四万十川ウルトラマラソン参加賞Tシャツ


強烈な緑はともかく、残念ながらバックプリントが無い・・・。

せめてバックプリントがあれば、下関で着るという選択肢があったのですが。
マラソン大会に出ると、参加賞Tシャツ(フィニッシャーTシャツ)で走っている方も多く
抜いたり抜かれたりしながらウエアの文字を読んで暇つぶし(?)をしています。

以前、四万十川桜マラソンのTシャツを着て久万高原マラソンに出たら
「ウルトラに出たの?」 と聞かれたことがありますが、たしかに 「四万十」 という文字だけ見れば
四万十川ウルトラのほうが有名ですしね。


この緑の四万十川ウルトラTシャツを着てマラソン大会に出たら、話しかけられることはあるでしょうか?
仮想会話。

相手さん 『どっちに出たの?』
わたし 「100です。」
相手さん 『どのくらいのタイムで?』
わたし 「61キロで関門閉鎖でした。」
相手さん 『・・・。(ヤバイ、話しかけるんじゃなかった!)』

この【相手さんが後味悪くなる会話】 は、何度となく経験しています。

相手さん 『ご主人は~~?』
わたし 「離婚してるから主人いないんです。」
相手さん 『・・・。ごめん。(ヤバイ、話しかけるんじゃなかった!)』

まさにこのパターンだ。 ← 笑うトコ
でも、今回の四万十川ウルトラマラソン参加賞のこのTシャツは背中にプリントが無いので
マラソン大会に着ていっても四万十川ウルトラだと気付いて話しかけられることはないでしょう。
つまり、あの間の悪い気まずい会話は成立しそうにない。

ちなみに、離婚していることは自慢できることではありませんが
別に恥とも思っていないので (もしかして思うトコ?)
上のような会話で相手に謝られる方が気まずいです。

わたしの目の前で当時小学生低学年の2号に 『お父さんは?』 と聞いた方たちの気まずそうな顔、
何とも微妙で、そのシーンは今でもはっきり覚えています。
2号は 「おらん(いない)。りこん。」 とあっけらかんと答えていましたが、子どもなりに心の傷はあったのかな?
(離婚そのものの心の傷ではなく、そう聞かれたことに対するもの)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2_2017102823040507f.jpg

フィニッシャーTシャツ、欲しかった~!!!
完走したら絶対に申し込みをするつもりでしたが、さすがに事前申し込みをする勇気はありませんでした。
事前に申し込みをしていても、完走できなければ自動でキャンセルされるだけのことですが
それはちょっと心の傷が・・・。

このTシャツ、かっこいぃぃぃ~!!!
デザインや色も素敵ですが、やはりFINISHERの文字が輝いています。

いつかこれを手にすることが出来るのか?

今日もLINEではウルトラネタが。
サロマの話が出たので、初めて場所を調べてみました。
【西の四万十、東のサロマ】 という言葉は何度となく聞いていますが、
サロマは北海道ということしか知らない。

そして、地図を調べてびっくり。
松山からだと、どんな感じの移動???
飛行機は大好きで乗り継ぎも好きですが、それにしても・・・となりそうな移動。

サロマを走るとしたら、今までのように月曜日は休んで火曜日に出社ではなく
火曜日も休んで北海道観光をしたい・・・なんて。(*^^*)

四国、松山。
萩往還の山口市に行くのもわりと不便で、下関海響マラソン2017に出るのもまあまあ不便。
ウルトラともなればなおさら移動が不便。
それでも出たい魅力が。

次のウルトラは来年5月の萩往還C70kmというのは確定済。
その次のウルトラはさてどこか?
再来年は、水都大阪もアリかな?なんて考えています。
こういう悩みは楽しいっ。


今日は四万十川ウルトラ関連の写真を一気にUPしようと思いましたが
腰痛のため、長時間座っているのは避けます。
といいつつ、かれこれ何時間座っているやら。


ちなみにこちらの記事は本日二度目の更新で
ひとつめはこちら ・・・ 恐怖の腰痛 → あんま



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村




スポンサーサイト



恐怖の腰痛 → あんま

fc2blog_2017102814375650d.jpg
昨夜の写真。
仕事を終えて帰宅したら真っ暗。

小梅の散歩に行って、そのあとでお花の水やりをしておきました。
今日から雨は確実で、地植えのものには水やりしなくていいのでホッとしていますが
雨のかからない軒下にある鉢物には雨でも関係なく水やりをせねば。

軒下にある鉢物に雨の日に水やりするには、自らは傘をさしてということになります。
意味不明。
ということで、雨が降り出す前に水やりを。

小梅の世話はあるし、お花の世話はあるし、ばぁば不在は地味にキツイ。
でも数年前までは一番大変だったじぃじの世話が楽になりました。
仏壇にご飯とお水をあげるだけ。
じぃじ、何かと大変でしたが今は文句も言わず、本当に静かになりました。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


木曜日の夜、久しぶりにソファで夜のお昼寝。
ホッカイロ代わりの小梅を抱いてはいたものの、薄い毛布では寒くて途中から厚手の毛布に。
金曜日の朝、鼻ぐすぐす。
もしや風邪の前兆???
やばい~!!!と思いましたが、仕事が超絶バタバタでそれどころじゃなく
気付いたら午後には風邪もどきの症状は消えていました。

それで、昨夜は10km走ったのですが、恐れていたことが。
腰痛再発・・・か?

2週間前の10月15日、四万十川ウルトラマラソン100kmの部に出場し、
腰痛と右足の痛みのため51kmで走れなくなり、61.4kmで関門閉鎖によるリタイヤをしましたが
日ごろ走っていての腰痛はあまり経験がありません。

腰痛時すべてに共通するのは 『リュックを背負っている』
上林練習会にしろ、萩往還にしろ、腰痛発症時はすべてリュックが絡んでいます。
だったらリュックを止めたら?と言われるとそれはなかなか難しい問題で。
ウエストポーチは未体験ですし、リュックよりさらに腰に負担がかかりそうで。

四万十川ウルトラは過去に例を見ない激しい腰痛でした。
右足の小指も痛くて、(親指付け根の腹も痛かったけど)
腰全体と、右足の両方が痛くて痛くて歩くことすら苦痛に。

でも走るのを止めて収容バスに乗ったら、腰の痛みはほとんど気になりませんでした。
中村高校からホテルまで歩いたときは痛かったですが。
右足は相変わらず激痛で、翌日もずっと痛くてシューズや靴下を履くのがつらかったものの
腰痛は走るのを止めると同時にほぼ治まり、もうすっかり気にならなくなっていました。

それから4km走っても腰痛は姿を見せず、
四万十川ウルトラは女子の日と重なってしまったこともあっての腰痛だと思っていましたが
昨日の10km走でまた腰痛の前兆が。

今日、歯医者さんクリーニングに行こうと運転していたら、やっぱり軽い腰痛が。
下関まであと1週間しかないのに腰痛再発???
まずい。
これはなんとかせねば。

ということで、とくしまマラソン2014の前後にお世話になった 「あんま」 に行ってきました。
10/15の四万十川ウルトラで60km走ったこと、11/5下関でフルマラソンを走ること、腰痛のことを話して施術。
腰を中心に肩もお尻も脚も全身を。

聞いたところ、腰とお尻が凝っていると。
それは四万十川を走ったからではなく、常に凝ってるのだろうと。

骨盤矯正(骨盤のゆがみ)のことも聞いてみましたら、
専門外だからわからないけれど激しく歪んでいることはないと思うとのことでした。

11/3は文化の日で仕事が休みなので、もう一度行っておいた方がいいかな。
いまさら(年単位で見たとしても)、練習で走って走力を高めていくのは厳しいと思うので
「走る練習」 以外に何かできることはないか。

ひとつめはヨガ。
そして、今回は緊急的ではありますが、あんま。

腰痛が持病として定着していくのか、さらっと治るのか
萩往還へもつながることなので要注意です。

ということで、予約はしていませんが、11/3にも あんまに行っておこうかな。
もみかえしがないのは分かっていますが、直前過ぎて止めた方がいいかな。
11/2はヨガ。
ヨガは基本的に1週間おきで、高知龍馬マラソンの直前の木曜にもあります。

バラバラな上半身と下半身を連結させ、楽に気持ちよく走れるには・・・
まだまだ模索・試行錯誤が続きます。


fc2blog_20171028143920159.jpg
今朝の小梅。10:30 2人の寝起き。

いつもは6時頃からケージの中で 「起きて~!お腹空いた~!」 と鳴いていますが
なんと!今朝は10時半まで寝てくれました。
ばぁばはいないし、わたしは寝てるし、諦めて寝るしかないと悟ったようで。

ちなみに今 (15:30) も、わたしのベッドで寝ています。
わたしの布団が毛まみれ。( ;∀;)

ということで、今夜 四万十川ウルトラブログが更新できればいいなと思いますが
どうなりますやら。


体重には全く興味が無いので、四万十後 今日初めて体重を計ったら・・・寝起き時で49.1kgでした。
四万十出発の朝は50.0kgだったはずなので、まぁ変化なしということで。
(49.0~50.9は誤差の範囲で平常値)
また転職でもしない限り、この先ずっと50前後をウロウロするものと思われます。
今朝の体脂肪率は23.1%でした。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

昨夜のLINE、また新たなウルトラネタで盛り上がりました。
ツワモノ・・・言い換えれば変態揃いのグループLINE、飛び交う言葉も不思議な言葉ばかり。
あぁ、やっぱりラン人生で一度は100kmを走り抜きたい。(もちろん歩き多々として)

バナーのタオルは 「DNFしたもののみに与えられる」 名誉ある ものです。