ハーフ翌日の痛み

fc2blog_20170904201258e2e.jpg
昨日の夜。

四国のてっぺん酸欠マラソンから一夜明け、一番ツライのは、筋肉痛ではなくて日焼け。

fc2blog_20170904201330c7d.jpg
今日の昼。
当日は真っ赤になっていても、一晩たてば意外と落ち着くかも…という期待は見事に裏切られました。
単なる日焼けというよりは 「やけど」 に近い域。
今日の夕食準備で湯気がふんわり当たっただけでも 「痛い~」

ちょっとだけ太ももが張る感じはしますが、筋肉痛はない。
なのに腕が真っ赤でヒリヒリして痛痒い。
日焼け後のエッセンスなるものを昨日から数回ペタペタしてみてもヒリヒリ。

170904-1.jpg
これは時計を買った時に撮った過去の画像ですが、笑える日焼け跡。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


激坂ハーフを走った翌日の今日、筋肉痛がないのはスゴイと言われましたが
身体が坂に慣れてきたのかな?

ゆるゆると走っただけでは筋肉痛になるほどの強度がなかったと言われそうですが
最後の下りは相当激走しました。

今年2月の高知龍馬マラソンが終わってから、萩往還に向けて坂練をたくさんして
その後も、四万十、そして来年の萩往還へ向けて坂練を続けているのでその成果が出たかな?


ところで、1枚目の写真にありますが、
きつめの練習をした日には、「脚上げ」 をしています。
壁にお尻を付けて寝て、脚を真上にあげるだけ。

このまま開脚をしてもいいですが、とりあえず真上にあげておくだけでも効果はあるようで。
これ、ネット上の何処かで見たのですが、これならわたしにでも出来そう!と時々取り組んでいます。
すると翌日の筋肉痛が減る気が。

でも、絶大な効果があるのなら、もっと世間に広まっていてみんながしているはずですし
こんなのをしているという話を聞かないということは、さほど効果は無いのかも?

と書いてから、ヤフってみました。
「脚上げ効果」 で検索するといいことがたくさん書いてありますが、よければ参考にしてください。
わたしがいうところの脚上げは、宙に浮かせるのではなく、ただ壁にもたせ掛けて垂直にあげるだけのもの。
上半身は寝ているだけでフリーなので、わたしは枕を敷いてスマホで遊んでいます。

ということで、日々の坂練の効果なのか、脚上げの効果なのか、
緩く走ったからなのか筋肉痛は無し。
たぶん明日になって出ることはないと思います。


あ゛゛゛ 腕が痛痒い~。
肌を露出して走る人はこういうリスクが。

ちなみになぜ腕だけかというと、顔と脚には日焼け止めを付けたから。
標高が高くてレース用ウエアだけでは寒いので、ジャージ(上)とウインドブレーカーの二枚も重ね着。

下は早めに脱いでランパン状態で日焼け止めを付けましたが
上は並びに行く直前まで着ていて、脱いでから付ける予定で・・・・忘れてしまいました。

萩往還のときは長丁場なので、日焼け止めはポケットに入れていましたが
昨日はわずか3時間ほどなのでレースウエアのポケットに入れているはずもなく。

走りながら腕が焦げているのが分かりましたが、わずか3時間足らずでこの状態。
標高が高いと太陽が近いからか。
ふぅ。


では、夜のお昼寝します。
とりあえずおやすみなさい。

※ ブログ内でハーフと書いているところも多々ありますが、21.0kmです。

応援ありがとうございます(*☻-☻*)

にほんブログ村

にほんブログ村
昨日は正装で走りましたが、この背中のお陰でお2人から声をかけていただきました。
ありがとうございます。(*^^*)
スポンサーサイト