いろんな不安

初のウルトラ 山口100萩往還マラニック大会(70km)

5月4日のスタートまであと6日
5月3日の自宅出発まであと5日
5月1日の荷物発送まであと3日・・・だけど前日には準備しておかなくてはいけないから実質あと2日

ドキドキなのか、ワクワクなのか、恐怖なのか、わけが分かりませんっっ。

ウルトラへの参加基準は、フルサブ4と言われていますが
わたしは未公認下りコースで一度だけ4時間28分台で走っただけで、ほぼ5時間弱。

個人的に胃腸が強いのでウルトラ向きと言われたり、
「女子の方がウルトラ向き」 という言葉を都合よく受け取ったり、
師匠が250km連続完踏中なので、70kmなら簡単そうに思えたり、
という 大きな誤解 の連続により勢いでエントリー。

本当は来年の予定だったのですが、もう終わってしまうとのことで、
ならば今年にと、お仲間を巻き込んで。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【現時点で、まだやっていない事。】
帽子に日よけを付けるかどうか → 検討するといったきり、何もしていない。
リュックの洗濯 → 坂練で一度汗で濡れたので洗うつもりでしたが、もう洗わずそのまま持って行きます。

【当日忘れないようにすること】
iPhoneを小エネモードにする。Wi-Fiや位置情報をoffに。

【要検討事項】
①寒さ対策・雨対策 → 昼間は半袖でいいのですが、朝は?雨は?
師匠からビニールポンチョでいいから何か一つは持っておくべきとの指摘が。
天気予報は晴れで暑くなりそうだし、C12時間なので一切持たない予定でしたが
A様のアドバイスは素直に聞いておかねば。

②日焼け対策 → 天気予報は晴れで、日差しも強そう。
日焼け防止のアームカバーの装着も考えましたが、やはり暑いし、
なにより時計があるので簡単に付け外しが出来ないから却下だな。
どんなに面倒でも、日焼け止めをこまめに塗るしかなさそう。
「こまめに」 が無理でもせめて中間地点で丁寧に。

【師匠】
いつもレース直前までいろんなアドバイスをもらっていますが、
今回はわたしのスタートが5月4日午前6時
師匠のスタートが5月2日午後6時
なので、5月3日になって、あれはどうしよう?これはどうしたらいい?と迷った時に聞けません。
さすがに250km走っている人には。

とりあえずお互いに携帯は持っているので、C出発後はグループLINEでも可能な限り
というか、可能であれば随時現在地情報など送りあって。

一番大きな関心ごとは、師匠とどこで会うのか?
5人でABCコースを一緒に走り、Cの折り返しから全コース合流になりますが、
3人はわたしが北上中に南下してくるはず。
師匠とはどこで会うのか???
向かい合わせでの対面なのか、後ろから追いついてくるのか?さてどっち。

【恐怖】
久万高原マラソンではハーフで2時間55分もかかりました。
走っても走っても進まず。
高縄山の日も、真面目に走っているのに下りで8分越え。
最近の練習でもそんな日があって、走り出すまで予測がつかず。
こういう日に当たったら、54km関門収容かも…。
でもそれは考えまい。

0429-2.jpg
山口100萩往還マラニック大会公式HPより

それより、確実なのは。
わたしが北上中は、ABCたくさんのランナーが南下してくるので擦れ違いで元気をもらえますが
わたしが南下を始めたころには北上してくるランナーは皆無。
それでも前後にたくさんいたらマシですが、ここで心折れないかしら。

23_10.jpg

23_12--.jpg
キャップはオレンジですが、それ以外のウエア・リュックなどはこのままですので
見かけたらぜひ励ましのお声掛けをくださいませ。(*^^*)

35kmも走っていない北上中のわたしが、
南下中の、100km以上走ってきたBランナーや、200km以上走ったA様に励まされる光景が目に浮かぶ…。

山口100萩往還マラニック大会、とにかく頑張ろう。
それしかない。

明日は準備を頑張ろう。

今日は早く寝ることをがんば・・・もう無理だ。23:58だ。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村





スポンサーサイト