四万十川ウルトラへのプレッシャー

お昼休み、お仲間さんと四万十川ウルトラの情報交換。
珍しく30分だけ残業して帰宅中、運転しながらふとなんともいえないプレッシャーに襲われました。

四万十川、わたしが走りきれるのだろうか?
100kmはフルの2倍以上だよ???
萩往還は70kmのコースで、50kmと60kmの関門だったので
50kmまでは自らリタイヤしない限りは走れますが、四万十川は・・・

いろいろ考えていたら、楽しみよりも不安だらけに。

萩往還の時はこんな不安はあったのだろうか?
もう忘れているだけかな?
萩往還の70kmエントリーは即日埋まったわけではないので、
「本気で走りたかったのにエントリーできず」 という人はいないはず。
でも四万十川は、そういう人もたくさんいるはず。
わたしが当選したということは、その分誰かが落選したということ。

決して軽い気持ちでエントリーしたわけではないのですが、
いざ当選すると不安だらけに。

四万十川ウルトラ、目標はただ一つ。
時間内に元気に完走。
もちろん疲れ切っていたり脚が痛かったりはあると思いますが、究極 「時間内に生きて帰れること」

萩往還の二の舞はツラい。
萩往還も四万十川も、すべては自分にかかっているので自分次第。
(お天気も大きく左右するとは思いますが、それはみんな同じことだし。)

萩往還はエントリーから大会当日まで9ヶ月ありましたが、
四万十川は発表から大会当日まで3ヶ月ちょっと。
焦る焦る焦る。

エントリーした時点で受かった気になって頑張っていればよかったのですが
今頃になって焦る焦る焦る。

焦りすぎて(?)グループLINEの久万高原マラソンの話題について
「わたしは四万十の疲労が抜けていないからやめとく」 と。
11月5日は、それどころじゃないというのに。
えぇ、下関海響マラソン2017。
ファンランとはいえ5時間切りたいなぁ。
いや、わたしの実力で5時間切りだとファンランではなくほぼガチの時間設定。

まずは四万十川ウルトラを頑張って、下関海響マラソンはおいおいゆっくり考えよう。
脳内混乱気味。

7月は仕事もドタバタ確実。
7/10の週も7/18の週も一週間の実労4日だし、お中元時期でかなり忙しいし
他にも忙しくなる条件が重なりすぎ。(◎_◎;)

7/29(土)は出勤日で、7/30(日)は汗見川ハーフ。
頑張ろうっっ。

ということで。
7/17(月)、22(土)、23(日) 早朝ジョグのお誘い、お待ち申し上げております。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・

fc2blog_20170706233650a35.jpg
90分走…というのは結果で、あれこれ走っていたら13kmに。
ぴったり玄関で13kmになった時、1時間29分30秒くらいだったので、90分走に変更。笑

fc2blog_20170706233718a38.jpg
赤信号は時計を止めています。
今日は珍しく、5kmを2周という予定で出発。
この時間だと車が減って、旧道のほうが走りやすいのと、
わたしが大嫌いと言っている周回コースにチャレンジしてみようと思ってスタート。

結果、学校とドラッグストアの周りを旧道と国道でぐるぐる3周。
ほか少し遠回りをしたりで、結局13km
陽が沈んで涼しくて(もちろん暑いし汗はかきますが、灼熱坂練から比べると涼しい)
7分ちょうど位で走っていると、いつまででも走り続けられる感覚。
10kmの予定を13km走りましたが、本当は15km走りたかったな。
でも23時になったし、警ら中のパトカーに出会ったりで13kmで終了。

fc2blog_20170706233753394.jpg
9kmまではゆるっと。
あえて落としているわけではないけれど、必死で頑張っているわけでもない。
「このままなら長く走れる」 感じで。

11km、上りでしたが、このままゆるゆる走るだけではいけないと思ってガッとあげてみました。
インターバルは出来ないので、この1回限り。
ゼェゼェハァハァ、激しい息遣いで走って心拍152ってどうなのだろう?
心拍はほぼ気にしていないのですが。

fc2blog_20170706233853a5e.jpg
途中100円自販機で350mlのポンジュースを購入。
走りながらと、残ったのは帰宅後に飲んでの数値。
えぇ49.9kg以内にいたかったのに。
ま、51.9kgまではヨシとしよう。(自分に甘い)

明日は朝はゆっくり寝て、仕事は残業かな?
一つ一つ丁寧に頑張ろうっと。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村
四万十川ウルトラのウエアはたぶんこれ。
下関海響マラソン2017は、四万十川ウルトラのTシャツで走りたいけど・・・参加賞?完走賞?有償?
それにしてもフルマラソン5時間かかって100km走ったと信じてもらえるかしら?

ウルトラへの挑戦権はフルサブ4が基準といわれていますが、頑張ります。
スポンサーサイト