ラン用リュック買いました。

今日は5km走ってきました。
明後日の日曜日にお山の、つまり坂だらけのハーフマラソンを控えているので
わたしはゆっくり休養しようと思っていましたが、師匠からの指令は5km。

『2kmでは少なすぎ。10kmは走りすぎ。 “ もうちょっと走りたいな ” で止めるのがイイから5km。』
とのことで、ここは素直に5km



7'16 - 6'43 - 6'54 - 5'45 - 7'10
ずいぶんと涼しくなって走りやすくなってきました。
1kmだけは頑張ってゼェハァした結果、 5'45
ベストな状態はまだまだ遠いですが、真夏のグダグダ具合は脱する兆しかな?


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ほぼ定時で終了し帰宅後おやつを食べてから、日没あたりに走って、
ジョグから帰宅してもまだ時間はたっぷり。
車のことで必要なものがあったので、Amazonで検索。
ついでにラン用品も。

先日、見つけていて気にはなっていたのですが、今日勢いでポチ。
今日の21時間ほど前に愛媛マラソンにエントリーをしたのですが、エントリー記念で。(*^^*)
って、恐ろしいこじつけ、しかも愛媛マラソンにはリュックは要らないのに。

170901.jpg
リュック…というか、ベスト?
ウエストポーチはどうしても苦手なので、リュック派。
ボトルポーチも当然無理で、日々走るときはペットボトルは手に持って。

既にランニングリュックを持っていますが、どうしても気になったのでポチ。

r3.jpg
r4.jpg
今、持っているのはこちら。
萩往還では大活躍をしてくれました。
萩往還対策ロング練習でも何回も使用。
これはこれですごく気に入っているのですが、どうしてもペットボトルの収納がしづらい。

fc2blog_201705292159473c5.jpg
萩往還ゴールシーン。
前に挿しているペットボトルはコンビニで売っている300ccの独特な小さなタイプ。
お腹の内側にペットボトルホルダーを縫い付けて、収納できるようにはしたのですが
やはり使い勝手が悪いし見た目もよくない。
スマホは、腰の部分に入りますが、出し入れが微妙に大変。

萩往還の140や250の人たちを見ていたら、前にポケットがたくさんついているリュックが多くて
わたしも前面重視のものがいいなと。
背中のメインの収容部分にはこだわりはなく、というか、なんなら無くてもいいくらいで、胸にたくさん欲しい。

ということで、こちらをポチ。
(アウトドアローカルライオン) OUTDOOR LOCAL LION
ハイドレーションリュック ランニングバッグ サイクリングリュック スポーツバッグ
ウォーキング用バッグ マラソン ジョギング 超軽量 自転車リュック 5L 3色選び

タイトル長すぎ。
要するに 「なんにでも使える超軽量5リットルリュック」 というもの。

ハイドレーション(給水袋)は、セットされておらず、使う予定もないので買わず。
この先、四万十川対策ロング走に2回は行く予定なので、さっそく使ってみます。

四万十川ウルトラ本番では一応リュックは無しのつもりですが、今後要検討。
エイドに、というか補給に不安があるので (エイドのせいではなく、好き嫌いが多いから)
両ポケットパンパンにするくらいなら、リュックのほうがいいかな。

萩往還ではリュック必須なので (もちろんボトルポーチ等でも可・わたしはリュック派)
どちらのリュックを使うかは届いて試してから。
70kmだと雨の心配がない限りは、着替えも要らないし、
必要なのは、地図と、わずかな補給食とスマホと一番大事な水分。

9月に2回予定されているロング走で活躍してくれることを期待♬

170901-2.jpg

背中の容量は無視 (どころか、あえて少ないの希望) で、前の収納が充実しているものを調べたら
いいなと思うものは1万円以上で諦めていましたが、こちらはなんと! 2,300円

9月のロング練習、ご一緒してくださる皆さんよろしくお願いします。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村
夏場は汗拭きタオル必須。
汗見川ではハンドタオルを握って走ったり、萩往還ではリュックからぶら下げたり。
最近のロング練習では高知龍馬マラソンのマフラータオルを輪にしてゴムで留めて首にかけています。
高知龍馬やおかやまはリストバンドで充分だったはず。
四万十川ウルトラは汗拭きタオルがいるような時期なのだろうか???

スポンサーサイト