人で延々と立ち話。
そのまま続けていてもよかったのですが、暗くなりそうだったのでササッと走ってきました。

またGPS時計を忘れたので計測はスマホアプリ。

速さは気にはしていないけれど、それでも最低限このくらいは・・・というのがあります。
普通のジョグで7分ってどうなの?
疲労抜きとか、あえてゆっくりというなら話は別ですが、普通に走って7分って。

さすがにこのペースならずっと走り続けられる感じでしたが
今日は珍しく昼間に胃(お腹?)が痛くなったので、無理はせず。
週末にしっかり走りたいと思います。

師匠からも、そろそろ元のペースに戻すよう言われたので、土日で25km


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日の仕事は少ししんどかったです。
仕事なのだから、与えられたことはこなさないといけないのですが、
何の成果もない仕事、何も生み出さない仕事。

それとは別件で、新しい業務も習い中で、これもしんどい。
47歳にもなって新しいことを次々覚えるのは大変。
しかも今覚えたことが 「もうすぐ変更になります」 という前提。

何十人もいる職場で、たった一人の言動で職場の雰囲気が変わる。空気が変わる。
マイナスの意味で、そんな人にはなりたくない。
プラスの意味で、そういう人になりたい。

明日は休みなので頑張ります。

↑あ、端折りすぎ?端折らないで書くと、
「仕事でとっても疲れているけれど、明日は休みなので気持ちを落ち着かせて月曜日から頑張ります。」



.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨夜、といっても24日(木)の夜のことですが
ブログを一つ書いて、そのあとでレポを書きました。

レポを書きながら後半はさすがに筆が進まなくなり
書くだけ書いて読み直しもせずUP。
今日25日になって、記述の間違いや誤字をあちこち修正しましたが
バナーを貼るのを忘れていました。
仕事の昼休みにとりあえず貼ったら、なぜか高知龍馬マラソンのバナーでした。(゜o゜)

今日は・・・レポは書く時間と気力がないので週末に。
いよいよ感動のゴール・・・の、はず。


さきほど、またYouTubeを見ていましたら、A完踏の方の動画がありました。
48時間走った中で、陶芸の村以降のシーンも多く、とくに天花畑以降がたっぷり。
ウェーブスタートなので、18時過ぎのゴールで完踏された方でした。

走りながら撮った動画なので、当たり前ですが、リアルすぎて、ちょっと鳥肌モノ。


昨年のわたしは時間を相当過ぎてから、ランナーとしてではなく一般の人として瑠璃光寺に到着。
時間を過ぎた時点でチップのついたナンバーカードは回収され外していましたが
その後もいろいろな配慮があって、背中のナンバーカードも外して、
どうにか自分の脚で瑠璃光寺まで帰りました。

沿道の応援はごく数人、観光客はおらず、音響やゴールマットは撤去されたところへのゴール。
それでもわたしを待っていてくださる方たちがいました。
4人のお仲間さんと、『最後のランナーまで応援する』 と居残っていてくださったわずかな人。

それが今年は、ものすごい大声援。
その違いがすごすぎて。

上記の方の動画で、最後の往還道はランナーはまばらで、かなり空いていました。
昨年のわたしは完全ぼっちでしたが、今年のわたしの時間はランナーがたくさんで、
全コースのランナーが18時(+ウェーブスタート分)を目指して頑張っていました。

わたし、こんなに頑張ったこと過去にあるかなぁ?というくらい頑張って
昨年も今年も、萩往還は自信をもって頑張ったと言いきれる。

来年も!と言えないのが本当に寂しいですが、走ったレポはこの週末で終わり。
旅レポはまだまだ続きます。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日、仕事帰りに立ち話をしていたのですが、その輪から独りだけ抜けて走ってきました。
社内ではわたしが走っていることは全員に知られていて
フルマラソン以上の場合は週に一度の朝礼で紹介されます。
30人ほどの社内でフルマラソンを走る人は4人、ウルトラはわたしだけ。

今回、わたしがまた70kmに挑戦することを社内のかなり多くの人が知っていました。
仲がいい人にはLINEや出社後口頭で報告しましたが
GW明けの朝礼は仕事の重要な話で長引いたのと少し重い空気だったので、わたしの萩往還には触れられず。

あれから3週間が経過。
今になって 『ところで完走したの?』 と遠慮がちに聞いてくる人がちらほら。
レース後の朝礼では毎回 『フルマラソンを見事完走しました!』 とか 『時間は過ぎたけど70km走り抜きました』
と上司から報告されていたのに、今回に限り何も触れられず。
一部では、紹介すらできないほど惨敗したと思われていたみたい…。


師匠が、しまなみ100kmのスタート地点で聞いた言葉。
『スタート地点に立っていることがすでに勝者』 
(大事なところで申し訳ないのですが細かなところは違うかも)

四万十川ウルトラの後では、ある男性ブロガーさんの言葉に救われました。
今年の四万十でお会い出来ますように。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村
コメントありがとうございます!
お返事は26日中にいたしますね。(o^^o)



萩往還Cレポ【13】一升谷~坂堂峠

※ 24日夜にも更新しています。(o^^o)

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)
萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化 (05/15)
萩往還Cレポ【8】明木~陶芸の村 (05/16)
萩往還Cレポ【9】陶芸の村折返し (05/17)
萩往還Cレポ【10】陶芸の村~明木 (05/19)
萩往還Cレポ【11】奇跡の場所、一升谷 (05/20)
萩往還Cレポ【12】会計 (05/21)


fc2blog_20180504184700567.jpg
13:50 48.6km地点 一升谷十合目
言葉の地図に書かれた設定時刻は14:30(+2) なので、貯金は42分。
でもまだまだ安心はできません。

そのあと、50.2km地点の釿ノ切峠を通過。
往路はたくさん写真を撮りましたが、復路は無し。

昨年は、そのすぐ先の階段手前に私設エイドがありました。
関西から来られた方で、過去にA完踏経験のある男性が開いていて
イチゴや、たくさんの飲み物、おやつが。
何度も抜きつ抜かれつをしていた(走力は相手が相当上の)女子と
私設エイドの方と3人で和気あいあいと一休み。

今年も同一人物であろう方がいらっしゃったので、ぜひ昨年のお礼がてら・・・
とは思ったのですが、順調に走れていたので、賑わっていた私設エイドはスルー。
今にして思えば、何かをいただくかは別として、一言お礼に伺ってもよかったなと。

fc2blog_20180525015433fef.jpg
14:10 50.5km地点 新茶屋の旧道に入る

昨年は 「うぇぇぇぇ下りの階段」 と思って、隣にいた男性に
「下りだからって喜んでいられないですね。」 と話しかけたのですが、今年はさほど苦にはならず。
決して嬉しくはないですが。

fc2blog_20180525015531f5a.jpg
14:11

こうして時々わざと間隔をあけて師匠が写真を撮っていてくれたことは走り終えてから知りました。
「前には出ないで」 とお願いしていたので背後でひっそりと。
写真撮影時限定で前に出てもよかったのに。でも本当に前に出たら 「ちょろちょろしないで」 って怒りそう。
背後からの写真は画になるから好き。 
山の中や、こういう田園風景は 「まさに萩往還C」 という感じがして好き。

何度も書いていますが、A250km、B140km、C70kmのマラニック(走る)コースと、
今までほとんど書いていませんが、35kmの歩け歩けコースもあり
その全員が瑠璃光寺を目指して進んでいます。
ABには街中もありますが、Cはほぼ山と田園地帯。

fc2blog_20180525015652f20.jpg
上の写真をアップで。
ずいぶん姿勢が悪いなと思ったけれど、ここは不整地。
石畳やこういう不整地は足元をよく見て走らないとちょっとしたことで転びます。

復路、足元は草が生えていて狭くランナーで渋滞気味だったところで
わたしの3人くらい後ろの女性が転倒し、師匠が助けに行きましたが
ちょうど草むらで、そのランナーさんは怪我もなく元気に走り去っていきました。
舗装路でも転びそうになることはありますが、不整地はちょっとした油断が怖いので慎重に。

fc2blog_201805250216037db.jpg

fc2blog_20180525021840593.jpg
14:36 同じ写真 千持峠かな?
昨年は後半かなり歩き倒した記憶がありますが、今年は頑張って走ったといえます。
この写真でも結構な下りに見えますが、ちゃんと走っています。
もちろんペースは遅くて抜かれっぱなしですが、肘が曲がっているのは走っている証。

昨年の萩往還で不整地の下りが劇的に遅いことに気付き
今年は直前に松山城で対策をしました。
4月8日は2往復、4月21日は3往復、松山城は歩きっぱなしでしたが、
萩往還でしっかりとその練習効果が表れました。


そして、次の写真が16:17、約2時間後。
その間の出来事は・・・
あぁ、もう20日も前のことで記憶が飛んだり混同したり。


千持峠か分かりませんが、山の中で背後から男性のつぶやく声が。
『あ~終わらん。坂が終わらん。』
独り言なのですが、こういう方は話しかけると話が弾む。(o^^o)

「進んでいたらそのうちに終わりますよ♪」 と明るく声を掛け、そこからしばらくお話。
少し話をして、『萩往還は初めて?僕は初めて。』 とか、
なぜか、『大阪から来たの?』 と聞かれたりも。(*^^*)

愛媛からだと答えると、『僕は高知から。』
へぇ!!! お隣じゃないですか。(*^^*)
それから、高知龍馬マラソンの話や汗見川の話が弾み。
今年の汗見川で再会したらお互い覚えているかな???
ちなみに、後で師匠に聞いたところ 『愛媛県人と高知県人の会話には入っていけなかった。』 と。

もうお一方、悴坂あたりの山道で男性と少しお話をしたのですが・・・
内容を全く覚えておらず。
そろそろ背後から師匠が来るはず・・・というあたり。
今年は 「お話しした」 といえるランナーさんがこのお二方のみ。

昨年、何度も何度も抜きつ抜かれつをしてその都度軽く会話をしていた
山口の車屋さんのウエアの男性。
今年、すごく似た雰囲気の方にお会いし、走力は近いはずなので、また会っても不思議ではないし
山口の方だったので 「昨年も会いましたよね!?」 と言おうか迷ったものの言えず。

今年はかなり真面目に走ったので、ランナー同士の “ お喋り ” は少なめでしたが
それでもわたしが往路の時には前方からくるA様やBの方と声をかけあったり
公設・私設問わずエイドの方とも短いながらも触れ合いは多くて楽しかったです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

わたしはほとんどエアサロを使わないのですが、今回はミニエアサロを持参。
① 大阪マラソン2014でもらった未開封サンプルが延々置きっぱなしで減らないから。
② 荷物を持つのが自分ではないから。

えぇ、自分で持つならわざわざ持っては行きません。
荷物は少しでも軽くしたいので。なんというセコイ考え。
2014年にもらったエアサロの使用期限がいつなのかは知りませんが (あえて調べない)
今回はとっても役に立ちました。

復路のロード、どのあたりだったか・・・
脚が疲れたなぁと思い、あ!エアサロがあった!と、師匠に依頼。
歩道が広くなっているところで、風向きも考えて、
師匠がリュックを降ろしてエアサロを取り出し、シューシュー。
太もも両面とふくらはぎ。

その後、またロードで依頼。
不整地の山の中はガツガツ走れないので、エアサロが必要という気にもならなかったのですが
ロードで、わたしなりにそれなりに走ると、エアサロが欲しくなる。

太ももの裏側だなんて、自分ではうまくかけられないと思いますが
サポートしてくれる師匠がいてよかったです。

ウルトラを走っていたら、リュックを降ろして背中から荷物を取り出すというのも
ものすっっっっっごく億劫になります。
四万十川ウルトラでは、痛み止めは安易な服用を避けるためあえてリュックの中に入れていました。
どうしてもの時の非常用的に。

それで、いざ痛くなった時にはリュックを降ろすことすら面倒で痛み止めは飲まず。
そして激痛に苦しんだ末の関門オーバーDNF。
もちろん痛み止めを飲んでいてもDNFに変わりはありませんが、
ちゃんと飲んでいれば、あんな激痛を感じずに済んだかも。

マラソンと痛み止めについてはいろいろと言われていますが
わたし個人の考えは、痛いなら飲んでいいのではないかなと。
マラソン教室で 『痛み止めを飲むほど痛いのなら辞める勇気も必要』 と言われたのは
けっこう心にずっしり響いていますが、そうはいっても・・・。

全部走れば70km、長く走っているとそりゃああちこち痛くはなりますし、しんどくはなりますが
今回、痛み止めを飲むような痛みは一切なし。
足の指の水ぶくれも最小限でしたし、爪や皮膚にも異常なし。
皮膚が強いのか、こういうトラブルがないのは本当に助かります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

54.3km 佐々並
エイドで給水はしたはずですが、全く記憶になし。
おやつをもらったのかどうかも記憶にない。
師匠がトイレに行ったのか、エイドでまた離れ離れになったのかも記憶にない。
一生懸命走っていたから…というよりは、ただ単に20日も前のことだから忘れたのでしょう。

59.8km 上長瀬 
昨年は 「今はどのあたり?」 と、言葉の地図を握りしめココロ折れそうになりながら進んでいました。
何か手掛かりはないかと探していると 「上長瀬」 のバス停発見。

キャンプ場はまだ???と不安でいっぱいだった昨年。
この坂は永遠に終わらないのではないかという不安と焦りの中、歩き続けた進んだ昨年。
今年はフラフラしながらも走りました。もちろん歩きも多々入れつつ。

体幹が弱いのか、フォームが悪いのか、疲れているのか、そのすべてなのか
かなり左右にブレながら走っているので時折歩道からはみ出ると、後ろの師匠からツッコミが。
真面目に走っていてもそうなるんです・・・。ごめんなさい。

お友達と走っていても、混雑したマラソン大会でもよく人とぶつかるのは
どうやらわたしに原因があると気付いたのは最近。
これ、どうやったら改善されるのですかね?
体幹を鍛える? 全く弱くてお話にならないというレベルではないのですが・・・。

fc2blog_201805250307121c8.jpg
16:17 ちょうど人と重なってしまったけれど、わたしが写っています。

fc2blog_2018052503103863b.jpg
16:20 62.2km 坂堂峠あたり


長くなったので今回はここまで。
次回ゴールするかも?しないかも?
楽しみに待っていてくださる方は10人くらいいるのかしら?
日曜の夜までにはゴールレポを書きたいと思います。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村


さくら日記

5月4日の萩往還C70kmから20日が経過。
いつになったら終わるのだろう?

2017年11月の下関海響マラソン2017のレポは書き終わらないまま
高知龍馬マラソン2018のレポになってしまい
昨年の四万十川ウルトラのレポも尻切れトンボのまま。
今回の萩往還はしっかり旅レポまで書き続けたいと思います。

たくさんの萩往還ブログを読んで、「コメントをしようかな」 と思いつつ
結局コメントできないままのブログがあったり
今年のレポを読んでいたら、「あ!昨年コメントした方だ!」 だったり。
ちなみにコメント内容はSLについてでしたが。(*^^*)

今年の萩往還は歩け歩けコースが逆ルートになっていました。
昨年までは瑠璃光寺から陶芸の村だったのが、今年は逆に。
『全員で瑠璃光寺を目指す』 という趣旨らしく。

A様の男性に付き添う (言葉が適切ではないかな) 歩け歩けの女性というペアを2組見かけました。
なんだかいろいろすごい。
リアルに知っている方を含め、BC合わせ何組かの 「男女ペア」 も見かけました。
わたしたちもそうですが。

さすがにAでずっと一緒に走ったと思われるペアにはお会いしませんでしたが、
Bで一緒に走るってスゴイ。
いや、Cでもすごいと思うけれど。

わたしたちのように、明らかに走力に差があって、「フォローする側・される側」 と
明確なラインがひかれているならともかく、
夜通し24時間近く一緒に走るって・・・ホントすごいの一言。

休憩したいポイントも違うだろうし、トイレに行く回数や時間も違うだろうし、
相手と親しければ親しいほど弱音も出るかもしれないし。

う~ん。すごい。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


先日の会社の食事会で、若手男子と 「カノジョを作る方法」 という話題になりました。
あ。わたし、入社2年目だし気分は若手なので、若手席です。

『趣味が合うことは大事』 というのは当たり前なのでしょうが
47歳バツイチのおばちゃんからのアドバイスは
【自分の趣味に誘うのもいいけれど、相手の趣味をやってみるのもいいよ。】

さすがに女の子の趣味が華道だ茶道だ着付けだと言われたら 「ぜひ一緒に」 は
ハードルが高いかもしれませんが、登山とか、カメラとか、飛行機が好きとか
女の子の趣味に興味を持ってみるのもいいんじゃないかな~と。


ちなみに、わたしが走り始めたきっかけは・・・
どこかに書いてあるから探して読んで。
というわけにはいかないので、自分で探してきました。
何のために走るのか 2017年2月の記事

ついでに こんな記事 も。
いつかはウルトラ 2015年5月の記事

2013年9月に走り始め
2015年5月にいつかはウルトラを走りたいという記事を書いて
2016年3月に事故に遭い、2016年8月に萩往還C70にエントリー。
2017年5月に萩往還C70を時間外完踏し、そのあと四万十100にエントリー。

人生って楽しい。(*^^*)


あ。日付が変わる。
この記事を書く前に、先にタイトルをつけたのに全くその内容に触れられず。
なので、タイトルは付け替えます。
いうまでもなく、付けていたタイトルは
萩往還Cレポ【13】一升谷~
ち~ん。


微妙に重い内容なのでお口直しに0524で検索したセコ技過去画像を。

カード1

カード2

100524_0829~01

0524-.jpg
2016年5月24日の、こんなスクショがあって、気になったので 「今」 を調べてみたら
   ↓
   ↓
0524-3.jpg
分母が減っている・・・。
ブログを撤退した人が多いということかな???

0524_20180525000623aee.jpg
それにしてもどうして 「マラソン」 とか 「ジョギング」 がないの???マイナーなの???

0524-2.jpg
アメブロはアメブロならではのつながりがあるようですが、fc2にはそういうのはありません。
fc2だけのあしあと機能があって、そちらは来てくださった方のところへ行ったりしていますが、1日に数件。
最後に話が大逸れしましたが、これもいつものことと。
生暖かく見守ってくださいませ。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
これから夜なべしてレポ書こうかな?書けるかな?
狼が来るかな?







Category: さくら日記

9.3km

今日は9.3km走ってきました。
普通ならここまで走ったら10kmにするところでしょうが、9.3km

仕事を終えて、走ろうと思っていましたが、どんより空から霧雨。

05232.jpg
いつもの、かまってちゃん発動。
基本的に 【日々走るのは練習】、そして 【練習は好きではない】
『雨が降りそうだから無理しないで。』 と言ってもらえたら堂々と休めるのに。
今 撮ったスクショなので既読は4になっていますが、この時点では既読1

背中を押されたら行かねば。
さすがわたしのことをお見通しのお仲間さん方。
本当にいつも助けられています。

fc2blog_2018052323390322b.jpg
今日は涼しかったし、明るい時間だし、6'30くらいでは走りたいところだけどなぁ。
まだ萩往還後の疲れをとる時期という扱いでいいのか????

キリよく10kmまで走ろうかと思いましたが、ちょうど車まで戻ったし、小雨が降り出したので9.3kmで終了。
その後、すごい雨がザーザー。
10kmまで走っていたらずぶ濡れになっていたかも。
会社発着で走って、それから車で帰宅するので、ずぶ濡れは回避できてよかったです。
自宅発着なら、まぁ・・・ずぶ濡れでもどうにかなりますが。

fc2blog_20180523233835322.jpg
わたしの身体は歪んでいると、よく言われますが、確かに。

今日のウエアはこちら。
なんとなく今日はランナーさんに会う確率が低そうだったのですが、
その予想は的中し、擦れ違ったランナーさんはいなかったような・・・お一人いたかな?

さすがにこのTシャツ、大会には着て行けない。
理由は、完走していない負い目と、わたしがウルトラに出たことを信じてもらえなさそうなのと・・・。
なんて言っていたら着る機会がないので、今日はコレにしてみました。

普段は、おかやまマラソンや大阪マラソンの参加賞Tシャツを愛用していて、
(胸にプリントがごちゃごちゃあるのがいい)
サラッと薄手生地で走りやすいのですが、この四万十ウルトラのものはかなり厚手でした。

前回着たのは、四万十川桜マラソンの帰り。
そのときは4月初めで生地の厚さは気にならなかったのですが、今日は暑かった~。
このTシャツは肌寒い春先か冬間近の秋くらいのラン用にしよう。
生地が厚手だから暑くない時用。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今、未開封の参加賞Tシャツが3枚。

高知龍馬マラソン2018、第10回四万十川桜マラソン、第30回萩往還
記念にしまっておくつもりもないし、特に意味はないのですが、未開封のまま。

あ~!!!
完走者Tシャツが欲しい!

四万十川ウルトラ100kmの完走者Tシャツが手に入ったら、(つまり完走したら)
この先、フルマラソンのウエアはそれにします。
自分の力で手に入れられるよう頑張ります。

四万十川ウルトラは、公認コースのれっきとしたレース。
師匠とW当選したとしても、それぞれで走ることになるので補助は無し。
自分の力だけを信じて。

といいたいところですが、ウルトラはいつも周りの方々に助けられています。
その日、その場で初めて会ったランナーさんといろいろお喋りしたり、ひっぱってもらったり。

 ※ 走ることに縁がない方向け解説
 目の前を走る見ず知らずのランナーさんに合わせて走ること・・・とか
 みんなで歩いていたのに誰かが走り出したらみんな一斉に走り出したり・・・とか
 そういうのをまとめて 「引っ張ってもらう」 と言います。
 ペースの合う誰かについて行くと楽に走れるので。

昨年の萩往還ではキャンプ場までの長い登りで、一時的にBの方に引っ張ってもらいました。
ただ勝手について行っただけですが、すごく助かりました。
仲良くお喋りした方はたくさんいますが、「引っ張ってもらった」 というのはあのBの方だけかな。

今年は陶芸の村の後の左折後、ペースの合う男性がいたなぁ。
信号の変わり目で、その方は青、わたしは赤で離ればなれになり追いつけなかったけれど。

あぁ、また話が逸れまくり。


今月の目標は下方修正して 150km
頑張ります。(*^^*)

今から少しだけ萩往還レポの続きを。
仕上げて更新するのは明日、25日の夜になりそうです。
【追記】 全く書けずじまいでした。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
DNF(リタイヤ)した人にのみ与えられるタオル。
コレ、長く見ていないけれど我が家のどこにあるのだろう???

全日本マラソンランキング

fc2blog_20180522231957a80.jpg
対象が、2017年11月の下関海響マラソンと、2018年2月の高知龍馬マラソン

下関海響マラソン2017が、グロス 4:41:37、ネット 4:39:04
高知龍馬マラソン2018が、グロス 4:40:14、ネット 4:37:38

印象としては、下関海響マラソンのほうが 「快走」 だったので、
てっきりこちらの記録が速いと思っていましたが
気持ち的に撃沈の高知龍馬マラソンのほうが速かったのか・・・、意外。

というか、高知龍馬マラソンのタイムを覚えていない自分にも驚き。
つい3ヶ月ほど前の直近のフルマラソンなのに。

この5年間で、上位何%の位置にいるかというと、51% → 37% → 45% → 46% → 37%
分母の数は 1967人 → 2138 → 2506 → 2593 → 2695

今後の目標は、上位37%より上を目指す。(3桁順位)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日は会社の食事会(接待)でした。
場所はお寿司屋さん、
コースで出てくる料理は全~部 魚関連。

最後のにぎりは、「たまご・まぐろ・はまち・鯛」 (たぶん)
エビとかイカとかタコがよかったなぁ・・・。
どうしても食べられないものは若手に回し、後は頑張って魚を食べました。
1年分くらいの魚を食べた気がする。

というセリフを、4月27日の会社の食事会の時にも言った気がする。

食事会の後、走ってきました。
明日は雨らしいのでどうしても走っておかねば。

fc2blog_20180522232036a7f.jpg
時計もライトも反射タスキも忘れ、
時計はスマホアプリで代用、ライトは上司に小型手持ちライトを借りました。
もう少し走ってもよかったのですが、スタートが21:43で、
道路は人通りが無いのはもちろん、車すら通らなさ過ぎて怖かったので5kmで終了。

ま、走らないよりはマシかな。
今月は175kmに到達しないかも。
というか、しそうにないから150kmに下方修正かな。

5月4日に山口100萩往還マラニック大会 70km(実測68.9km)を走って、
その前後に休みすぎたので、月間でいうとなかなか伸びず。

来月からは頑張ります・・・と言いたいところですが、6月は梅雨だし、7月8月は暑いし。
でも、いつかどこかで絶対に100km完走したいので、頑張ります。

10月の四万十の抽選に受かって、無事に完走できればそれが一番だけれど
もしも無理だったら、どこで100km走ろうかな。
「普通の」ウルトラってどこのことかな?

野辺山が 「普通ではない」 ということだけは分かりました。
高山もわたしには無理だそうで。
みなさんいろいろレースを組んでいて、わたしもいろいろ考えるのが楽しみ楽しみ。(*^^*)


最近、ふと思うようになったというか、思いが強くなったのが、富士山に登りたい。
富士山のレースもいろいろあるようですが、
わたしの場合は 「5合目から登山をしたい」 です。
決して 「走りたい」 とかレースに出たいではないです。

ずっと前から考えてはいたものの、前の職場ではなかなか連休が取れず
2連休を取って旅行しようにも、夜勤明けで旅に出て、夕方に戻ったそのまま夜勤という
そんな状態では富士山登山なんてできるはずもなく。

今、普通の会社になったので (土曜日は隔週なのが不満だけれど)
富士登山も可能かな???
今なら、とりあえず体力はあるだろうし。

愛媛県から富士登山・・・
旅行社のツアーなどもありますが、いつか一度は登ってみたいと思います。


ということで、この先は毎年書き足しているだけでほぼコピペですが、
全日本マラソンランキングの過去の記録を。
これより先はお暇な方だけどうぞ。


バナーは二か所に。(*^^*)

にほんブログ村
滅多に登場しないバナー。
珍しく隣りは師匠ではありません。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


0523.jpg
対象は、2016年11月、大撃沈のおかやまマラソンと
2017年2月、撃沈の高知龍馬マラソン。
1190位 / 2593人中で、上から45%

とりあえず半分以内にいたのでホッ。
グロスでサブ4.5をバシッと決めて上位1/3くらいにいられたらかっこいいと思うけど・・・
その壁は高く。



マラソンランキング2016
対象は、2015年11月、脚が攣りまくりで大撃沈のおかやまマラソンと
2016年2月、脚が攣りそうになりまくりで、軽い熱中症気味で撃沈の高知龍馬マラソン。

高知龍馬マラソンのほうが 「マシ」 だったのでこちらが採用され 1123位 / 2506人中
上から45%



マラソンランキング
2014年4月 とくしまマラソン
2014年10月 大阪マラソン
2015年2月 高知龍馬マラソンから・・・高知龍馬マラソン

792位 / 2138人中 で、上位37%の位置 
※ 2015年3月の四万十川桜マラソンは未公認コースのため除外



20140524ランキング
対象になるレースが 高知龍馬マラソンのみで、そのものずばり
1007人 / 1967人中 で、上位51%


最後まで読んでいただきありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

萩往還Cレポ【12】会計

昨日、YouTubeで「萩往還」と検索したら、今年C70を走った方の動画が出てきました。
2時間22分の長編。

午前中に少し見て、夜はブログを更新してからまた続きを見て・・・
気分が悪くなり早々に寝ました。
走りながら撮った動画を2倍速で見たら酔う。

これ、昨年もやらかしたことなんですけどね。
えぇ、同じ方の萩往還の動画で。
もちろん撮影した方が悪いのではなく、2倍速で一気に見たわたしが悪い。

ちなみに、1時間57分のところで撮影者さんとわたしたちが擦れ違うシーンが出てきます。
マニアックなファンの方がいらっしゃいましたら、検索して見てくださいませ。
師匠がわたしの後ろを走っているシーンがはっきり。

「前には出ないで」 とお願いしたので慎ましやかに。
今回お願いしたのはペーサーではなく、フォロー。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


先ほど、まっさんのブログを読んでいたら、過去の戦歴が記されていました。
どの大会でも近くにいる感じ。

まっさんとは、いつの間にやらすっかりお友だちになりましたが、いつどこで知り合ったのだろう?
マラソンが縁で、ブログが縁なのは確かですが、朝霧湖かな?

で。
まっさんの戦歴と照らし合わせて、わたし、初フルはどんなタイムだったっけ?と。
全く記憶にない。

わたしが覚えているのは、2回目のフルマラソンである とくしまマラソン2014で
5:00:17 グロス
この記録だけは、一生忘れない気がする・・・。

この先、わずかな可能性でフルマラソンで4時間30分を切ることがあったとしても
この、とくしまマラソンの記録だけは忘れないと思う。

大阪マラソン2014は、4時間59分台だったよなぁ。
おかやまマラソンは2回出て、2回目がギリギリだったよなぁ。 (調べたら 4:58:14)
で、初フルは?

普通に考えたら初フルはすごく印象深いでしょうし、
秒までは無理でも、せめて分単位くらいは覚えていそうなものだけれど。
高知龍馬マラソンのタイム、全く覚えていない。

師匠がペーサーをしてくれて、
わたしはすごく頑張っているのに 『もうちょっとがんばれ』 と何度も言われたこととか
目の前を走られたら邪魔なのに 『(僕が風よけになるから)僕の後ろを走って!』 と言われたこととか
5時間切りをネットにするのかグロスにするのか揉めた(笑)こととかは覚えているのに。

予想は5時間45分で提出。(当時の制限は6時間)
5000人の最後尾から仮装の人たちと一緒に出発したこととか
エイドでもらった食糧を両手に持って延々と食べ続け、師匠を驚かせたこととか
途中で歩いて師匠を心配させたこととか
すごくいろんなことを鮮明に覚えていますが、ゴールタイムは全く記憶にない。

たしか4時間50分台だったような・・・
調べてみると 4:59:09 でした。

へぇ~。
そんなにギリギリだったのか。
初フル、それまでに最長走ったのが21kmというわたしをゴールへ導くという大役を仰せつかった師匠は
相当大変だったでしょうね。

と、いまさら他人事のように。(;・∀・)

2013年9月 走り始め
2014年2月 初フル
2018年5月 ウルトラ初完踏 やった~~~!!!

① 公認フルマラソン グロスサブ4.5
② 萩往還C 完踏
③ 100kmマラソン 完走

この3つが達成出来たら、わたしのラン人生で思い残すことはない!と思うのですが
(3つ達成したからといってランをやめるわけではないです。)
今のところは ② だけ。

① は、厳しいというか、半ば・・・ほぼ諦めモード。
無理に背伸びして それを目指すよりも、楽しく走ったほうがいいかな?と。
今後は4時間45分以内に楽しく走ってゴールを目指します。

③ は、もうしばらくチャレンジしたいな。
あ、今年の秋の四万十で達成できれば最高ですが、世の中そうは甘くないので
あちこちの100km大会を要チェック。
ただし、難易度の低いもの。
野辺山100は、わたしには手も足も出なさそうです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


萩往還レポ
走った続きを書きたいのですが、今日はちょっと疲れたので簡単な記事で。

0521_201805212248307cd.jpg
この内訳、普通の観光旅行なら絶対にあるはずの 「観光費・レジャー費(入園料等)」 がない。笑
しいていうなら、エントリー費 = レジャー費

お手軽パックツアーの2泊3日の旅行と比べると決して安くはないのかも?
でも、いつも書いているように支払いが分散されるので、そんなに痛手はありません。
というか、70kmで 1万円のエントリー費用は安いっ。

ホテルは丸投げ。
お友達に 「5人分」 で取ってもらって同じ階の並びにしてもらっています。

交通費の違いは、昨年はSLに乗ったから。
今年は会場からの帰りはバスで節約。(*^^*)
そのあたりのことはまたレポで。

食費は、ホテルブッフェを2回食べたから今年のほうがUP。
昨年から 「来年もあのローストビーフを食べる。」 と決めていて、2回も。

fc2blog_20180513024543a6d.jpg

雑費は主に荷物の送料。
今回も行きは会社からで契約運賃で安くて、帰りはホテルからで高かった~。
これは仕方ないですね。

お土産は会社にたくさん。
事務所と、作業場と、えら~い方と。
いつもなにかと応援してくださるのでお礼に。

出発前に買ったものは、今年も特になし。おやつくらいかな。
帰宅後にかかった費用は入れていませんが、今のところシャッフルプリントのみ。
あとは、またフォトブックを作る予定。
でもこれは、ゴール写真が送られてきてからにします。

fc2blog_20180514230530a57.jpg

オールスポーツで見たのでは、いい顔してた~。(*^^*)
もちろん美人とか可愛いとかいう意味ではないですよ!歯並び最悪だし。
でも、最高の笑顔でした。

萩往還の写真をたくさん姉に送ったのですが、『すごく楽しそうだね。』 と言われました。
「すごくしんどかったんだからね!」 と言い返しつつ、確かに楽しかったな~と。

走っている時のものでも笑顔。
うん、楽しかったわ。

fc2blog_20180519232220b03.jpg


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


fc2blog_20180521232254908_20180521232442e23.jpg
昨年、ばぁばにおみやげに買って大好評だった松陰漬。

今年は 「お漬物が好き」 という会社のエラ~イ方にもお土産に買いました。
またまた 『美味しかった』 と大絶賛。
もう山口まで買いに行くのは無理そうなので、Amazonで調べたら・・・ ありました~

Amazon 648円、ホテルの売店 650円なので同じ金額。
これで追加注文が出来ると分かって一安心。

さて、日付が変わらないうちに寝よう。

あ。
今朝、お風呂上りに体重計に乗ったところ、デジタル数字が49.8・49.9 あたりをウロウロして、
「やった~50を切った~!」 と喜んでいたら、50.0で停止。 ちっ。
髪の毛が濡れていたから、その水分で100gくらいあったんじゃないの???

ちょっと痩せたので、今日は牛乳で作ったシャービック1箱分完食。(牛乳は400cc使用)
こんなことしてたらすぐに52kgになるぞ~と、自戒。

歯医者さんに行くときも、帰るときも走っている方がたくさんいて刺激を受けつつ、
「帰ってブログを書かなきゃ!」 と。
萩往還レポが終わるまではこの現象が続きそうです。
走る < ブログ

明日は会社の食事会のため帰宅は遅め。
レポは未定ですが、ブログは更新予定です。


おまけ
データ1
師匠がペーサーをしてくれた、わたしの初フルのデータ。
18kmでトイレに行って3分ほどロス。
初フルとは思えないきれいなラップ。すごいっっ。 (←もちろん導いた人が)

それにしてもこんなにギリギリだったとは。
すっかり忘れていました。



初心忘るべからず。
応援ありがとうございます。

にほんブログ村



ゆるっとジョグ。暑い。

本日二度目の更新になりますが、今日の出来事。

ゆっくり朝寝坊して9時頃に起床。
その前に何度か布団の中で師匠の野辺山応援(進捗確認)はしておりますが。

それから朝食。
天気がよさそうで、朝のうちに走らなければ暑くなるな――と思いつつブログ書き。
今日の萩往還レポは こちら


お昼も過ぎ、師匠がゴールするまでにはわたしも帰宅しておきたいので
暑い暑いピークの時間に走ってきました。
最低8km、予定は10km、走れたら12km。


ちーん。

信号は一つもないので、全く一時停止する必要もなく、ダラッと走っていますが
走りながら、しょっちゅうLINE。
グループLINEで、誰が発言したかを勘違いして混乱したりということもありつつ
師匠のアップデートも追いつつ。


痩せている時限定のSVOLME
体重が2kg増えると、ウエストが苦しくて履くのが嫌になる。
最近はSVOLME のランウエアを着ている方も多く見かけるようになってきましたが、これは・・・

ちゃんと前から見れば、まあまあ可愛らしいウエアなのですが、(着ている人がどうかは別として)
写真がヘン過ぎる。

さて、これからもう一つ萩往還のレポを書こうっと。
【追加】無理でした。

最後になりましたが、嬉しい報告。
今日一日朝からドキドキしっぱなしでしたが、師匠の野辺山100km。
12時間を切ってゴールし、元気だと連絡がありました!

萩往還では5人全員でCを走りましたが、4人はそれぞれのガチ。
タイムを狙う人、怪我をしてDNSか?DNFか?と不安だった人、時間内完踏を狙うわたし、
それぞれにガチでしたが、師匠だけはわたしのサポート役。

師匠のおかげで、わたしが無事に完踏できて、師匠なりの達成感はあったかもしれませんが
そうはいっても不完全燃焼感も否めない感じでした。
それを今日の野辺山にぶつけ、気持ちよく走りきれたそうです。

12時間を切っての野辺山100km完走。
おめでとうございます!
やっぱり偉大な師匠だ~。


今日もこのウエアで走ったそうです。



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

萩往還Cレポ【11】奇跡の場所、一升谷

5月4日に走って、5月5日に帰宅。
自宅に着いたのは日付が変わって5月6日になっていました。

洗濯をしたり、身体を休めたりしながらも、iPhoneで撮った写真を眺めていて、
すごい偶然を発見。
もう奇跡といってもいいくらいの確率。
それで、いてもたってもいられずブログを更新しました。
その時の記事は こちら です。

まずは、そこから一部分をコピペ。

0268 1341
昨年わたしが復路で撮った写真。
今年も、この写真と同じ場所で撮りたいと思っていて、
往路で 「このあたりかなぁ?」 と言いながら時々振り返ってチェック。

今年も だいたい同じ場所での写真が撮れたと満足していたのですが、
たった今、昨年の写真集を見直しながら今年の写真を見ていたら
同じような場所どころか、まっっっったく同じではないですか!


vth.jpg
左が昨年で、右が今年。
どちらの写真も全体のサイズを小さくしただけで、切り取りなどせず撮ったそのまま。


以上(一部編集の)コピペ終わり。

ね?
トリミングもせず、こんなおんなじ写真が撮れるなんて。


今日はこの時に撮ったほかの写真も紹介しながらブログを書き進めようと思っていました。
野辺山を走っている師匠の進捗を気にしつつ、YouTubeで萩往還を走った方の動画も見つつ
届いたLINEを見ると、突然 山の中の写真。

萩往還っぽいけど何だろう?
誰が写っているのかな?

fc2blog_2018052011575229f.jpg
送られてきた画像そのままが、こちら。

画像の後に届いた解説を読むと、『奇跡の場所、私も撮ってました。』
はぃぃぃぃ?
あ。一升谷で 「似たような場所で撮っていた。」 ということかな?

改めてパソコンの自分の画像と、iPhoneの届いた画像を見比べてみると・・・鳥肌が立つくらい同じ場所。
いただいた画像の下だけ切り取って、サイズを揃えてみると・・・

a)2.jpg
ピタリと一致
こんな偶然ってある?

わたしと師匠は、「昨年と同じ場所で写真を撮ろう!」 と言い合っていて、往路の時点でロケハンをしていました。
とはいえ、“ 一升谷のどこか ” ということしかわかっておらず。
今年の画像を よ~く見たら、ベンチがあって人が座っているのが分かります。
でも昨年の画像では、ベンチがあることは全く気づいておらず。
なので、ベンチを目印に撮ったわけでもなく、脳内に焼き付いた記憶だけで 「きっとこのあたり」 と。

わたしはiphoneの待ち受けにしていますから、毎日何度も見ていますが
今年の写真を撮ったのは師匠。
『このあたりかな。』 と、場所を決めたのも師匠。

わたしたちが同じ場所で写真が撮れたというのもかなり奇跡だと思いますが、
今日になってお仲間さんから送られてきた写真までもがピタリと一致だなんて。

a)3.jpg
しつこいようですが並べて検証。

わたしはブログを書いていますし、何より自分大好きなので、
自分でも写真を撮りましたし、師匠にも 「たくさん写真を撮ってね。」 とお願いしていました。
景色でもわたしでも、なんでもいいからとにかくたくさん写真を撮ってほしいと。

撮った写真のほぼすべてをここで紹介していますから、枚数は見ての通りという感じなのですが
なんと。お仲間さんが走りながら撮った写真はわずか9枚とのこと。
12時間近く走っていて、わずか9枚しか写真を撮っていないのに、その中の1枚がこちら。

わたしが何度も何度もグループLINEやブログでこの画像を紹介していたとはいえ
こんな偶然ってある???


いつか、ゴールデンウィークに山口に旅行をして、
湯田温泉に泊まって往還道をお散歩して、そして車でA様のコースを走ってみたい。
もちろん一升谷にも行って、三度この場所へ行ってみたい。

「萩往還」 と名のつくマラニックで12時間を2回も走ったのに、萩市の観光を全くしていない。
日本海もまともに見ていない。
(陶芸の村から見えたような?見ていないような???)

萩往還を走ったみなさん、ブログを書き終え、次なる目標へと切り替えていらっしゃるようですが
わたしはまだまだ抜け出せない。
あぁ・・・走りに行かなくては。
師匠の野辺山も気になるし、ブログも書きたいし。

話をレポに戻して。

時系列でほんの数分だけ遡りますが、このあたりの写真をまとめてご紹介。
ちなみに、前回のレポは明木まででしたが、今回は一升谷から始まっています。
「明木から一升谷までの間は?」 なんていう疑問をお持ちの方は・・・いらっしゃらないですよね。
答え・・・すぐそこなので特筆すべきことは無し。

hIMG_0001_20180513162750c59.jpg
明木エイドが44.6km地点
一升谷十合目が48.6km地点

あ。今回のレポでは4.0kmしか進まない・・・。
では一升谷の写真を いっきに。

fc2blog_20180520124828a37.jpg
13:07 スタートから7時間と5分
明木の街にいたのが13:00くらいまでなので、本当に一瞬のうちに景色が変わって山の中。
ココでも充分 「似たような場所」 ではあるのですが・・・。

fc2blog_2018052012501406d.jpg
13:08

fc2blog_20180520125141d57.jpg
こちらも13:08

fc2blog_20180520125429794.jpg
で、なぜか師匠の失敗があって
この写真をわざわざ載せたのは、「この一枚があったからこその奇跡の一枚に繋がった」 という意味で。

fc2blog_2018050621332557f.jpg
その直後の13:09 

1分2分の違いで全く違う構図になりますが、すごい。
そして、このあとお仲間さんまでもが、まさにこの場所で写真を撮っていたなんて。

そのあとは一升谷を上り続けます。
師匠は過去3年間Aを走ってきたので、師匠にとっては一升谷は上るもの。
(その前にBも1回走っています。)

往路の一升谷では 『一升谷を駆け下りることが出来るなんてすごく楽しい!』 と
子どものようにはしゃいでいましたが、帰りはやっぱり上り。
一升谷を上りながら、過去のA様時代を思い出していたのでしょうか?

A様のときはどんな気持ちでここを上っていたのかな?
今年はわたしの付き添いなので、タイムを競うわけでもなく、
景色を楽しみながら、走ることを楽しみながら。

わたしがフラフラだったり、時間がギリギリだったら師匠が楽しむ余裕はないかもしれませんが
しっかりと進んでいたのでこのころはまだまだ大丈夫。
それでも後で聞いたところ、『いつ脚が止まるか動けなくなるか心配だった。』 とのこと。

0513-5.jpg
こちらは帰宅後に作った表。

今年はある程度の余裕がありましたし、なんといっても師匠がいたので時間表(言葉の地図)を見たのは少し。
それでも要所要所では自分が見たり、師匠に見てもらったりで、どのくらい貯金があるかを確認していました。


13:50 一升谷十合目。

案内の設定時刻は14:32 (6:02スタートのため)
昨年は14:26に通過し、今年は13:50 
明木で貯金43分、一升谷十合目で貯金42分。

まだ48.6km地点、残すは20km
最後の最後に昨年大苦戦した激下りが待っているので42分の貯金では安心はできません。


~ 続きます ~


前回書き忘れたこと。
師匠にも師匠がいらっしゃるということを今回の旅で初めて聞きました。

師匠が走り始めたのは自分の意志だそうですが、ウルトラへのきっかけを下さったのは
その大師匠さんとのこと。
しまなみウルトラに誘っていただいて、初めてウルトラを走ったのが2012年のしまなみ遠足 100km

それからはマラソンだけでなくウルトラにもハマって、変な大会によく出ていますが
師匠の存在が無ければ、こうしてわたしたちが5人で萩往還に出ることもなかった。
つまりは、その大師匠さんの存在が無ければ、今のわたしたちはなかった。

わたし以外の方は、それぞれ100kmウルトラにも出ていて完走していますが
少なくともわたしは、師匠がいなかったらフルマラソンすら走っていなかっので
是非とも、今回出走されているという大師匠さんにご挨拶をせねば。

結果。
陶芸の村をわたしが先に出て、師匠と離れ離れで走っている時に
師匠は大師匠さんにお会いしてお話ししたそうです。
わたし、ご挨拶できず。


大師匠さんが師匠にウルトラを勧め、師匠を見てわたしが走り始め
わたしのブログを見て 「わたしも走ってみよう。」 という方がいて、
こうして受け継がれていくってすごいなぁ~。


さて。
現実世界を見なくては。走りに行ってこよう。

今は13:33、師匠は70kmは過ぎて、もうそろそろ80kmあたりかな?
弟子、1割ほど走ってきます。


応援ありがとうございます。

にほんブログ村





萩往還Cレポ【10】陶芸の村~明木

今夜のグループLINEは、週末というのに静かです。
明日がレースという方がお二人いらっしゃるので、早く寝るのを邪魔しないように。
もちろん消音にはしているでしょうが、起きたときにたくさん溜まっていたらびっくりするでしょうから。

いつもこの5人のことを書いているので、【楽しいのは分かるけど幸せ自慢みたい】 と言われたことがあります。
あえて自慢しているつもりはないですが、否定はしません。

わたしがブログを書く目的は、「老後の楽しみ。自分の記録。」
えぇ、自分大好きなので。

自分のブログは、しょっちゅう読み返しています。
なので、しょっちゅう書き換えています。
語尾や接続詞の気になる部分(引っ掛かる部分)をちょこちょこと修正。
なので、更新から丸一日以上経過したもの、つまり最新のひとつ前の記事が完成形です。
同じ記事を二度も読みに来てくださる方はいないでしょうが。

自分が好きで書いていることで、誰かから 「楽しみにしているよ。」「参考になったよ。」 と
言っていただけると最高にうれしいです。
ブロガーみょうりに尽きる。(*^^*)


さきほど読んだブログの記事に
【ウルトラ完走を目指すならとにかく走れ】 的なことが書いてありました。
その記事の内容をこの一行に集約するには無理がありすぎますが
【自由に使える時間はとにかく走れ。(ブログを書いている暇があったら走れ)】 的な。


ちなみにレポを除く日々のブログは指にちっちゃな脳が分散されていて、指で書いています。
頭にある脳からの指令は出ていないと思われます。
時々 「わたし、昨日のブログに何を書いたっけ?」 と思うことがあるくらいなので。

“ 昨日のことを覚えていない記憶力の問題 ” ではなく、
“ 何も考えず、脳を使わず書いているから ” だと思われます。そう思いたい。

一度、脳波の検査をしてみたいです。 
好きな音楽を聴いている時はリラックスするといいますが、
わたしはブログを書いている時が一番リラックスしているかも。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨日のブログで
「強度の運動をした後は血液検査で変な数値が出るそうですが、わたし12時間しか走ってないからなぁ。」
と 書きました。

「12時間しか」 とサラッと書いた自分に笑ってしまいました。
だって、周りには24時間とか48時間とか走り続けている方たちがいるので、12時間なんて
「たったの12時間」 なんですもの。


師匠が明日、星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン を走ります。
「携帯は持って走るの?」 と聞いたら 『いや、預けていく。』 と。
「そうね、100kmだしね。」 つまり、100km “だけ” というニュアンス。

ひぃ~。
何かがおかしい。

萩往還での70km付き添いを 『野辺山の練習になる。』 と言ってくれた師匠。
野辺山でいい結果が出なかったら、わたしが萩往還で振り回した疲れが原因と思われて 思ってしまうので
わたしのためにも頑張ってください。( ̄▽ ̄)
遠く愛媛の地から応援しています!!!
(真意がきちんと通じているかしら…。)
明日ハーフを走るお仲間さんのことも応援しています!!!


ということで、昨夜 書きかけで更新出来なかった萩往還レポを。
下書きにしたはずなのに、ブログ村には更新通知が行ってしまっていたみたいで、バタバタして申し訳ないです。
書きかけたものの、深夜1時になったので下書き保存をして(したつもりで)、切り上げて寝てしまいました。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)
萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化 (05/15)
萩往還Cレポ【8】明木~陶芸の村 (05/16)
萩往還Cレポ【9】陶芸の村折返し

やっと後半です。

昨年は散々みんなで 「陶芸の里?」 「陶芸の森?」 「陶芸の丘?」 と悩んだ 「陶芸の村」

0513-5.jpg
昨年 陶芸の村を望む 11:32 → お弁当写真 11:41 → 出発 11:47
今年 陶芸の村を望む 11:16 → お弁当写真 11:24 → 出発 11:28

休むと身体が固まるのが怖いし、悠長に休んでいる暇はないので、最低限のことだけ済ませて出発。
昨年は、陶芸の村を出てすぐは泣きながら走っていたなぁ。

とりあえず坂を下りて、新村田蒲鉾店の大きな交差点へ。
交差点の寸前、前を歩いているA様が。
ふとゼッケンを見ると愛媛の方で、お名前を見ると取引先の方。
普段は営業さんを通しているので直接のやり取りはほぼないけれど仕事の接点は多い方。
Aに出ることは聞いていましたので、思い切って声を掛けて、名乗ってから少しお話を。

その後、わたしが先行してそれっきりでしたが、
後日、営業さんの携帯に着信があり、たまたま営業さんが席を外していたので
担当事務であるわたしが対応。「お世話になります。」 の次は 「先日はお疲れ様でした!」
それからしばらく萩往還話。

仕事の用件での着信なのに、萩往還話。
仕事中でなく、時間の制約が無ければずっと喋り続けられたでしょう。

閑話休題

その先の信号は、対角に2回渡る必要が。
渡ろうとした信号が、着いたとたんに点滅し始め、
「じゃあ先に青のほうへ渡っておこうっと。」 と思ったら警備員さんに制止されました。
今年は説明会に出なかったため詳しいことは分からないけれど、昨年とは変更になったよう。
警備員さんの指示に従い、信号を待ちますが、長い。
やっとのことで渡ったらまたすぐに次の信号、これもまた長い。
タッチの差で信号にかからなかった人とはずいぶんな差が。
でも、こういうのも含めてのウルトラマラニック。

手に持ったおにぎりは、走りながら少しずつよく噛んで食べ、ロードのうちに2個完食。
塩分を摂るため、沢庵もしっかり食べました。

fc2blog_20180517233145a58.jpg
昔のままの不整地の往還道は木々に覆われていて意外と涼しいものの、
この街中のロードは真昼間ということもあり暑い。
腕がジリジリ。あ。日焼け止めを塗り直さなくては。
そういえば、確かに往路のこのあたりで、陶芸の村で日焼け止めを塗り直すという会話をしたのに忘れてた!

わたしの日焼け止めを持っているのは師匠。 ちーん。
日焼け止めがないなら、日焼け防止アームカバーを…と思っても、それも師匠。
何でもかんでも人を頼るからこういうことになる。
師匠が来るまで我慢我慢。

師匠より一足早く陶芸の村を出て、左折して、そこから2km走って横道にそれても師匠はまだ現れず。
師匠、遅いっ。 

ちょうど4kmで、旧村田蒲鉾エイド。
ココにエイドがあって給水可能なのが分かっていたから独りで先行できたのですが、
そうはいっても水分なしというわけにはいかないので、いざという時用に
予備で持っていた紙パックのミカンジュースを胸ポケットに所持。
でも紙パック+ストローなので結局最後まで開封はせず。

「ちょっと喉が渇いたなぁ。自販機でお茶でも買おうか?」 と思っても
お金を持っているのも師匠ですが、そもそも自販機が存在しない。

要するに 「最低限のものは自分で持て」 ということで、自戒。
人に持ってもらって文句を言うなんてもってのほか。

ちなみに、この大会はコンビニや自販機の利用は可。
でもCにはほぼ存在しません。
わたしが見たのは自販機1台だけ。
片道35km走って自販機1台。
(きっとそのつもりで見ればもう少しあったのだとは思いますが・・・)

萩バイパスの区間は信号がたくさん。
当然ですが、皆さんきっちり守ります。
昨年も今年も、バイパスをたくさんの白バイやパトカーが通っていたのはこのマラニックと関係があるのかな?
安全確認をしてくださっていたのかも。


師匠とずっと喋っていたわけでもないし、ずっと隣りにいたわけでもないのに(というかほとんど前後に)
ぼっちと思うと寂しい~。
早く追いついてきて~。

陶芸の村を先に一人で出発するときに 「ゆっくりでいいからね。」 と言ってしまったことを激しく後悔。
「出来るだけ早く来てね。」 と言えばよかった~!!!
ところで陶芸の村に先着していたお仲間さんも来ない。

このぼっち区間で男性としばらくお話をした記憶があるのですが、どんな会話だったか思い出せず。
その男性とお話ししながら、もう往還道(山道)に入ってしまうよ~!という頃、師匠登場。
わたしの第一声は 「遅い~っ。」
お弁当の片付けも、給水の補充も何もかも丸投げでこの言い草。

ところでお仲間さんはまだ来てないけれど???
師匠に確認したところ、陶芸の村はお仲間さんのほうが一足先に出たそうで、
お仲間さんがトイレに行っている間に気付かず追い越してしまったのかも?とのこと。

先日も書きましたが、少し前に怪我をしてしまったお仲間さん。
一時は出走も危ぶまれたほどでしたが、無事に陶芸の村には到着。

師匠…もしかしてフォローの対象を変更したのかな?
わたしのことよりお仲間さんのことが心配で離れられないのかな?
なんてことも考えたりしてしまいました。

fc2blog_20180519005635843.jpg
12:44  41~42km付近
わたしが撮ったような気がしますが、何が撮りたかったのかな?田園風景かな?
A様やBの人たちと一緒のシーン♫ ということかな?
わたしが往路・お仲間さんが復路で擦れ違ったのがココだったので、その時間を知る為かな?

だとしたら。
お仲間さんがここを復路で通過したのが 10:04、わたしは12:44 で、その差は 2時間40分。
でもそんなこと気にしても意味はないからなぁ。

ちなみに四万十川ウルトラでは同じくらいでした。
って、お仲間さんの100kmゴールと、わたしの61.4kmDNFが同じくらいの時刻という
笑うに笑えない比べっこですが。

閑話休題。

この道を通るのも4回目。 (往復同じだから)
かなりコースが分かってきました。
この先に○○があって、それを過ぎたな△△な坂で、等。
でも、この道を通るのもこれが最後。

0265.jpg
↑ 昨年 13:27
↓ 今年 12:56
fc2blog_20180519225008543.jpg
撮影者の立ち位置は違いますが、わたしの立ち位置は、びっくりするくらい同じ。
欄干の支柱のところ。(*^^*)

わたしのブログに 「風」 に対する記述がほとんどありません。
その理由は、風があまり気にならないから。

よほどの土手の強風とかでない限り、風が吹いてどうこうというのは、体感温度の問題だけ。
真夏なら、向かい風でもいいから風に吹いてほしいと思うし、
冬場は、風が吹いたら寒いから嫌。

そりゃあ向かい風だと走りづらいし追い風だと走りやすいですが、あんまり気になりません。
この日 ・・・ といっても12時間走っていたら時間によってもだいぶ違いますが 
強風の時間帯がありました。 確か朝のうち。
目の前で帽子が飛ばされて拾いに行った人も。
「夕方だったら脚も疲れているし、膝はがくがくだし、
帽子が飛んでもとっさに拾いに行って屈んで拾えないよなぁ。」 と思いながら見ていました。

わたしはポニーテールにしているので、それが抑制になって飛んでいくことはなかったのですが
一時的にはずいぶん強い風が吹いていました。
でも風くらい平気平気。
A様とBの方は雨に降られて本当に大変だったそう。

この明木の昨年と今年の2枚の写真を見比べて、日除けの流れる方向が違うなと思って
そういえば風の記述はないなぁ・・・と思った次第。
陶芸の村の写真でもキャップの日よけは風に流され、写真を見る限り風は強そうでした。

話を戻して。(相変わらずぶっ飛びすぎ。)

上の写真の場所。
明木(あきらぎ)にある明木橋。

地元の方らしきおじちゃまが師匠に話しかけてきてくださり 『あけぎ橋で~~。』 と。
さて、この橋の正式名称は何なのでしょう? (素で疑問。ググってもわからず。)

fc2blog_20180519232220b03.jpg
12:59
明木の街は、萩往還まつり「技・明木展」 を開催中。
この写真も昨年と全く同じ場所でした。すごっ。


そしてこのあと、あの奇跡の場所へと続きます。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
水色のシューズが昨年のウエア。
応援ポチありがとうございます。(*^^*)



健康診断に行ってきました

健康診断に行ってきました。
身長体重から、血液検査、心電図、バリウム検査などなど、ついでに乳がん・子宮がんも。

① 身長体重
身長は、164cm台。 ミリ単位は覚えていないけれど、昨年とほぼ同じ。
体重は、昨年が48.7kgだったようで、今年は・・・・50.1kg くぅ~、49.9kgを期待したのに。

今は尿検査は自宅で。
以前は当日会場で 「新鮮な」 ものだったのに。
体重を計る前にトイレに行っていれば、49.9だったのになぁ~。
コレ、萩往還後の一時的減少な気はしますが。

② メタボ検診 腹囲
昨年と0.1cmしか変わらず。
今は一応、腹筋に立て筋が入っています。

③ 視力
ガタ落ちの左右共に0.4
今年1月の免許更新の前に眼鏡を買い替えて、0.8くらいにしていたはず。
数か月で0.4まで落ちるとは考えづらいので、やはり萩往還の副作用かと。
昨年も視力は落ちていた気がします。

⑤ 心電図
今日の医師の診察で、「痩せているのでR波増高不良と出るかもしれませんが、問題ないです。」
へぇ~、痩せていると出やすいのですね。
ここ数年、後日送られてくる結果には その 「R波増高不良」 というのが書かれています。

あとは、血液検査の結果が気になるくらい。
萩往還からちょうど2週間、2週間前の今は打ち上げへ行く準備中かな???

強度の運動をした後は血液検査で変な数値が出るそうですが、わたし12時間しか走ってないからなぁ。
昨年も大丈夫だったから、今年も大丈夫でしょう。
変な数値が出たらブログ的には面白いけど。(*'ω'*)
(あっさり【12時間しか】と書くあたり、かなりおかしい。)

あの日からもう2週間なのか、まだ2週間なのか。

萩往還70km、時間内に完踏できなければ四万十川ウルトラ100kmへの挑戦は躊躇するところでしたが
セコ技駆使の末、萩往還C70km完踏できたので、四万十川ウルトラ100km、本日エントリーしました。

昨年は雨による水ぶくれと、腰痛で61.4kmにて関門アウト。
朝4時頃、ホテルを出発する前にトイレに行ったら女子の日来客というなんともヤヤコシイ日でしたが
それを言い訳として使ったとしても、なんとも残念な結果に。

47歳。
女子の日、全く読めず。
つまり薬でずらすことも出来ず。(出来なくはないのでしょうけど。)

今年の萩往還はなかなかいいタイミングでした。
体調も、お天気も(←Cにとっては)、いい方いい方へ転がって、無事に完踏。

この勢いで、四万十川ウルトラマラソンも100km完走目指します。
予定(予想?)タイムは、制限14時間のところ 13時間45分 で。
ゴールできるとしたら、いえするつもりですが、きっとかなりギリギリと思われます。

なーーんて、走る気満々だけど抽選待ち。
まずは練習頑張ります。

でも今日は雨だし、明日(土)は出勤日で走らなくて、日曜に10kmくらい。
次の26,27の週末は、どちらかは、ゆっくりでも20kmくらい走ろうかな。



.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


にほんブログ村 ジョギングカテゴリーに在籍していながら連日のウルトラネタ。
カテゴリーとそぐわないのか、萩往還がマニアック過ぎて一般の方には受け入れられづらいのか
はたまたこのブログが長すぎて読むのが嫌になるのか
ブログ村で、わたしのブログをお気に入りにしてくださっている方が減ったり
INポイントが伸びなかったりしていますが、マイペースに続けます。

ブログというものは、個人が発信しているもので
それを読みに来てくださっている方たちがいて。

基本的に金銭が発生するものではないですし、一昔前に流行った配信型のメールマガジンとも違う。
個人の日記なのだから、気負わず好きに書いていいと思うのです。
(もちろん誹謗中傷や法に触れることは除く!)

「誤解」 は、どうしても完全には避けられないのでしょうね。
ネット上の顔の見えないお付き合いの方がほとんど。
ちょっとした言い回しで、意図せぬ受け取られ方をすることもあると思います。

う・・・ん。
突然こんなことを書いたら、読んでくださっている方が驚くかな。

「言葉」
面と向かって声に出して言う場合でも、こうして文章で発信する場合でも
意図せず相手を傷つけることもあるし、使い方を間違えたら凶器にもなるけれど
わたしは、元気いっぱいの貴女の笑顔のブログに共感したり尊敬したり励まされたりしています。
貴女のブログ、とっても楽しみにしています。
ずーんと落ちたら、また登ってきてくださいね。(*^^*)

お仕事のこととか全く分からずエラソーにごめんなさい。
でも競う相手がいなくなったら寂しいのでぜひバトルを続けましょう!

走ることでは全く勝てないからブログで勝負だ~。(*^^*)
以上9割私信でした。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


仕事でもブログでもやっぱり大変なのは人間関係。
コメントのやり取りで気を遣うこともありますが、
読んでいただけ のブログに一言コメントを入れることで、劇的な展開になることも。

これだからブログは止められない。
読むのも書くのも。

今回、萩往還に一緒に行った方たちも、もとはといえばブログ繋がり。
2014年松山空港で見かけたブロガーさんに勇気を出して声を掛けてみました。
その時は一瞬の、ほんのあいさつ程度の会話でしたが、今やすっかり仲良しに。
実際の年齢も上ではありますが、お姉さんのように慕っています。


最近読むようになったブログの女性。
変なマラソン大会を走っていたら、いつか本当にお会い出来そう!

お互いブログを読んでいて、対面したら
「ブログの印象通り!」 となるのか、「へぇ~この方が書いていたのか~。」 と意外に思うのか?

四国の空気は美味しいですよ~。(*^^*)
四国はおもてなし文化が定着していて温かいですよ~。
ぜひぜひ観光がてらいらしてくださいね。

あぁ、また私信。


ということで、ごく一部のマニアックな方向け萩往還レポは、この後で別記事で書きます。
【追記】
書きかけたものの午前1時になりタイムアップで下書き保存中です。



にほんブログ村








Category: さくら日記

萩往還Cレポ【9】陶芸の村折返し

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)
萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化 (05/15)
萩往還Cレポ【8】明木~陶芸の村 (05/16)

前回からの続きです。

fc2blog_20180516212329acf.jpg
スタートから5時間15分後の 11:17
34.4km地点の陶芸の村へ到着。

ここでの行動は昨年同様。
① トイレ (広い・キレイ・もちろん水洗・洋式!)
② ナンバーカードチェック
③ お弁当

本来であればドロップバッグの受取・返却がありますが
諸事情により今回のわたしたちには、それは無し。

2人それぞれトイレに行き、ちょうど出たところで合流。
階段を上がって(登りは特に苦ではない。)、先行のお仲間さん発見。
背中から声を掛けましたがなかなか気づいてもらえず、大声で呼びました。
LINEではいつもHNですが、声に出してHNで呼びかけることは少ないからなぁ。

上の広場でナンバーカードチェック。
昨年は済印でしたが、今年は黒マジックで レ。
名簿にもチェックを入れてもらうため、少し並んで待ちました。

そして夏みかん(?)をいただいて、お弁当も受け取って、思い思いに芝生広場へ。
もちろん先行のお仲間さんのところへ。

fc2blog_20180511005230a18.jpg
11:24撮影 
階段の手前で11:17だったので、7分でトイレとチェックを済ませたということ。

fc2blog_201805172338086f5.jpg
ここまで11:24撮影
お仲間さんの背後が180度変わっていることにお気づきですか?
写真を撮るためにわざわざ移動してくださいました。(*^^*)

fc2blog_2018051522222279b.jpg
他の方のブログで見たのと、おかずの割合が全然違う・・・。(*^^*)

ミートボールは無理。
茶色のお漬物も無理。
白い豆は普段なら食べられるけれど、今日は時間がないから無理。

ということで、ちくわと卵焼きだけササッと食べて、おにぎりはポリ袋に移動。
わたしには悠長に座って食べている時間はないし、休むと身体が固まるのが怖いので、休憩は無し。

師匠いわく 『一度シューズを脱ぐのもいい。』 ということですが、
雨の四万十で足が痛くて痛くて、具合を確かめるために一度シューズを脱いだところ
その後痛みが倍増したという苦い過去があるので、シューズは脱がない。

ずっと以前、チーム青野の方々に付き合ってもらって、上林に行った時、
帰りにマルシェに寄ったところ、その直後からものすっっっごい身体の重さで走れなくなったことがあり
それ以来、途中で休むのが怖い。

なので予定通り早々に出発することに。

fc2blog_20180517231502397.jpg
さて出発という前に、貴重なツーショット写真を撮ってもらえました。
手には しっかりおにぎり袋が。

これが11:27
このあと 「残ったおかず、よかったら食べてね。そしてごみ処分をお願い。」 はテレパシーで伝え
「じゃあ行くね。ゆっくりでいいよ。」 と伝えて出発。

トイレの少し手前が11:17だったので、所要時間10分

わたしが走るために必要なものは全部師匠が持っていますが、4km走れば旧村田蒲鉾エイドがあるし
すぐに追いついてきてくれるだろから心配は無し。
さすがにiPhoneだけは自分で持ってリスタート。

師匠は今からお弁当を食べたり、ボトルにお茶の補充をしたりなので、しばらくは独りという気持ち。
でも追いついてきてくれるのは確実なので、自分のペースで進みます。

fc2blog_20180517233145a58.jpg
EPSONの記録。やっと昨日になってデーターを取り込みました。(遅っっっ
陶芸の村は34.4kmのはずなのに、EPSONくんでは32.4km
2kmのズレが出来ていましたがあまり気にせず。


坂を下りたら、目の前に歩いているA様が。


 続きます。



にほんブログ村
(昨年の陶芸の村の記事は こちら です。)

萩往還Cレポ【8】明木~陶芸の村

2008年2月12日に開設したこのブログ、11年ちょっと経ちました。
今日のこの記事が、4444個目の記事。

削除やミスで、いくつか現存しない記事番号の歯抜けがあるものの
この記事のアドレスは、koume117.blog93.fc2.com/blog-entry-4444.html

mixiはいつの間にやら活動しなくなり
TwitterやFacebookは、わたしはほそぼそと活動中で、インスタは無縁。

ブログは10年続いていますが、これからもずっと続けるつもりです。
小梅ブログから走るブログになって、過去には飛行機ブログになったりもしましたが
これからもいろんなことを書き綴りますので、ぜひぜひ遊びに来てください。


今日は仕事のあとで8km走ってきました。
一生懸命走ったものの、結果はユルッと。
ま、今の時期はタイムをどうとかは考えず、走力を落とさないように…という感じで。

来月、花の森を走りますが、「雨だったらDNS」 と今日走りながら思いました。
坂だらけの、かなりえぐいコース。
てっぺんマラソンとも、朝霧湖とも違う、変なコース。
せっかく誘っていただいたので参加しますが・・・憂鬱。 (V)o¥o(V)

昨年は、20kmで3時間オーバー。
こちらは「練習会」 というものらしいので、わたしのレース記録には載せていません。
記憶から抹殺したい練習会。
今年はどうなるのでしょう・・・。

終わってから体調を崩さないように、セーブして走ります。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)
萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化 (05/15)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日のレポは明木から。
予定では陶芸の村まで行きますが、結果は・・・さて。
というか、いつも最後にタイトルをつけるので、読んでいる方にはタイトルでお分かりですね。
書いているわたしには、現時点で想像がつきません。($・・)/~~~


fc2blog_20180515003139c76.jpg
24.2km 明木(あきらぎ)の街、昨年より2分早い9:50

お祭りをしていて、観光客とランナーが入り混じる不思議空間。
それでも前方から帰ってくるA様とBのランナーを見つけては声を掛けます。

0513-5.jpg

わたしのiPhoneは、このメンバーのグループLINE(と電話着信)のみ音を出す設定にしていて
LINEが来たらチェックしていました。
9:44にお仲間さんから明木エイドにいるとのLINE。

わたしたちが明木エイドに着いたのが9:51くらいだと思うので、まだいるかな?とキョロキョロ。
でも見当たらず、わたしは給水とミニお饅頭をいただいて出発。
またしても師匠とは離れ離れに。

お仲間さんはもう出発してしまったんだなと思いながら、
師匠が追い付いてきてくれるまで、しばらくの一人旅。

fc2blog_20180516205241798.jpg
24.5km 明木橋 9:54

しばらくしたら師匠が追いついてきてくれて、また二人旅。
道幅が広いところで、たまには隣に並びますが、そんなに喋ることもなく(自分比)、
ロードはしっかり走り続けます。

fc2blog_201805162053112db.jpg

fc2blog_20180516205348cb8.jpg
10:04 お仲間さん来た~!!!

9:13に折返しの34.4km 陶芸の村についていたお仲間さん。
速いのは分かっていますが・・・速っっ。
ちなみにその時間、わたしは19kmあたりに居ました。

fc2blog_2018051620550311b.jpg
そんな速さで走っているのに、立ち止まって記念撮影。(*^^*)
みんな真面目に走っている区間なので、誰かにカメラマン役を頼むことも出来ずまた自撮り。

お仲間さんの首にかかっているのは、地図を入れたケースとのこと。
ちなみにちなみに、3人とも愛媛マラソンキャップを被っていますが、3人ともこの時の愛媛マラソンは走っていません。
しかもこの中で愛媛県人わたしだけ。

チーム青野のメカゴヅラさん、今の会社のラン友さん(上司)、前の会社のラン友さん
3名からいただいた帽子が、チームキャップのように活躍しています。
いまさらですが、あらためましてありがとうございます。(*^^*)


わたしたちはゆっくりですが、お仲間さんはガチランのため、束の間の会話。
そこで驚きの発言が。
『まだ○○さんだけしか擦れ違っていない。』 と。

あら?じゃあもうお一方は???
どうやら明木エイドで気づかないうちに追い越したらしく。

fc2blog_20180516211147f5f.jpg
10:12

その後、しばらくして背後からお仲間さん登場。
明木エイドでトイレ休憩やストレッチをしていたらしく、それに気付かず先行していたようでしたが
山の中で合流し、少しだけ3人で一緒に走り (歩き) ました。

少しして、師匠が前から来たランナーさんに声を掛けられ
お知り合いだったようで、師匠は立ち止まってお話。
わたしたちは2人で走り続け・・・

fc2blog_20180516211236703.jpg

fc2blog_201805162114008f8.jpg
10:20 お仲間さん、先行。
本当はもっともっと速い方ですが、少し前に怪我をして万全ではない身体。
一時はDNSかもと危ぶまれましたが、順調に回復して一緒にスタートは出来たものの
無事にゴールできるのかは、最後まで心配でした。

一番の問題児だったわたしが、今年は師匠と一緒ということで
『今年は迎えに行かないからね。』 と、皆さんの心配の種がなくなったかと思いきや
こちらのお仲間さんの怪我。

そんなこんながあったからこそ、【5人全員で完踏】 が達成された時の喜びはひとしお。

で。
お仲間女性さんとはどこで擦れ違ったかな???
ロードだったのですが、お互い真面目に走っていて、
ちょうど道幅の狭いところで車が来て・・・写真は撮れずじまい。
も。もしかして、わたしから 「そんな暇はないのっ」 オーラが出ていた??? 

昨日のブログで書き忘れたのですが、
わたし、イチゴを頂いていました!

旧村田蒲鉾手前の中国電力萩電力センターを過ぎたすぐの右手で
イチゴを差し出している方を発見!
わたしの眼にはイチゴしか入ってこなかったので、イチゴに向けてまっしぐらに走って手を伸ばしたら
ちょうど片付けようとしていたところで。

イチゴの箱を持っていたのは男性で、隣の女性が 『いいからあげて♫』 と。
その声で片付けかけていたイチゴを 1粒いただきました。

よく見たらものすごく立派なイチゴで、贈答用の化粧箱に入っていた感じ。
わたしは本当にイチゴしか目に入らなかったのですが、そういえば私設エイドという感じでもなく
どなたか個人的に応援していて、その方個人への差し入れだったよう。
わたしも便乗してしっかりいただいてしまいました。
なのに、昨日の食べたものリストの中に入れ忘れるという・・・。

あのイチゴを提供してくださった方、本当にありがとうございました。
大粒のイチゴは、すっごくすっごくすっごく美味しかったです。

それと、このあたりで前から来たBのランナーさん?もしかしてA様???に
「さくらさん」 と呼びかけられたような???
はっきり対応できず大変失礼しました。

このあと国道262号を横断し、貴重な大通りへ。
次の警察署前信号の右折までは、わずか2kmほどですが、「人里に出た~!」 という感じ。

たくさんある信号を守りながら進んで、昨年師匠と出会った場所も通り・・・
途中、真後ろにいた師匠が転んで少し流血したり・・・。

午前11時頃、太陽の日差しがキツく 日焼け止めを塗りなおそうと思いましたが
ロードでは走っていたので、陶芸の村で塗り直すことにして先へ先へ。

警察署前の信号は、昨年は 「青のほうへ進んだのでいい」 とブログに書きましたが
今年は直進禁止で全員右折だったようで、それに従い右折。
32km以上走って、やっと気づきました。 「モンベルのサプリを飲んでない!」

32.8km松本川へかかる橋。
師匠にそのことを告げ、師匠からモンベルのアミノサミットを受取り、
封を切って左手に持ち、お茶はまだかな~と待っていたところ、
わたしの下の名前(本名)を呼ぶ声が。

従兄奥様に続いて、従兄も登場。
アミノサミットを手に持って、お茶はまだかな~とキョロキョロしていたので
前からお2人が来ていることに全く気づいておらず。
一瞬でしたが、従兄奥様の元気な声を聞いて無事に会えてホッ。


長~い橋を越え、新しい村田蒲鉾の維新ロードの交差点は、
進もうと思った方が赤になったので 「青のほうへ」 みんなでゾロゾロと。。
でもこれ、本当はダメだったようで、復路は警備員さんに誘導されました。

往路も警備員さんは居た気がしますが特に注意はなかったはず。
もしかして注意が聞こえなかったのか、警備員さんが一人で対応しきれなかったのか。
昨年のブログに 「青のほうを渡ったのでいい」 と書いてしまったので
間違った情報でご迷惑をおかけして無ければいいのですが。

この交差点で、ぐわぁT御一行様と再会。
数人が一緒だったので、てっきりみんなで仲良く走っているのだと思っていましたら、そうではなかったようで。
お仲間さんたちと、会ったり離れたりを繰り返しながら走るのも楽しいものですよね。

そして、最後の坂を上ったらいよいよ陶芸の村。
昨年は心身ともに疲れての到着でしたが、今年はまだまだ元気。
0262 1132
↑ 昨年
↓ 今年

fc2blog_20180516212107bdc.jpg
11:16 師匠にiPhoneを渡して 「昨年と同じ写真を撮っといて。」 とお願いして撮ってもらった写真。

「適当に撮っといてくれたらトリミングするから。」 とお願いしましたが、上出来上出来。(*^^*)
今年の写真はトリミングしていませんが、すれば同じ写真が出来上がります。
(どこまでも上から目線)

それにしても今年のほうが晴天。
昨年は意外と雲が多かったのですね。
昨年のほうが暑くてすごい汗、今年のほうが涼しくて走りやすかったです。

えぇぇっと、この写真の違いは、もしかしてiPhone6と8の違いということもあり得るのでしょうか?
昨年はパソコンでJTrimで加工し、今年はスマホのfc2アプリでの加工なのでそういう違い???
確かに昨年の画像では雲は多いものの、この写真の見た目ほどの違いは感じられなかったのですが???

fc2blog_2018051621243035f.jpg
上の写真をトリミング。
前方からABとC復路のランナーが向かってきて、同じ進行方向へはC往路のランナーが。

昨年の萩往還Cでお友達になったSちゃん。
我が子世代で、かなりお若いので勝手にそう呼ばせてもらっていますが、走力はかなりのもの。
昨年は、「往還道を楽しみたい」 ということでCへの参加で、時間いっぱい楽しんでおられました。

てっきり、わたしと同レベルで 「完踏を目指す」 人かと思っていたら、実は全然違っていて。
たくさんお話ししながら走ることが出来、とても楽しかったのですが、今年はBへエントリー。
どこで会えるかな~?とドキドキしていましたら、ここで再会。

1年ぶりの再会。
女性なのにBってスゴイ!そして元気にここで再会するってスゴイ!
Sちゃんにも強力な相棒さん (※わたしのようなセコイサポートではなく) がいらして
昨年同様 素敵な笑顔で走っていて、わたしも元気づけられました。

fc2blog_20180516212329acf.jpg
肘が曲がっている時は走っている時。(o|o)
つまりココは走っていないな…。

まずは階段の下の広くてキレイなトイレへ行ってから階段を上ってチェックへ。

この後のことは続きます。


にほんブログ村

萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ウルトラに必要なものというか、大事なこと・・・
走力は別の問題として、「胃の丈夫さ」 なのではないかと思ったりしています。
あ。いうまでもなくわたしはウルトラは初心者です。
フルマラソンでも、やっと初心者脱出した程度なので、
もちろん、みなさんへのアドバイスという意味では 「ありません。」


とりあえずわたしの胃は丈夫らしい。
走りながら胃のトラブルになったことはほとんどありません。

① しまなみ42km走の “ 途中で ” 唐揚げ定食を食べて気持ち悪くなったことと
② 真夏の炎天下に走って気持ち悪くなったことくらい。
この2つは、まぁ変というか過酷な条件過ぎたので特別として。
ちなみに①は、21km走って疲れたところに唐揚げ定食、食べ終えてすぐに走りだしました。
②は、胃のトラブルというよりは、きっと脱水・熱中症が主な原因。


わたしは47歳ですが、「胃薬」 というものを飲んだことがありません。
(胃潰瘍治療薬とか、抗生剤鎮痛剤と一緒に飲むものは別)
消化うんぬんでの胃薬は無縁の47年間。

ウルトラ・・・と一口にいってもわたしの経験は、
萩往還70kmを2回と、四万十100km(61.4kmDNF)のみ。
夜通し走る萩往還ABの方たちとは世界が違いますが
いろいろなブログを読んでいると 「固形物は受け付けなくなる」 という方も多く。


今回の萩往還70km、わたしが12時間弱で口にしたものを思い出せる限り記録。
でも記憶はかなりあやふや。
ま、来年以降誰かの参考になるということもないので、テキトーに自分の記録として。
(お茶・お水の純粋な給水は除く)

【スタート整列時】
大きな大福 (いちご・栗・クリームチーズいり餡子の大福)

【往路】 
10kmくらい走ったあたりで、ツーラン+炎熱サプリ。
釿ノ切峠の先の私設エイドで、蒸しパンのようなケーキのようなもの一切れ。
師匠から差し出されたスティック状のおやつを半分こ・・・スタート前にお仲間女子さんからいただいたもの
佐々並ではレモンスライスを一切れ食べたような気が。
明木では一口饅頭2個 (1個はその場で、もう1個はあとで・・・だったはず。)
自前のアルフォート 2個
30km過ぎてやっと最初の モンベルアミノサミット

【陶芸の村】
お弁当が支給されますが、予定通りおにぎりは袋に入れて歩きながら食べることに。
予定外?予想外?に、今年はかなり走れていたので、走りながら食べましたが。
エイドにあった夏みかんと、お弁当の具のちくわと卵焼きを食べただけ。

fc2blog_201805152220447a1.jpg
おぱんつは見えてないけれど隠しておこう。( ;∀;)

fc2blog_2018051522222279b.jpg
食べ終えた夏みかんの皮が汚いですが、今年のお弁当の中身。
これは自分で撮った写真。

この2枚の写真だけ見れば、ここでのんびり休んだ様に見えますが、ココに何分居たかなぁ?
計ってはいませんが、数分・・・5分以内。
お弁当を受け取って、写真を数枚撮って、座ってお弁当を広げ、おかずチェックをして
わたしが食べられるものはちくわと卵焼きだけと判断。
その2つを食べながら、おにぎりと沢庵をポリ袋に移して、すぐに走りだしました。

普段は卵焼きはあまり食べないけれど、ここでは食べたはず。
ミートボールは苦手だから残して、
白い豆は時間さえあれば食べるけれど、時間節約の為に泣く泣く残して
茶色のお漬物は明らかに無理なので残して
ミカンのごみも全部 匠に託して、わたしは再出発。

この陶芸の村の出来事は改めて別記事にします。
というほど大きな出来事もないのですが、お仲間さんとの再会とか。(*^^*)

あ。
いつも書こう書こうと思って忘れるのですが、このブログにUPしている中で
訪問してくださった方が写っているものがあればメールで送りますので遠慮なくいってくださいね。
といっても、わたしが ドドーーーン と写っていたら要らないかなぁ?

閑話休題。

【復路】
陶芸の村で支給された おにぎり2個+沢庵
アルフォート 2個
明木でお饅頭 1個
わたしが持っていたチョコのシリアルバー 師匠と半分こ
私設エイドで おやつ
モンベルアミノサミット 1個
オカリナエイド(私設)で、カルピス

う~ん・・・このくらいしか思い出せないのですが、たったこれくらいの飲食で70km12時間も走れるもの?
食べたものを思い出せないだけかも。

中間地点の陶芸の村行き預け荷物で、おやつ袋の交換を予定していましたが
ホテルから持って出るのを忘れたので、それは無しに。
でも結局 カンロ飴は食べずじまいで、おやつは差し入れや予備もあったので足りました。
梅大福は持っていたのに食べずじまい。

打ち上げではたくさん食べ、翌日のホテルブッフェもたくさん食べ、しばらくは食べまくり。


スタート前・・・・きっと52kg台だったはず。
走り終えた後・・・夕飯前にホテルのお風呂で体重を計ったら変化なし。あら?汗の量も少なかったから?
約1週間後・・・寝起きでトイレの後、50.0kg いぇいっっ。痩せたっっ。
次に計ったら念願の49kg台だわ!と思ったものの・・・

その後、一度も49.Xという数字を見ないままに、今は50kg台。
一時期ブログに太った太ったと書いていましたが、一番重かった時で54kg台?53kg台後半?
とにかく今は50kg台。
このまま維持したいと思います。
最大 太っても51.9kgまで!52.0以上にはならないように節制!


ところで。
5月18日は会社の健康診断。
萩往還70kmから ちょうど2週間後。

2週間たてば諸々の数値もほぼ平常値に戻っているでしょうか。
ウルトラ後の血液検査では変な数値が出るそうで、ある意味それも楽しみだったのに。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日は明木~陶芸の村までを書こうと思ったのですが、仕事の疲れを引きずっていて、
たくさんの写真を画像加工しながら、地図を見返しながら、昨年の記事を読み返しながら、
レポを書く気力がわかなかったので、調べなくても記憶だけで書ける内容となりました。

レポが かおりんさん と同時進行しているのですが、萩往還と同じく、また先行されました。
後から追いつきますからね~。(*^^*)


萩往還のレポ、ABC関わらず読み漁っていますが、
読んでいたブログのランナーさんが師匠の知っている方だったり、
わたしたちが途中で会った記憶のある方だったりで驚き。

Twitterではブログの更新通知が届きますが、
昨年の萩往還レポでコメントをしあった方にリツイートしてもらったり。

今回は何度も会った方というのはモモレンジャーさん(ただし背中)と、若い男子グループくらい。
走りながらのランナー同士の触れ合いは少なめでしたが、
帰宅後もブログを通じてコメントで接点が出来るのはとても嬉しいです。
鍵コメでも構いませんので、コメントが来たら喜びます。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


仕事は、今日から新しい仕事を覚えることになりました。
とはいえ、今までとは まっったく違う分野すぎて、右も左もわからない。
同じ伝票を使いますが、その処理の仕方が全く違う。

うちの会社は大きく分けて2つの部門ABがあります。
社員のほとんどがA部門で、わたしは数少ないB部門の人。
過去の5年間も、再入社後の2年弱も、ひたすらB部門の仕事だけをしてきました。
A部門のことはまるで他人事として過ごしてきたのに、いまになってA部門の仕事も覚えることに。

ゼロからの新人と同レベル・・・どころか、変にB部門の知識がある分、かえってやりづらい気も。
純真無垢のほうが色々と混ざらず、覚えやすいような・・・。

47歳にもなってゼロから新しいことを覚えるのは大変~っっ。
でも覚えてしまえば、わたしは社内のほとんどのことが分かるということ。(経理・総務以外)

“ とりあえず独り立ち ” に3ヶ月では無理そう・・・。
完全に覚えるには2年くらいかかりそう・・・。
でも年金もらえるまで働くつもりなので、いや 働かなければならないので あと20年近く。
色々覚えたらあとは自分が楽になるので頑張ります。(*^^*)


時間内完踏が見えてきたころ、ふと 「明日のランチはローストビーフだ!」 と脳内に浮かびました。
こういうことが浮かぶのは調子よく走れていた証拠。

応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村






萩往還Cレポ【6】佐々並~明木

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


やっと走り出したというのに、前回のレポは、まさかの佐々並まで。
70kmのうちの14.4km

今回のレポで陶芸の村まで行くのでしょうか?
書いてみないと分かりませんが、佐々並からの続きです。

その前に、今日は8km走ってきました。
長~い信号待ち数回を入れて1時間ほど。
走ったところだけだと 6'45/km くらいだったかな?

今週は土曜日までに あと2回くらい走ろうと思っていますが
まだ萩往還の疲れをとる週と位置付けて、のんびり走ります。
あ、来週からもガツガツ速くは走りません。
四万十に受かると信じて、四万十へ向けた練習。

それまでにある ちょこちょこの練習会やレースは、「楽しく元気に走る」 が目標なので
まずは四万十100完走と、冬レースを4時間45分以内に気持ちよく走り抜くこと。
月間175km以上を継続できるよう頑張ります。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


前回レポはスタートから佐々並エイドまでのことを書きました。
エイド寸前で、師匠はトイレに行くからと前に出て。

エイドでチラッと会って、「先に行くね。」 と声を掛け
わたしは自分の給水だけして、さっさと出発。
師匠は自分の給水と、2人分のボトルへの補充と。
こういうわずかなことでも時間短縮されるので相当助かりました。
エイドで見失う心配もなく、そのあと無事に合流出来るかの心配もなく、わたしは自分のことだけ。
これだけのフォローがあって完踏できなかったら罰当たりもの。

fc2blog_20180514230530a57.jpg
8:28  14.8km地点 旧道登り口のほんの少し先
束の間の舗装路を終え、また往還道へ。
短い距離とはいえ激上り。

hIMG_0001_20180513162750c59.jpg

登って登って階段も登って、釿ノ切峠(ちょうのぎりとうげ)へ。

0250 0905
↑昨年の写真

↓今年の写真 6:02スタート 9:05に ココを通過。昨年と今年、全く同じでした。
fc2blog_20180514231223b69.jpg
今年も、この場所で写真を撮ろうと思っていて、できるだけ昨年と同じシーンでと思っていましたが
今年はなぜか釿ノ切峠の看板が見当たらず。

あら?見落としたかな? もしかして 「釿ノ切峠」 の表示はあの上の青い道路標識だったっけ?と
珍しく自撮りにチャレンジ。

fc2blog_20180514231438144.jpg
急に立ち止まって迷惑をかけないよう、後ろのランナーには一応気を配っています。 (もちろん師匠が。)
「よしっ 釿ノ切峠の表示と一緒に写真が撮れた!」 と思ったのは大きな誤解でしたが。

今回は師匠の相当手厚いフォローがありましたが、
その分 「師匠まで巻き込んでメダル&完踏証無し」 は絶対に許されないというプレッシャーも。

「もしもわたしがダメそうなら、せめて師匠だけはゴールして。
わたしと一緒に走ってギリギリとか、もう一緒に完踏できないという状態になっても
師匠独りで残りを本気で走ったら完踏は出来るでしょうから。」 と真面目に言った時
『絶対に最後まで一緒に居る。ダメだった時はダメだった時。』 と言ってくれました。

えぇ、この続きは皆さんのご想像通り。
「もしも師匠が何かのアクシデントで走れなくなったら、わたしは独りで走るね。」

きっと皆さん、わたしが ものすご~くわがままを言って師匠を振り回しているとお思いでしょうが
だいたい合っています。
でも、師匠から感謝されることもたくさんあることだけは書いておかねば。(*^^*)

わたしの初フル高知龍馬マラソンで最後尾から出発という貴重な体験をしたこと
一昨年まで、ぼっち参加で香山公園内の観光すらせず、ただ走るだけだったのに
昨年からはお仲間さんと楽しく打ち上げや観光をして、旅ランに目覚めたこと、
そして今年、明るい往還道を往復し、一升谷を駆け下りることが出来たこと。

ワガママな弟子を持ち、師匠に同情する意見が多い中、ちょっと反論。(o|o)


それにしてもこの写真は、わたしの眼が怖い。
ちなみに師匠の帽子についているのはMyカップ。
洗濯ばさみで留めていますが、これって、見えないのにうまく留められるものなのかなぁ???
ずっと一緒にいたはずなのに、エイドでは自分のことにいっぱいいっぱいで
師匠が給水するシーンは全く見ておらず。

看板は、他の方のブログでも 「釿ノ切峠の看板が撤去されていた。」 と書かれていたので
見落としたわけではなくて撤去されていたのでしょうが、なんだか寂しいです。
車の人にはあまり意識されないかもしれませんが、走っている(歩きの)人には、いい目印だったのに。
とはいえ、来年からはここを走ったり歩いたりする人はほとんどいなくなるのでしょうね。
寂しすぎます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

たぶんこの先だったと思うのですが、本日初の私設エイド。
さっそく立ち寄り、なにか蒸しパンのようなおやつを頂きました。
昨年は同じ方かは分かりませんが、ミニミニおにぎり。
私設エイドには本当に救われます。
「帰りも待っていてくださるんですか?」 と聞いたところ、『居ますよ!』 と。

そのあと、【絶対に間違ってはいけないポイント】 を右折 (というかUターンな感じ)、
三度 往還道へ。
舗装路と、未舗装の往還道が交互にやってくるので飽きません。

0254 0923
↑昨年の写真
↓今年の写真
fc2blog_2018051423393069f.jpg
ここも昨年と全く同じ通過時間、9:23
テントが新しくなってる・・・。
というか、全く同じ時間なのに賑わいが全く違う。
ここは温かいお茶を提供してくださいます。

それにしても今年のほうが陽が射していて暑そう。 
~以下、前回と同文~ 要するに今年のほうが涼しかったです。

fc2blog_2018051423395517b.jpg
往路で前を走るわたしが振り返って撮影。
かなり真剣に進んでいますが、山の中は走れないので、このくらいの余裕はあります。
この写真と同じ写真を撮るため、ロケハン。

3回くらい振り返って後ろを確認し、「帰りにこのあたりで写真を撮ろう。」 と確認しあいましたが、
まさかあんなことになろうとは。

ちなみに往路のこの時点では、時折振り返って後ろを確認する余裕もありましたが
復路では後ろを振り返るのもしんどくて、何度かある道路の横断は全部師匠任せ。
「右を見て、左を見て、もう一度右を見てから」 渡るなんてことはしんどいので
師匠に 「渡る時に言って~。」 とお願いし、『今、渡って!』 の声掛けで道路を横断。
本当にセコ技駆使しまくり。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

0255 0955
↑昨年の写真 9:55 
↓今年の写真 今年は9:50。
fc2blog_20180515003139c76.jpg
時計の針は同じような位置に見えますが、今年は5分早く到着。
(スタート位置が変わったため、今年は100m延びていますが、そのあたりはスルーで。)

この写真のすぐ先が 24.2km 明木(あきらぎ)エイド。
約20分の貯金が出来ました。

0513-5.jpg

今日のところはここまで。
陶芸の村まで行けるかと思いましたが、佐々並から明木までたったの10kmしか進みませんでした。
続きは明日以降に。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

萩往還で不思議に感じることがあるのですが、
皆さん自分が出た部門以外を 「一番しんどい」 ということ。

fc2blog_201705031755408c3.jpg

A 250km 48時間 赤いコース
B 140km 24時間 青いコース
C  70km 12時間 緑のコース

普通に考えたら A様の250kmが一番しんどいと思うのですが、
複数のA様によると、「Bが一番キツイ」 というし
Bの人によると 「往還道ばかりでロードが少ないCはキツイ」 というし。
CのわたしからすればA様もBも、とても信じられないすごいことだし。

わたしが聞いた限り 「自分の出たコースは他のコースよりキツイ」 という意見は皆無。

B完踏の実力(実績)があっても、「往還道が好きだから」 と、あえてCを選ぶ方もいるし
ABCそれぞれにすごく魅力の詰まったコース。
もしも大会が継続されたとしても、わたしがAやBに出ることはあり得ませんが
改めて、ABCと3つもの設定があって、それぞれに特色がある萩往還マラニック・・・いい大会でした。

師匠が3回A様を経験していて、いろいろな話を聞いているので
今、A様のブログを読んで、他人事に思えず自分のことのように感じたり
やっぱりわたしとは無縁の全く違う世界のことのように感じたり、
言っていることが矛盾しているのは自覚済みですが、不思議な感覚。

250km走った方々ですら、レポが終わっている方も多いのに
わたしのレポはまだまだ続きます。
次回レポでは陶芸の村までは行けたらいいな。(希望的観測)


まだ明木までしか行ってないの?と驚いた方もそうでない方も、応援ぽちっとお願いします。
15日はブログ村メンテナンスだそうですが、のちに反映されるそうです。


にほんブログ村


萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


6:00 第1ウェーブを見送り
6:02 第2ウェーブで わたしたちがスタート。

300mの直進は狭いので一列に並んで、たくさんの見送りに応えながら進みます。

角にいるオールスポーツのカメラに手を振り左折。
次にここへ戻ってくるのはいつかな?
左折後は、お仲間さんそれぞれバラバラに。

いきなり抜かれ続けますが想定内。
焦らない焦らない。

スタート前のスタッフさんの説明で、ABで転倒者がたくさんいること、
足元がぬかるんでいるので、前半は抑えていき後半勝負のつもりで、と案内がありました。
大会案内におおまかなペース配分は書かれていますが、あまり気にせず、自分のペースで行くことに。
今回、師匠にはペーサーとしてではなく、
荷物持ちとして、専属カメラマンとして、そして精神的フォローの役目として付き合ってもらうことに。

師匠が前に出るとどうしてもペースが速くなるので、「わたしの前には出ないで。」 とお願い。
どこまでもわがままな弟子。
途中、舗装路で前後も空いていたので 「隣に来て。一緒にお話ししよう。」 と言ったら
『二列になると車道へはみ出るからダメ。』 と却下されたりも。師匠厳しい・・・。

お喋りしながら走るとどうしても疲れますし、たいてい前後にいたので比較的無口に黙々と。
最初のロードはゆるく走り。
上り坂ですし、アップもないまま走りだしているので、アップのつもりでゆっくりと。

自分のウェーブの人たちにほとんど抜かれ、次のウェーブの人たちにも抜かれますが
気にしない気にしない。自分のペースを守ります。

fc2blog_20180513160419647.jpg
6:34 スタートから3.7kmほどを32分で到着。
寒さ対策の100均合羽はスタート直前に脱いで師匠へ。
寒いので 「日焼け対策」 に用意していたアームカバーを。

あ。
ブログを書きながら思い出しました。
ここでモモレンジャーさんが写真を撮ろうとしていたところにわたしがちょっと割り込んだ感じ。
その後、モモレンジャーさんとは抜きつ抜かれつ・・・と言いたいところですが、
背中を見たり見えなくなったりを繰り返しました。
結局、追いつき追い越すことは出来ずじまいだったモモレンジャーさんでしたが
背後から忍び寄りながら結局手が届かず、いろいろ楽しませていただきました。(*^^*)


時計は1kmごとに鳴りますが、見ない。見てもどうなるものでもないので見ない。
でもとりあえず鳴らしておくことに。

1km走るのに、フルマラソンだったら6分20秒くらい、ウルトラだったら走ってもゆるゆる、歩いて12~20分。
でもそこに何分間かかったかという実際の時間ではなく 「えっ?あれからもう1km進んだの?」 という
心の感覚で自分の調子が分かります。

今回も帰りに 「え?さっき時計が鳴ったばかりなのに、また鳴った!」 ということが。
こういう時は調子がいい証拠。
長時間走っていたら心も身体もいろんな波があって面白い。
というネタをここで書くには早すぎるか・・・。

昨年、初めて萩往還マラニックに参加。
それまでに師匠から話は聞いていましたが、『石畳がある。走れないところがある。』 とのことで
当初、「ごく一部にはそういうところもある。」 と都合よく理解していました。
それがじっくり調べていると、そういうところがたくさんあると分かってびっくり。

昨年、この石畳を見て、いよいよきたかと身構えていると、そばにいたベテランさんが
『石畳は走らなくていいと思えるからかえって楽。』 と言っていて、その考え方を真似っこ。
「走らなくては」 と思うより 「ここは歩いていい。」 と思う方が気持ちが楽。

fc2blog_2018051316052593f.jpg


0513-5.jpg
昨年と今年の通過時間を比べてみました。
スタートは昨年と同じ6:02
この碑があるところもほぼ同じ時間に通過。

時折、前方から現れるランナーはA様。
Cの全員で 「おかえりなさーいっ」 「お疲れ様です!」 と出迎え。
相当疲れているはずのA様は、わたしたちCに 『行ってらっしゃい!』 と力強く声を掛けてくださいます。

走力がすごいのはいうまでもないですが、人としてすごい。
時折、意識が遠くにいってしまっている感じの極限状態で反応がないA様もおられますが
ほぼすべての方がこちらの声掛けにしっかり反応してくださいます。

昨年も感じた 【いつまで “ おかえりなさい ” の声掛けでいいか?】 という疑問。
A3回完踏の師匠に聞いたところ、『わたしたちの往路はずっと おかえりなさい でいい。』 とのことで
明木くらいまではひたすら 「おかえりなさい」 と声掛けを続けました。
さすがに残り30kmを 「おかえりなさい」 とは言いづらいので、明木あたりからは 「お疲れ様です」 で。

fc2blog_2018051316225886d.jpg
6:42

fc2blog_20180513162328fef.jpg
6:43

上の写真は石畳で、下の写真は土、でも1分違いで撮影。
とにかくつづら折りで大変な坂。
ここは 「マラソン大会 = 走る」 という概念が通じないコース。
1分2分の違いで、前後に写っている人たちが全然違う。
とにかくこういう不整地の急坂が弱いので、上りも下りも抜かれっぱなし。

hIMG_0001_20180513162750c59.jpg

最初の往還道で、師匠がトイレへ行ったので、わたしは独りで先に。
この先、トイレでもエイドでも、いつもわたしが先に出発していましたが、そのうちに追いついてきてくれるので安心。

今回の萩往還、たくさんの知っている方たちが出ています。
A様ではブログを通じて知り合ったヨッチさん、取引先の方
Bには、昨年お友達になった若い女性や、他にもたくさん。
CにはTHさん。

わたしが第2ウェーブで出発していて、THさんはその後ろからでしたが、どのくらい後かは分からず。
いつ背後からやってくるのかと気になっていましたが、ずいぶん経ってから声掛けしていただきました。
後で分かったのですが、スタートが15分後だったとのこと。
いくら走るペースが違うといっても13分の差を縮めるにはかなりかかりますものね。

THさんとは固く握手を交わしてサヨウナラ。
どちらかがリタイヤしない限り必ずもう一度会うので、再会を誓って背中を見送りました。
(THさんのブログはこちら。この時の記事はこちら。)

fc2blog_20180513162355baf.jpg
7:15

fc2blog_201805131624218bb.jpg
7:18 この見えているところが坂堂峠の頂上。

fc2blog_201805131638269b7.jpg
7:21 やっと往還道が終わってロードへ。

この場所、大会案内の 「最低でもこの時間には通過してね」 は7:14頃
この時点では、言葉の地図に書かれたそういう設定タイムを見ることもなく、ただひたすら自分のペースで。
ちなみに昨年は7:18に通過していました。
(昨年のレポは こちら

fc2blog_201805131639161a2.jpg

fc2blog_201805131639504c6.jpg
7:22 走れるところはもちろん走る。でも無茶はしない。

7.3km 夏木原キャンプ場でトイレ。
滅多にトイレに行かないのに、なぜか行きたくなったので仮設トイレへ。
このあたりなら、まだ和式トイレでも大丈夫。
わたしがトイレの間は、もちろん師匠は一時停止。

時間は計っていませんが、2分くらいはロスしたのかな?
この時点で大会側の設定タイムより借金状態だとは気づいておらず。
後ろから続々とランナーが来ていますが、その人たちは後ろのウェーブからなので
同じ場所にいるといっても、ここで借金を背負っていたのはわたちたちくらいかと。

でも、借金はここまで。
ここから頑張って走って、貯金作り開始。
全て帰宅後にデーターを調べて書いているだけで、この時はそんなこと全く考えておらず。
わたしが最初に時間を照らし合わせたのは佐々並だったか釿ノ切峠だったか?

hIMG_0001_20180513162750c59.jpg

fc2blog_20180513165903b86.jpg

fc2blog_201805131700398cf.jpg
7:41 (同じ写真をトリミングしただけ)
夏木原キャンプ場を過ぎ、8kmあたりかな??? 最初の長い下り。

前方右手の道路を渡ったところに私設エイドがあって、師匠が給水に。
フルマラソンの私設エイドは、「その場でいただく」 ことが前提ですが
まぁ、飴やチョコをもらってポケットに入れるくらいまでかと。

萩往還の私設エイドは 「自分のボトルに注ぐことが出来る」 という太っ腹。
費用もずいぶんかかるでしょうし、時間も長いのに本当に頭が下がります。

公設・私設共にエイドでは必ずお礼を言って、ごみの片づけはきちんとしました。
すごく当たり前のことですが、全てのランナーさんがきちんと信号も守って
ルールもマナーも守って気持ちがいいです。

この写真に写っている私設エイド、男の子が大きな声で呼び込みをしてくれて
復路では相当疲れていますが、元気な応援にずいぶん癒されます。

fc2blog_20180513172340914.jpg
14.3kmあたり この突き当りが佐々並エイド ↑ 今年の写真 8:21
師匠はトイレに行くからと先行。
折返し後しばらくまではわたしがiPhoneを持っていたので、こうして師匠の写真も撮ることが出来ました。
といってもわずかしかないけれど。

0249 0817-1
↑ 昨年の写真 8:17

この2枚を見比べたら、今年のほうがずいぶん暑そうに見えますが、まったくそんなことはなく
昨年のほうがたくさん汗をかいて、ずいぶん暑かったです。
タオルで汗を拭うシーンが何度も。
陶芸の村で湿ったタオルを交換しました。

今年は、寒くて朝と夕方にはアームカバーを付け、汗拭きタオルの出番も少なく
陶芸の村でのタオル交換はしなくて大丈夫。
前方からやってくるA様も、雨ではないのに合羽やウインドブレーカーをしっかり着ている人がいて
昨年より気温が低いのがよく分かりました。


この突き当りが佐々並エイド。
昨年は飲み物がコップに入っておかれていて、「Myカップ持ってきたのになぁ」 というのが記憶に残っています。
そして佐々並豆腐があって、ウルトラマラソン中にお箸を使ってお豆腐を食べるという不思議体験もしましたが
今年は、そのお豆腐屋さんが廃業したらしく、お豆腐はナシ。
すっごく楽しみにしていたというわけではないものの、脳内でお豆腐を待っていたので無くて残念でした。

佐々並では、このあたりから師匠と別行動。といってもすぐに追いついてきてくれますが。
わたしはさっと給水して先を急ぐことに。

~ 続く ~


昨年のレポでは1話で陶芸の村まで行ったのに、
今年はスタートから14.4kmしか進まなかった・・・。

応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村









萩往還Cレポ【4】当日朝

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)

今回のお題は、当日の朝。
前日の旅行記はまた改めて書きますが、まずは 「まだ走らないの?(早く走ったレポを書け)」
というご意見を頂きましたので、とりあえず当日の朝のことから。
えぇ、このレポではまだ走りだしません。
というか、エイエイオーまでたどり着くのかすら未定。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


5月3日、旅ノートには20:40に布団に入ったと書いてありますが、5月3日のブログ更新時刻は20:46
何か辻褄が合わないけれど・・・ま、いいっか。

深夜0:00頃 一度目覚め。
フルマラソンでも前夜はたいてい一度目が覚めます。
その後はしばらくしてまた眠りにつき、2:40起床。
タクシーが4:20の予約なので、2時間前には起きたいところですが、アラームは2:40に。

前日にスーパーで買い込んだ朝食を食べながら準備。
ウエア等は前日にナンバーカードをつけてはいますが、やはり何かと時間がかかります。

朝、食べたものは・・・・何だろう?珍しく写真を撮っていないのでよく覚えていないのですが
おにぎりは2個入りを買ったものの、食べたのは1個だけ。
カップのお味噌汁を飲んで、いちごを食べて・・・くらいかな?

ウエアの上にジャージを履いてウインドブレーカーを着て出発。
荷物は、リュックと帰りに着る予定のシャツとタオルくらいでかなり身軽。
今年のタクシーの予約は4:20。

昨年の予約をする時に、過去に参加された方のブログを読んで
「基本は5時、5時で予約が取れなかった人は仕方なく4:30」 というのを参考に
わたしたちは当日受付の人がいましたから、4:30にしていました。
これが大正解で、荷物置き場の洞春寺も広々だし、ウェーブスタートも早く並べたし。

ということで、今年も同じ4:30に予約。
タクシー会社さんの都合で4:20に早まりましたが、この日の第一便の客となり会場へ。
湯田温泉のホテルにはたくさんのタクシーが到着していて、これから何往復もするということでした。

10分ほどで香山公園へ。 (タクシー1430円)
運転手さんのほうが慣れたもので、当日受付に行きやすい位置で降ろしてもらえました。
そして、師匠から衝撃の言葉が。
『中間地点行きの荷物(2人分)をホテルに忘れた。』

たった今、降りたばかりのタクシーに乗ればまたホテルへは戻れますが
朝のタクシーは予約のみで、ホテルから会場への交通手段がないし
2人ともどうしても必要なものもなかったので、中間地点への預け荷物は無しで。

fc2blog_2018051301510940a.jpg
4:29 当日受付の方に付き合って全員で再度受付へ。

このあと荷物置き場の洞春寺へ。
一歩足を踏み入れた途端に、昨年とは違う異様な空気。
毛布にくるまって寝ている方が数名で、うちお一方はA様。

リタイヤされた方が夜明けまでここで休まれているんだわ・・・と、起こさないよう静かに準備。
のちに判明したのですが、なんとAを走り終えてこの後Cに出走する方だったとか。
イマイチ意味が分かりませんが・・・・神と呼ばれるA様、その上には何があるのだろう???
(最大級の誉め言葉です。)

昨年は昼間が暑かった分(?)、朝も気温が高く、半袖でも平気でしたが
今年は、走る格好になったら寒い寒い。
防寒用の100均合羽を着て、荷物はその場において外へ。

fc2blog_2018051301520870d.jpg
4:56 
Aにエントリーしたものの、エントリーできずCになった お2人。
師匠は過去4回のABともに全て完踏していますがCは初めて。
「もしも独りでの参加だったらCはエントリーしてなかった」 ということでしたが、
今年は5人全員で参加ということでCにエントリーし、わたしのフォローをしてくれることに。

右の方は、昨年Bをずいぶん速く走って完踏。
今年はCでガチ走り。

準備を終えて移動。
まずはお仲間さんが中間地点行きの荷物預けをしてから、お手洗いへ。
その時に師匠が 『今年はその帽子の方が多いですね。』 と声を掛けられたそう。
たまたま5人中4人が揃えていただけでしたが群れていたのでそう見えたのですね。(*^^*)

今年は歩け歩けのコースが逆になったことで大型バスが出発するため
Cのスタート位置が変更になり、香山公園へ。(昨年のスタート整列はこちら
行ってみると既に第1ウェーブは埋まっていて、わたしたちは第2ウェーブに。
わたしは第2ウェーブを希望していたのでぴったり。

fc2blog_20180513015245d93.jpg
5:16
ナンバーチェックを受け、第2ウェーブが確定すると5:50までは移動も自由。
わたしたちはお仲間さんから差し入れられた なんじゃこら大福を頂くことに。
「スタート前に大福」 は、わたしのルーチンなのでやった~♫

0513.jpg
イチゴと栗とクリームチーズ。うまうまっ。(*^^*)

0513-1.jpg
大福を食べる前だったか後だったか、かおりんさんが来てくださいました。
ぐわぁTで参加のかおりんさん。(このシーンの記事はこちら
THさんはじめ、ぐわぁの方が多くて皆さん楽しそう。(*^^*)
あ、周りから見たらわたしたち5人もそんな風に見えるのかな?

萩往還C70km、35kmの折返しなので必ず全員と擦れ違います。
エイドで休憩している隙に気付かないうちに追い越したり追い越されたりはありますが
全員と擦れ違えるコースはわたしは大好き。(*^^*)

かおりんさんからは、昨年のわたしのブログを参考にしたことのお礼を言っていただきました。
あぁぁぁ、これが一番嬉しい。
自分の記録として書いているものが誰かのお役に立るなんて。

そして、今年はどんなに詳細なレポを書いても、来年の誰かの参考になることはない。
まだその現実を受け止めきれないですが、昨年同様レポは続けます。

fc2blog_20180513024543a6d.jpg
5:16に、わたしが一番に大福が配られて、5:25に4人はとっくに食べ終わっていて、わたしはまだ半分。
ところでわたしの合羽の右腕が途中から白くなっているように見えるのはなぜ?
かなり寒かったので、日焼け防止用のアームカバーをつけていますが、なんだか不思議な感じ。

この写真も皆さんいい顔してる。
昨年はABCに分かれての参加でしたが、幸か不幸か今年は5人全員でC。
本当に楽しかったです。

0513-2.jpg
変な顔なのは大福を食べているからかな???
この写真にも すごい偶然が重なっていたことは、その時には知る由もなく。

fc2blog_20180513025350151.jpg
5:30 初めてのシューズ写真。
キレイに5等分されていないのはわたしたちらしいということでいいのかな?
前日のお好み焼きで5等分の練習を散々したはずなのに。

25.5のウェーブライダー。
急な下りでは足が前に動いているのが分かりましたが、メリノウールのおかげか、足のトラブルは無し。
雨の四万十川ウルトラでは巨大水ぶくれで苦しめられただけに天気を心配していましたが大丈夫でした。

5:30にこの写真を撮ってから、スタートの6:02までいったい何をしていたのだろう???
全く記憶になし。
ま、5人でわちゃわちゃお喋りしていたのでしょう。

わたしたちが中間地点預け袋を忘れた事で、お仲間さん女子からおやつを2つも分けていただいたり。
ありがたく頂戴し、どちらも走りながら完食しました。

6:00 第1ウェーブの方を見送り
6:02 わたしたち第2ウェーブ出発、70kmの長旅の始まりです。


~ 続く ~


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


5月12日の日記

昨夜はソファで小梅と一緒に寝たので、今朝は早めに起床。
萩往還レポをひとつ書いてから小梅の病院へ。
すごい人で15組待ちとのこと、一度スーパーへ行き買い物をしてから再度病院へ。

今日は暑い~。
萩往還当日がこんな天気だったら、あんなに気持ちよく走れていなかっただろうな。
5月4日は朝夕は少し肌寒い、昼間は暑い、でも走るにはちょうどいい天気でした。

15:30歯医者の予約があったので、それまでに少し走ろうと思いましたが暑くて断念。
歯医者さんへ行って、クリーニングと治療(型取り)あわせて1時間、
そのあと坊っちゃんスタジアム周りを走ってきました。

5月4日の萩往還から丸々7日間の休養。
ゆっくり走るつもりでしたが、ゆっくりにもほどがあるというペース。
10kmは無理としても1時間くらい走ろうかな~と思っていたのに、しんどかったので5kmで終了。
週明けからまたボチボチ頑張ります。


にほんブログ村

にほんブログ村


萩往還Cレポ【3】涙

今回のお題は 「涙」
わたしは泣き虫というか感動屋さんで、すぐに泣きます。

今年は涙のゴールか!?と予想されていましたが
意外にも走ることで泣いたことは ほとんどありません。

昨年の萩往還は、陶芸の村を12時前に出て、ばぁば(実母)からのLINEで泣いたり
最後の往還道の山中を ぼっちで歩きながら ココロ折れて泣いたりしましたが
今年の涙は・・・


帰宅後、みなさんのレポを読みながら泣くシーンは度々。
つい先ほどもA様の奥様が書かれたブログを読んで泣きました。
ご主人がA様で 奥様は応援という方、翌日忘れ物を取りに本部に行ったら
会長さんやボランティアさんが大量のごみの分別をしていたと。

わたしたちが疲れた疲れたと足湯に入ってのんびりしてるときに
陰でそういう方々がいてくださったことに改めて感謝。

完踏した方、途中で走れなくなった方、ABCそれぞれにドラマがあって
ブログを読むたびに じ~ん。
オールスポーツの見ず知らずの方のゴールシーンを見ては じ~ん。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今回、帰宅後にブログを読みながら感動を共有して&思い出して泣いたのは除いて
5月4日、5日で泣いたのは4回。

【1】 かなりの終盤、オカリナエイド
【2】 翌朝、布団の中でゴール寸前の写真を見て
【3】 新山口駅で (泣き笑い)
【4】 JR柳井港駅で (泣き笑い)


【1】 私設 オカリナエイド  
と、勝手に呼び名をつけていますが、64.1km 一の坂御建場跡(六軒茶屋跡)

昨年のココのシーンは こちら
といってもひとつの記事が異常に長いので、抜粋すると・・・

  オカリナのところ。
  私設エイドがあったようで、ほぼ片付けられていましたが、皆さんでランナーの応援をしてくださっていました。
  たくさんの方がいたので、どなたかはご存知だろうと突撃質問。
   「時間過ぎたら完踏証とかメダルはもらえないんですか?」

  冷静に考えたらもらえるはずがないとは思うのですが、ガチガチのレースじゃないし
  自分の脚で帰ったら、もしかしたらもらえるかも?とかすかな期待を込め。

  そして帰ってきた答えは、 『時間を過ぎたらもらえないよ~!でも頑張って!』


昨年の記事の中ではわずかこれだけの記述ですが、
完全に時間を過ぎて、エイドではテーブルやごみの片付けが終わっていて、
それでも最後の最後まで皆さんが立って応援してくれて、
本当に励まされたし、救われました。
エイドの皆さん全員でわたしヒトリを応援してくれて、その温もりは一年経っても忘れることはなく。

給水所にはスポドリやコーラなどが用意されていますが、
今年の給水でわたしが飲んだのは、すべてお茶かお水でした。 
フルマラソンならスポドリを選択しますが、基本的にスポドリは好きではないのと
ことしは涼しくて大汗をかかなかったこともあり、お茶かお水。
(途中、塩サプリを1個だけ食べました。)

70kmの間に(実測68.9km)、公設・私設合わせ何か所かのエイドがありますが、ひたすらお茶かお水。
64.1km走ってきたココで初めて、ふと甘いものが欲しくなりカルピス。

昨年はわたしがあまりにも遅すぎたので片付けが終わっていましたが
今年は、まわりにたくさんのランナーが。

コースから数歩外れてエイドに立ち寄り、カルピスを依頼。
本来はセルフサービスなのでしょうが、注いでくれるというのでお言葉に甘え
Myカップを差し出して、立って待ちました。

とはいえ、もはや立ち止まると自分の身体を支えるのすらしんどくて
テーブルに両手をついて、両手両足の4か所でどうにか身体を支えている状態。

その姿をみた私設エイドの方々が 『頑張ったね~。』 『えらかったね~。』 『あと少しよ~。』 と口々に。
この日 初めて飲んだ甘いカルピスは、すっっっっごく美味。
残り5km、まだまだ先は長いけれど頑張ろう!と。

去り際、わたしからお礼を。
「ありがとうございました~っ。昨年はここで時間を過ぎていたんですけどすごく応援してもらって・・・」
以下、言葉にならず。

今年は師匠がついていてくれて、肩を持たせてもらうなどセコ技を駆使しつつどうにか完踏が見えてきて
昨年は相当折れた心でココを通過して励ましてもらったこととか
いろんな想いが全部渦巻いて、涙で言葉にならず。

走りながら、というか5月4日当日に泣いたのはこの一回だけでした。

ゴールは満面の笑み。
ゴール直前に時間内完踏が確実のものになり、立ち止まって写真を撮ったのは
自分でもあまり見たことがないような顔。
いたずらっ子のような?達成感溢れる? 喜びの?不思議な顔。

fc2blog_20180512100000e0c.jpg
17:46 最後の角を曲がる直前。

先日、偶然か奇跡か?という内容のブログを書きましたが、
この写真に写っている方のブログに行きつき、そこにわたしたちが写っていました。(*^^*)
どなたかのブログに偶然写り込んでいたらすごく嬉しいです。


【2】 翌朝、布団の中でゴール寸前の写真を見て

fc2blog_20180505052600534.jpg
5月5日の朝、ホテルの布団の中でブログを更新。
この写真を見ていたら涙があふれて溢れて。

fc2blog_20180512101052a59.jpg
切り取って拡大したらこんな感じ。
このあとゆるく右に向いて進んで、香山公園の中に入ってからゴール。

fc2blog_2018051210090310c.jpg
お仲間さんが撮ってくれた写真。
この先、すごくたくさんの方の大歓迎。

A様やBも同じゴールなので 「たかだかCのわたしのためにすみません」 という気持ちも少し入り混じりつつ
大歓声に応えます。
昨年はほとんどの人が撤収した寂しくひっそりとしたなか、お仲間さんが出迎えてくれ
タクシー乗り場にいたわずかな人も声援を送ってくれました。
今年はこの大歓迎ぶり。

走っている時は全くそれどころではなかったけれど、
翌朝、湯田温泉のホテルの布団の中でこの(背中の)写真を見て、号泣。

感動の涙のゴールという方もいて、それもすごく共感するのですが
わたしの “ 感動の涙 ” は一夜明けてからでした。

大会スタッフさん、ボランティアさん、一緒に参加したお仲間さん、12時間フォローしてくれた師匠。
気持ちよく送り出してくれた家族、会社の人。
ブログを通じて知り合ったたくさんの方々、すべての方々に感謝。
本当にありがとうございます。

このゴールシーンは、また 「走ったレポ」 で再登場すると思いますが
気長にお付き合いくださいませ。


【3】 新山口駅

走った当日は脚が だるくてだるくて、脚の付け根からネジ回して取り外しておきたい気分でした。
翌日は、歩きはじめるとかなり普通な感じには歩けるものの、
座るときや立ち上がるときは、うぅっっ。
階段はもちろん、ウッッッ。

5日、中原中也記念館に行き、二階を閲覧した後に階段を下りました。
ウゥッッとなりながらでしたが、まぁどうにか。

夕方、新山口駅でホームへ降りる階段が。
これはツラくて笑ってしまいました。
少し後の新幹線で帰る師匠が、わたしたちのホームまで見送りに来てくれたのですが
今回の完踏は師匠の力添えがあったからこそなので、師匠とのお別れがツラかったのか?(違

不思議な泣き笑い。
涙がぽろぽろ出るほど笑い泣き。


【4】 柳井港駅

その後、JRに揺られること90分でJR新柳井港駅に到着。
90分座りっぱなしで身体はガチガチに固まっていて、到着と同時に席を立ちドアへ。

ドアが開いたのでホームへ降りようとしたら、なんだかすごい段差!
電車(列車)とホームってこんなに段差があるの?????

段差を降りるという動作がものすごくツライのですが、これはどうすれば???
と、躊躇しましたが、そんなことをしていて電車に取り残されてはいけないので
意を決してピョンと飛び降りました。

文章にするとすごく大袈裟だけれど、本当に驚きました。
昨年も同じ電車だったはずなのに、そういう記憶はないのですが
疲れた身体でボーっと電車に揺られていたのに、全く予想外の出来事に笑いが止まらなくなり
電車を降りてからまた涙ポロポロ笑い泣き。

昨年は、不本意な結果に終わったものの、「来年はリベンジ」 という強い意志を持っていました。
今年は、満足な結果に終わったけれど 「また来年も!」 というのが出来ません。
愛媛と山口は意外と遠く、観光に行こうという気にはならないでしょう。

山口へ来ることももうないのかもという複雑な思いもあって、あちこちで泣けたのかも。
(下関海響にはまた行きます。)

今、このブログを書きながらも泣けるし、
皆さんのブログを読みながらも泣ける。

皆さんのブログで、萩往還のレポが終わって次々と日常の話題へ移っていくのが寂しいですが
このブログはこの先、長々とレポが続きます。


萩往還が終わってから全く走らず。
さすがにこの週末は走ります。
が、明日は雨らしいので今日ということか。

今日のうちに少しでも走ります。
ゆっくり5kmくらい?

今から小梅の病院と、午後は歯医者さん。
ではまた夜に更新予定です。(*^^*)


にほんブログ村



萩往還Cレポ【2】仲間

fc2blog_201805102354552e3.jpg

fc2blog_20180511005230a18.jpg
擦れ違いで写真を撮ろうと言っていたはずが・・・今回も一人は撮れず。
えぇ、真面目に走っていたのでね、お互いに。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


会社のエラ~い方が、わたしが走ることをすごく応援してくれます。
いろいろ聞かれるので、いろいろお話をするのですが、よく言われるのが 『いい仲間に恵まれてるね。』
以前何度か聞かれたのは、『その仲間とはどうやって知り合ったの?』

ネットで知り合ったというと、すんなり納得してもらえるのですが
まさか 「わたしのブログがきっかけで」 とは言えない…。

もともと師匠とわたしは知り合っていて、その後、高山ウルトラに出る方と3人でグループLINEが出来
それから1人増え、2人増え、いまの5人に定着。

大阪マラソン2014では偶然に一瞬だけ3人が揃い、
おかやまマラソン2016では4人が揃い、
2人や3人はあちこちで揃いつつ、
昨年の萩往還で初めて5人全員が揃い、
今年の愛媛マラソンでは走った人と走らない人合わせて5人全員が再集合。

男子3人女子2人。
今年もホテルは同じ階で5つ横並び。

ほぼほぼ修学旅行で、『次は○時にロビー集合』 等の声掛けがあり
大抵最後に登場するのがわたし。

fc2blog_20180511002806ab4.jpg

fc2blog_201805110023186f2.jpg

fc2blog_20180511002330564.jpg

fc2blog_20180511002038008.jpg

fc2blog_20180511002451e3b.jpg

今日、オールスポーツの写真が公開されていました。
皆さんいい顔。(*^^*)

自分の前後のゴールシーンを見ていると、走りながら何度もお会いした方たちが。
ナンバーカードの数字が消えかけ、身体が傾いたままゴールするA様、
140km走ってきたとは思えない元気いっぱいのBの女性。
全く見ず知らずの方のゴール写真を見ただけで、じ~ん。

感動のあまり涙のゴールという方もおられてもらい泣きしそうになりますが
ほとんどの方が満面の笑みというのか、達成感充実感の笑顔。

一週間前の今は、湯田温泉のホテルで爆睡していたころ。
あれから、はや一週間か。

いまだ走らず。
週末は少しでも走ろうと思います。
四万十100へ向け、練習再開。

明日は・・・お友だちと夕飯なので、更新は遅くなるかも or しないかも。
書くことがありすぎて、何から手をつければいいやらという状態なので
「こんな話を聞きたい」 というリクエスト大歓迎です。
実際にリクエストを頂いても、記事に仕上がるころには大脱線している可能性が高いですが。( ;∀;)

今後、レポに書くことは・・・
旅行記、前日編と翌日編
当日のスタートまでのこと
走ったことは3部作くらいで?
費用の集計も終わったのでそのあたりのことも書き記しておこうかな。

私設エイドでの恥ずかしい出来事とか
この旅の3日間で4回泣いたこととか
ランナー同士の触れ合いのこととか
書いても書いても書ききれないのだろうな。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日は仕事でものすごく衝撃的なことがあり、脳が混乱気味。
わたしの仕事は営業事務で、営業マンごとに担当事務が決まっているのですが
今日、その移動が発表されました。
移動というより追加。

目から鱗の出来事で、声も出ないくらいの衝撃。
今の会社に再入社してもうすぐ2年。
今までとは全く違う部署の事務も追加で担当することになり、
ほぼゼロから仕事を覚え直すことになりました。

47歳にして新しいことを覚えるのは大変。
でもいろんなことを覚えたら自分の仕事が楽になって、楽しくなるはず。
幸い、新たに担当することになった営業さんは仕事がきっちりしているという評判で
性格も穏やかな方(20代ですが先輩です。)なので、うまく協力して頑張りたいと思います。

あぁ、今日はタイトルと中身がバラバラだ・・・。
でも先にタイトルをつけてTwitterに出てしまっているのでそのままで。

何だかまとまりのないブログでごめんなさい。


0508_20180508235356527.jpg
このシャッフルプリントの中に、同じ写真が2枚ありますが、さてどれでしょう?
先日あえて答えを書かなかったのですが、そのことでずいぶんと迷ってくださった方がいて、わたしの思う壺。

ばぁばによって発見されたこの失敗。
ばぁばが見つけなければ、わたしはずっと気付かないままだっただろうに・・・。
痛恨のミスだ・・・悔しいっっっ。



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
今朝の体重50.0kg 明日の朝は49.8kgくらいかな?
久しぶりの40kg台復帰になるか!?


萩往還Cレポ【1】ウエアや装備

パソコンの具合がおかしいし、iPhoneは8にしてからイマイチだし、(いまだにezwebメールできず)
iPhone8で撮った画像はうまくPCに送られず、送られたものもかなり再生できず。
なにもかもの不具合続きでげんなり。
はぁ。

それでもレポを書き進めなくては!
ということで、今日はウエアや装備から。

くちきに
昨年のウエアで特にトラブルはなかったので今年もほぼ同じに。

ウルトラのレポを読んでいると擦れて出血したとか、水ぶくれ等のトラブルをよく目にします。
わたしは皮膚が強いのか、そういうトラブルをほとんど経験したことがありません。
雨の四万十川ウルトラで足に巨大な水ぶくれが出来たくらい。

ということで、今回の萩往還ウエアは 「基本は昨年と同じ」

【帽子】
愛媛マラソンキャップ自作日除け付き
5人のお仲間さんで走りましたが、そのうちの4人は愛媛マラソンキャップ。
整列前に師匠がトイレに行った時、『今年はその帽子の人が多いですね。』 と声を掛けられたそうですが
たまたま仲間で揃えただけでした。

昨年はわたしたち以外に数人同じ帽子の方を見かけましたが
今年はわずかだったように思います。
その中のお1人は、愛媛県人かと思ったら山口の方でした。
山口県民の方が山口県を走るのに愛媛マラソンキャップとは、なんだかとっても嬉しいです。

この帽子をかぶっていると、ほぼ 「わたしは愛媛県人です」 というアピールになるので
わたしが往路の山の中で、かなり早く帰ってきたBランナーさんから 『愛媛の人?』 と声を掛けていただきました。
その男性は松山の方だそうで、わたしも住んでいるところを言っておきました。
お顔もお名前もナンバーカードも分かりませんが、このブログを読んでいてくださったらいいな。
(A様やBに出るような方が読むブログではないけれど・・・)

下関海響マラソンや萩往還等、四国外の大会で四国からの参加者を見ると
ダントツで愛媛県が多いのは、愛媛マラソンが定着しているから???
高知マラソンも歴史は古いですが、市民ランナー参加型の高知龍馬マラソンになってからは
まだ5年ほどなので、「市民ランナー」という意味では愛媛がマラソン人口が多いのかな???

fc2blog_20180505094059444.jpg

fc2blog_20180510003251977.jpg
こちらは着替え後の集合写真。
全員愛媛マラソンキャップで。(*^^*)

この2枚の写真はどちらがいいか?(素敵か?)
やはり上のほうですよね。
お2人はさっさとゴールしていましたが、3人がゴールしたばかりで臨場感があって。

“ 5人全員で完踏証とメダルを手にする ”
達成できてよかった~!!!

【サングラス】
昨年は一般フレームの薄色サングラス。
特に大きな問題はなかったのですが、近視の度が合わなくなったことと
萩往還・四万十川ウルトラとも夜明け前に活動開始、四万十川ウルトラは日没後も走るということで
今年はスポーツフレームのカラーコントロールレンズ

いま、日常生活でかけている眼鏡は、ごく一般的なフレームですが
少しでも鼻に汗をかくとすぐに滑って、これで走ると度々元に戻す作業が必要でイライラ。
スポーツ用のフレームは汗をかいても落ちてこず快適。

カラーコントロールレンズで、紫外線が強い時は真っ黒になるので
写真写りはよくないですが、まぁそれは仕方ない。
ゴールシーンではサングラスを外すつもりだったのに、興奮しすぎたのかすっかり忘れていました。

【Tシャツ】
おかやまマラソンには何の思い入れもないのですが、おかやまマラソン参加賞
①サラッと生地で地味な色。(ランパンがピンクだから上は地味に)
②どうせリュックで隠れるからデザイン無視。
③リュックで擦れるとTシャツの生地が傷むことがあるので、そうなっても惜しくないもの。

【ランパン】
サイズ・丈・ポケット全てが、これ以上のものに巡り合えないのではないかと思う大のお気に入り。
ウエストのゴム加減が少し違うだけでずいぶんなストレスになりますが、このランパンは本当に最高。

【膝テーピング】
いつもの型抜き既成品 (見た目の色は違いますが同じもの)

【ゲイター】
いつもの。
「フルマラソンでガツガツ走ると攣りそうor攣るのですが、ウルトラでゆっくり走ると攣らない」
はずが、3回目のウルトラにして初の攣る傾向が。
往路前半だったはず。
なので念のため持っていたツーランを飲み、その後は攣る前兆はほぼなし。
ゲイターの有無でどう違うのかはよくわからないのですが、いつも装着しています。

【ソックス】
メリノウールがいいと聞いたので購入したのですが、Sサイズの短めだったこともあり
今回の萩往還ではそちらは採用せず、いつものRXL5本指を用意していました。
が、前日受付に行き、おうどんの横に出店していた売店で 「メリノウール5本指ソックス」 を発見。

初めてのメーカーで洗濯もしていないものをいきなり本番でというのは少し勇気が必要でしたが
師匠が同じメーカーのものをはいていること、足首部分の丈が長めなことから
前日に買って、いきなり翌日の本番で使用。

fc2blog_20180510010008958.jpg

結果、いつものプチ水ぶくれ以外何のトラブルもなく快適でした。
今までも雨レース以外では足にトラブルが起きたことはないのですが、
プチ水ぶくれが最小で、途中で痛みもまったくといっていいほど感じなかったのは
メリノウールソックスのお陰かな。

ちなみに、師匠がプレゼントしてくれました。

【シューズ】
昨年はミズノウェーブユナイタス、今年はミズノウェーブライダー
少しでも新しいものがいいかという感じで、特に深い意味はなし。

下関海響マラソン2017でも履いていて、わたしなりにいい結果を残せたシューズ。
うん。このシューズは山口と相性がいいんだわ。(*^^*)
って、こじつけすぎ?

fc2blog_20180510005359d28.jpg
かかと部分の隙間に石が2、3回 挟まりました。
昨年も経験していたので想定内。
ただ、今年は取り除いてくれる人がいたのでとっても助かりました。

【リュック】
今年はお茶等を携帯しなくてよかったので小さい方のリュック
背中は空っぽ。

前のポケットが4つあるので、
① アルフォート4個とリップ 
② 塩サプリとカンロ飴
③ 地図
④ iPhone8
+クリップで留めた汗拭きタオル

fc2blog_2018042916395690d.jpg

iPhoneは、途中で重くなったので師匠に預けました。
6まではそんなに思わなかったのに、8になってから重い!

fc2blog_201805100119382e1.jpg
わたしが師匠を撮影した貴重な写真。
基本的にわたしが前で師匠が後ろだったのに、ここはどうして師匠が前にいるのかな?
ちなみに、師匠のリュックはわりとパンパン。

ちなみに師匠が持っているものは・・・
師匠本人用のゼリー・サプリ類他、師匠個人のもの。
2人共通のカットバン・テーピング・ワセリン・日焼け止め・お金
2人分のドリンク、おやつと差し入れのおやつ
2人分の100均合羽 (スタート前に防寒で着ていたもの。てっきり途中で捨てたと思っていたら持ち帰っていました。)
わたし個人のiPhone、アームカバー、エアーサロンパス

ひとつひとつは軽いものでも、全部リュックに入れるとそれなりの量になります。
わたしは荷物は軽いし、背中のものを取り出す手間はないし、エアサロはちょうどのところにかけてくれるし
こんな手厚いサポート(またの名をセコ技)を受けて本当に感謝。

あ。書き忘れ。
ランパンのポケットに、折り畳み式マイカップが入っていました。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【中間点預け荷物】
昨年はいろいろ預けていましたが、意外となにも使いませんでした。
時間に余裕がないことと、しっかり休むとかえって体が疲れるので、中間地点の休憩は最小限の予定。
預け荷物はごくシンプルに

① 汗拭きシート (高知龍馬マラソンでもらったガンガン冷えるの)
② 胸にぶら下げるタオルの交換用
③ おやつ袋の交換用
④ おにぎり移し替えポリ袋

師匠と一緒に走るときは、フルマラソン後の預け荷物等、いつも一緒にしています。
預けも受取も一度で済むから。
今回もその戦法で、師匠のナンバーカードの袋にわたしのものも入れてしまうことに。

前日のうちに師匠に預けておいたのですが、なんと。
2人分でもあまりにコンパクトすぎてホテルに置いたまま忘れてしまったらしく
気付いたのはタクシーで移動後、会場に着いてから。

でも、どうしても必要というものもなかったので、預け荷物はないまま出走。
結果的には、おにぎり袋が無くて困ったくらいで、特に問題はありませんでした。
不足が懸念されたおやつは、お仲間さんからお裾分けを頂きましたし。(*^^*)

中間地点に預ける荷物が無いということは、朝 わざわざ預けに行く手間もないし
中間地点で引き取りに行く手間も、再度預けに行く手間も、ゴール後引き取りに行く手間も
全部省けるので、結果オーライ。

もちろん雨だったりしたら預けるものも変わってきますし、忘れたら致命傷になりかねませんが
今回は、特に問題はありませんでした。

人に頼るということはそういうこと。
途中で離れて走っていたとき、「日焼け止めがいる~!!!」 と思っても師匠のリュックの中。
「日焼け止めがないなら日焼け防止のアームカバー!」 と思っても、それも師匠のリュックの中。

そんなこんなのプチトラブルがありながら、カットバンを使うシーンもあったりしながら
それでも無事にゴール出来ました。

「来年はこう変えよう。」「来年もこの方法にしよう。」 と思うたび、「あ。来年はもうないんだった。」 と落胆。
レポを書きながら少しずつ熱を冷ましていかなくては。
みなさんのレポを読みながら感動を思い出しています。

明日はヨガではなかったので、どんなレポを書こうかな。
それではまた明日。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

萩往還 シャッフルプリントを作りました

0508_20180508235356527.jpg

いつになったらレポが始まるのやら…。
今日は仕事のあとでフジに用事があったので行ってきました。

そしてキタムラを興味津々で覗くと、店員さんが声を掛けてくれ
店頭のサンプルを見ながら 『こちらなら10分でできます。』 と、シャッフルプリントを勧めてくれました。

そしてサクサクと作成。
とはいえ、写真を選ぶのに30分以上・・・きっと1時間くらいかかっていると思われますが、注文。
注文ポチから完成までは本当に10分。
はやっっ。

なぜか背景というか台紙がピンクになっていて、ちょっと凹みますがまぁ仕方ない。
いくらわたしがピンクが好きとはいえ、ここでピンクは・・・・嫌だ。

帰宅後、ばぁばに見せていたら 『あら。同じのを2枚入れたんだね。』
えぇぇぇぇぇぇ~ 2枚も入れてない~!!!
わたしの手違いというか制作ミスで、同じ写真が2枚入ってしまいました。
ショック。

構図は同じでトリミング加減が違うので、ほぼ同時に撮った別の写真なのか、全く同じ写真なのかは謎ですが
わりとショックです。

各種サイズがありますが、こちらB4サイズで1,080円
48枚の写真が必要なので、かなりたくさん撮っていないといけませんが、お勧めです。

わたしが作ったのは、キタムラ
改めて富士フイルムのフォトブックも作成予定。(*^^*)
旅ノートを作ってから、実際に旅をして走って、ブログを書いて、写真集を作り終えるまでがセット。
※ アフィリエイト一切無縁なので、このリンクから注文しても、わたしには何の収益もありません。

ブログのレポは・・・週末から開始かな?
今日(火)はフジに寄ってあれこれ用事・・・というかほぼシャッフルプリントに費やしましたが・・・帰宅が遅め。
明日(水)は特に予定なし。

(木)は、ヨガ・・・と思い込んでいたらヨガじゃなかった。
(金)は、歯医者さんのあと、友だちと食事。
(土)は、休みの番。
金曜までがっつり休んで、土曜日くらいから走り始めようかな~。
水曜と木曜でレポが書きはじめられるかな?
一旦書きはじめるとひとつの記事に3時間くらいかけてしまうので、平日は躊躇してしまいます。

の~んびりお待ちください。
汗見川くらいまでには終わるでしょう。(わたしの希望というか目標)


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

SL


今年は見学のみ。
5/3は新山口で。
5/5は湯田温泉駅で。


5/5は、重連というレアものだそう。

詳しくは後日旅行記で。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村







萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡?

LINE、Facebook、Twitter、ブログ
SNSにどっぷりつかって萩往還を振り返っています。
皆さん、レポをあげるのがはやいですね。
わたしはのんびりゆっくり書きますので、気長にお付き合いくださいませ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨年に続いて二度目の参加となった萩往還マラニック。

壁紙
この写真が好きで、スマホの待ち受け画面になっています。
こちらは昨年5月のスクショなので、iPhone6で、今はiPhone8に変わりましたが、
待ち受けはロック画面もホーム画面も同じ写真。

0268 1341
昨年わたしが復路で撮った写真。
この写真と同じ場所で今年も撮りたいと思っていて、
往路で 「このあたりかなぁ?」 と言いながら時々振り返ってチェック。

復路の途中からわたしのiPhoneはずっと師匠に渡していて (重いから)
師匠がところどころで写真を撮ってくれていたのですが、今年の写真がこちら。 ↓



だいたい同じ場所での写真が撮れたと満足していたのですが、
たった今、昨年の写真集を見直しながら今年の写真を見ていたら
同じような場所どころか、まっっっったく同じではないですか!


vth.jpg
左が昨年で、右が今年。
どちらの写真も全体のサイズを小さくしただけで、切り取りなどせず撮ったそのまま。

わたしが撮ったか師匠が撮ったかの、撮影者の身長が違うくらい。
あ、通過時間もわずかに違いますが。
昨年は13:41、今年は13:09なので、32分違い。


この写真にはもうひとつ、ものすごい偶然が重なっています。
右の写真に写っている方は、なんと昨年Cを 何度も抜きつ抜かれついろいろお話しながら走って
今年の再会を楽しみにしていた女性ランナーさん。
(実は走力はかなりのもので、往還道マラニックを楽しんでおられました。)

若いのにすごくしっかりさんで、周りのみんなを力づけながら走っていて
わたしもすごく助けてもらって、帰宅後にFacebookでお友だちに。

今年は140kmに参加ということで、絶対に会えると思っていましたが、陶芸の村のそばで再会。
その後も2、3回会ったのですが、この写真も偶然その会った時。

こんな偶然の重なり方って、ある?
同じような場所でいい写真が撮れた♫と喜んでいたらこんな展開だったとは。
一年ぶりに再会したお友だちと一緒に写真に納まったのは分かっていましたが
それがこの場所だったなんて。
片道35kmあって、「だいたいこの辺り」 とはわかっていても、すごい。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


行きの電車で、Twitterで 「萩往還」 と検索。
すると飼っているペットが【小梅】と【桜】という女性でCを走る方が。

共通点が多くて さっそく連絡し、お互いにフォロー。
わたしが愛媛県人だということは伝えましたが、ウエアやナンバーまでは伝えず。

4日、何も知らずスタート位置につき、スマホは単なるカメラ代わりでSNSのチェックはせず。
5日になってゆっくりTwitterを見たら・・・・
なんと、その方の出発報告にわたしたちが写ってる~!!!

こんな偶然ってある????
昨日まで縁もゆかりもなかったのに、600人居て隣同士になるなんて。

その後の検証で、わたしのお仲間さんが撮ってくれた写真に、その方が写っていました。
そりゃあ隣にいたんだから写るでしょうが、その場ではお互い全く気づいておらず。
Twitterではお互い本名は名乗っておらず。
その後、本名を知りさらなる驚きが。


スタート前にわたしを見つけてお声掛けくださった方も共通点があり
もうホント驚くことばかり。


今日はレポは書かないと決めていましたが、あまりにも偶然が重なりすぎて短めに更新。
今日一日で3回も更新しました。
大抵の方は一日に1回訪れてくださるか、数日分まとめてだと思うので
「今日は一日に3回更新しています」 ということをお伝えて本日の更新終了。(*^^*)

では。

たくさんの応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村


萩往還C完踏、筋肉痛祭り

昨夜は1時過ぎに帰宅し、2時過ぎに就寝。
布団の中でiPhoneでブログを更新したつもりが、最後の最後に寝落ちし更新できておらず
今朝5時に目覚めて最終仕上げをして更新。

トイレに行きたくて目覚めたものの、2階の自室から1階のトイレが遠い。
わたしの部屋は倉庫からの改築で2階にあり、階段の数は少なめ。
それでも、階段がツライ。
初フル後の感じ。

今、一番痛いのは太もも前面。
このツライツラい筋肉痛がなぜか愛おしいって、やっぱり萩往還に出るような人たちってヘン○イ?
A様、Bランナー、C、それぞれにレベルは違いますが、やっぱりヘ○タイ?

閑話休題。
5時にトイレを済ませて二度寝。

11時過ぎに自然に目覚めて、布団の中でLINEやブログ巡りなどをして正午起床。
その後もLINE、Facebookなどなど、皆さんとのつながりに感謝。
本当にありがとうございます。

今日これからすること。ちなみに今は15時前。
① 洗濯物を干す (送り返していた荷物が届いたので洗濯はした。)
② お金の計算
③ 洗濯物以外の荷物の片付け
④ 疲労抜きジョグは未定
⑤ これからお昼寝しようかな。

レポは、まだ書きません。
書きはじめると3時間くらいすぐに経ってしまうので、あえて手を付けないように。

fc2blog_20180506143932deb.jpg
ランナーと観光客が混在するというのもウルトラならでは。

今回は師匠がたくさん写真を撮ってくれたので、ブログもいつも以上に長くなりそう。
書きたいことがたくさんたくさんありすぎて困っていますが
『感動の涙のゴールだったのか?』 という点だけ。

答えは、既に写真で紹介した通り笑顔のゴールでした。
ビクトリーロードから笑顔笑顔。
最後は写真写りをよくするためにサングラスを外すつもりがすっかり忘れてそのままゴール。

① 本来のゴール地点である計測マットがあって、
② そのすぐ時に写真撮影用のゴールがあって、
③ その先でメダルをもらえて(チップを外して)、
④ その先で完踏証発行。

fc2blog_20180506125405201.jpg
これは③が終わって、④へ行くまでの通路で先着のお仲間さんが撮ってくれた写真。
常に 「後ろ」 にいてくれた師匠。
事前に言っていた通り、引っ張ってもらうのではなく見守ってもらいました。

萩往還5回目にして初のCという師匠。
『一升谷を走って降りるなんて楽しい!』 と。

たくさんの出会いあり、プチハプニングあり、楽しい楽しい12時間。
走った前後を含め、本当に楽しい楽しい3日間。
明日から平常運行に戻れるのか不安ですが
ブログに楽しい思い出をつづりながら、楽しい記録を書き残したいと思います。



やっとパソコンをつけたのでコメントのお返事させていただきました。(*^^*)
ブログコメントやLINE等で応援してくださったみなさん、ありがとうございました。

にほんブログ村
こちらのバナーは昨年の写真。
シューズの色と胸につけた汗拭きタオルの色が違います。
何より背景が全く違いますが。(゜o゜)





山口より帰宅

5月3日 5:10出発
5月5日 25:10帰宅

1年間、楽しみに楽しみに待ち続けていた萩往還マラニックが終了。

身体は下半身の激しい筋肉痛だけで故障はありません。
いつものプチ水ぶくれはありますが、それ以外は爪も足も肌も綺麗なまま。

5日
一度歩き始めるとかなり普通に歩けますが
座る時と立ち上がる時、歩き始めは挙動不審な感じに。
階段を下りる時は、笑うしかない。

今から寝るので、明日(6日)朝の筋肉痛具合が楽しみです。




応援ありがとうございます。(o^^o)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
午前2時すぎ更新のはずが、最後の最後に寝落ちしていて6日6時前に更新。

萩往還C完踏から一夜明け


いきなりなんでもない後ろ姿写真ですが
この角を曲がり終えたので、すぐ先がビクトリーロード。
萩往還を走った方にはジーンとくる場所。

いま、画像加工しただけで勝手に涙が溢れています。

「えー?わたし、そんなにすごいことした?」と思うくらいの、すっごい大歓迎。
A様やBに比べたらなんということはない明るい時間だけの日帰りの旅。
その終着地は全員同じこの場所(の先)。

1年前は締切後のゴール。
ランナーも観光客もまばらで、機材は撤収されていました。

あれから1年、わたしなりに頑張ってきましたが、そうとうな不安を抱えての出走。
膝は痛いけれど、いつものごとく激痛にはならないだろうと楽観的に。
ただ、わたしの走力で完踏出来るのか?不安の塊。

結果、かなりのセコ技を多用し、無事に完踏しました。

今回は、過去B1回.A3回全て完踏という、萩往還に慣れた師匠が一緒に走ってくれることになり
わたしのリュックは、ほぼ空っぽ。おやつと地図と携帯のみ。
給水のお茶すら師匠に預けて、必要な時に受け取るシステム。
復路途中からは携帯も重いので師匠へ預け、どうしても途中経過を報告しておきたい人には
師匠からの「代理なりすまし報告」を依頼。
これで腰痛を防ぎました。

最後の往還道下りは、肩を持たせてもらったり、手を繋いでもらったりして
不安定になる身体を支えてもらいました。

たとえ体重をかけなくても、手を繋いでいると万が一、転びそうな時に支えてくれるという安心感から、
自分1人でヨチヨチ歩くのに比べ倍速で進むことが出来ます。
師匠が力を入れて、わたしを引っ張ることはありませんでしたが、そうとうセコ技。

マラソンレースなら明らかに失格。
萩往還は、順位やタイムを競うものではないとはいえ、セコ技駆使の末の完踏ということは先に言い訳しておきます。




本当に本当に、このお仲間さんのおかげ。
ちなみに食事中、だるすぎる脚を持て余し、正座したりも。


芹澤会長さん、大会運営の方々、ボランティアスタッフさん、私設エイドさん、応援の方々
そしてブログやLINEで応援してくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

コメントのお返事は明日、パソコンからにさせてください。

今日は温泉→みんなでモーニング→足湯?→3人でランチバイキング→午後未定
深夜に帰宅予定です。

山口の旅、堪能します。(o^^o)




応援ありがとうございます。(o^^o)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村


完踏しました





いろいろ、何から何まで師匠に助けてもらって無事に完踏しました。

脚が、そうとうダルくてあちこち痛いですが、故障はないと思います。
応援ありがとうございました。(o^^o)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

行ってきます


6:02スタート予定
行ってきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

萩往還前日


松山からは2人で、フェリーと電車(列車?)を乗り継いで新山口へ


新山口で師匠と合流しSLを見て


お昼前には湯田温泉へ。


ランチバイキングのあと、もう1人合流して4人で受付へ。


瑠璃光寺散策



その後ホテルにチェックインしてから朝食買い出し


夕方にやっと5人揃って夕飯はお好み焼き。

さあ帰ろうという時、横殴りの雨が。
しばらく店内で雨宿りをして、小雨の隙にダッシュでホテルまで。
A様は離れた場所にいるでしょうから大丈夫として、Bのランナーさんは大丈夫かしら?
短時間とはいえ、本当にすごい雨でした。


明日は2:40起床、4:20ホテル発、6:00スタート
頑張ってきます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村




行ってきます!



昨夜18:00 車のラジオで時報を聞き、鳥肌。
現在5月3日(木)8:05、A様は走り始めて14時間経過。
Bスタートまで10時間弱。

わたしたちCは、全員山口へ向け移動中。
愛媛マラソン以来の全員集合が楽しみです。

昨夜は日付が変わってから就寝。
いまは船で移動中。

応援ありがとうございます。
朝霧湖を走るみなさん、頑張ってくださいね!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村





母の日


泣ける動画。 こちら

1号帰省中にこれは反則。
1号が大阪に引っ越した2年前のこととか、
今年のお正月に大阪で2人で過ごしたこととか、いろいろ思い出されます。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日は、山口のホテルへ向けて荷物の発送。
二つあるファスナー同志をインシュロック(結束バンド)で固定し、防犯対策をしたつもりが、
意外な方法で・・・という以前に、すごく簡単に開いてびっくり。
昨年のインシュロック対策も、実はものすごいザルだったのか・・・。
fc2blog_201805012134326f2.jpg
実際に宅急便で送った布のバッグ。

0501-1.jpg
実際のバッグのように、キッチリ2つのファスナーがくっついて、完全に閉まった状態で
この画像の赤丸のようにインシュロックで 「きっちり隙間なく」 留めても、
布のバッグはいとも簡単に開いてしまいました。
びっくり。

このことは、時間に余裕があるときにまた記事にしたいと思います。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


明日は5km走るつもりが悪天候のようで中止かな。
既に雨が降っています。

あ、明日は病院再診。
8日分の飲み薬が終わり、さて、どんな検査結果が出ますやら。

明後日3日、出発。
4日には雨は上がりそうですが、足元は悲惨な状態かも。
明日の夜スタートのA様、怪我などしませんように。


1号のお迎えで、朝が早くて疲れているのでおやすみなさい。
21:28ですが、本当に今から寝ます。
(1号はお友だちと出掛けました。)



にほんブログ村
Category: さくら日記