マラソン大会で嬉しかったサービス

甘酒が大好きですが、キットカットの甘酒味は微妙。(*^^*)

高知龍馬マラソンでポケットに忍ばせるおやつは何がいいかな?
ウルトラではカンロ飴もよく食べるのですが、わたしは食事も遅いけれど飴も異常に遅い。
カンロ飴1個で1時間近くも口の中に入ったまま。

愛媛マラソン応援で、ランナーが来るよりずっと前にカンロ飴を頂いて口に入れ
11時過ぎに会場の自販機で飲み物を買った時
まだそのカンロ飴が口の中にあって驚かれました。

フルマラソン中にカンロ飴を食べていたら・・・エイドの補給が大変なので
(アミノバイタルのときに一緒に飲み込んで詰まったりしたら怖い)
カンロ飴は自粛で、チョコかな。
チョコだけのはあまり食べないのですが、アーモンドとかウエハースが入っているのは好きというわがままっぷり。
ちなみに、一粒何百円のような高級チョコは苦手です。
チョコレートケーキ、チョコレートパフェも苦手。


(o^^o) (o^^o) (o^^o) (o^^o) (o^^o)


昨日は12時までに布団に入るという自分に課した約束が守れず。
15分ほどオーバーしました。
理由は、愛媛マラソンの録画を見ていたから。
4時間過ぎに知り合いの方のゴールシーンで、ついつい見入ってしまって。
そこに至るまでにもたくさんの友だちや知り合いがゴールしたのに、誰も映ってないな~と思っていましたが
お1人バッチリ映っているのを見つけました。(*^^*)

わたしは昨年の高知龍馬マラソンでいろいろ(というか、全部?)出ましたが、
ちらりとでも映っていたら嬉しい。(*^^*)

ちなみに、全部の内訳は、
① テレビの生中継に数秒
② 高知新聞携帯サイト
③ 翌日の新聞
④ 今年の公式HP内のフォトギャラリー なのですが、②③④は同じ写真。

さて、今年はどうなりますやら。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


Twitterで知ったのですが、ランネットでアンケートを取った結果が出ていました。
【マラソン大会で嬉しかったサービスは?】

今までフル10戦、ウルトラ2戦、ハーフたくさん、5km1回のマラソン大会に出てきましたが
わたしが嬉しかったことナンバーワンは、おしぼり

朝霧湖ではゴール直後に全員におしぼりが渡されます。(要返却)
ゴールデンウイーク中で、しっかり汗をかく時期。
頬は汗でザラザラなので、遠慮なく顔を拭いています。

下関では走っているときに、氷水に浸かったビショビショのおしぼり。
汗やら食べ物やらで手も汚れてきているし、顔は汗をかいているし
自分の都合のいいところまで絞って使えるので最高。
昨年は暑かったので、少し首を冷やして、顔を拭いて、手も拭いて。

折り返し部分の道路中央でそのサービスがあるので往路と復路で2回利用できます。
学生ボランティアさんが重くて冷たいおしぼりを1枚ずつ差し出してくれ、すごく助かりました。

他には、最近多くなってきた、記録証入れのクリアファイル。
走った後は疲れていますし、いろいろと受け取るものがあってクリアファイルに入ってなければ
しわくちゃになったり濡れたりしますが、これがあれば安心。

fc2blog_20171113233159109.jpg

他に嬉しかったサービスは、タオル。
やはり汗を拭いたりするのにタオルがあると助かります。
バスタオルだと嬉しい。

下関海響マラソン2017では、リタイヤした人も同じバスタオルがいただけたそうで、それがいい。(*^^*)
朝霧湖ハーフは、「参加賞」がバスタオルなので、走らなくても受付さえすればバスタオルがいただけます。
事故でDNSだったときも、応援に行き受付はしたので、今治タオルのバスタオルを頂けました。

高知龍馬マラソンは、たしかDNFの人も同じタオルをいただけるはず。
四万十川ウルトラマラソンは、リタイヤした人のみ、小さなタオルがいただけます。
完走者にはナシで、リタイヤの人だけというのも珍しい気が。

IMG_2262-_201710172237529c8.jpg
一番一般的なサイズ
汗と涙を拭く用。

あと、嬉しいのはメダル。
これは、わたしは絶対に首にかけてほしい!!!
某マラソン大会では手渡されましたが、か~ け~ て~ 。

昨年の高知龍馬マラソンだったか、小学生の子どもさんがかけてくれていましたが、これも嬉しい。
もちろん女子高生でも嬉しいし、イケメンのお兄さんでも嬉しいし
なんなら80代とかのご高齢の方でも嬉しいですが、
自分がオトナになって、そういう褒められるシーンはなかなかないのですごく嬉しいです。

愛媛マラソン関係者の皆さん、愛媛県知事 中村さん (っても、読んではいないでしょうけど)
ぜひ愛媛マラソンにもメダルをお願いします。
その時は 「砥部焼」 で。

メダルはやはりその土地の素材だと親しみがわきます。
おかやまマラソンの備前焼+真田紐は素敵でした。 (萩焼じゃないのは覚えました。)
高知龍馬マラソンの木のメダルもよかった。(*^^*)

IMG_8845.jpg


(o^^o) (o^^o) (o^^o) (o^^o) (o^^o)


0430_20170426205443b09.jpg
あと、この先はウルトラの話になりますが、設定タイム表は、初心者にはものすご~く助かります。
萩往還は、勝手に名付けた 「言葉の地図」 と呼んでいますが、
何km地点、◎◎前通過時刻は 何時何分と、目安タイムが書かれています。
たしか3パターンくらいあったような。

萩往還資料が手元にないので詳しくはわからないです。
曖昧でごめんなさい。

fc2blog_2017100922002066c.jpg
四万十ウルトラは1kmごとの時間。
こちらも何パターンかあって、どちらもわたしは 「完走を目指す人用」。

ネットでダウンロードでもいいし、送られてくる案内にあってもいいと思うのですが
エイドや関門などの情報と共に、だいたいの予想通過時刻があれば嬉しいです。
サブ4用、とかサブ4.5用とか、完走用とか。
スタートトロスも過去の実績でサブ4.5の人ならだいたいDブロックで、
だったらだいたいロスが何分で・・・まで計算されていたら完璧!
って、わがままが過ぎますか?
ペースランナーさんがいてもペースが合わなかったり見失ったりしますから。


あ。思い出した。
フルマラソンで嬉しかったサービスは、第1回おかやまマラソンのときのエイド表示。
数百メートル手前・・・200mくらいだったかな?に 「200m先、◎側にエイド」 という表示があり
立ち寄るなら早めにそちらに寄っておけますし、エイドに寄らないならあえて反対側を走るとスムーズですし。

エイドが近づくと、「手前のテーブル5つがスポドリで、そのあと給食(内容もはっきり)で、奥のテーブル5つに水」
という情報が走りながらでも疲れていてもはっきりわかるように書かれていて
水かスポドリの選択にその場で迷うことはないし、もっと奥で取ろうと思ったら終わってたという心配もない。


愛媛マラソンには、おかやまマラソンから視察団が来ていました。
あちこちのマラソン大会で視察し合って切磋琢磨しているのでしょうが
年々サービスが向上していて嬉しい限りです。

嬉しいサービスを全部書いていたらそれだけで日付が変わるので今日はここまで。
今日はヨガに行ってきました。
明日は3km走って練習&調整終了!
荷造りは全部明日!

また明日。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: さくら日記