GPS時計をつけてみた。

今日は地方祭のため、会社がお休み。
朝のうちに2つのブログを書いて(つまり今日はこれが3つ目)、
それからお友だちとモーニングに行ってきました。
本音で話せる友だちとの会話は癒されるな~。

子育てに関しても、仕事に関しても、考え方が違うところもありますが
相手を否定することなく、そういう考え方もあるんだ。といういい勉強になります。

13時に解散後、銀行まわり。
ひとつめの銀行では、2号に代わって手続き。
2号の前職の給与が振り込まれていて積立をしていたのでその解約など。
平日の昼間に動くことが難しくなったので、今日はとても貴重な日。
銀行は空いていて、サクサクと手続き終了。

ふたつめの銀行では、わたしの積立日変更など。
なんと。積立定期の日にち変更はATMで出来るとのこと。へぇ~!!!
イマドキのATMはそんな機能まであったのですね。
わたしの前職は10日が給料日だったので、積立定期への振替は10日でしたが
給料日が25日に代わったので、25日に変更しておきました。

さて問題です。(*^^*)
この手続きを本日7日(金)の午後に行った場合、10月10日(祝)→11日(火)の振替は行われるでしょうか?
銀行さん曰く 『行われない ハ ズ 。』
自分のお金が自分の口座間で動くだけなのでわたしとしてはどちらでもいいのですが、
銀行さん的にはこだわりたい部分のようでした。
書類の変更開始時期に 「10月10日」 と書いてしまったものですから。


どんな職種でも、忙しい日とか曜日というのがあると思いますが
二か所目の銀行ではかなりの混雑で、手続きにすごく時間がかかりました。
よくよく考えたら明日から3連休で、10日が入るから、今日の銀行さんは忙しい日だったのかな。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


帰宅後は少しお昼寝。
平日に仕事を休んで(会社が休みで)、お昼寝だなんて贅沢♫
はっ、「会社が休み」と浮かれていましたが、今のわたしは時給パートで給料に直結するんだった・・・。
そのことに たった今、気づきました。(^^ゞ

今夜はネタが少ないので、いつか書こうと思っていた仕事ネタ。

転職した会社のいいところ2つ。
① 雑巾が真っ白。
② 社長も含め全員で掃除。
いまだに昭和な部分もいろいろ残っていますが、時代と共にいろいろ変わるものなのですね。

昨日の仕事ネタ。
【奇数】 のキの漢字を聞かれた時、わたしの回答は 「ヨルの上が無いの」
それを聞いていた隣の人は 『ぇ?』 と思ったそうで。

こういう質問に、いかにわかりやすく相手に伝えるかで頭がいいかどうかが分かってしまうわけで。
そう考えると、「ヨルの上が無い」 では無理がありそうで…。(*_*)
通じていないと悟ったので、「寄り道のヨルの上が無いの」 と言い換えましたが
こんな時は 「大きいのダイの下に可能のカ」 とでも言えばよかったかしら?

「ヨルの上がないの」 を最初に聞いた人は 【夜】の漢字を思い浮かべたそうです。
それ・・・漢字として成立していない。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


GPS時計・・・只今充電中。

IMG_8463.jpg
iPhoneカメラ侮れないなぁ。写らなくていいところまでしっかり。
付けた感想は、「軽い!」
肝心の重さは・・・まだ実測はしていませんが、時計を買おうかなと思った時にブログ上で比較したはず。
その記事を発掘するより、明日にでも実測したほうが早そう。 (下のキッチンスケールで。)

重いと、後半すごく気になって、手首から外して手に持って走ることも多いのですが
このEPSONだと気にならずに走れるかな。

そして重さよりももっと気になっていたのが付け心地。
ベルト穴と手首がうまく一致するかどうか。
こちらも、思っていた以上にぴったり。
先日、EPSONの方にお借りして試しにつけてはいましたが、自分のをつけ再度確認してひと安心。

IMG_8467.jpg
自分の付ける位置、SOLEUSなら4つ目、EPSONなら5つ目の穴。

IMG_8470.jpg
画像は出荷時の保護フィルムを貼ったままなのですが、
充電器にセットすると90度傾いた状態になるので、充電中の表示もしっかり横向きに。すごっ。

100%充電したいし、もう23時近いし、フル充電を待ってから設定していると寝る時間が減ってしまうので
明日の自転車通勤での使用は難しいかな~。


たくさん写真を撮ったので、また改めて時計の記事を書きます。
ということで、今日はこのあたりでおやすみなさい。
本日3つ目の更新でした。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村



スポンサーサイト



Category: さくら日記

EPSON SF-850届きましたが、SOLEUSで12km

※ 本日二度目の更新です。 ひとつめの記事は こちら → 父の命日


IMG_8460.jpg

281003-2.jpg
時計が届きました。(*^^*)
がっっっ、段ボール箱を開封しただけで、まだ何もしておらずケースに入ったまま。
昨夜は、いろいろあって疲れたので、一度少し寝てから活動しようと思っていたのに寝てしまっていて。

今日は先負なので、午後から開封します。
何度も書いていますが、それだけはわたしのこだわり。

無宗教だし(そうはいってもとりあえず仏教)、血液型や干支や星座の話も信じないし、
夜の蜘蛛は、「明日の朝また出ておいで~」 と思って見なかったことにするし
子どもの名前で漢字の画数なんて気にしなかったし
基本的に 「信じるか信じないかはその人次第」 ということは信じないほうですが、なぜか六曜だけは別。

「強いこだわりがある」 というよりは 「気になる」 という程度ですが、それでも今ウィキ先生 に聞いてみると
気になる人は減ってきているみたい。
PCのかな入力といい、六曜といい、わたしって古いタイプの人間なのかしら?
というか、簡単に言いかえれば 頑固?
時代の変化についていけない、というかついていこうとしない頑固者。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨日、時計が届いていたのは帰宅してからのことなので
仕事後、会社の人と走った時はSOLEUS。

18:30からの予定で、昨日は珍しく予定通りスタート。
2kmはほぼ平坦、その先ゆるゆると上り続けるいつものコース。

【 2016年10月6日 18:32開始 12.16km 1:16:23 6'18/km ウェーブエアロ26.0cm 】

昼間は、事務所内32℃。
さすがに途中でエアコンをつけたほどの暑さでしたが、陽が落ちるとずいぶん過ごしやすくなり。
と、気を抜いて走っていたら、しっかり汗。
まだまだ 「走るのにちょうどいい」 とはいかないようですが、気持ちよく走ってきました。

途中、こども神輿の一団がわたしたちと交差する形でやってきて行き過ぎるまで一時停止。
途中に2回ある信号では 『赤信号で止まりたい』 と言っていたのに、青信号。
今日は疲れているっぽいから短めで切り上げるのかな?と思ったら
『今日はもう少し行ってみる?』 との提案があり、6km先まで行って折返しの合計12km

たいていは うだうだと、どちらかが喋りながら走っていますが、昨日はわりと黙って走っている時間も長く。
途中、会社の人に電話着信あり。 お客様から注文の電話で、電話を切ってすぐに
『◎◎さんに△△ひとつ(の伝票をしておいて)』 「□□は◇◇ですか?」 『☆☆』
初めて、走りながら具体的な仕事の話をして、心の中で笑ってしまいました。
そして 「メモが無いので覚えられないかもしれないです。」 『え~っっ!』
どうにか覚えていたので、会社に戻ってすぐにメモ。 処理は明日の出社後ですが。

そのままのスピードで走りながらの会話だったので、ハアハアだったでしょうが
お客様は不思議に思わなかったのかしら?
走る人も増えてきたし、時間はとっくに定時を過ぎていたので大丈夫だったのかな。

12km走って、事務所に戻って麦茶を飲んで帰宅。


父の命日だったので、朝 出勤前に母と二人でお墓参りに行き
それから出勤して定時で終了。
そのあと走って、気持ちよく帰宅。

今日は会社が地方祭のためお休みなので、夜更かしできる~♬と思いましたが
一度少しだけ寝ようと思ったら爆睡していて、昨日のブログが今朝になりました。
ということで、今朝2つ更新。
今夜も更新予定です。(*^^*)


~ この先は女子ネタ ~

昨日は、生理1日目。
走り始めてあまりにもキツかったら、距離を短くするか、ペースを落としてもらうか言おうと思っていましたが
全く関係なく走ることが出来ました。
昨日からさかのぼること2日、10月4日に走った時はあり得ないほどの身体の重さで
2kmだけ走ってやめましたが、やはりあれは 「生理前の独特の不調」 だったようで。
それが分かっていたので無理をせず2kmで切り上げたのですが。

生理と走ることの体調の関係は、走り始めて3年経過しましたがいまだよくわからず。
一般的に言われることで、わたしとしても 「きっとそうなのだろうな」 と思うのは
「生理前がしんどい(いいタイムが出ない)、いっそ始まったほうがマシ」 というもの。

でも、二日目の重い時に走るのもしんどいし大変なので
やはり、生理前~2日目あたりは走るのに適していないということかな。
(昨日は意外に快調でしたが。)

生理痛は全くなく、周期のズレも少なく、気分の乱高下もほとんどなく、
日常生活や以前の肉体労働では不都合を感じることはなかったので
走るようになってから初めてこんなことを考えるようになりました。
あ~ 女って面倒だ~!!!

ということで、おかやまマラソンは嫌な時期にはならないことが確定したので一安心。
ついでに高知龍馬マラソンも計算してみましたが、
さすがに来年の2月は計算通りにはいかないでしょうね。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ということで、喪に服すのは1年間といいますが、1年前の今日は父のお通夜だったわけで
「1年経ったから今日から喪が明けて、祭り気分~♬」 という気にはなれず
銀行窓口の用事などしてきます。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村
はっ、会話を色分けしてしまった・・・。
男女をぼかすのが目的だったのに。

父の命日

昨日はいろんな出来事があり、精神的に疲れることもあって、22時過ぎに布団へ。
23時まで寝て気持ちをリフレッシュして、それから起きてブログを書こう!と思っていたのに
起きたら0時過ぎ。
ということで、6日のブログは書けなかったので、もう諦めてそのまま朝まで寝続けました。
部屋の照明はつけっぱなしで。

昨日の夕飯は、塩パンひとつとみかんひとつ。12km走った後だというのに。
毎日こんなだったら痩せるかな。
いや、栄養失調になるか。(^^ゞ


*~*~* この先、父の思い出話になりますのでそういう、話が苦手な方はこれにて。 *~*~*


昨日は父の命日でした。

一年前の10月6日は前の職場で働いていましたので、夜勤を終えて帰ろうとしていたころに母から電話。
『病院から電話があって、今から行くから!!!』

わたしも仕事を終えていたのですぐに直行。
ちょうど病院の駐車場入り口で母と合流。
エレベーターを待つのももどかしいくらいに病室へ。
父は静かに(?)寝ていましたが、何日か前から意識はなかったので話しかけても反応はなく。

部屋にはいろんな機械の音のみ。
前日まではひっきりなしに看護師さんが出入りして
1時間に何回来るんだろう?10分に1回は来てるかなぶというくらい
こまめにいろいろとお世話をしてくださっていましたが
残された数時間は、【ご家族だけでお過ごしください】 という意図で医師も看護師さんもほとんど来ず。
これはもちろん放置ではなく、状況はすべてナースステーションのモニターで管理できるため。

姉には、病院からの電話の後にすぐに連絡しましたが、住んでいるのは東京。
23区内ではありますが羽田までの移動が必要であさイチの便には乗れず、病院到着はお昼前の予想。

大学4回生だった1号は、とりあえず朝は自宅にいましたが、その後タクシーで病院へ来て
ばぁばの車で空港へ。
1号は基本原付移動ですが、この後のことを考えるとばぁばの車をどうやって持ち帰るかが問題になるので。

それより前に、日にち単位では区切られていましたが
時間単位で命を区切られたとき、患者の家族はやらなければならないことがたくさん。

家族の誰かが永遠の眠りを迎えるにあたって、
我が家ほど恵まれていた家族はなかなかないのではと思うほど落ち着いていましたが
そうはいっても人の命が消えようとしているわけですから、頭の中ではいろんなことがグルグル。

1号はタクシーで病院に来て、じぃじと面会。
そのあと再会を願いつつ、仕事中の2号と姉をお迎えに。
この後、葬儀のバタバタが終わるまで1号が本当によく動いてくれて助かりました。
今は1号は大阪にいるので、もしそういう事態になったら、1号が帰省する段取りまで必要ですが
一年前は大学生で自宅にいて、しかも4回生で就職は決まっていて授業や試験の無い時期。
運転にも慣れ、安心して任せることができ、主に送迎係としていてくれたのですごく助かりました。

父の命の炎はどんどん小さくなり、今にも消えそうな状態になりながらも
姉の到着を待ち続け、姉と2号が車を最寄りのところで降りて部屋に到着し、
そのあと駐車場に車を止めた1号も到着してからの臨終宣告。

このあたりのことは一つ一つ鮮明に覚えているような
なにがなんだかわからないうちに過ぎ去ったような
「自分のことというよりドラマを見ているみたい」 というような。

数分前まで 「患者の家族」 だったのに、「遺族」 に。

臨終確認から病院を出るまでに3時間くらい。
それまでもバタバタ、父を連れて帰宅後はもっとバタバタ。

6日のお昼に亡くなって、お通夜は7日、葬儀は8日に。
一年前のブログ
10月7日 ありがとうございました
10月8日 ありがとうございました 2
10月9日 ありがとうございました 3


昨日、姉と電話していてふと 「亡くなった日の夕飯は何を食べたか覚えてる?昼ご飯は?」
亡くなったのが昼だったので、昼ご飯は食べた記憶がない。
夕飯は・・・???

会社をはじめ、あちこちに連絡し、諸々の準備をし、まぁ 「バタバタ」
父の場合は、死期が近づいているのは分かっていましたが
だからといって、生きているうちに亡くなった時の準備というのは出来るものでもなく。


心の準備が出来ていた。
最期は本当に眠るようだった。
病院が最後の最後までよくしてくれた。
葬儀も安心して任せることができた。

人に死に際し、恵まれているという表現も変ですが、なにかと恵まれていたように思います。
わたしたちがこうして気を落ち着かせて過ごせたということは、父にとってもよかったのではないかな。


昨日からふと、「1年前の今頃は・・・」 と思い返しています。
今日は地方祭で会社はお休み。

父を偲んで・・・といいたいところですが、貴重な平日休み。
銀行窓口など平日昼間にしかできない用事に回りたいと思います。
そして平日がお休みのお友だちとランチも♬

ここまで読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村
只今の時刻は 10月7日 am7:08
昨日は、出勤前に母とお墓参り。
仕事後はしっかり走ってきました。

Category: さくら日記