明日は病院

眠い・・・。
夜勤明けです。

自宅を出てから自宅に帰るまで、どんなに長くても12時間以内と自分で決めているのですが
今日は、素直に帰っても12時間越え。
少しですけどね。

今日は帰りに、2号から電話が入ったので、急きょUターンして出動し、
帰宅はすっかり遅くなり。(T_T)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨年11月の始めに、2号が夜道を自転車で帰宅中に車に撥ねられ
怪我はたいしたことはなかったものの、ポケットのiPhoneが落ちて割れたりして
事後処理にかなりの手間と時間を取られました。

その時に、わたしの車の保険に問い合わせをしたところ
『 保険会社同士の話というのには対応できないけれど、
事故の被害に遭ったのなら保険金が支払われるので、保険請求をしてください。
何かお役に立てることがあれば、相談には乗りますから。 』 ということでした。

三井住友海上火災保険に加入しているのですが、
いつも気持ちのいい対応です。
って・・・ 我ながら 「 いつも 」 って ナニ?

結局、三井住友の たくさんの書類を書いて送って、何度か電話のやり取りがあって、それからしばらく放置。
~ その間、相手の保険会社さんとは主にiPhone修理の件で相当なやり取りがあったのですが ~
つい先日、2月19日になって、つまり事故から3か月以上たって
『 計算した結果、保険のお支払いは有りません。 』 と。

怪我なんて打撲と擦り傷で、本人は痛い思いをしたものの
当日の診察以外には通院していないので保険の計算上は全くたいしたことはないし、
iPhoneの修理などは当然相手方から支払われていて無関係ですし
わたしの保険会社からの保険金支払いが無いのは妥当なので異議なし。

iPhone修理ですったもんだしましたが、
相手の保険会社さんとは年内に話がついて微々たる保険金が支払われ
こちらの三井住友海上からは、2月19日に連絡があって、支払いナシということで
これですべての処理が終了。

ずっと保管していた事故に関する書類もつい数日前に処分。
3か月を超える時間がかかりましたが、やれやれ。

この時の事故で学んだこと。

保険には加入しておかねば。

学生時代は学校を通して団体保険に入っていて、自転車事故等に対応していましたが
( 1号2号とも一度も使ったことが無いので実態はよくわかりませんが。 ) 
2号が高校を卒業してから、自治体の微々たるものにしか保険に入っていない~!!!

たとえ事故の被害者で、治療費や見舞金は相手の保険から出るとしても
わたしがそういう保険に入っていない以上、すべてのやり取りはこのわたし。
( 2号が未成年のため ) 

事故の被害者になってそういうことを学んだので、さっそくわたしの車の保険に、そういう契約を追加しました。
2号が自転車で事故に遭っても、保険でカバーされ、保険会社同士で話し合いをしてくれるというもの。

ここまで書けばお分かりいただけると思いますが
早速 使う日がやってきました。

いくら何でも 早速すぎっ

わたしが仕事の帰りにコンビニに寄ったところで2号から電話。
『 かぁさ~ん、俺、事故った。
怪我は無くて、相手の人が警察を呼んでる。
仕事場には連絡していて、この後 仕事には行くから。 』 
 

わたしは仕事でへとへとに疲れ切って、自宅近くまで帰っていましたが すぐUターンして現場へ。
ついこの間、事故の被害に遭ったばかりですし、
万が一の時はどんなに些細な事故でも必ず警察を呼んで、相手の連絡先を聞くということは教えていますが
それでも未成年ですし、怪我が無いとはいえ心配なので直行。

こんな時って、わたしのほうが事故しそうです。
やっぱり慌てているし、精神的に落ち着かないし。
慎重に慎重に。

目標物は 『 ◎◎高校の近く 』 1号の母校です。
2号の通勤ルートを詳しく知らないので、とりあえず◎◎高校を目指して走っていると
狭~い路地に不自然にとめられた車と赤色灯を付けたパトカーが。
あれだ~。

わたしがそこへ着く直前に、パトカーは去りましたが
前回以上に明らかに怪我が無いので、現場検証は簡単に済ませたのでしょうね。
前回は、打撲と擦り傷でしたが、かなり本格的な現場検証をしていましたから。

“ 双方怪我はない ” 以外の事故の詳しい情報を全く知らないまま現場へ駆けつけたとき、
相手の方に何といいますか???

いきなり謝るのも変だし、もちろん相手を責めるつもりはないし
え~!!!こんな時ってどんな挨拶するの???
一瞬戸惑いましたが、無難に 「 おはようございます。 」
って・・・変?

運転手の方がすぐにわたしのところへ来てくださり
2号との連絡先交換は済ませていたので、わたしの連絡先を言い、保険のことを言って
「 では後は保険会社さんで 」 と言い合って終了。

2号の自転車はスポークが数本折れ、相手の方の車は少し傷がついていました。
詳しい状況は聞いていませんが、狭い路地の四差路で出合い頭のよう。
さすがに車が減速していたようで、双方怪我もなく。

こんなことには慣れたくないけれど、でもだいぶ慣れてきた・・・。
今回は、後の対応は保険屋さん同士でしてもらえるので、気持ち的にずいぶん楽。

わたしは会社で安全教育を担当していて
仕事中の事故や、通勤災害をなくすよう 皆に指導している立場なのに、肝心の息子~!!!

たぶん今回の事故は、心情的には過失は半々?
( お互いからも警察からも事情はほとんど聞いていないのですが、四差路を見た感じで )
でも、たいていは車のほうが悪くなるといいますよね。

今日も安全運転で仕事に行かねば。
そして、明日は病院に行かねば。

わたしの身体の自体は、仕事中に時折ピリッと痛むくらいで、
日々のジョギングだの、ましてフルマラソンを控えていなければ病院に行くほどの痛みではないのですが、
びくびく怯えながら走るのは楽しくないし、何より悪化させては元も子もないので
ちゃんと診察してもらって、今後のことを聞いてきます。

四万十桜マラソンは、真夜中の時間帯ということや運転のしやすさを考え、国道33号線ではなく
高速道路 ( 松山道~高知道 ) を経由して、スタート地点へ向かうことにしました。

IMG_4602.jpg

帰り、ものすご~く元気がありあまっていたら、高知龍馬マラソンのコースを車で走ってみたいけれど
高速を一度降りなくちゃいけないし、前夜が半分徹夜みたいなものだし、現実的ではないな。
夏、汗見川ハーフの帰りに遠回りしてドライブすればいいかな。

そして、先ほどは睡眠不足にもかかわらず岡山のホテルをチェックチェック。
高知龍馬マラソン出発前に、四万十桜マラソンの案内が届いて、
四万十桜マラソンを走る前に、おかやまのことを検討して。
絶えずこういう計画をしているのは楽しくって仕方がない。

これで 『 もう走ってはいけません 』 なんてあるわけない。
明日は病院だっっ。



痛みは治まっているので、この程度の軽い痛みでわざわざ病院に行くほどでもないという気持ちと葛藤中。
でも、安心して走るためには行きます!
ドンっと背中を押してくださいませ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Category: さくら日記