高知龍馬2016レポ【6】応援2

前回のレポで応援についてきましたが、追加で。
また長くなると思うので別枠にします。

今朝、友だちからレターパックが届きました。
DVDと新聞。

もう感動・・・。
友だちが撮ってくれたわたしの走っているシーンと、中継録画と
そのあとのニュース番組の特集など、いろいろ詰め合わせでDVDに。

さっそく、わたしの走っているシーンと、ニュース特集を見ましたが
やっぱり高知の方々は温かい。
県外の人を中心にインタビューをしていましたが、みなさん声を揃えて
「おもてなしが温かい」 と。

やはり愛媛マラソンの話を聞いたり、とくしまマラソンを実際に走ったりして思うのは
四国の人は温かいということ。
お四国(お遍路)さんでおもてなし文化が根付いているのだと思いますが、ほんとうに温かいです。

インタビューの中で何人もが言っておられましたが
『わざわざ高知に来てよかった!』 と。

このわたしのブログを読んで高知龍馬マラソンを走ったという方もおられて
そういう方からは感謝の言葉を言っていただけて嬉しい限りなのですが
わざわざ行く価値あり!!!
(というか、わざわざという程遠いのかなぁ・・・?確かに関西圏からだととくしまよりは遠いでしょうが。
飛行機なら遠いとか近いとかあんまり関係ないし。)

ニュースの特集番組を見ていたら、あの文旦の方が写っていました!!!
50代60代くらいかなぁと思われる女性。
一年目(2014年)に、『皮をむいて食べるのよ~!』と声を掛けてくださったくらいで
ちゃんとお話したこともないし、じっくりお顔を見たこともないのですが
特集映像にしっかり写っていました。
残念ながら帽子で顔が隠れていて、お顔は分かりませんでしたが、画面越しに再会できるとは。
来年の再会を楽しみにしています。

d1_20160223112407b28.jpg

d2_20160223112409b9a.jpg

d3.jpg
わたしを探しながら、ビデオを撮りながら、声を掛けて応援してくれた友だち。
ありがとう!!!

トップの選手が通過する前からスタンバイしてくれていて
何時間も立ちっぱなしでの応援、本当に感謝です。
午前中は仕事だったというのに、ただただありがとう。(*^^*)

立ち止まりもせず、一瞬で駆け抜けて悪かったと思いましたが後の祭り。
来年の再会を楽しみにしています。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨日のレポで書くところをすっかり忘れていたのですが
沿道からの応援での一コマ。

走りながら周りのいろんな音を聞いていろんなシーンを見ていますが、
ランナーと沿道の方が知り合いというパターンもよく見かけます。
まさにこの折り返しでのわたしもこの状況。

ランナーから見つけたり、応援側から見つけたり色々のようですが
やはり知っている人を見つけるとお互い嬉しいもので。

ランナーが沿道に知り合いの応援者を見つけて
慌てて駆け寄ったかと思うと、上に着ていたシャツを二枚とも脱いで、上半身裸になり
中のシャツを一枚預けているというシーンも。

あまりにも暑かったので、二枚重ねの方は苦労したのではないかと思います。
ナンバーカードがついているから上に着ているほうを脱ぐわけにはいかないし
かといって中に着ている方を脱いでも荷物になるし。

今年の印象的だったシーン。
2kmの時点でのランナーさんと応援者さんのやりとり。

応援者さん 『あと40kmよっ!!』

これ、周囲に居た人全員を巻き込んで大ウケ。
わたしも心の中で爆笑しました。

『逆に落ちる。』 と言っていた方もおられますが、でも心の中ではその声援に感謝していたはず。
スタートから2kmといえばまだまだウォーミングアップのところ。
そこでかけられた 『あと40km』 の声、ランナーの心を鷲掴み。笑

私設エイドを用意してくださったり、手作りボードを掲げてくださったりというのは
ものすごく嬉しいですが、声を出し続けたり手を振り続けるのも大変だと思うので
ただそこに居てくれるだけでも充分嬉しいです。

わたしが愛媛マラソンにせず高知龍馬マラソンにするということを伝えたら
『え~!高知まで応援に行けないよ~!』 と言ってくれた松山の友だち。
その一言が嬉しいです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今年は完走者新聞の申込みをしていなかったので、これから新聞をゆっくり見て
そのあと中継録画を見たいと思います。
楽しみ楽しみ。(*^^*)





応援ありがとうございます。(*^^)

にほんブログ村
スポンサーサイト