ひだか茂平マラソン 動画

師匠が撮影してくれた動画です。(*^^*)
動画の加工はやり方が分からないので、素顔丸出し。
しかもパソコンから見ると、90度横。(T_T)
iPhoneから見ると、ちゃんと縦で見えるのですが。

[広告] VPS


[広告] VPS

建物の陰から現れたとき、2人が重なって一人に見えます。
それほど接近していました。

[広告] VPS


この動画を撮ってくれた師匠、四万十川桜マラソンエントリーしたそうです!
やった~! 運転が半分でいいっっ。

応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

呉とびしまマラソン

20141026-095615.jpg
©allsports.jp

昨日、四万十川桜マラソンのエントリーをしたばかりですが、
ランネットからまた魅力的なマラソン大会のお知らせが届きました。

フルマラソンになった 呉とびしまマラソン
なかなか魅力的なコースで、今まではハーフだったのがフルになって初めての大会。
呉だと、前泊かな。
とりあえず日にちは?と見てみると、2015年2月22日 (日)

あら、これでは無理。
わたしの大本命高知龍馬マラソンが 2月15日ですから。

この時期はあちこちで魅力的な大会がありますが、
来年のエントリー合戦、もしも愛媛に外れて、高知も抽選で外れても、この大会なら参加できそう。
いやいやいや、来年は 名古屋ウィメンズの予定なのですけどね。

それにしても、自分がランネットにどういう登録 ( お知らせ依頼 ) をしているのかよく覚えていませんが
たしか四国内のマラソン大会は お知らせが来ていたような。

この、とびしまマラソンのお知らせメールは、宛先が 若◎ ◇志 様 となっていますが?
迷惑メールでもないし、たしかにランネットから普通にメールが届いていますが、変な現象。
わたし宛のメールが 違う人のところに行ってたりするのかしら?
別に名前以外の個人情報は含まれていないので、まぁ・・・いいっか。
四万十川桜マラソンのエントリー完了メールも無事に届いていますし。


その 四万十川桜マラソン フル 2015年3月29日 (日)  
同じ会社の師匠を誘いました。

メールでの連絡では、かなり重い返事だったのですが
昨夜はたまたま会えたので、一緒に行きましょ!!!と。

今までは、朝霧湖・汗見川・茂平と 師匠に迎えに来てもらってすべて運転してもらっていたので
さすがに今回は、運転を半分ずつにしましょうと。
なので、わたしの車で行くことにして。

師匠は、松野桃源郷マラソンに毎年出ていて、
同じ大会に出続けていると、タイムが比べられていい と。
なるほど。

わたしはまだ走り始めて日が浅いので、同じ大会に二回出たことは一度もないのですが、
特にハーフは、大会ごとに季節も違えばコースもまったく違うので
だいたいの目安にはなっても はっきりとは比べられず。
毎年同じ時期に開催される同じコースだと、一年前・二年前との伸び ( まさか衰え? ) が
数字ではっきりわかるということですね。


四万十は遠いし、松野に出たいし、と 渋る師匠に
「 運転 半分してあげるから。 」
って、言葉遣いが間違っている気がしますがそこはスルーで。
  
師匠、エントリーしてくれたかしら?
子どもさんが進学や就職で引っ越しという年なら、3月末の日帰り強行フルマラソンは誘えませんが
今年なら大丈夫っ!!!

『 迎えに行った時、“ ちょっと待って ” とか言わない? 』 という師匠。
「 今度は13分で支度するから! じゃなくって。師匠が家を出る時に電話頂戴ね。
来るまでに支度して玄関で三つ指ついて待っておくから。 」

先日1時間も待たせてしまったから
もう一緒に行きたくないって思われてるかなぁ・・・。
それとも、ずっと助手席で しゃべり続けているから3時間もはうるさくて耐えられないと思ってるかなぁ・・・。

師匠と一緒に行けるといいなっ。



久しぶりに 総合3000位台復帰 現在総合 3859位 / 801381誌
エントリーはしたくせに、独りで運転するのが億劫と、わがままなわたしに応援ぽちっとお願いします。(^^ゞ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
走ってるけどブログに書いていないのではなく、本当に走っていません。(T_T)
コメントのお返事は明日に。ごめんなさいっ。
今日も夜勤 あと90分後に行ってきます。

2015 春のレース

20141026-115343.jpg
©allsports.jp

大阪マラソン 2014
身体がすごく傾いています。笑

11:53 撮影いうことは、どこ?
スタートから3時間ほど、疲れが出てきたというか、お腹が空いてるからか
顎が上がって、みるからに しんどそう。
でも手は振っているという・・・。 (^^ゞ


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


10月26日に 大阪マラソン フルを走って
11月23日に 高知 茂平マラソンハーフを走って
12月は 仕事が忙しいからレースはナシ。
2月15日の 高知龍馬マラソン フルが大本命。

その次は・・・
3月29日 (日) 高知 四万十川桜マラソン
4月18日 (土) 高知 宿毛マラソン のどちらかに出たい~。
  
2月の大本命 高知龍馬マラソンは 前泊、しかも後泊まで付けてレースに臨みますが
春のレースは、宿泊無しの日帰り予定。
師匠が行かないなら、運転中の眠気防止話し相手 兼 運転交代要員として ばぁば ( 実母 ) と一緒に行くとして。

ちず

四万十川桜マラソンは、33号線経由で 120km 2時間半ほど。
高速経由なら 220kmほどもありますが時間は10分ほどしか変わらず。
9時スタートだから、6時に着くとしたら、3時発? ふぇっ?
ま、日頃が夜勤なので、夜中に行動するのは慣れていますが。

宿毛マラソンは 56号線経由で 160km 3時間ほど。 
フルマラソンにしては珍しく 12:30スタートなので、6時に出て9時に着けばいいかな?

どちらか一つには出る!と思っているのですが、
高知の皆さん、あ、もちろん愛媛やそれ以外の方からでも、どちらか一つならどちらがお勧めか
ぜひアドバイスをお願いします。

移動距離と、「 さくら 」 ということで四万十のほうに惹かれています。










【 14:20 追記 】

この記事を更新してから40分しか経っていないというのに・・・
たった一つのアドバイスと、もともと感じていたいろんな縁で、ぽちっとエントリーしちゃいました。
勢いって怖いわぁ・・・。

3月29日 四万十川桜マラソン

走ります。


いろんな縁・・・
なんといっても大会の名前に 「 さくら 」 と 付いていること。
ブログ友さんが早々にエントリーを決めていたこと。
茂平マラソンで、また高知の良さを実感したこと。
( 宿毛も高知・・・ ) 
県外の師匠もその日、レースであること。
( いつも同じレースでない方の師匠も、同じ日に違うレースを走っています。 ) 
この記事の本体を書きながら、ブログ友さんとLINEでやり取りしていて 「 田舎を走るよさ 」 を痛感していたこと。
( だから宿毛も・・・ ) 

このブログの読者さん・・・というか、コメントを下さる方は圧倒的に高知の方が多いのですが
わたしがあまりにも高知が好きと言いすぎて、愛媛の人からそっぽ向かれて・・・・

四万十桜マラソンを走られる皆さん、よろしくお願いします。
何かアドバイスをしてあげようと思っていたら、もう決めたんかい!!!と 呆れ返った方がおられましたら
アドバイスはまだまだ受付中です。
どっちがいいか?というアドバイスはもう受付終了ですが、四万十桜マラソンのことは何も知らないので
またいろいろと教えてくださいね。

なんだかんだいいながら四万十桜マラソンかなと思っていたのですが、
最後の最後に背中を押してくれたコメント、ありがとうございます♪

あとは、同じ会社の師匠の説得にかかりますっ!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
ウエアは、これでいいですよね。

弱音

20141026-091319_24001259-1-1_.jpg
©allsports.jp
オールスポーツさん撮影の写真、ひたすら小出しにしていきます。
丸ごとCDで購入したのでまだまだ たっくさんあります。

小さな大会なら、自分のナンバーカードで検索すると、明らかにナンバーカードが判明できるものしか出てきませんが
大阪マラソンだと、ココをこの時間で通過したからその時間の写真・・・という感じで
スタートと、ゴールと、30km地点では自分が全く写っていないものも多々あります。
かと思えば、明らかに自分なのに、ナンバーカードが判別できないからといって入っていないものもあったり。
仕方がないとは思うのですが。

※ アドバイスを下さった方へ・・・ 例の件、お願いしたものの無理でした。 アドバイスありがとうございました。

これだけ人が多いと、自分が写っているのかどうかを探すことに必死で
しかもサンプルだと小さいし、コピー禁止と入っていたりで、なかなか細部までは分かりづらい。

届いたCDをPC画面で よ~く見ていると、たむけんと一緒に写っていました~!!!

大阪マラソンを走った時も、そのあとも、たむけんのことは別に好きでも嫌いでもなかったですし
焼肉屋を経営している人というくらいの認識しかなかったのですが
eo光 7.5時間生中継の司会をしていたので、それを見てからなんだか身近な存在になりました。

たむけんの隣 (奥) に、岩崎恭子さんがいるので、生の岩崎恭子さんにお会いしたかったな。
たむけんの手前にいる後頭部が見える女性は司会のアナウンサーさん。

何人かの芸能人を抜いたはずですが、人が多すぎてよくわからず。
わたしが見たのは、元阪神の赤星さんくらい。
たむけんの奥に写っているハイタッチの人も見ましたが、ハイタッチはせず。

それにしてもわたし、いつも手を振ってますね。(^^ゞ
ま、怒った顔で走るよりは 嬉しそうに走る方が いい結果もついてくるでしょうが。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今、準夜勤を終えて帰宅して一息ついたところ。
毎日毎日 仕事では次々とトラブルがありますが、そのトラブルに対応するのが社員の仕事。
とはいえ、それは主に夜勤社員の役割で、今日のわたしは準夜勤。

でも、一応社員 ( つまり正社員 ) ですから、残ってでもトラブル対応をしよう ( 手伝おう ) と思っていました。
現場はすごく大変そうで、あともう少ししたら忙しさのピークが来るというときに
不仲の夜勤社員から 『 帰っていいよ。 』 と。

へ?
あ、わたし、要らない? わたし、邪魔?

へぇ・・・定時で帰っていいんだ。
残らなくていいの?
へぇ・・・。

嬉しいというよりは・・・・複雑。
( 帰っていいというのは社交辞令ではなく、「 邪魔だから消えて 」 的な。 ) 


他にも あんなことやこんなこと・・・
自分のことでも、後輩パートくんのことでも、次々いろんなことが押し寄せてきて。
わたしのココロの中は、いっぱいいっぱい。

二日間ほど痛かった 四十肩もどきは、ほぼ痛みも取れ、いったい何だったの?状態ですが
あの痛みが続くと仕事にも支障が出ていたと思うので、二日で終わってよかった。

このところ気分がすぐれないのは、事故の対応等のストレスがたまっているからなのか
それとも・・・ 更年期障害? うっそっっ。
四十肩が二日で終わるわたしなら、更年期障害は一週間で終わるわっ!
って・・・こればかりは相当個人差があるそうですね。


話が少し戻りますが、職場でのわたしの評価は
『 さくらは 絶対にうつ病にならない。 』
これ、みんなから太鼓判。

そして、昨夜 出勤後しばらくして 一番上の上司に言われた言葉は
『 さくらは天真爛漫だな~ 』 と。
この上司の性格や、この言い方 ( たとえば語尾を上げているかとか、呆れた感じとか ) を
そのまま再現できないので、なかなかありのままにお伝えするのは難しいのですが。

こういうのは 捉え方一つなので、その言われたままを装って
「 それって褒め言葉ですよね♪ 」 と返しておきました。

まぁ、わたしも43歳なので、言わんとしていることはなんとなく分かりますが。

天真爛漫の件でYahoo!知恵袋より こちら 
※ 質問者はわたしではないです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨日、2号のiPhoneの修理をして、一つずつ片付いてきたかな・・・という矢先
先ほど帰宅して冷蔵庫を開けたら・・・・

冷えてない~!!!

冷凍庫を開けたら、氷が全部くっついてる~!!!
はぁ・・・これですべての 厄?悪?毒? は、終了なのかな。

ばぁば誘って、ヤマダ電機に行くか~。
というか、ばぁばが起きたら、ヤマダ電機に誘われるでしょうけれど。
ばぁばと折半で買おう。



後輩に仕事を教えるとき、絶対に失敗しないように教えるよりは
失敗もしながらそのフォローの仕方を教えるものだと思うのですが・・・兼ね合いが難しい。

後輩が失敗したときに、「 わたしもそんな失敗してきたよ。次から同じ失敗しないように◎◎は◇◇してね。 」 と
言うのですが、それってフォローになってない?
うちの会社 ( 部署 ) では 「 失敗はしてもいいから同じ失敗を二回するな。 」 と言われていますが
息子ほどの年齢の若い後輩くんに、どう伝えたら伝わるのかな?

まだ早いかな?と思う仕事を任せて、それで失敗して
『 心が折れそうです。 』 と笑顔で報告に来た後輩くん。
責任は 任せたわたしにあるなぁ・・・。

はぁ。
思いのままに書いてしまいましたが、数時間後にバッサリ消えているかも?
朝型で読んでくださった方々、よろしければコメントお待ちしています。

伸び盛りの純粋な後輩くんの心を折ってしまったのかと、わたしのほうが折れそうです・・・。



にほんブログ村 本日28日はメンテナンスだそうですが、ポイントはメンテナンス終了後反映されるそうです。
クリックしてもいつもの画面には行き着きませんが、応援よろしくお願いします。(*^^*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記

愚痴

20141026-114138_24001259-1-1_1006-3757.jpg
©allsports.jp
本文とは全く関係ないのですが、UP。

肌を出しまくりのわたしと違って、横のお姉さん、紫外線完全防備だ・・・。
それにしてもどの写真にも師匠がいない~。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


9:30に家を出て、10:00開店のauショップへ行き、プラン変更などをして11:00まで。
そのあとiPhone修理店へ行き 15:00前にやっと帰宅。
プラン変更等の私用もあったとはいえ、朝からiPhone修理に費やした時間、5時間以上。

今日は対応してくださった方はみなさん気持ちいい対応だったのですが
それでもすご~く 疲れました。
結局、アプリ問題も解決しましたし、機種代の分割払いもかなり残っているので
修理 ( 新しいものに交換 ) で、使い続けることにしました。

iPhone修理専門店へ行き、交通事故で壊れたというと 『 お怪我はなかったのですか? 』 と。
その一言でずいぶん人間味がある対応というか・・・ 救われるというか。

心がトゲトゲになっている時だけに、ちょっとしたことで救われたり苛立ったり。
今日は準夜勤なので、ちょっと寝ます。
コメントのお返事は明日にさせてくださいね。
走った記事へのコメント 大歓迎ですっ。
( さすがにこういう愚痴記事にはコメントしづらいですよね・・・。 )

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記

iPhone修理

11月6日に2号か交通事故に遭い、iPhone5sが壊れたのですが
やっと修理にやってきました。
2号とわたしの休みがなかなか合わず、
保険屋さんとの話も全く進まず。

もう修理を諦めて機種変更するとの申し出に対し
『 機種変更するのは自由ですが、修理の見積もりを取ってください。』
iPhoneの修理はauショップでは出来ず、街の修理専門店に行く必要があり大変。
加害者側の保険屋さんで対応できるかの確認だけでも一週間返事がないし
こちらが保険屋さんをたててないので、何もかもが後手後手。

費用うんぬんではなくて、何度もauショップに行ったり保険屋さんとの電話対応をしたり
時間と手間をとられ、精神的疲労が蓄積。
こちらは自転車に乗っていて国道車道を走行中に跳ねられた、明らかに被害者なのですが。

最近はauショップといえば某店ばかりを利用していましたが
2号がiPhone5sにしたあたりからどうも接客に疑問を感じていて
今回の事故対応で決定的に嫌な対応をされ、そのショップとはさようなら。
今日、初めて違うショップに行ったのですが、お姉さんの対応が素晴らしく
今まで散々相談しても解決しなかった問題がサクサク解決。
今回の事故対応も、嫌な某店では、こちらの言い分をハイハイと聞くだけでしたが
今日のお姉さんは、いろんな提案をして下さいました。
auショップにとっての利益を優先させるのではなく、こちらの負担なども考えていくつかの提案をして下さり。

今はiPhone修理専門店での受付待ち。
受付だけに一時間かかるそうです。
これから修理となれば、一体…
この時間を返して~。

まあ、事故で骨折したり入院したりというわけではなく
打撲と擦り傷と、自転車が壊れたのと、iPhone5sが壊れたくらいの被害だったので不幸中の幸いだとは思いますが
なぜ被害者なのに、こんなにもあちこちウロウロして大変なの???

これから年末で慌ただしくなりますが
皆さん、くれぐれも安全運転で。
加害者にならないようにするのはもちろんですが
被害者にもならないようお気をつけ下さい。

日没は早いですし、夜明けは遅く
暗い時間に真っ黒の格好だと車からは見えないですから。

そろそろ一時間。
もうすぐ呼んでもらえるかな?
修理に、また時間がかかるのでしょうか。
auショップの見立てでは、破損が激しいので修理ではなく交換とのことでしたが。

交通事故の保険で対応するので、自分が加入している携帯の保険は使わないでと言われたのですが
そのあたり、また問題になるのかな。
はぁ~。
疲れます。

茂平マラソン以降、全く走らず…。



【 追記 】

14:00 修理終了予定

2号の奢りでランチに来ました。

後は保険屋さんと揉めることはないはず。
早く落ちつきますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記

ひだか茂平マラソン2014 レポ

日曜日、ひだか茂平マラソン当日。
師匠のお迎えは 5:00~5:30の間ということでした。

前日の土曜日は、ブログに書いた通り大忙しで普段は決してしないはずの、濡れた髪のまま寝るという暴挙も。
会社の講習に行って、意識を失いながら聞き、そのあと美容院へ行き、忘年会へ行き、帰宅後にブログを更新。
「 洗濯と準備しなくちゃ。 」 と書いたはずなのに、何もせず寝てしまっていて。

3時に目覚めたもののまだ寝れると思って、3時半にアラームを止めた記憶は確かにあるのに
起きたのが 5:51 師匠からの着信という・・・。

なぜ?
何が起きたの?
というか、なぜ寝てたの?

☎ 「 もしもし・・・。ちょっと待って。 」

“ ちょっと ” じゃないのは誰の目にも明らかで。
まずは深呼吸をして考えよう。

「 先に行ってもらって後から追いかける 」 という選択はナシだから 待ってもらおう。
それは寝起きの時点で判断できたので、即座にそう答えましたが。

全く何の準備もしておらず、ゼロから。
とりあえずウエアを着て、靴下は5本指を履くのは時間がかかるから荷物に入れて
テーピングやらリストバンドやら、走るとき必要なものを袋に放り込んで
走った後の着替えは、大阪の時のウエアと同じと宣言したので、宣言通りの服も入れて。
温泉セットを別の袋に入れて。
大阪の時に小分けしたシャンプーなどの残りを今回 使うつもりだったのでそれも。

パソコンデスクの上に用意しておいたナンバーカード引換証と、ブログ友さんにお渡しするCDを袋に入れて
前日に三越とフジとローソンで仕入れておいた おこわおやつポンジュースを提げて
「 お待たせしました~!!! 」 と言ったのは 6:06
お待たせすぎ…。

目が覚めてから、すべての準備に15分!!!
すごいわわたし。 ( 違っ!!!

あとで確認したところ、5:06 と 5:40 に 師匠からメールが来ていたのですが全く気づかず!!!
「 メールに返事がないならもっと早く電話してくれたらよかったのに~。 」
「 家に電気がついてなかったでしょ? 」 ( 一部屋ついていたらしいです。1号が起きてたのかな? )
もちろん謝ってはいますが、それより師匠を責めるような口撃・・・。
一応わたしは弟子のはずですが・・・。
騒音を気にしてアイドリングをせず、『 寒かった。 』 という師匠に対して 「 アップで走ってくればよかったのに。 」
 
次回から、というか師匠が今後も懲りずに迎えに来てくれるなら
「 起きたら、わたしから “ 起きたよ ” とメールする。メールの返事が無ければ電話してもらう。 」 ということに決定。
あ、なんかズレてますか?
もしかして 「 次からは寝坊しません。 」 という簡単なことでいいのかな?

とにかく。
5:00~5:30に迎えに行くと言われていて、5:06に我が家に着いていたのに 出発が 6:06 とは。
安全運転で2時間ちょっとかかるかと思っていましたが、意外に早く7:45着。
下の駐車場は満車になっていて、上の野球場の駐車場へ。

車で朝ごはん。
朝ごはん中に、受付へ行き来する人を眺めていたら、大阪マラソンの時の袋を提げた人を発見。
あの方も大阪マラソンに出たのか~とよく見ると、ブログ友さんっ!!!

こちらはご飯中だったのと、受付後にもう一度目の前を通るでしょうからとりあえずやり過ごし
二度目に通った時に大阪マラソンDVDをお渡しすることが出来ました。
わたしがコピーしていただいたものが、また次の方へ。
ブログを通じていろんなかかわりが出来て不思議な縁です。

そのあと受付へ。
参加賞はTシャツか特産品か事前に選べたらしいのですが、わたしは師匠に お仲間エントリーを頼んでいて 師匠任せ。

受付のあと、お楽しみ抽選会の申込み。
ひとり5口までだったので、2人で10口分購入。
「 下一桁で何かが当たるなら、絶対当たるね! 」 と嬉しそうに言うわたしに、
券売のおばちゃまが 『 宝くじじゃないんだから・・・。 笑 』
そ、そうですね。(^^ゞ

そのあと車に戻って、受付でもらったパンフレットを見たり、荷物を片付けたりしていよいよ準備。
ウエアは襟付きのシャツでボタンが三つついていますが、なんと!
朝、大慌てで着たこともあって ボタンを留めてなかった~!!!

胸のボタンを留めていない かなりだらしない格好で 受付に行き、抽選券を購入し
ブログ友さんにお会いし・・・。
情けない。(T_T)

もへいT3 
Tシャツは 何色かあるようでしたが、わたしは水色で師匠は違う色でした。
パッと見、そんなオシャレなTシャツには見えず、2号の仕事着になるな・・・と思い 開封すらせず。
吸湿速乾のTシャツは2号の仕事着に最適で、マラソン大会に行くたび2号がTシャツを待っているので。

IMG_4160.jpg
斬新な手荷物袋。
単なる透明の袋に、単なる荷札。
大規模な大会ならともかく、こういうローカルな大会だと、無駄な費用をかけるよりこれで充分だと思います。
しかも、駐車場がみなさん近いので、ほとんどの方が車に荷物を置いていると思われ。

手荷物は 「 荷物預け 」 ではなく 「 荷物置き場 」 が用意されていました。
なるほど。

9:40 頃にスタート前整列したかな?
もちろん最前列でもなく、最後尾でもなく、ただなんとなくこの辺かなぁ?というあたりで。

今までどのレースでも、スタート前整列に応援の方が混ざっていたことはないのですが
今回は、スタート直前まで 家族の方が一緒に居たり。
ほのぼのとしたのどかな大会というのが分かります。

スタートの10分くらい前かな? 見知らぬ男性から声を掛けられました。
『 すみません・・・ 』
それに続く言葉は 『 さくらさんですか? 』 かと思い込んで笑顔の準備をしていましたら

『 これってハーフに並んでいるんですか? 』

師匠が笑顔で 『 はい♪ 』
わたしは 師匠の横で ひっそりと笑顔をもとに戻していました。

わたしの右隣には ひよこさんの格好をした男性。
待ち時間は ( 走っている時もですが ) 退屈なので、みなさんのウエアを眺めて。

時期的にも素足の方は少ないな~。と見回したり
大阪マラソンの参加賞Tシャツの方が何名もいらっしゃったり、いろんな大会のTシャツだったり。
アルファベットで書かれているものは 一生懸命に読んだり。
( シューズは見ても全く分からないので、よそ様のシューズは気になりません。アシックス多いな~という程度。 ) 

もへいT1
よく見ると、お揃いの柄のTシャツの方が何人も。

もへいT2
こちらはレース後に撮った写真ですが、今年のものをさっそく着用している方も多数。
昨年のものや一昨年のものを着ている方もたくさんいて、同じ年でもいくつかの色があって
この大会、そしてこのTシャツ、茂平くんは みんなに愛されているんだな~と。
そしてそして、これは2号にはあげられないっと。
今度の練習会は師匠とペアルックか? というか、ペアルックという言葉が死語ですねぇ。

もへいT4
帰宅後に撮影。
今年のものは、3枚の写真すべて水色ですが、師匠は違う色でしたし、何色もあるようでした。
脇の切り替えは毎年同じようですが、黒×白や白×グレーの方もいて このTシャツ おしゃれ~!!!
色は自分で選んだのかな?ランダムかな?  ( 師匠がエントリーしてくれたのでよくわかってない。 ) 

IMG_4125-1.jpg

IMG_4127.jpg  航路になっているようで、飛行機雲が次々たくさん。
レース中には JRのアンパンマン列車も通過。
4両のうちの3両がアンパンマンで、真横を通ってくれたのでラッキーでした♪

IMG_4129-.jpg  同じ会社の師匠と一緒のレースは4回目。
一年前の久万は、もう師匠と弟子の関係は成立していたのに、お互い出ていることを知らず。
狭い会場なのに偶然会うこともなく。

送迎してくれて一緒に出たのは、茂平が3回目。
朝霧湖と汗見川は、最初の数キロをわたしに付き合ってくれて、途中から師匠本来の走りになって消えていきましたが
今回は、はじめからお互いのペースで走ることにしていて、師匠はすぐに見えなくなりました。

朝霧湖でも汗見川でも、レース中に わたしのことを撮ってくれたのですが、
今回は師匠が狙うタイムがあるので撮影辞退。
のはずが、 『 1分くらい大丈夫! 』 と、また わたしを撮ってくれました。
わたしを撮ろうとスマホを準備している師匠をわたしが撮影。

一度目の短い折返し。
こちらからは眩しくて対向ランナーが見えづらいのですが、折返しを終えたランナーからはこちらが見えやすくて。
師匠の少し前に、ブログ友さん発見。
先方さんから先にわたしを見つけてくれていたようで、手を振りあってハイタッチ。

そのあと、小さな折返しに行くのですが、その手前で 『 ◎※川さ~んっ!!! 』 と呼びながら手を振る男性が。
何だかよく聞こえなかったけれど、 “ 川 ” がついていたのは確か。
( わたしの姓は 山川と仮名で )

走りながら、ブログ友さんがわたしのことを本名の姓で呼ぶかなぁ?でも本名も、まあ知られているだろうし・・・と考え、
満面の笑みで手を振ったのですが、擦れ違う直前になってその方の視線がわたしに向いてないことに気づき・・・
後ろを振り返ったら、後ろの方とお揃いのチームTシャツ・・・・。
またやらかした・・・。自意識過剰~っっ。

話が前後しますが、この折り返しあたりになると、コースは随分走りやすくなってきますが、
それまでは細かくジグザグ曲がってばかりで、北上しているのか南下しているのかすら分からない感じ。
( 太陽の位置で考えたら わからなくはないですけど・・・ ) 

ところどころでカラフルなランナーの列が見えますが、
自分のちょっと先の人たちなのか、ずいぶん先の人たちなのか、もしや後発の違う種目の人かすらわからず。
事前案内にも、当日の案内にも 「 昨年とのコース変更点 」 と書かれていて
わたしは初めてなのでさっぱりわからないよ~と思っていましたが、
もしも一年前に走っていたとしても絶対にわかりません。
来年になって 「 昨年とのコース変更点 」 があっても、絶対に気づきません。

あ、別に文句ではないです。
ただ、微妙にコースが変わっても絶対に気づかないほど難解なコースだったというだけ。
もちろん前の人についていくだけなので迷うことはなく別に問題はないですし。

沿道の応援は、平均年齢何歳???という高齢。
純粋に応援してくださるのは、本当におじいちゃんおばあちゃんが多くて。
給水所のボランティアも、中学生とかではなく、地元のおばちゃま・・・というよりおばあちゃまと言えそうな方々。

茂平マラソンは、ウォーキングの部とか、1.5kmの部とかあって
中学生小学生をはじめ、とにかく走れる・歩ける地元の方は全員参加されていた感じ。
なので沿道の応援や、沿道警備のボランティアさんが高齢なのだと。
第32回ということですが、歴史ある地域のマラソン大会が
いつしか県外からもたくさんの人を迎え入れてくれるようになったのですね。

高知龍馬マラソン、汗見川ハーフマラソンを走って、高知県で3つめの大会。
どれも温かで、絶対にまた来ます!と言いきれる大会。
愛媛県人ではありますが、ますます高知が好きになりました。

沿道のおじいちゃんおばあちゃんの応援には出来るだけ応えるようにしていて
手を振ると、応援が倍になってかえってきて。

途中、沿道の方に手を振ると 『 手は ( 振らなくて ) いいから はよっ走れ~!!! 』 というゲキを頂いたりしつつ
5kmの橋の応援ポイントでは タイムを読み上げてくださったり ( 個人的なサービスと思われ ) 、
『 せんはっぴゃく××番 がんばれっ!!! 』 とナンバーカードを読み上げていただき、
わたしが右手を挙げてその声援に応えたら、周りから拍手が起き、今度は両手を挙げて応えたら全体がどよめき。
地方独特の、この のどかさが素敵~♪

20141026-10573-.jpg
これは大阪マラソンでの写真ですが、のどかな田舎道を芸能人気取りで両手を挙げ手と笑顔を振り巻きながら通過。 (笑)
応援してもらえたら、できるかぎり ありがとう♪の気持ちを伝えるようにしています。
口に出して言葉でいうのは、度々は大変なので、小さなお子さんにだけ。
お子さん以外の応援には、可能な限り 手を振って応えるようにしています。

二度目の折り返しと、さらに後半では、わたしのナンバーカードを見てその場で名前を調べて
「 山川 (仮名) さん頑張れ~! 」 という応援が。
二度目の折り返し地点では、急いで名簿を調べるくらいの時間はあるかもしれませんが
それでも、わずかな時間でわざわざそうして名前を調べてくださって応援してくださるなんて
本当に気持ちがこもっていて嬉しいです。


男子 49歳まで 335人
男子 50歳から 182人 男子合計 517人
女子 39歳まで  40人
女子 40歳から  92人  女子合計 132人 
【 合計 649人 女子の割合 20% 】

女性ランナーも多く見かける気はしますが、まだまだ半分には全く届かない数字。
そのせいか女性への応援は ずいぶんと温かい気がします。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ゴールまであと 1.5 か 2kmくらいの時、若そうな女性に抜かれました。
茂平マラソンのハーフは、39歳までと40歳からに部門が分かれていて、わたしは43歳。
その女性に抜かれても部門順位は変わらないとは思いましたが、なぜか闘志に着火。
「 ぜっっっっっ ったいに抜き返す! 」

  大阪では、ただただ自分との戦い、時間との戦い。
  久万では、明らかに疲れきっている若い女性をゴール手前で抜きました。
  高知龍馬マラソンやとくしまマラソン、汗見川では、誰かとどうのこうのというのは全くなく。

  朝霧湖では、山の中から何度も何度も抜きつ抜かれつしていた同年代くらいの女性に
  ゴール手前 2kmくらい?の川沿いで白旗。
  離れていく背中を見送るときのなんともいえない心情。
  勝手に戦友気分で、後ろでひっそり敗北宣言をしながらも、リベンジを誓い。
  のちに、なんと ご本人がこのブログに来てくださって、ネット上とはいえびっくりな再会。

いつもブログで 「 隣にいる人もライバルではなく仲間 」
「 誰かと競うのではなく 自分との戦い 」 と言っているわりには、今回の茂平マラソンでは なぜかスイッチONっ。
小さなスイッチがポチっと入ったのではなく、ブレーカーごと入れたような、ゴングは鳴らされた~!!! という感じ。

残りの距離と、最後が上り坂というのは分かっていましたから、勝負は坂ですることにして
射程圏内に捉えたまま、ラストスパート用の体力を計算しながら走って。

川沿いから左折したらあと 1kmになるのですが、
この川沿いで 「 おかえり~! あと少しよ~! 」 と 大声で応援してくださっている女性がいて、
田舎のきれいな空気に、その声がすごくよく通って、励まされ & 癒されました。
ゴール前のデットヒートがなければ、立ち止まってその方にお礼を言いたいくらい。
たくさんのランナーが、その声に最後の力を与えられたのではないかな。

ホント、何度も書きますが 自分が走り始めるまでは、テレビのインタビューで聞く
『 応援が力になりました 』 『 皆さんの応援のおかげで 』 というのは 【 模範解答 】 だとばかり思っていましたが
あれって、本当なんですね。
43歳のおばちゃんであるわたしが、見ず知らずの方から 「 頑張れ~!! 」 と 本気で応援されるなんて、
マラソンを始めてなかったら、絶対にありえなかったこと。
マラソンを続けられる理由ってこういうところにもあるんですね。

 ~ 閑話休題 ~

ゴールまであと1kmという看板は、朝 車で通った時に見ていたので その距離はちゃんと分かっていて
抜かれた人を抜き返した以上、この位置で もう一度抜き返されるというのだけは避けなくては。

最後はグランドの外周を通って、グランド内を半周しますが、そこに行くまではずっと上り。
坂には強いので、勝算ありと見込んで 残り800m位?でスパートをかけ追い越し。
周りには男性ランナーも数人いましたが一切眼中になく。

フルマラソンとは違いますが、それでもよくこんな力が残ってたなと自分で思うくらいスパート。
でも、わたしが追い越した直後から 背後にぴったりついてきている気配がビンビン伝わってきて。

走り終えたランナーさんがコース上を横切るのを うぉっっ と思いつつ ( もちろんわたしが優先ですが怖かった ) 
外周を走り終えグランド内へ。
太鼓の音に迎え入れられ、黄色い茂平さん (?)が コースの内側を大声で応援しながら並走してくれていました。
 
最後の最後まで すぐ真後ろの気配は消えず。
ハーフとはいえ、マラソン大会のゴールとは思えないほどの疾走ぶりでゴール!!!
ゴールでは師匠が待っていてくれました。

ゴール後、その女性のことを振り返る元気もなく給水へ。
疲れたけど、最後の最後に力を出し切ったので満足!!!

師匠に、師匠の目標タイムはクリアできたのかを聞いたら 『 まだ記録証をもらっていないからわからない 』 と。
どんなコースかどんな坂か全く知らず、わたしは2時間15分くらいで走れたらいいなと思っていましたが
二人並んで記録証を発行してもらったら

IMG_4159.jpg  
2時間10分32秒!
師匠も目標記録を達成したそうで、二人揃って満足満足。

フルマラソンでは余裕で半分より前の順位なのに、それなりに頑張った汗見川で半分より後ろ。
今回は、半分より前の位置を目指していましたが、40歳以上の部門順位 40位/92人 でした。

6'18  6'27  6'07  6'12  6'12  6'13  6'04  6'09  6'10  6'00
5'42  6'08  6'05  6'37  6'23  6'22  6'20  6'16  6'37  6'35
わたしのGPS時計では 途中までコース上の距離表示とほぼぴったり合っていたのですが、
ゴールしてすぐに止めると、20.9kmでした。 あ、あれ?
最後の 500mは 相当頑張ったのにココには表示されておらず。 ( いつも1㎞未満の端数は記載しないので )
 
IMG_4148.jpg  まだ息が落ち着いていない状態で記録証を受け取り、「 おめでとうございます 」 と言われ
ケンピとカロリーメイトを手渡されましたが、てっきり完走したから “ おめでとう ” なのだと。
すると師匠が、それなに?と聞いてきて、師匠はそれを受け取っておらず。

記録証の係の方に確認すると、当選マークがある人にだけもらえるとのことで。
よく見ると、記録証の右上に 「 当選 」 と。
やった~!!!
ランダムなのか、40位というキリ番だからなのかよくわかりませんが、ケンピとカロリーメイトをいただきました♪

そのあと車に戻って着替え。
上の車に戻ってから、手と顔が洗いたいけど、上の駐車場から下のトイレまでの移動が面倒とつぶやくと
師匠から、ランナーがそれくらいのことを億劫に思ってはいけないと言われ、ダウンがてら歩いてトイレへ。
公園のトイレの洗面所で、手と顔を洗って さっぱり~!!!

朝霧湖ではゴール直後に濡れタオルサービスがあって、すごく嬉しかったです。
濡れタオルとはいえ、レストランで出てくるおしぼりそのままで、
普段はさすがにおしぼりで顔を拭いたりはしませんが、あの時ばかりは顔を拭き拭き。
気持ちよかった~♪

今回の茂平マラソンも大阪と同じく、すごく暑くて たくさん汗をかいて、スポドリ飲みながらこぼしたりもしていたので
顔を洗ってスッキリ~♪

着替えてから 抽選券と昼食引換券をもって、また下の芝生広場へ。
わたしが寝坊せず定刻に出発していたら、下の駐車場に止めることが出来て
そういう行き来もすごく楽で近かったのにな・・・。
わたしの遅刻を一切咎めることのない師匠。 オトナです・・・。

IMG_4130.jpg  昼食券と引き換えたもの。
豚汁が少し冷めていましたが、やっぱり走った後は お汁ものが嬉しい♪
こういう婦人会のおばちゃま手作りのお料理、毎回ハーフマラソンの楽しみです。

フルマラソンとハーフマラソンは、もちろん走ること自体もまったく違いますが、
こういうお料理でのもてなしや抽選会など、人と触れ合うという意味でもまったく違います。
もちろんそれぞれの良さがあるのですが。

マラソン大会の荷物では、レジャーシート必須なのに 今回は大寝坊でレジャーシートを忘れてしまい地べたに。

食事をしながら、表彰式の様子を眺めて、
抽選会の結果を眺めて。

IMG_4136-.jpg  ゆるキャラ来た~。
武田信玄の息子、武田勝頼(たけだ かつより)だそうです。

師匠に 「 写真撮って♪ 」 とお願いしたところ、ゆるキャラお付きの方が一緒に撮ってあげる。と。
Facebookにアップしてくださいね。と言われたのですが、このゆるキャラのFacebook???

すごくいいお天気で、走っている時はかなり暑かったのですが、走り終えてからはちょうどいい気温で 気持ちいい~♪
半袖の方もたくさんいました。

IMG_4139.jpg  ステージでは、茂平くんが抽選会のお手伝い。

IMG_4140.jpg  抽選会といえば、ナンバーカードで行うものだと思っていて、
つまり今までの大会では対象はランナー限定だったのですが
茂平マラソンの抽選会は、一口 100円で、ひとり5口まで当日の事前申し込み制。
応援に来た家族の方でも、地域の方でも、屋台の売り子さんでも参加することが出来、それも素敵だなと。
わたしたちは何も当たりませんでしたが、番号を呼ばれても不在ということもなく、なかなか楽しかったです。

抽選会のあと、またブログ友さんにお会いしました。一日で5回目。
もうお一方とは全く会えていないのに不思議。

抽選会を終え、一斉に人が帰りだしますが たいした混雑はなく。
会場から国道33号線に出るところでは9割の車が右折でしたが、わたしたちは左折。
会えるはずだったブログ友さんにお会いできなかったのは残念ですが、
楽しかった ひだか茂平マラソン 二人とも満足満足で終了~。

IMG_4141.jpg

IMG_4144.jpg  中津渓谷の温泉に入って 疲れた身体をいたわってあげました。
走った後の温泉は気持ちいいっ♪
露天風呂 最高♪

帰宅は17時過ぎだったかな。
寝坊で始まった一日でしたが、無事に終了。

ボランティアの皆さん、お世話になったみなさん、ありがとうございました。
また来年も行きますね!!!


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ブログ友さんから新たなハーフマラソン大会のお知らせをいただきました。
やっぱり時々はマラソン大会が無いとモチベーション維持が困難ですし
大会それぞれに特徴があって、初めてのコースはどれも新鮮なのでいろんな大会に出てみようと思っています。
連絡いただきましたブログ友さん、ありがとうございます♪

腕の筋肉痛は・・・
左肩に挿したボールペンを右手で取るのに苦労したり、水平より上に腕が上がらなかったり。
これって、ハーフマラソンとは何の関係もなくて
ま・・・まさかまさかの 四十肩?

わたしの素人診断では、四十肩にということに決定。
43歳だから、五十肩ではないもんね。


長文を読んでいただきありがとうございました。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

腕周りが筋肉痛?

20141026-135855.jpg
©allsports.jp
本文と写真は全く関係ありませんが、オールスポーツ撮影の大阪マラソン ゴール直前。
暑すぎて、ゴール直前になってリストバンドを外しました。

太ももの前面に日焼けのラインがありますが、昨日の茂平でまたまたはっきりくっきり。
一昔前ならテニス部の学生かと思うような日焼け跡です。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


日曜日にハーフマラソンを走って・・・
あ、 たった今思い出しましたが、ファンランがどうとか言ってたような・・・???
思いっきりガチで走ってしまいましたが。(*^^*)

それと、いつも言っているのが、 「 隣にいる人もライバルではなく仲間 」
「 マラソンは人との競争ではなく、自分との戦い。 」

どの口が言う?

そのあたりは改めてレポで。


茂平が終わって、ふと気づいたら わたしの大本命、高知龍馬マラソンまであと三か月もないっ!!!
11月はのんびり休んで・・・と思っていましたが、のんびり休んでいる場合ではないかも!
と思ったら今日は雨。

今朝、帰宅してパソコンを開いたら ランネットからお知らせが。

日本の夕陽百選にも選ばれている高知県西部の宿毛市にて
四国初のサンセットマラソンが誕生!!
宿毛マラソン2015


うっっっ 惹かれる。
この時期のフルマラソン・・・惹かれる。
でも、ちょっと遠い。
師匠に相談っと。

「 明日から受付 」 とのことで、今日一日ゆっくり悩めると思ったら
昨日届いたメールだったので、今日から受付なんですね。
即日定員に達するようなら、縁がなかったということで。
数日悩んでもまだ空きがあるようなら、 「 ぜひ走りに来て 」 という意味でしょうし。
個人的には、出たいな~。
あとは移動手段の問題。 高速バスないからなぁ。

仕事をしながら、茂平ハーフのことを 「 あ!これブログに書こう! 」 と思ったり
高知龍馬マラソンのことを考えたり。
ぜひわたしに会いたいといってくださる方がいらっしゃるので、なにか会でも開きますか???

前夜祭?あ、わたし飲まないしお酒が入る宴会苦手だし。
当日朝の決起集会? あ、アップの都合などあるかもしれないし・・・
わたしは日曜も泊まろうと思っているので、月曜のモーニング? あ、会社員の方はお仕事ですね。
前日、土曜日のランチ会?
なんてね。
これも師匠と要相談ってことで。

あ、宿毛マラソンの話に登場する師匠は、同じ会社の師匠。
高知龍馬マラソンの話に登場する師匠は、県外の師匠です。

さて、これから茂平ハーフのレポを書こうと思いますが、写真加工からなので今日中には完成しないかも。
とりあえず今日の記事は、これをUPしておきます。
茂平ハーフのレポは、今日中にすべて仕上げるか、前篇だけで公開するか、下書きにして明日まとめて公開するか
三つのうちの どれかです。

では、いったんここでさようなら。


あ。
身体の方は、昨日も今日も特に筋肉痛もなくピンピン元気です。
とくしまで痛めて、茂平を走っている時も痛かった左足は、日常生活には支障なく。
また走れば 少し痛むのでしょうけど。

昨夜 夜勤に行って なんだか腕周りがちょっと凝った感じがしました。
インフルエンザの前兆のような。 関節痛?
ごくごく軽いもので、大袈裟にいうようなものではないのですが、
もしかして走るときに頑張って腕を振ったから?

さ、茂平マラソンのレポ書こ~っっ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

オールスポーツのデータが届きました!

20141026-10573-.jpg
大阪マラソン2014 
オールスポーツ撮影 

一番お気に入りの写真です。
ブログ用に縮小していますが、元のサイズだとポケットを留めた安全ピンや
ナンバーカードの荷物預けトラックの番号まではっきり。
歯並びが悪いのもはっきりですが、上半分が暗いこともあってモザイクなしで載せます。

わたし以外の皆さんは、いたって真面目に走っているのに、わたしだけ決めポーズ。
大きな掌をアピールするつもりはないのですが、大好きな写真です。

ちなみに、わたしの掌サイズは、一般男性にも負けません。
ご希望の方がいらっしゃいましたら勝負受け付けます。
って… 別に勝ち負けを競うものでもないか…。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ちょっとだけリアルタイム日記

昨日はBlog更新と洗濯だけして疲れ切って寝てしまい
師匠にお礼のメールをするどころか、師匠から届いたメールに返信すらせず寝てしまい。
夕飯の支度も ばぁばに丸投げ。

夜22時くらい???
2号が 「 母さん写真が届いてるよ。 」 とCDを部屋まで届けてくれましたが
起きて見る気力もなく、そのまま寝続けてしまいました。

IMG_4158.jpg

ゆっくり寝ることが出来たので、朝はちゃんと起床。
まずは購入から5年の愛車を車検に。取りに来てもらったので渡して終了。
そのあとKDDIの工事の方が。
配線がどうとか・・・こちらでは全く配線を差し替えたりしていないのに、よくわかりませんが
問題はないとのことで終了。 14000円と聞いていた工事費も、無料。

ということで、9時台に今日のメインの用事は終了。
あとは月末が近づいているので仕事の月間まとめなど構想を練らなくては。
というほど大げさなものではないのですが。

今日一日 夜勤に行くまではのんびりできそうです。
茂平ハーフのレポを書いて、お昼寝も3時間はしたいな。

IMG_4153.jpg

IMG_4156.jpg

IMG_4155.jpg  必ず体の一部をばぁばにくっつけています。
小梅が寝ていても、ばぁばが動けばすぐわかる仕組み。

カラーは、姉が誕生日に買ってくれたものは少し大きかったのでお出掛け用にして前のスヌーピーに戻しました。



応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

ひだか茂平ハーフ 走ってきました!

派手に寝坊し、師匠を一時間も待たせて 大ヒンシュクでスタートした一日でしたが

ひだか茂平マラソン ハーフ 完走しました!

今日も明日も大忙し & しっかり睡眠不足なので 詳細はまた改めて。
というか・・・大阪マラソンのレポすら終わっていないのですが。

IMG_4159.jpg

今日は、ブログ友さんにお会いできたのはお一人だけでした。
そのお一人とは 一日で5回も会うという ・・・ 笑うくらい会いましたが、他の方とは全く・・・。

もしもわたしを探してくださった方がいらっしゃいましたら ごめんなさい。
逃げも隠れもしていなかったのですが、ごめんなさいっ。
走りながらも探したのですが、お一方はレベルが違いすぎて擦れ違わなかったようで。

「 すみません・・・ 」 と、単に尋ねごとをしてきた方を
ブログの読者さんが 「 さくらさんですか? 」 と聞いてくるのかと勘違いしたり、
擦れ違いランナーから本名の姓で呼ばれたので、なんだかよくわからない方だけどブログの読者さんかなぁ?と
満面の笑みで手を振り返したら、わたしの後ろにいた方と同じチームTシャツの方だったり。
( つまり私の真後ろの方に声を掛けたようなのですが、姓が同じだった?似ていた?ということのようで。 ) 
うぬぼれすぎて変な意味で疲れました。(T_T)
自意識過剰ってやつですね・・・。

では、詳しくはまた改めて。
取り急ぎ結果だけ報告します。

最後の最後、猛烈デットヒートを繰り広げ、大阪に続いてまたぜぇぜぇ必死のゴールでした。



今日も、キャップからソックスに至るまで、汗見川と同じウエアで。
汗見川、大阪、茂平と三大会連続 ソックス以外全く同じウエア。
大阪に続いて今日もとっても暑かったです。


応援ありがどうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

忘年会

大忙しの一日、まだまだ しなければいけないことはたくさん残っていますがとりあえずブログ更新っ。

今朝は、定時を過ぎて雑務をしながらウトウト。
まさに 「 寝落ち 」
ハッと気づくと意識を失っていてうなだれていて。

仕事が終わって帰宅して、PCつけてブログ巡りしながらまたウトウト。
お風呂に入って、お湯につかりながら、ウトウト どころか 爆睡。
お風呂から出て、髪の毛も乾かさないままベッドにゴロンで 寝るつもりは全くなかったのに、また爆睡。
起きたのは、13時を回ってから。
髪の毛を乾かさずに寝ることはほとんどないのに・・・ やっちゃった。

起きてから急いで乾かして、爆発気味の髪の毛で講習会へ。
14時から会社で1時間の講習会に出席。
15時から会社近くのスーパーで買い物してから、白髪染め。
今日の忘年会と明日の茂平ハーフマラソンのため、美容院へ。

いろんな会話の中で、このあとの予定を聞かれたので忘年会だというと
「 髪の毛 巻きますか? 」 と。 せっかくなのでお任せでしてもらいました。

IMG_4115-_2014112222433269c.jpg
予定外に巻いてもらったので時間オーバーで、帰宅後が大忙し。
急いで着替えて、すぐに飛び出して お迎え二人。
わたしはアルコールを飲まなくてよく、しかも一番山奥なので 二人を乗せて行ってあげることに。

某所から スカートでと指定があったので、何年ぶりかのスカート。
普段は洗濯の手間を考えてほとんど着ないニットも引っ張り出して、おめかし終了!
相変わらずリップクリームだけという手抜き顔ですが。
もう少し時間があれば、ネックレスくらいつければよかった。

忘年会の前に三越に行き、おこわとジョアンのパンを無事に購入。
そのあと忘年会でしっかり食べてきました。
カーボローディングは全く意識せず。
カフェインは・・・ジャスミンティ 2杯飲んだから、しっかりカフェインかな。
そのあと4人を送り届けて22時には帰宅。

さて、今日は忙しくて片付けも洗濯もサボったままなので、今から洗濯などをして
それから明日の準備をしなくちゃ。
全く何も準備していないので、ゼロから。

急がなくちゃ。
というより、慌てて忘れ物が無いようにしなくちゃ。

ハーフなので、全く気負うことはないのですが
マラソン大会前日に飲み会で、スカートとヒールで出掛けて来たって・・・なんだかとっても不思議な感じ。

明日は、4時起き?
楽しく走ります!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
神戸やほかの大会に出られる皆さん、頑張ってくださいね!
Category: さくら日記

明日は忘年会

ハーフマラソンではカーボローディングなんて全く意識していないのですが
なんだかとってもカーボローディング。  笑

昨日の朝は イカの甘く煮たのと ご飯一膳と、菓子パン2個
お昼寝から起きて、菓子パン1個
17時過ぎの自宅での夕飯が、醤油ラーメンと菓子パン1個。
ん? イギリスパンも食べたような。
とにかくパンが好きなので、いつもパンを食べています。

菓子パンはカロリーが高いといいますが、フランスパン系の硬いのが好きなので
チョコだのバターだのの菓子パンほどではないかと思われ。

いつ何を食べても、食べた後に寝ても、太る心配はないし
食べた後に走っても、それでお腹が痛くなるとかはないし。
食べても食べても太らないのは幸せなのか、無駄なのか。

あ、また話が逸れました。
会社での夕飯は、おうどん + 生野菜サラダ + ほうれん草のお浸し×2

事前注文制の社員食堂。
サラダや小鉢の副菜は、余分に作っていることが多く、余った時はよくサービスしてくれています。
サラダが二つだったり、トマトが大盛りだったり、昨日は ほうれん草のお浸しが二つ。
鉄分補給にぴったり~。


さて、今夜は4勤4日目で夜勤遅番。
それが終わったら、明日は・・・

☆ 月に一度の講習会  ( 1日に3回あって、どの回に出ても可 ) 
☆ 美容院予約済  ( 時間変更検討中 )
☆ 会社の忘年会 19時~21時
☆ 忘年会の前に近くのデパ地下で おこわ・ジョアンのパン・有名どころのカステラ 購入予定。
☆ ポンジュースを買う  ( スーパーかコンビニで )

なんだかものすごく忙しそう。

会社の忘年会・・・やっぱり夜の宴会らしく、ほんの少しはオシャレをして行くべき?
さすがにジーンズではなく、靴下とスニーカーでもなく? 
でも翌日、ハーフとはいえマラソン大会。
マイカーで行くので、歩く距離は短いとはいえ、履きなれない5cmヒール? 
う~む。

最近、ランニングウエアやジャージ姿ばかりなので、過去のオシャレ着姿を。 ( いうまでもなく左 ) 
2013年6月。 マキマキしているのは友だちからの借り物です。 (^^ゞ
CIMG0038.jpg b2CIMG9515.jpg
やっぱり右のほうが わたしらしい・・・。


とりあえず寝ます。
明日は寝られそうにないので、今日のうちにしっかり寝ておかなくては。
おやすみなさい。

茂平マラソンは汗見川と同じウエアで走ります。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

コメントありがとうございます!
お返事は、脳が起きているときにさせてくださいませ。
( 今は コメレス担当のメインの脳は半分寝てるので・・・ ) 

一応走っています。

IMG_4071.jpg
大阪マラソン2014  “ ネットタイム ” に合わせた時計
43.49km走ってます。
詳しくは また別記事で。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


えと・・・大阪マラソンの記事で取り繕っている感がありますが
なんとなくは走っています。

仕事が夜勤のため、一日の出来事を、夜 寝る前にブログに書くというのが無理なので
翌日になってから昨日の報告というのも多々あって ややこしいことになっていますがごめんなさい。

昨日は・・・ 前日の準夜勤を終え帰宅したのが 午前 3時。
それから下書き状態だったブログを書きあげたのが 午前 6:25。

それから、ブログ巡りしてから寝たのかな?
夜勤早番でしたが、夕方に走れたら走ろうと思っていました。
久しぶりに お風呂に の~んびり浸かりたいと思っていて、
16時にアラームをセットしていたのですが、結局起きたのは 17時。

それから走ってきました。
ばぁばが留守だったので、お風呂をためるのを頼めず。
夜勤早番ですし、お風呂にのんびり入りたいし、夕飯もまだだし、ということで
“ お風呂がたまるまでの時間限定 ラン ”

前に住んでいた家は、湯量設定がついていたので、自動でお湯が止まりましたが
今の家にはそういう装置はなく、だいたい20分で適量になるかと。
25分を超えると、お湯が溢れるかな?
ということでカラン全開より少し戻してお湯を出し、それから GO!

わたしの一番苦手とする、寝起きラン。
でも、お風呂が溢れださないうちに帰らねば!
距離は???

6'00/km でも 4km以内
7'00/km なら 3kmくらい。
とかいっているうちに蛇口をひねってから、走る準備で数分経過っっ!


ブログに書くのが遅れていますが、その前日も走っていて、二日連続。
1分程度のストレッチ (?) で走りだしたら、意外と身体が軽くて。
寝起きなのに?

どうせ長い距離は走れないのだからと、セーブすることなくガンガンかっ飛ばして走ってきました。
意外と速かった。 ( もちろんわたしなりにという意味で。 )

3.3km走って、100mか200mかをダウンがてら歩いて帰宅。
普段は一度自分の部屋へ行き、着信やメールが無いか iPhoneをチェックしてから次の行動に移りますが
お風呂が危なかったので、そのままお風呂へ。
お湯が溢れる3分前!という感じでした。 ぎりぎり~。
あと500m多く走っていたら溢れてたな。 やばいやばい。

  ちなみに・・・携帯には着信が数件。
  同じ人から何度もかかっていました。(T_T)
  このところバタバタしまくりで、携帯が手放せない日々。
  でも、走っているときは携帯は 部屋でお留守番っ。

随分寒くなりましたが、かなり不規則な生活で、滅多にお風呂をためないので ( シャワーのみ ) 
たまにお風呂に入ると幸せ~♪

そのあと夕飯、そして 出勤まであと50分あるから 前日分と合わせて2回走った分のブログを書こうと思っていたら
会社から電話。 『 すぐ来て~! 』
電話を切ってから3分経たないうちに家を出ていたと思われ。

夜勤遅番の相棒くんも緊急呼び出しで、気になったので聞いてみましたら
なんと夕飯を食べる前だったので 夕飯抜きで仕事に来たそう。
 
昨日の相棒くんは、事前注文制の社員食堂での夕飯を頼んでおらず、休憩中にはよく菓子パンを食べているのですが
さすがに夕飯抜きではかわいそうと思った上司が、 『 俺の飯を食え 』 と。
そして、本来なら私が先に休憩に行くのですが、休憩の順番を代わって 相棒くんが先に。

緊急呼び出しに素直に応じて、食事もとらずに駆けつけてくれるなんて、可愛い後輩。
だからこそ、こうして上司が自分の食事を無償で譲ってくれたり、休憩の順番を代わったり。
人間は鏡ですものね。

仕事なんだから当たり前とか、給料払ってるんだから当たり前とかじゃなく
やっぱり物相手でも機械相手でも、どんな仕事でも 人と人とのつながりで仕事をしているわけで。

この相棒くんと接していると、職場の先輩として対応しつつも やはり母親目線というのも入ってしまい。
相棒くんに対して母親感情で接するというよりは、自分の息子に置き換えてしまうというか。
文章にするのは難しいですが。

若い男の子が、空腹で肉体労働をしているなんて聞いたら、堪えられないわけで。
本人が遊びすぎて夕飯の時間が無かったとでもいうなら別ですが、会社の都合で。

ということで、話がぶっ飛びましたが、今日も 同じペアで夜勤ですが二人とも早出残業。
ふぅ。
ま、今日は 早くから分かっているので、いいんですけどね。

昨日みたいに、家を出るまであと50分という時に 「 1時間早く来て!すぐ来て! 」 と言われても
対応するのは難しいですから~っっ。
昨日はたまたま夕飯も終わって、お風呂も終わって、歯磨きも終わっていたので良かったです。


走るネタから、突然こんな話になったのは やはり2号の職場トラブルが尾を引いているわけで。
沸々とお腹の中に抱えるものがあって。

昨日は、交通事故の相手の保険屋さんからまた電話があって。
事故に遭ったのは 11月6日。
昨日は11月19日。
いつまで長引かせるの?ボロボロになったiPhone5Sを 無理して使っているのに。
やはり保険屋さん同士の話し合いではないから、足元を見られている感が・・・。

わたしがすぐに自分の保険会社に問い合わせをしたのは
保険金が欲しいからではなくて、わたしに代わって話し合いをしてほしいからだったのですが
そういう対象の保険に加入していなかったのはわたしの手落ちでした。
いい勉強代と思うしかないのかな。

それにしてもいつになったら解決するのやら。
保険金が欲しくて揉めているわけではないのですが、 ( 全く提示すらされていませんし、揉めるつもりもありません。 )
iPhoneの件でいつまでもぐずぐず。
1号がiPhoneがいいというのでわたしもうちの三人は皆iPhoneですが、こういう時にややこしい~。

ということで、話を戻しますっ。

ラン記録  ( ジョグだけど ) 

大阪マラソンの後、久しぶりに走ったのは 11月12日。
【 2014年11月12日 6:33開始、7:06終了 5.30km 0:32:39 平均 6:11/km ナイキ 】
6'22 - 6'26 - 6'25 - 5'52 - 5'54

その次が 一昨日 
【 2014年11月18日 15:40開始、16:22終了 6.3km 0:41:50 平均 6:40/km ナイキ 】
6'26 - 6'42 - 6'58 - 6'36 - 6'38 - 6'33 


15時までにブログを書き終え、15時~走って、シャワーして食事して 準夜勤に行くという手筈が
ブログを書くのが長引いて、走り出すのも遅くなってバタバタ。

いいお天気で、日没前に帰宅するから寒くはないはずと半袖と長ジャージで行ったのですが
いつも通り1km走れば身体は温もって汗ばんできて。
でも、帰りに指先が冷たくて冷たくて。
まだ西日がさす時間で、身体は汗をかいているのに、指が冷たいっ!!!

40分ほど走る間に、三人のランナーさんと、一組のウォーキングの方と擦れ違いましたが、皆さんとごあいさつ。
わたしはイヤホンで音楽を聴きながら走っていますが、でも わたしが 「 こんにちは~! 」 と言うと
同時とか、あとからとか、挨拶してくださったのはしっかりわかりました。

そして、一年前の冬によくお会いしていた わたしよりはずいぶん年上の女性と再会。
お互い思い切り笑顔であいさつしました。
お名前もなにも知らないのですが、女性ランナーというだけで親近感。
あの方は、愛媛マラソンに出られるのかな~。


昨日は・・・ 17時までベッドで本格的に寝ていて 
【 2014年11月19日 17:16開始、17:35終了 3.30km 0:19:03 平均 5'49/km ナイキ 】
6'01 - 5'48 - 5'31 


前日の失敗を踏まえ、半袖 + 長ジャージ + 手袋
手袋が真冬用なので分厚くて恥ずかしかったのですが、快適でした。

茂平は、昼間だから手袋はいらないかな・・・。

さて今日も夜勤早番 + 1時間の早出。
寝なくちゃ!


練習してないから 茂平はファンランにする~とかいいつつ、いや意外と走れる?とも思ったり。
走り出してから決めることにします。
おやすみなさ~い。

ジョギンクカテゴリー1位復帰。
応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
  

大阪マラソンレポ【10】 準備

大阪マラソンレポ 残り少なくなってきましたが今回のお題は、「 準備物 」 です。
10月22日の自分の記事をほぼコピーですが、一応レポとして追記修正して。
それから、大阪マラソンレポは もうすぐ終了ですが、大阪マラソンの旅行記としてはまだまだ続きます。
よろしくお願いします。(*^^*)

その前に・・・書き忘れていたこといくつか。

CIMG9957.jpg
師匠が作ってくれた ( 計算しただけともいう ← かなり失礼発言 ) ネットのラップ表。

CIMG9958.jpg  第一目標は、内心無理とわかっていながらも ネットサブ4.5なので、わたしの時計をネット、師匠の時計をグロス
にすると決めていたにもかかわらず、なぜかわたしのナンバーカード裏への記入は、
スタートロス15分としての グロスサブ5 。
( トイレを含んでいないけれど、行くだろうなという予想。でも結局は行かず。 ) 

結局、時計はネットで この表はグロスで、時計の距離表示と実際の距離は違うしで
もう何もかもがぐだぐだ。
途中からは時計も この表もほとんど見ませんでした。
師匠がペースセッターを ( つまり計算も ) してくれるので、任せっきり。

ネットがどうとか、グロスがどうとか、
ネットサブ4.5という高望み目標とか・・・ いまさら何を語っても・・・ もう 「 結果よければすべてよし! 」 ってことで。
強制終了っ。


あと、もうひとつ書き忘れていたのですが、とにかく10月26日の大阪は暑くて。
今回は、師匠とべったり併走しなかったことは何度も書きましたが、
もちろんお互いにどこにいるかは常に認識していて、左前にいるとか、右後方にいるとか。
お喋りできるほど近くにいたのは、最初のほうくらいかな???

大阪マラソンは、高架の下を走ることが多くあったのですが
あまりにも暑いので、高架の陰になるところを選んで走っていました。

走路全面が日陰になるわけではないので “ 足元は日なただけど上半身は日陰 ” になるよう
ちゃんと確認して走っていたのですが、あとで師匠から 『 日なたを走ってたね。 』 とツッコミが。
離れたところにいる人から見れば、日なたを走っているように見えたかもしれませんが
ちゃんと計算して走ってましたよ~だ。  ・・・と、勝ち誇ったようにいう弟子。

あと、ちょっと疲れたから沿道の応援をもらって元気になりたいという時は左端を走ったり
もう心底疲れ切って沿道の応援に応える気力すらないという時は、右端を走ったり。
気分に応じて走る位置を変えていました。
とにかく、常に 最後の最後まで人の波の中にいたので。


それにしても本当に、異常な暑さでしたから、過去最低の完走率というのも分かる気がします。
救急車が何台も通ったり、車椅子で運ばれる人も多数。

ところで、救急車で病院に運ばれた人の荷物は???
あとで係の方が病院に届けるのかな?
携帯は持っているか預けているかそれぞれだと思いますが、身体一つで救急車で運ばれたら
保険証はもちろん、着替えすらないということで。
それから医療費は? 保険に入っているから ( 参加費から支払われているから ) ランナー負担はないの?
自分にはずっと無縁でありたいと思いつつ、ちょっと気になってしまいました。

走る前に、同じ会社の師匠と話していたこと。
「 もしも ( 県外の ) 師匠にアクシデントが起きて、途中リタイヤになっても、わたしは一人でゴールする。
その代り、わたしにアクシデントが起きて途中リタイヤになっても、師匠には一人でゴールしてもらう。 」
( 救護所にお世話になってバス収容の話であって、救急車レベルの場合は、もちろん別  )

その時の同じ会社の師匠のツッコミは・・・
ココを読んでくださっている皆さんと同じだと思うので、あえて書きませんっっ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


では、本題の準備物編。
ピンクの文字が 走った後の追記分です。


【1】 手持ちトートバッグに入れておくもの
【2】 旅に必要なもの ( 走る以外のこと ) 
【3】 走るときに必要なもの
【4】 預け荷物に入れるもの

【1】 手持ちトートに入れるもの

☆ iPhone
☆ マスク  ( 前日の電車内と前日受付の混雑時、感染症予防のため着用 ) 
☆ 財布  ( 大都市マラソン限定・suicaも ) 
☆ ノート・ボールペン
☆ リップ
☆ ハンドクリーム
☆ ハンドタオル
☆ iPhone簡易充電器  ( 機種変更したばかりで電池の持ちがいいので結局使わず )  
☆ コンデジ 
☆ 保険証  ( まさかとは思うけれど万が一に備えて )  
☆ 免許証  ( 受付での本人確認に必要  ) 
☆ ナンバーカード引換証 


【2】 旅に必要なもの

☆ 寝る服 ・・・ ホテルの浴衣のようなのは肌蹴てしまって嫌なので。
☆ スリッパ ・・・ ホテルのビニールのスリッパは苦手。  ( 安くはないホテルなのにビニールのスリッパでした。 ) 
☆ 着替え ・・・ 日曜のジャージと、日曜日の夜用と、月曜日用  ( 結局 日曜の夜に着た服のまま。 (^^ゞ ) 
☆ 靴 ・・・ 土日はランニングシューズですが、レース後は楽な革靴に替える予定  ( 楽な革の靴に替えました。 ) 
☆ ハンドタオル予備 ・・・ ハンカチはもたない主義
☆ 洗面用品 ・・・ 使い慣れたシャンプー・コンディショナーと洗顔・化粧水・乳液 ( 化粧品は持ってないです。 ) 
☆ 薬 ・・・ 痛み止めと念のため抗生剤 ( 市販薬がダメなので )  ( 痛み止め2錠服用 ) 
☆ ハサミ ・・・ いろいろ役に立つから
☆ コンセント ・・・ 正式名が分からない。挿し口を増やせるもの 
☆ 透明幅広テープ ・・・ ゼッケンにラップ表やコース図を貼るため  ( 今回は不要でした。 ) 
☆ マスキングテープ ・・・ ゼッケンに痛み止めを貼るため、剥がしやすいマスキングテープで。
☆ 爪切り ・・・ もしも走り終えた後 爪に異変が起きたとき用  ( 今回も不要でした。使ったことない。 ) 
☆ 氷のう ・・・ 氷が手に入るのかな?  ( ホテルに氷はあったものの、面倒で使わず。 ) 
☆ ヘアブラシ 
☆ 一六カステラ・醤油餅 ・・・ 当日の朝食以降、走る前に食べるもの  ( 六時屋カステラに浮気。笑 ) 
☆ 大阪の伯母・従姉へお土産  ( 大阪マラソンならでは ) 

CIMG9961_20141029104446c79.jpg


【3】 走るときに必要なもの ホテルで準備編

☆ ウエア 上下
☆ ネックレス ( とくしまマラソン前日受付会場で買ったコリ予防 (?) のもの。効果のほどは全く不明。※個人の感想です。 )   
☆ ウインドブレーカー・ジャージ
☆ 日焼け止め  ( 10月末だと甘く見ていました。もっと丁寧に塗ればよかった。 ) 
☆ ワセリン
☆ テーピング ( 膝・足裏 ) 
☆ シール  ( とくしまで買ったものにしましたが、ファイテンのほうが効く気が。気のせいかも? ) 
☆ 靴下  ( 毎回5本指 ) 
☆ ナンバーカードに痛み止め薬とリップを貼り付けておく  ( リップは走りながら一回つけて、まいどエイドの後にも つけたかったけれど、それどころではありませんでした。 ) 
☆ GPS時計
☆ サングラス  ( 近眼なので度入り。スポーツ用ではない一般の安価なもの。 ) 
☆ ポリパック ( フェリシモの柄付ポリ袋をポケットに入れておく。万が一の吐き気対応  )  ( コレ、意外と重要かも。ばぁばが実際に見たシーンで、嘔吐しそうになったランナーが、嘔吐する場所がなく、とても大変そうだったと。結局、道端の走路と応援の方のギリギリの隙間に嘔吐したそうなのですが、緑いっぱいの田舎のコースでも、道端で嘔吐するのはなかなか大変。嘔吐しそうになって我慢すると後がものすごく大変なので ( ←自ら経験済み ) これ、わたし的には重要。ポリ袋一枚なんて、全く邪魔にもなりませんし。 ) 

IMG_3990.jpg



【4】 預け荷物袋に入れて行くもの 

※ 走るまでに必要なもの
☆ 帽子
☆ リストバンド2個   ( 暑かったので左手は素肌に時計を付けました。 ) 
☆ 防寒グッズ  ( 手袋・合羽・アームウォーマーなど )  ( 結局使ったのはレインコートだけ。 ) 
☆ おやつ  ( スタートまでに食べるカステラとプチトマト )  
☆ お金   ( 1万円分を崩して用意しておきました。大阪城までのタクシー代と、ゴール後のホテルに帰るまでの飲食物代だけなのでそんなには要らなかったです。 ※電車はsuica ) 
☆ デジカメ
☆ レース中に着るポンチョ ( 雨合羽を脱いでから必要なら着用 )  ( 暑かったので不要 )  

※ 走り終えてから必要なもの
☆ タオル
☆ 汗拭きシート
☆ 着替え 上のシャツ
☆ 靴下
☆ 冷えピタ・湿布  ( どっちだったか、着替え時に膝に貼りました。 ) 
☆ レジャーシート  ( やっぱりあると便利。女子更衣室では使用している人多数。 ) 
※ 追記 雨予報だったら折り畳み傘

IMG_3865.jpg


あと・・・ ココを読んで参考にしてくださっているという方がいらっしゃるので、書き足しておきます。
わたしには、全く無縁なのですが、補給食のこと。

吸うゼリー等を用意するときは、一度キャップを開けておくといいそうです。
最初は意外ときつく締まっているので、何でもない時なら簡単に開くものが、
フルマラソン中で、指先が冷えていたり、身体が疲れ切っていたりすると、案外開かないこともあるそうで。

それからポケットに入れる場合は、角を丸く切っておくと肌に刺さらず、いいそうです。
わたしは補給食は持たずエイド頼りなので、そういうのは無縁ですが、
いろんなブログで紹介されていたので書いてみました。
よそ様のお知恵を勝手に拝借ですが。

ということで。
あとはGPS時計編を書いたら終了です。
茂平までには書き終えなくちゃっっ。

応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

大阪マラソンレポ【9】 前日受付

大阪マラソンレポ、残すところあと2回。
今回は、前日受付のことを書きます。

大阪マラソンは、当日受付はナシで、代理受付もナシ。
必ず本人が、事前受付をする必要があります。 ( 前々日でも可 )

今まで、身分証明証が必要と言われたことはありますが、実際に提示したのは初めて。
受付の一番初めに、身分証明書通りの本人かの確認が行われました。

ちなみに、その確認は すべて60歳以上と思われるおじさま。
ゴール後の感想メダルを掛けてくれるのは、若い女性。
一口にボランティアといっても、年齢や性別に応じた配置になっているのですね。


25日 (土)

飛行機で伊丹に着くわたしと、新幹線で新大阪に着く師匠。
合流して、梅田のホテルに荷物を預け、電車でインテックス大阪へと向かいました。

昨年は、土日共通大阪マラソン用の乗車券が発売されていたそうですが、今年はないそうで
師匠は地元のカードで、わたしは愛媛県人ですがsuicaで。
わたしは大阪の地理には疎いので、大阪へ出張に行くことのある師匠に付いていくだけ。

CIMG9937_20141118141437caf.jpg  11:26 コスモスクエア駅に到着。
電車内はランナーでいっぱい。

CIMG9938_20141118141438f29.jpg  事前案内には、徒歩約15分と書かれていますが、10分ほど歩いてインテックス大阪へ到着。
前日受付の人の警備のため、交差点にはたくさんの警備員さんが。

CIMG9939.jpg  フィニッシュゲート

IMG_3872.jpg  明日、ココをいつごろ、どんな感じで駆け抜けるのでしょうか?
右下にどなたかの指が写っていますが、しっかりバリケードがされ、この先には進めないようになっています。

CIMG9940.jpg  一度、建物内に入り、真ん中の広場で幾重にも折り重なって並んで並んで、やっと3号館へ。
この画像は、入口目の前ですが、まだ入れるわけではなく、更に進んで折り返してからの入場になります。
わかりやすく案内があるので、迷うことはないのですが、巨大テーマパーク並。

さすが3万人・・・と、いきなりの洗礼を受けた感じですが、レース当日は拍子抜けするほど混雑に合わず。
何をするにしてもビンゴの時間帯というものがあるようで、
わたしたちが受付をし終えて、同じ場所を通った時、たくさん重なっていた列は、
一本のまっすぐな線になっていました。

CIMG9942_20141118143026cc6.jpg  まずは本人確認。
免許証 ( 他のものでも可 ) が必要とのことでしたが、ホテルに荷物を預ける際
免許証も預けそうになりましたが、直前に気づいて事なきを得ました。
わたし自身が普段は免許証を持ち歩かないので、「 免許証免許証・・・ 」 と忘れないように必死だったので
そこで確認しておいてよかったです。
代理出走とかしないよう、かなり厳しいチェックだったようなので、もし免許証を忘れていたら・・・ 怖っ。

本人確認の後は、ナンバーカードの受取。
番号順というわけではなく、ペアエントリーは、ペアエントリーの受付場所があって、そこへ。
隣にいた方は、 「 ペアエントリーですが、相棒は今は居ません。別々に来ます。 」 とのことでしたが大丈夫でした。

ここで、ナンバーカードと、他に幾つか、そしてペアエントリーだけの参加賞 アームポーチを受け取りました。

CIMG9943_201411181430278b4.jpg  3号館へ入るまでは長い列に並びましたが、入ってしまえばさほど混雑はなく、そこそこスムーズに。

このあと、記念品のTシャツ引き換えで、サイズ別に並ぶのですが、わたしは勝手にMだと勘違い。
別のサイズの師匠と別れて、Mの列に並び、
ナンバーカードのバーコードチェックを受け、名前などに間違いがないか、表示を見て確認。
MサイズのTシャツを受け取ろうとしたら、ボランティアの方と目を見合わせ、 「 Sですね~! 」

申込みも、完走予想タイムも、Tシャツサイズの指定も、すべて師匠に丸投げだったので、
そういえぱSにする?と聞かれた気もしますが、すっかり忘れていました。
“ Tシャツサイズは申込みから変更できません ” と何か所にも書かれてあって、Sの列へ並び直し。
またバーコードチェックを受けたのですが 「 確認済み 」 との表示でした。 すごっ。

どの時点だったか、預け袋とは別に、ここで受け取ったものを入れる袋が配られ、
手がふさがったり落としたりする心配はなく安心でした。

CIMG9944.jpg
流れに沿って進むと、3号館2号館でエキスポ。
すっごい人~。人ヒトひと。

いろんなところでいろんなパンフレットや試供品をいただきながら進む進む。
オールスポーツの写真撮影は、少し並んで待って別々に撮っていただきました。

IMG_3874.jpg
eo光のブースで。
こちらは自分のデジカメやスマホを渡して撮っていただけました。
「 ナンバーカードを持って 」 ということなので、ランナー限定のサービスだったのかな。

CIMG9945.jpg  3万人の名前が書かれたボード。
テーマカラー別であいうえお順なので、すぐに見つけられますが、3万人の中の一人・・・。
改めてすごいです。
自分のテーマカラーしか見ていませんが、同姓同名の方はいらっしゃいませんでした。
せっかくだから他のテーマカラーも探してみればよかったかな?

ミズノのブース ( ショップ ) で、何か記念になるものを買おうかな?と思っていましたが、とにかくすごい人。
レジを見ると、クレジットカードで 20分待ち、現金で30分待ちだったかな?
とにかく支払いだけでも一苦労ですし、特にどうしても必要なものもなかったので、何も買わず。

一通りいろんなブースを見て回りましたが、なにをするにも大行列なので
オールスポーツと eo光のブースで写真を撮ってもらっただけで、あとはもらえるものはもらって (笑)、エキスポは終了。
すごく楽しみにしていましたが、予想通りというかなんというか。

IMG_3969.jpg  一番左は預け荷物袋。
真ん中は、エキスポのどこかでもらったリュックになる袋。右は、当日ゴール後にもらった給食入れ袋。
ここには写っていませんが、最初に 「預け荷物袋と御揃いの一回り小さな袋 」 ( 下の唐揚げの背後にある袋 ) を
もらっていて、他にも、あちこちのブースで袋をもらったので、帰宅後は袋だらけ。笑
前にも書きましたが、リュックになる袋がそのあとも大活躍でした。


楽しかったのですが、人が多すぎて。
でも、すっごいお祭り気分で、気持ちは盛り上がりました。

CIMG9947_20141118143031936.jpg
ひたすら流れに沿って進むと、1号館へ。
うまいもん市場。

袋の中は前日受付の大事な資料のほか、エキスポでもらった試供品などが多数。
当初はここでランチにしようと計画していましたが、人ごみで疲れたので
ランチはゆっくり座って食べられるところにしようと変更。
とりあえず空腹をいやそうということで、列の短いところでとこ焼きと唐揚げ。
大阪らしい・・・には程遠いタコ焼きでしたが、まぁ・・・。

CIMG9948_20141118145532502.jpg  周りにいた人たちと譲り合いながら写真の撮りあいっこ。
とにかく暑くて、パーカーすら要らず、半袖1枚でいいくらいでしたが、
3号館2号館は人の熱気も合わせて、暑くて暑くてぐったり。笑
かき氷の屋台が欲しいほどでした。

このあとは、コスモスクエアの駅まで帰る途中でランチ。
それから電車を乗り継いで梅田のホテルまで帰りました。

前日受付、パワフルで人の熱気がすごくて、気持ち的にすごく盛り上がって
「 もう十分堪能した~♪ 」 と勘違いしそうになるほどでした。
本番は、42.195kmを走ることなのに。



ということで、大阪マラソンレポ 前日受付編でした。
あと、準備物編で最後になります。

さて、大阪マラソン以降、びっくりするくらいサボりっぱなしですが、そろそろ走ってきます。
では!


ジョギンクカテゴリー 久々の2位転落。
応援よろしくお願いします。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

オールスポーツの写真購入

オールスポーツ
本当は、これを載せちゃいけないのかな?
でも、買ったからもういいですよね?

このところよくない事ばかりが続いて、ストレスもたまりにたまって
気分転換に ポチっと。 

ブログにオールスポーツの写真を載せている方がおられて、
心底羨ましかったのですが、えぇぃっ!と わたしも買っちゃいました。
2L写真一枚 ◎◎円と聞くと、到底高くて買えませんが、自分が写っているもの 全~部 ひっくるめて CDデータで。
高いか安いかといえば、十分高いのですが、いい記念だし。

残念なのは・・・
師匠と一緒に写っている写真がほとんどないこと。
それと、師匠のナンバーで検索すると、隣に わたしが写っていて しかもすごく頑張って走っている姿なのに
わたしのナンバーで検索すると、表示されないものが複数あること。
ナンバーカードが腕で隠れてしまっているからなのですが。(T_T)
わざわざ別に買うのは高すぎて無理なので、それは諦めるとして。


大阪では かなりお金を使いました。
大阪マラソンの経済効果はいったいどのくらい?
その中にわたしの貢献はどのくらい?
眼に見えないくらい微々たるものでしょうが、県外からの宿泊を伴うランナーが
経済効果に大きく貢献しているらしいので、わたしもその一端を・・・ 言い過ぎ (^^ゞ

大阪マラソン2014 のことが書かれたブログがあれば読んでいて
当たり前ですが、自分の知らない世界のことがいろいろと書かれていて。

ランナーに浴びせられた厳しい言葉や、
体調不良で途中棄権された方の生の声、
楽しかった!また走りたい!という声や、わたしと同意見の声。

もうブログ村の新着記事で 大阪マラソンのタイトルを見ることはなくなってしまいましたが
わたしはまだ終わっていないので、まだまだ続きます。
大阪マラソン自体のレポは、ゴールし終えて、インテックス大阪も出たことですし一旦終了して
「 大阪旅行記 」 として綴っていく予定です。
あ! 前日受付のことをまだ書いていませんでしたから、それはレポで書きます。

飛行機のこととか、新大阪に行って新幹線を見送ったこととか、伊丹空港とか。
よろしければ引き続きお付き合いくださいませ。

あ、オールスポーツの写真も 購入したらブログで公開できるので
可能な範囲で公開していきたいと思います。
嬉しそうに走っているので、モザイクなしで・・・といいたいところですが、歯並びが最悪なのでモザイクで。
ちなみに、前日受付で撮ってもらった写真は脇汗がひどくて悲しい姿になっています。
ほんとっっ 暑かったですがあんな姿になっていたとは…。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


さてさて。
今朝、久しぶりに同じ会社の師匠に会いました。
本当に同じ会社の人なのか?と思うくらい擦れ違いばかりですが、久しぶりに。

随分走ってないことをいうと 『 3kmでもいいから走るといいよ。 』 とのアドバイス。
もう一人の師匠と全く同じアドバイス・・・。

『 長く走るのが嫌なら、短くてもいいから走るといいよ。 』 と言われるのですが
長く走るのが嫌で短ければいいという問題ではなくて

“ 準備して 着替えて 玄関を出るまでが億劫 ” なのです。

一度走り出したら、3kmでも5kmでも似たようなもの。
5kmでも7kmでも似たようなもの。7kmでも10kmでも似たようなもの。
じゃあ3kmでも10kmでも似たようなものか?と言われると、究極にいうなら YES かな。
いやいやいや、全然う?

わたしの感覚では 10km以下と 10km以上は大きく違いますが 10km以内だったらそう大きな差はないかな。
なんてエラソーに言ってたら 「 じゃあ毎回10km走れ 」 と言われそうですね。
今は 絶賛サボり中ですが、普通にコンスタントに走っているときは 一度に走るのが 7kmか10km。
10km以上走るときは、かなり気合が入っている時です。

いろんな方のブログを読んでいると、 『 少しだけ走ってきました 』 で10kmだったり
月間 200km 300kmはいたって普通だし・・・すごっ!と思いますが、そこは人それぞれということで。
基本的に わたしの目標は、レース込みで 月間100km。

今月は、このままだと ハーフのレース込みで 50km以下・・・。
ち~ん。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨日の電話線騒動。
あれこれいろいろ挿し直してみたのですが、どうにもこうにもならず、放置して出勤。
1号に、線が抜けていてネットが使えないことは伝えておいたのですが
1号があれこれ配線を挿し直したら使えるようになったそうで。

“ 外れた ” と勘違いしていたモジュラーは、いま 固定電話のための配線が不調で
本来の接続とは違う方法にしているため “ わざと外している ” ようでした。
auの担当者に聞いたとき、電話で言われるがままに操作したので、自分が外したことを忘れていたみたい。
もうなにがなんだかわかりませんが、とにかく 来週工事に来てくれるのであとはプロにお任せしよう。

IMG_4093_20141117121015ef7.jpg  普段は、配線を全部まとめて段ボールに入れて、パソコンデスクの下に収納し、
その上にルーターなどを置いていますが、昨夜から この状態。

写っていませんが、すぐ隣にはFAX付電話機も。
いつ買ったものか全く覚えていませんが、もう一般家庭にFAXは要らないですよね。
床の上に置かれたFAX付電話機。

今は壁の中の配線が不調ということですが、そろそろ電話機を踏むとか蹴るとかして電話機本体も壊しそう。
わたしの部屋には1号2号も洗濯物を取りに毎日来るので、
床に電話機があるから気を付けてとは言っていますが、危険危険。

いろんなことがはやく落ち着きますように。
冷蔵庫が長生きしますように。


あ、大阪でお世話になった方へのお礼ですが、ポンジュースにしました。
お二方とも、お礼なんていいですよと言ってくださっていたのですが、ほんの気持ちだけ。
ポエムにしようか?ハタダ御栗タルト?今治タオル?と、
愛媛らしいものにこだわりたかったのですが、お二方ともランナーなので甘いお菓子よりは
疲労回復に効果があるという柑橘100%のポンジュースで。

スーパーFで特売だったので、1リットル6本入りの箱買いをしようとしたら、在庫が1箱しかなく。
そこで1箱だけ買って、宅配をお願いすると、ゆうパック。
別の日、スーパーMでも特売だったので、全く同じ1リットル6本入りを箱買い。
また宅配をお願いすると、クロネコヤマトの宅急便。

ポンジュース代金も、送料も かなりの違いがあって へぇ~!!!
全く同じものを、同じ大阪府宛に送っても、全然違うのですね。
受け取ってくださったお二方ともココを読んでくださっているので、
こんなことを書くのは失礼かと思いましたが自分の中で意外な出来事だったので書きました。
主婦だったら特売で買うのは当たり前ですしね。

ちなみにポンジュースが大好きな県外の師匠。
『 ポンジュースの特売があるなんて さすが愛媛県っ!! 』 と。
送りましょうか?と言ったところ、特売のポンジュースを送料かけて送ったら
定価で買うのと同じだからいいよ と。
確かに。

師匠の住む街にも、ポンジュースは売られているそうです。
大きな街ではありますが、ポンジュースは全国区なのですね。

愛媛を褒められたり、愛媛県産品を褒められたらうれしいです。
走った後は、柑橘ジュースがいいそうなので、みなさんぜひポンジュースを。


ポンジュースの 「 POM 」 は NIPPONのポンが由来ですって!!!
表記は 「 PON 」 から 「 POM 」 に変更したそうですが。
知らなかった~。


応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

また?

固定電話の調子が悪く、Fax付きの親機が私の部屋の床に居座っていて、本来親機があるべきの居間には子機あるという逆転現象中の我が家。

お昼までネットが普通に使えていたのに、先ほどふと見てみるとモジュラーが外れていて、デスクトップパソコンは使えず固定電話も使えない状況です。
iPhoneのWi-Fiがつながっているので、どういう状態なのかよくわかりませんが、出勤間際なので明日にでもまたauに連絡してみます。
何も触れていないのにどうしてモジュラーが外れているのか、元に戻しても全く言うことを聞かないのか謎だらけですが、パソコンがネットにつながるまで、コメントのお返事はお待ちください。
次から次からいろんなことが起きるものですね。
ではもう少ししたら仕事に行ってきます。iPhoneから音声認識での更新でした。

追記
iPhoneのWi-Fiはマークが出ているもののつながっていないようで、よくわからないのですが4Gに切り替えて更新します。
Category: さくら日記

大阪マラソンレポ【8】 42.195km 後篇

まだ待っていてくださる方はいらっしゃいますか・・・
大阪マラソン2014、レース本体のレポ後篇です。
前篇はこちら。 ⇒ 大阪マラソンレポ【6】 42.195km 前篇

5kmラップ new

フルマラソン3回目。
10km地点と大正橋で 伯母や ばぁばの応援を受け、5kmを33分ペースで順調に走っていましたが
背伸び目標の 「 ネットサブ4.5 」 は早々に不可能だと悟りました。
でも、ここは死守という 「 グロスサブ5 」 は、充分?可能だったはず。

初フルの高知では、師匠とほぼ併走していて、まさに師匠の作ってくれたペースにわたしがついていっていましたが
今回の大阪は、わりとわたしが好き勝手に走って、師匠がわたしを見守ってくれている感じだったのではないかと。
オールスポーツの写真を見ても、二人が一緒に写っているものがすごく少ないです。

調子に乗ってしまったのと、母が待ってくれているという気持ちからか飛ばし過ぎて
一度は速すぎることを注意されたりも。
ネットサブ4.5は諦めたものの、前半はいたって順調に走っていました。

でも、エイドの認識を誤っていて補給に失敗。
中盤以降、空腹と気持ちのダレから失速。
下半身は次々いろんなところが痛くなるし。

腕時計の km表示はもうハチャメチャであてにならず、コース上の表示は毎回見つけられていたわけでもなく
( 高知は 1km毎によくわかりましたが、大阪では人が多いのと、特に気にしていなかったのもありよくわからず。 )
なにより、お腹が空いて かなりやさぐれていて。

25km~30km 失速。
初めて感じた 30kmの壁?
体力的なものとか、脚がどうとかというのもありますが、精神的にダレたというか嫌になったというか。
「 走る楽しさが消えた 」 感じ。

わたし、どうしてこんなことしてるんだろ?と、自問自答。
今 思い出すと、それなりに全部楽しいのですが、走りながら なんだか沸々と哲学的に・・・。 笑

たしか30kmあたりかその手前でチョコを2粒いただき、少しだけ元気を取り戻し
痛み止めを追加で飲んで、すぐ先にまいどエイド。
そこで足を止め、エイドの補給食をいろいろ取りに行ったり、食べながら走ることで減速したり
ロスタイムがかなりありましたが、気持ち的にも体力的にも復活。
その後 35kmあたりで師匠が 『 このままだとサブ5が危ない! 』 と。

脚 ( 足 ) のあちこちが次々に痛くなっていましたので、ボーっと走りながら
「 脚が痛くて、5時間切れませんでした 」 とブログで報告することを考えたりしていましたが
師匠のその言葉に 「 もう諦める! 」 と即答。

高知も、今回の大阪も 「 う・・・・ん、もういいや~。 」 的な、だる~い返事ではなく
自分でもびっくりするほどはっきりと元気よく返事。笑
そんな元気があるならもっと走れ!と言われるくらい。

高知でのやり取りも鮮明に覚えています。
師匠から、グロスサブ5が危ういと言われた時 「 ネットでいい! 」 と言い返したこと。

公式プログラム3  前半が街の中心部、後半が少しずつ郊外へ向けて・・・というコース。

疲れ切ってやる気をなくしているころ、眼が痒くてこすっていたのですが
沿道の男性から 『 泣くな~!!!泣くのはもっと先だ~!!!泣くならゴールしてからにしろ~!!! 』 という声が。
その時は、あぁ、誰か泣いているのか。泣きながら走っている人がいるのね・・・。と思っていましたが
今思い返すと、あの声は もしかしてわたし向け?

先日見た、大阪マラソン中継録画の関門シーンでは見ず知らずの人を見て泣けるほど 
かなり涙もろくて、感動やさんで、すぐに泣いてしまうわたしですが、
マラソンレースで自分のことでは泣いたことはないです。

自分のことで唯一ウルッと来たのは、初フル高知での受付。
2月の寒い日、屋外の受付会場で 高校生ボランティアさんも、新聞受付の方も
とにかく人と接するたび 『 頑張ってください! 』 と言われ、じ~ん・・・。

大阪での あの 『 泣くな~!!! 』 という声が誰に向けられたものかは定かではありませんが、
あの声援は 『 心からの応援 』 だと しっかり理解しています。

応援の中で一番響いたのは 『 落選者です 』 というボードを掲げた人たち。
3万人に対して15万人の応募。
5人に1人しか受からないのに、抽選を勝ち抜いたわたしたち。
( ペアエントリーなので受かるにしろ落ちるにしろ二人一緒というのは確定 )

走りたくても走れない人が12万人もいるわけで。
走れる喜びを改めて噛みしめなくては!
といってもしんどいものはしんどいのですが。

35km地点で師匠がこのままではグロスサブ5が危ないと、ペースを上げ、きついのなんのって。
6'30/kmで走るよう言われますが、無理っ。
6'30/kmということは、32'30/5km

前半からずっとイーブンでというなら、それも可能ですが、一度失速したものを元に戻すのは どれだけしんどいか。
わたしの中では、このままズルズルとペースが落ちていって、5時間は超えると思っていたのですが
まぁスタートにあれだけ時間がかかっているし、下半身はあちこち痛いし、言い訳材料は揃った。という気分。

前半は、好きに走っていましたが、35kmを過ぎてからは師匠に付いていくのみ。
並走ではなく、師匠が斜め前を走って、距離がそれ以上開かないよう、付いていくのみ。
本当に、独りではぜっっったいに無理というペース。
でも、どうにかこうにかギリギリ必死で、まさに死にもの狂いという感じ。

それを7kmも続けたわたしってすごい。 ( 違っ

ちなみに南港大橋は、特に問題なし。
もともと坂は強いので、後半での坂は問題視していなかったのですが、やはり気にならず。
ペースを上げているのでそういう意味ではしんどいですが、坂だからというのは苦にならず。
それまでに何度も何度も聞いていたコブクロの 「 42.195km 」 の曲が流れていたのは嬉しかったです。

フルマラソンで、わたしが嬉しいのは、音楽での応援。
沿道の応援は、もちろんすごく嬉しいのですが、だいたいどれも一瞬。
いくら 6'30のペースとはいえ、すぐに走り去ってハイタッチ程度で 応援を堪能することは少ないですが 
音楽だったら、手前から 「 あ~演奏してくれている 」 と気づいて、目の前を走り去ってからもしばらく聞こえます。

高知では、沿道で中学生のブラスバンド、大阪では 高校の門のところで演奏してくれていました。
音楽での応援は、疲れた身体にもスッと入ってきて、嬉しいです。

南港大橋を降りたら、また景色が変わって。
湾岸地域というのかな?
普段山の中で過ごしているので新鮮な雰囲気。
前日受付で来てはいますが、海の近くを走るって新鮮。

38km地点のバナナには若干イラっと。
ここで給食要らんだろ~。しかもバナナ!!! 
38kmで給食作るくらいならもっと早く作ってほしかった。バナナ以外で


ペースは相変わらずでキツイキツイ。
先にも書きましたが、師匠は、斜め前を走りながら何度も何度も何度も後ろを振り返り、
わたしがついてきているか確認。

甘えは許されず、付いていくしかない状況で、必死で付いていきましたが
40kmを過ぎたあたりかな?いよいよゴールが近づいてきたころには
心臓バクバク、ふくらはぎの筋肉がコポッと全体が移動したというか浮いた感じにも。
本当に極限ギリギリの状態。

今思い返してもあのペーサーぶりはすごいなぁと。
単純に計算が出来るだけでもすごいと思いますが、わたしの状態を見てギリギリのところで引っ張るってすごい。
あと もう少し速かったら、きっと ついていけないと諦めていたと思われ。

「 ついていくしかない。ついていけば5時間切れる! 」 と 必死で付いて行っていましたが
わたしの時計はネットタイムに合わせていて、距離表示はハチャメチャで、自分の中では全く計算できる状況になく。

唯一わたしが計算できたのは、残り2kmの表示を見たところ。
わたしの時計は4時間34分だったかな? 33分かな?
スタートロスが12分だと思い込んでいたわたしは、14分残っているから、
もうこのあとの2kmは 7'00/kmで走れる~と勘違い。

師匠に 「 あと14分残ってるでしょ!? ( だからゆっくり走ろう )  」 と話しかけると 『 だめっ! 13分しかないっ! 』
えぇ~!!!
この時の落胆ぶりは、自分の中ではっきり記憶しています。笑

スタート地点を越えたときに、師匠に確認したはずなのですが、わたしはずっと12分と勘違いしたままで。
ラスト2kmで1分の誤差は大きい・・・。
結局、最後の最後まで必死必死。

沿道の応援に応える余裕は全くなく、本当は摂りたかった給水もカット。
ゴールゲートが見えてから、再度 ふくらはぎの筋肉がコポッとなって うわっ肉離れ!?と
恐怖を感じながらもどうにか無事にゴール。

オールスポーツの写真を見てみると、このあたりはちゃんと “ 走って ” います。
6'30とかそれ以下だと、普通に走っている写真でもなかなかそうは見えないもの。
姉から、 「 あれって走っているときの写真よね? 」 と確認されるほど、
止まって見えるというか、ゆ~っくり走っているように見えてしまいます。
でも、40kmくらいからゴール直前の写真は、ちゃんと走ってる~!!!
後ろ脚はちゃんと蹴り上げていて、 「 激走 」 という言葉がぴったり。

IMG_4030.png  向かって右端の時計の真下に居ます。
師匠は隣にいますが、前の通天閣男性に重なって肩しか見えていません。

素晴らしい導きで、4時間59分22秒という、素晴らしいタイムでゴールして、
「 立ち止まらないでくださ~い!!! 」 という声におされて、ひたすら前進。

IMG_4031.png  背景にゴールゲートが写っていますが、まさにゴール直後。 16秒後。
この笑顔で、これだけ普通に歩いていたら、「 必死で走ってきました 」 感は、とっても薄い気が・・・。

文章で、師匠に引っ張られてキツかった・しんどかった・肉離れしそうだったと散々訴えても
この映像のワンシーンを見ただけで 「 もっと走れたんじゃ? 」 と思い ( 思われ ) そう・・・。

走っているときは、本当に ひぃ~!!!となりながら必死必死でしたが
ゴールした途端、倒れこむこともなく 「 終わった~♪ 5時間切れた~♪ 」 と ホッ。

周りが広々としていて、座っている人がたくさんいたとしたら、わたしも座り込んだと思いますが
そうできる状況でもなかったので、流れに沿って前へ前へと。

周りでは、車椅子がたくさん用意され、実際に車いすで運ばれている方もたくさんいらっしゃいましたが
とりあえず肉離れになることもなく、無事にゴール出来、しかもきっちり5時間を切れたのでバンザ~イっ。


前日受付は、ビンゴの時間で混んでいましたが、
当日は、スタートまでもゴール後も 運営の面ではとってもスムーズ。
フル3回目、しかも3万人規模は初めての参加のわたしがいうには上から目線過ぎですが、
フル参加経験豊富な師匠も、大阪の運営はスムーズでよかったと言っていました。

看板表示やボランティアさんの案内は的確だし、大混雑というところは特になく。
もちろん人が多いのですから、それなりの覚悟はしていましたが
どこもかしこも、想定以上にすべてスムーズでした。

IMG_3921.jpg  ゴールして促されるままに進むと、すぐにインテックス大阪建物内へ入り、給水。
アクエリアスを一人一本そのままもらえます。
本来なら、そのまま先へ先へと進んで、完走メダル ⇒ フィニッシャータオル ⇒ 給食 ⇒ また給水 となりますが
少しでも早く座りたかったので、この給水の端っこの壁際に腰かけました。
たまたま椅子代わりになるような大きな台があって、座っても大丈夫そうだったので そこへ。
周りにも、同じ台に座っている人や、地べたに座っている人など、走り終えて休憩している人が。

fc2blog_2014102711513110e.jpg
そこで撮った写真。
さっそく靴紐を緩めています。

ブログを更新したり、ばぁばや姉とメールやLINEしたり。
息を落ち着かせて、一通り感動に浸って (?) 、やっと立ち上がって、次へ。

IMG_4008.jpg
完走メダル。
ちゃんと首にかけてもらえました。
とくしまでは手渡しで配られ拍子抜けでしたが、かけてもらえるとやっぱり嬉しい♪
ちなみにメダル係りのボランティアさんは若い女性でした。

そのあとフィニッシャータオルも肩にかけてもらい。
ひしひしと完走した~!!!という喜びが。
大きなトラブルがない限り、制限時間以内に完走できる自信はあったのですが、
高望みネットサブ4.5、それが無理でもグロスサブ5は死守。
高らかに宣言していたグロスサブ5は どうにか達成することが出来ました。

今回、大阪マラソンに出場して、今まで以上にバナナが嫌いになった感がありますが
メダル ⇒ タオル のあとは またバナナ~!!!
もう見たくもないわっっ。
ということで、一人一本ずつ配られていたので、一応受け取って即師匠へ。
バナナとあんぱんを入れるためだけの袋も直前に配られ、その親切さに驚きました。

IMG_3923.jpg  そのあと流れに沿って進むと、預けた荷物の受取。
建物内の床に並べられていました。
3万個の荷物が移動してトラックから降ろされてこうして並べられるシーン・・・見てみたかったな。

並ぶブロック順、つまりタイム順に預けるトラックが決まっていますが、
わたしたちはそのトラックの中ではかなり早い引取りだったようです。

ここでも表示はわかりやすくて迷うことはなく、
ナンバーカードを告げると、ボランティアさんが手際よく荷物を見つけて素早く運んでくださいました。
いつもどの大会でも思いますが、ボランティアさんの動きは素敵♪
疲れた身体にその俊敏さ・優しさが とっても嬉しいです。

そのあとも、指示に従って進むと、エスカレーターで上の階へ。
広い広い空間があり、休憩している人がたくさん。

IMG_3925.jpg
写真を撮ってもらって、師匠とはいったん別れてそれぞれ着替えへ。

女子更衣室に入ると、中はびっくりするくらい広い空間。
高知では、陸上競技場の更衣室を使用し、
とくしまでは テントの更衣室で大声で話せば全員に聞こえるくらいのさほど広くない空間。
( でも着替えるには十分なスペースでした。 ) 

大阪は、はぁ~!!!とため息が出るほど広い空間。
学校の体育館より広いほどの ただっ広いスペースが全部更衣室。

入ってすぐのところには、特に通路もなくそれぞれに場所を確保して着替えている人がたくさん。
広い空間の真ん中で着替えている人もたくさんいましたが、とりあえず歩くのに不自由はしなかったので
奥へ奥へと進んで、一番奥の突当りの壁際で着替えることに。

レジャーシートを敷いて、荷物を広げて。
着替えながら周りをキョロキョロ見渡しますが・・・すごいわぁ・・・。
わたしは温泉によく行くので、女性の着替えシーンを見ても珍しくくはないはずですが
なんというか圧巻。

友だち同志で和気あいあいと着替えている人はほとんどおらず、それぞれが黙々と。
わたしも汗拭きシートで汗を拭って、靴下も履き替えて。
ブラはもともとしていないので・・・ ( 以下略 )

昨年の女子更衣室は狭くて、入るために待ち時間があったそうなのですが
今年は、わたしが5時間ほどでゴールしたので適度に混む時間だったとは思いますが
中は相当広々していて、まったくストレスなく着替えることができました。

高知・とくしまに続いて ここも土足エリアでの着替え。
建物内なので、地面が土ということはありませんが、レジャーシートがあってよかったです。

トイレ…
今回は、8時ころに行ったきり、レース中には行かず。
かなり暑くて汗になっていたと思われ。
そのフロアのトイレにはちょっと列が出来ていましたが、大行列というほどではなく。
空いていればトイレに行って、用を済ませたいのと、何より手と顔を洗いたかったのですが
並んでまで行かなくていいや・・・とパス。

とくしまは4月20日でしたが、走り終えた後 寒くて寒くて、ありったけの服を着たという記憶がありますが
とにかく暑かった大阪。
走り終えても身体が冷えるどころか、ウインドブレーカーすら無しで、大丈夫なほど。 

IMG_3928.jpg
後ろをまだランナーさんが走っています。

もともとピンクが好きですが、この時のテーマカラーは黄色。 (^^ゞ
ジャージが黄色で、時計が黄色なので、シャツも緑に黄色の文字のものにしました。
( 茂平もたぶんこの格好で行きます。 ) 

とにかく喉が渇いて喉が渇いて、インテックスでお茶を購入。
このあと少しだけ沿道で応援をして、インテックス大阪を後にしました。

~ 続く ~


この先リアルタイム日記。

今日は、走ろうかな~と思っていましたが、夜勤を終えて帰宅時の気温が6度で、寒そうなのでパス。
午後から、目覚めた状態次第で走ろうかな~と思っていたのですが ( 走らないが7割くらいですが ) 
寝ているときに、寝返りをしようと思ったら膝が痛くて、意識は寝ているのに 「 ひざが曲げられないっっ 」 と。

ということで スッキリ目覚めましたし走る時間はあったのですが、走らず!
茂平・・・大丈夫かっ!?
ま、完走は出来るでしょうから、楽し~く 走ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

ぐったり

トラブルは続くといいますが、しっかり続いております。
交通事故被害の件とは全く別件で、今日も2号にトラブル発生。
仕事関係で、今日は2号自身が悪いのですが、わたしも出動してきました。
一応解決はしましたが
ぐったり。

18歳の社会人、いったいどこまで親が出ればいいのやら。

事故被害の件は、電話などすべてわたしが対応していますが
書類でも 「 本人が未成年の場合は親権者 」 と明記されていて。
やっぱりiPhoneがネックで、今日も先方の保険会社から電話がかかってきました。
疲れる・・・。

そして、自宅の冷蔵庫が前から変な音を立てていて、いつ壊れるか?と心配していたのですが
その前に、自宅に電話が故障。
携帯関係も、ネットも、つまり自宅固定電話も全てauですが、もともとはNTTだったこともあり・・・
疲れる。

居間にfax付親機、わたしの部屋に子機があったのですが、
今はわたしの部屋の床に親機が居座っています。
邪魔。

我が家は二階建てですが、極一般的な一階の上に二階があるのではなくて
二階建ての倉庫の二階だけを改築したのでとっても微妙な造りで、
電話やらネットやらの配線もややこしいことになっていて。
疲れる。

IMG_4088.jpg
癒しの素。
ばぁばに抱かれて寝ていましたが、わたしが帰宅したので起き出してきて 「 どうしたの~? 」 と言わんばかりの態度。
その手、どうにかしなさいっっ。


事故からなにから、いろいろと疲れることが多いのですが、ブログでもリアル友さんからも
ご心配を頂いたり、愚痴をきいてもらったりで助けてもらっています。

今日も、諸々の精神的苦痛に耐えきれず、突如友だちの家を訪ねたのですが
温かく迎え入れてくれ、泣き言を聞いてくれました。
口に出さないだけで、みんなそれぞれいろんなことがあっていろんなことを抱えているもの。

子どものことで苦労しているのはわたしだけじゃないし
仕事のことで苦労しているのもわたしだけじゃない。

とりあえず、自宅電話は修理を頼んだので、費用は掛かりますが、一応解決ということで
事故の件は、iPhoneでちょっとややこしいことになっていますが、怪我のほうはたいしたことはなく。
2号の仕事は、もう2号が自覚を持って頑張るしかないわけで。

あとは、冷蔵庫がいつ壊れるか?
ま、冷蔵庫が壊れても誰に迷惑をかけわけでもなく、精神的な苦痛を伴うわけでもないのでいいっか。
いまどきの冷蔵庫って、いくらくらいするのかしら?
今月車検なんだけど。

少々のことではお金がうんぬんは思わないのですが、さすがに10万単位の出費が続くと
うっっ という感じ。

精神的には弱っていますが、わたしの身体は元気なので、母は強し!で頑張るしかないっ。
嫌なことが続くのはイヤなものですが ( あたりまえ ) 
少しずつだらだらと嫌なことが起き続けるより、一気に重なったほうがいいのかも?
そう思って自分にカツっ。

冷蔵庫が壊れるというオチで、この嫌な連鎖が絶ち切れますように!
あ、でも冷蔵庫には長生きしてほしいです。
今のところ変な音がうるさいというだけで、冷凍庫も正常に機能しているので。
頑張れ冷蔵庫!


走る日だったのに、とてもそれどころじゃありませんでした。(T_T)
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村


Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: 小梅

ぐだぐだ

IMG_4085.jpg
疲れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記

ようやく再開 5.3km

10月26日に 大阪マラソンを走って、17日が経過。それ以来 全く走らず。
11月23日の 茂平ハーフまで、あと11日しかないという本日、やっとラン再開~!!!

※ 大阪の翌日に 1kmだけ走りましたが、そこはスルーで。  
※ ラン じゃなくて、ジョグでしょ!?というのもスルーで。

11月23日は 「 再来週 」 というずいぶん先な感覚ですが、あと11日しかないっっ。
昨日、県外の師匠が走ったというのを聞いて、慌ててわたしも走ってきました。
負けちゃいられないっ。

いびがわを相当本気で走った師匠、昨日走ったのは、疲労抜きジョグというものなのかしら?
それとも次なるレースへ向けてのトレーニング再開?


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今年4月の とくしまで左足を痛めて、スポーツ整形外科に行ったところ、しばらくは走るのはドクターストップ。
2週間後にハーフマラソンがあることをと言うと
『 本当は走らないほうがいいけど、出たいんでしょ? 練習なしのぶっつけ本番なら出てもいいよ。 』 と。
その言いつけを素直に守り、2週間全く走らず、ぶっつけ本番でのハーフのレース。

普段、坂は平気と豪語するわたしでも 「 なんなの この坂!? 」 と思うアップダウンの連続でしたが
とりあえず ( 一部歩きましたが ) 完走。 
記録は、2時間24分13秒。
これが速いのか遅いのかはさっぱりわかりませんが。 
( あ、決して速くないことだけは分かる。 )

仕事で歩き回っている分、意外と練習なしでも走れるというのは分かっていましたが
今日、17日ぶりに走って、やっぱりそれなりに走れました。
わたしの身体って、あんまり衰えないのかな?
やはり、仕事が相当トレーニングになっているということでしょうが。

衰えうんぬんというより、心配していた足と脚の状態ですが、特に問題なし。
左足の裏に少しだけ違和感があって、常に違和感ありまくりの左足横は相変わらずですが
ふくらはぎとかは全く問題なし。

調子よく走れたので、後半ペースを上げてみましたが、肉離れの前兆っぽいことにはならず。
たかだか5kmほど走っただけではありますが。
茂平・・・ガチで行く?

なんていっても、ハーフはコースごとに起伏が全く違うので、 「 ハーフマラソンを 何分で走った 」
という記録だけでは、なかなか比較しづらいものがあるかと。

今のところわたしの記録は、
全く練習なしの4月の朝霧湖ハーフが 2時間24分13秒
そこそこ走って臨んだ真夏の汗見川ハーフが 2時間14分58秒
茂平は、コースと時期と 現状の練習量からして 2時間15分~2時間20分以内くらいを目指せばいいのかな?

暑いとタイムは落ちるというのがいまだによく分からず。
11月末だったら、マラソンとしてはちょうどいい時期なのかな。
ん~ 分からないことだらけだ。


それにしても、前回練習したときは、半袖短パンだったのに、今朝は 長T長ジャージ。
しばらく走らないうちに一気に季節が変わってしまいました。

ところで、銀杏っていつ?
練習コース上に、銀杏が落ちているところがあって、そこを走るのがすごく大変なのですが
久しぶりに走ったら、銀杏は影も形もなく。 終わったの?それともまだなの?

次は10kmは走って、茂平に備えます。
ちなみに、茂平前夜は会社の忘年会~!!!

うちの会社は 24時間365日営業しているため、忘年会は毎年2回に分けて行われます。
そして12月は仕事が忙しいので、忘年会は11月。
22日は茂平に備えて希望公休ですが、忘年会っ。

アルコールは、基本的にいたってどうでもいい、全く興味がないわたしですが
過去の忘年会では 「 飲めるんなら飲めば? 」 と言われて 最初の乾杯だけはアルコールに。
でも、今年の忘年会は始めから飲まないことを選択し、運転手役を買って出ることに。
というか、一番山奥に住んでいるので、街へ出かけていくときに数人乗せていくというだけですが。

車で行って、アルコールは飲まず、一次会だけでさっさと帰宅して、翌日のハーフマラソンに備えます。
あ、やっぱりガチで走ろうとしてるのバレバレ?


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


IMG_4074.jpg
【 2014年11月12日 6:33開始、7:06終了 5.30km 0:32:39 平均 6:11/km ナイキ 】
6'22 - 6'26 - 6'25 - 5'52 - 5'54

夜勤早番で、普段ならぐったり疲れて終わるのですが、意外と順調に終わって身体が温まっていて。
ヨシ!このままの状態で帰ってすぐ走ろう!と思いましたが、帰宅時はまだ真っ暗。
暗くても、街へ向いてなら走れますが、前半下りで後半上りで信号多数というのは嫌なので、
明るくなるのを待ってから山へ向いて走ってきました。

思っていたより断然気持ちよく走れた~。
さすがに久しぶりなので、身体が重いかな?と思いましたが、
夜勤終了直後で身体が温まっていたことが大きいのか、スイスイと。

ま、このくらいのことで調子に乗っていたら 次回 お昼寝直後に走って
異常なほどの体の重さに愕然と・・・となるのは目に見えていますが。

いつも言っているように夜勤直後が一番走りやすいのですが、
これから先は 夜明けがますます遅くなって、仕事がスムーズに終わる日ほど
帰宅時に夜が明けていないという嫌な循環になりそう。

これから寒くなってきて、一度部屋に入って座って暖房をつけてしまうと、もう走り出すのは不可能でしょうし。
( 精神的に弱虫だから。 ) 
ま、夜明け前に仕事が終わるほど順調なことはそうそうないとは思いますが。
今朝はいろんな条件が重なってスムーズでした。 (*^^*)

今夜は夜勤遅番。明日はお休み。
お友だちとランチしたい~!!!
でもゆっくり寝たいしブログも書きたいし、保険の書類も今日には書かなくちゃ。

がんばろっ。


2号のことを心配くださってありがとうございます。
さすが若いだけあって、反射神経がいいのか、怪我は軽傷でした。
車のサイドミラーは、完全に取れて落ちていたので、結構な衝撃だったとは思うのですが。
コメントのお返事は、明日にさせていただきますね。


応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

事故でiPhoneが壊れました

IMG_4060-.jpg
2号のiPhone5Sが壊れました。

11月6日の23時前、夜勤中のわたしに ばぁばから電話が。
仕事中は私物携帯はロッカーの中ですから、会社に電話がかかってきました。

たいていのことなら、わたしのiPhoneにメールが入っていて、急ぐことなら休憩中にわたしから電話しますが
仕事中のわたしに電話がかかってくるとはよほどのこと。

『 ( 自転車で帰宅途中の ) 2号が、車に跳ねられて 』

ふぇ?
よく聞いてみると、救急車を呼ぶような怪我ではなく、既に警察も呼んでいるとのことでしたが
やはり気になるので、仕事を抜けさせてもらって現場へ駆けつけました。

2号は、すぐにわたしに電話をしたそうなのですが、わたしの携帯はロッカーで鳴っていただけで出られず
ばぁばに掛け直したようでした。

ばぁばから聞いた情報では 『 ◎◎の前あたりで事故に遭い、今は △△に居る 』 ということだったらしいのですが
こういう時って気が動転しているのか、案外聞き取れていないもので、わたしはすぐに着替えて◎◎に直行。
でも見当たらず。
車もいない、2号もいない、警察車両もいない。
車をとめて、ばぁばに電話をして再度確認。
◎◎の建物の前ばかりを見ていたのですが、お向かいの△△の駐車場にいました。

わたしが到着してすぐに ばぁばも来てくれたのですが、その時にはパトカーとおまわりさん二人。
そして、事故処理担当を呼んでいますからちょっと待ってくださいと。
しばらくして、現場検証の方も到着、パトカー二台とおまわりさん4人。
接触事故で、たいした怪我ではないとはいえ、とっても仰々しい雰囲気で現場検証。

そのあと、2号はばぁばにお願いして救急病院へ。
わたしは仕事に戻りました。
レントゲンの結果、骨には異常なく、打撲と擦り傷という診断。

それから後が大変大変。
事故の過失割合はまだ正式には出ていませんが、2号は自転車で車道を走行していたところ
後ろから来た車に引っ掛けられて飛んだので・・・
相手の方は、かなり謝ってくれたのですが・・・

交通事故の場合、よほどひどい場合を除いてはもう保険会社さん同士のやり取りになると思うのですが
今回、うちは被害者ではありますが、相手の保険会社さんと話し合ってくれる保険に入っていないことなど
なんだかどっと疲れることばかり。

事故の翌日は、あちらこちらからの電話応対に追われました。
2号が未成年ということで、すべての対応はわたし。
昨日もあちこちから電話があり、今日はいろんな書類が届いたので明日には記入して返送しなくてはならないし
こういうすべての時間と手間と、なにより気苦労と・・・計り知れない。

2号は打撲の痛みはあるものの、ひどいわけではないので仕事も普通に行っていますし
幸い、仕事帰りの事故ではなく、遊びに行っていた帰りなので、特に勤務先に迷惑をかけることはなく。
これが通勤災害だったら、いくら被害者でも大変なことですから。

車に引っ掛けられ、転倒した ( 吹っ飛んだ? ) 衝撃でポケットのiPhoneが落ちて破損。
どうにか使っていたのですが、今日の午後になって やっと修理見積もりに行ってきました。
交通事故で、車の保険で対応ということですが、機種がiPhoneなものだからますますややこしい。

夜勤と夜勤の間、家でゆっくり寝ていたいのに
忙しい2号に合わせて携帯ショップへ行き、なんだかすごく嫌な対応で
事故で被害に遭い、こんなところでも嫌な思いをするなんて・・・疲労度さらにUP。

今現在、解決していることは何一つなく、全部解決してから書こうと思っていましたが
今日の携帯ショップであまりにも疲れたので愚痴りました。

みなさん、くれぐれも安全運転してくださいね。
たとえ自分が悪くなくても過失が少なくても、事故に遭うと相当大変です。
たとえ保険金が入っても、事故はしないに越したことはないです。


今回の事故で、2号の保険の空白が浮き彫りになりました。
1号の原付バイクは、もちろん保険に入っていますが、2号の自転車のことは、うっかりしていました。
会社で無事故無労災教育担当者で、特に通勤災害をなくすという教育をする係なのにもかかわらず
2号が自転車で加害者になるかも?という想定をしておらず。

高校生の間は、自転車通学でしたし、学校を通した団体保険などに加入していましたが
今は、自治体の小さな保険に入っているだけ。
わたしの車の保険に問い合わせをして、事故の翌日に慌てて追加加入をしました。

万が一2号が加害者になっても保険が支払われるようにというのと、今後 被害者になったとしても
「 保険会社どうしの話し合い 」 をしてくれるというもの。
高校を出てから、学資保険も切れていますし、学校経由の団体保険も切れていますし
一度は何かしらの傷害保険をと考えたのですが、うっかり見過ごしたままでした。
加害者になる前に気づけて、ある意味 よかったのかも。


毎日平穏に暮らしていたら気付かないことってたくさんありますね。
健康で、無事に毎日過ごせるということは幸せなこと。

なんだかバタバタしまくりで、全く走っていませんが、大阪からはや二週間以上、
次の茂平ハーフまで二週間もありませんっっ。
さすがにやばいっっ。

とりあえず今日は夜勤早番、行ってきます。
肉体的にキツイ夜勤早番。
しかも今日は社員がわたしひとりぼっちで精神的にもキツそう。

大阪の後、疲労から体調を崩すかも?という不安がありましたが、風邪をひくことなく元気に過ごしています。
このところ精神的にはさすがに疲れているので、風邪で追い打ちをかけないよう気を付けます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記

大阪マラソンレポ【7】 師匠

今回の記事は、大阪マラソンレポというとちょっと違うかもしれませんが、とりあえずカテゴリーは大阪マラソンで。

わたしには二人の師匠がいますが、
一緒にフルを走るのが、県外の師匠。
一緒に練習をしたり、一緒にハーフに行くのが、同じ会社の師匠。

二人の師匠からいろんなことを教えてもらっています。
師匠二人ともこのブログを知っていて、“ もう一人師匠がいる ” ということも知っています。

今日の話のメインは、大阪マラソンを一緒に走った県外の師匠のこと。
年齢は一回り以上も離れています。

IMG_4031.png


わたし自身が走り始めたきっかけは、
2012年6月 ウルトラマラソンに出ている師匠の応援に行き 100kmを走っている人たちを目の当たりにしたこと。

しまなみウルトラ遠足の70km地点で待っていたのですが、女性ランナーも続々と目の前を走って通過。
それまでは フルマラソンですら、全く考えられなかったわたしでしたが
見た目は普通の何人もの女性が 100kmという距離を 走っているのを見て、へぇ~と。
師匠は、100kmや140kmのいろんなウルトラに出ていて、2015年は250kmを走るらしく。

今まで、愛媛マラソンを沿道で応援したり、テレビで応援したことはあって
従兄弟夫妻がランナーだったりで “ 観戦 ” という意味では身近なスポーツでしたが
自分が走るなんてことは夢にも思わないことでした。

師匠が100kmや140kmを完走したり、そういうレースに普通にわたしくらいの女性も出ていて
( 普通にという表現が合っているのかは分かりませんが )
ブログ用に表現を大きくしているとはいえ、要するに

「 フルマラソンって、 わずか 42.195km? 」


そういう認識から入って。
普通に考えたら、まったく運動経験のない人からの視点だと 「 42.195km も? 」 というのが一般的でしょうが
運動経験がないからこそ??? フルマラソンって、ウルトラの半分以下じゃん ・・・的な。

これ、フルマラソンをバカにしているわけではないのです。
ただただ、怖いもの知らずなだけ。
「 未知 」 といえば可愛らしいかもしれませんが、「 無知 」 だからこその思考。


しまなみウルトラの応援で刺激を受け、
「 愛媛マラソンのボランティアしてみようか? 」 と 二人の師匠に聞いたとき
二人ともが口を揃えて 『 さくらちゃんなら走れるから自分で走るといいよ。 ただし、練習は必要。 』 と。
なぜか二人共の師匠が、ボランティアを勧めることはせず、 『 自分で走れ 』 と。
※ 命令口調ではないですが。(*^^*) 

そしてついついその気になって、ランネットに登録し、
シューズを買うより前に愛媛マラソンに申込みという無謀っぷり。
2014年2月の愛媛マラソンは 二人の師匠もわたしも 全員落選でしたが。(T_T)


そして、2014年2月 場所は高知。
わたしの初のフルマラソンは、師匠のサポートでスタート。
前泊のわたしと、土曜日の仕事を終えて夜行バスで当日入りの師匠。

師匠にとってはかなりの強行軍でしたが、わたしのペースランナーをするくらいなら大丈夫とのことで。
日頃の練習を伝えていたので 師匠が設定したペースは、6'30/km イーブンで30kmまで。 
それ以降は余力があれば好きに走っていいと。

初レースでしたが師匠がいてくれたこともあり、たいした緊張もなく、ひたすらワクワク!
大興奮のわたしは 抑えて 6'30/km
ペース配分をしてくれる師匠に合わせて ひたすら併走。

コース全体図
高知龍馬マラソン2014のコース図。
28kmくらいで折り返してきたランナーと擦れ違うことになります。

練習で21kmまでしか走ったことが無かったので、その頃には未知の世界。
脚が疲れてきたので、ちょっと一休みしたいと思ったわたしは
「 この先の折り返しになると歩けないから、今のうちに少し歩く 」 と声を掛け、初めて歩き出したのですが、
100mにも満たない距離、50mくらいかな 「 すぐその先に見えている信号まで 」 を歩くつもりでした。

でも師匠はかなり複雑な思いだったそうで。
まず、師匠の中に 「 50mだけ歩く 」 というのが全くの予想外だったと。
フルマラソンのレースで 一度歩きはじめると、もうそのあとはズルズルと 歩いたり走ったり歩いたり
何キロも歩きつづけて・・・という認識だったそうなのですが、わたしは目に見えているところまで
ほんの50m?80m?を歩いただけで、また普通に走り出したので、かなり驚いたと。

その後も 2、3回 歩いたのですが、どれも 50mか80mかという距離。
1回に歩くのは、100mに満たないであろう距離。
( 25mプールの感覚をもとにして なんとなくの距離ですが ) 
歩き出す時点で 「 あの看板まで 」 「 あの信号まで 」 と必ず決めています。

そういう休憩の取り方、リフレッシュの仕方も 走り慣れている師匠からすれば相当斬新だったそうですが、
なにより 「 折り返しになると歩けないから 」 というところは ツッコミたい部分だったようで。

半分行ってひたすら折返しというコースならともかく、
この高知のようなコースだと、ちょっとだけ休みたいという時に、わざわざ折り返し部分では休みたくないです。
自分より先を行っているランナーに見られながら休みたくない。
遅くても そこには一応意地があるし。

自分より速いランナーと対向する区間では、歩いているところを見られたくない。
だから、それより前のところで歩いて、リフレッシュして、気合を入れ直したい。
そんなわたしの考え方は、師匠には目から鱗だったようで。
たかだか100mにも満たない距離を歩いて、それで復活するという走り方 ( 休息の仕方 ) も。

師匠は、学生時代は違うスポーツをしていて、かなりオトナになってからマラソンを走り始めたそうですが、
わたしと一緒に走るようになってから、何枚もの鱗が目から落ちていったそうで。
視力よくなったかなぁ? ( 寒っ! )

これから書く話、大阪を走り終えてから初めて聞いたのですが
高知の28kmで歩き始めたとき、『 この先どうやってゴールまで導いていけばいいか焦った。 』 と。
それまでほぼイーブンで6'30/kmで走っていたのに、 ( そのラップにエイドロスは含まず )
28kmで歩きだされたら、どうやって制限の6時間以内にゴールを目指せばいいのかと。

へぇ・・ そんなことを考えてたなんて、全く知りませんでした。
わたしの中では、6時間あれば完走できると思っていましたし、ズルズルと歩き続けるつもりは全くなかったのですが
初フル、ハーフにすら出たことのない ど素人のわたしが考えることと
経験豊富な師匠が考えることは、全く違っていたようで。

それから、高知で師匠がわたしに対して驚いたことのもう一つは
『 よく食べるな~。 』 ということ。

とにかくお腹が空いて、エイドごとにしっかり補給していましたが
両手に握って、走りながら いつまでもいつまでも食べ続ける姿は、かなり衝撃だったようで。

師匠は、サプリで調整する人。
ゼリーや粉末で、栄養補給をしていますが、わたしはそういうのはダメなので、固形物をバクバク食べています。 
フルマラソンや、ましてウルトラマラソンなど、
長い距離を走りながら食べ物を消化するというのは相当身体 ( 内臓 ) に負担がかかって
固形物を受け入れなくなったり、嘔吐したりする人も少なくないようですが、わたしはまったく問題なし。
食べるのが相当遅いのは、私生活でも、仕事の休憩中でも、マラソン中でも変わらず。


ベストタイムは サブ3.5という師匠と、「 完走を目指す 」 というわたし。
本来のスタート位置も違うし、なにより沿道からの声援がかなり違うらしく。
( 高知は師匠も5時間45分で申告して同じブロックからのスタートにしました。 )
 
IMG_2765m.jpg  画像は高知の号砲から、数分したところ。スタート位置まで移動中。
6時間制限で、たしか5時間45分で申告したので、5000人の参加者で、最後尾ブロック
その中でも、ほぼ最後尾からのスタートでした。

わたしですら、今後 最後尾スタートはないでしょうが、師匠にとっても最初で最後の貴重な経験。
夫婦と間違われるお揃いのポンチョを着て、並走。
走力が同じだから一緒に走っているのではなくて、女性をサポートしている男性 というのは明らかで。
そういうのもあってか、応援がすごく温かくて。

高知を走っている最中に何度か聞きましたが
『 高知は応援がすごい。 』 『 女性と一緒に走っていると応援が温かい。 』 などなど。
それから仮装の方々がそばにいて、最初のうちは近くを走っていて
かなり進んでからも、顔の大きな龍馬さんとは何度か抜いたり抜かれたり。

さすがに3時間台で大掛かりな仮装をしている人は居ないでしょうから
派手な仮装の人と一緒に間近で走るというのも、師匠一人でレースに出ていたら体験しないこと。

わたしはレース経験が浅い ( 高知は初フル ) ので、師匠からみれば 「 え? 」 「 ほぅ 」 ということも多いようで
そういうひとつひとつのことが、新鮮なのだそうです。
わたしの中には、フルマラソンでの “ 常識 ” というものがまだ存在しないので
経験豊富な師匠が持っている “ 常識 ” とは違うことも多々あって、新たな発見があるそうです。



今回の大阪。

“ 高知は初フルだから ずっと一緒に走ったけれど、大阪は一緒にエントリーしただけで、それぞれで走るんでしょ? ”
と何人かの方から言われましたが、ずっと一緒に走りました。
来年の高知も一緒に走ります。

師匠が自分のタイムを追い求めるのは、一人で参加するレースで出来ることなので
わたしと一緒の時は、師匠としてサポートするそうです。
前回の高知は、一緒に走るのは決めていましたが、大阪は、抽選に受かった時に
「 スタートは一緒だけれど、独りで走っていいよ。ゴールで待ってて。 」 と、一応は 言ったのですが
一緒に走るのが楽しいからと、一緒に走ってくれました。

実際、一緒に走って なにが一番心強いかというと 精神的サポート。
長い待ち時間も退屈しないし、言いようのない不安に襲われることもないし
その場その場で不安なことは全部聞いて解決できるし
走りながら足が痛くなっても、症状を伝えて、対応出来るし。

ペース管理は、もちろん師匠として大事な任務だと思いますが、
それよりなにより大変なのが、精神的フォローかと。

高知でも、大阪でも、グロスサブ5ギリギリ!!という事態になって
「 ネットサブ5でいい 」 と、諦めようとするわたしに 妥協を許さず。

疲れた身体にギリギリ走れるところでペース配分をし、
高知も大阪も、グロス4時間59分台でのゴール。

42.195kmを走るのは自分の脚ですが、まさに 二人三脚の結果かな。



大阪マラソン、何もかも混むというので 梅田のホテルからタクシーで移動しました。
混むのが嫌なので、というか、混むとあちこちでイライラする人が多発するのが嫌なので
とにかく早目に行動し、3万人の大阪マラソンでも、走り出すまでに 「 混雑でイライラ 」 は皆無でした。
 
タクシー移動とか、早め早めに行動するとかも師匠にとっては意外な出来事だったようですが
そういうことだけでなく、 『 弟子に教えられることもたくさんある 』 とのこと。

わたしはすごく助けてもらっていて、師匠に負担をかけてしまっていると負い目な部分もあったのですが
師匠は、わたしのサポートをすることで新たな発見がいろいろあって楽しいそうです。
師匠がそう思ってくれているなら、わたしは負い目を感じなくていいのかな。

わたしだったら、6時間半や7時間で走る人からペーサー頼まれても絶対嫌だけどな。
練習で5kmとか10km走るくらいなら、相手に合わせてゆっくり走るというのも 可能かもしれませんが
( ただ、一定のペースで走る能力はないと思われ ) 
フルマラソンレースを丸ごと相手に合わせてあげるというのは わたしには無理っ。

自分の走れるペースよりゆっくりだとしても、自分一人で走るときより絶対疲れるはず。
まして相手を時間内に完走させるという任務なんてあろうものなら・・・。

IMG_4063.png

IMG_4062.png
ばぁばとのメールのやり取り

IMG_4064.png
IMG_4065.png
姉とのLINE

なんというか、走ったのはわたしなのに、母も姉も 師匠に感謝してるところに拗ねそうになりましたが。
こういう師匠への言葉は、画面を見てもらったり口頭で伝えたり。

ばぁばが、師匠に対して言った言葉
『 よくこのわがままなのを引っ張っていけたねぇ。 』  感謝の意 ) 
それを師匠に伝えたところ、大ウケ。
『 分かってくれている人がいた♪ 』

はいはい、どうせわがままですよ~だ。

35kmを過ぎてから、このままではグロスサブ5が危ないと、ペースを上げ
必死で付いていくわたしのことを気にして、何度も何度も何度も後ろを振り返りながら走る師匠。

こういう状況で、並走するのと前を走ることがどう違うのかはよくわかりませんが
とにかく斜め前を走って、何度も振り返ってはわたしがついてきているのか大丈夫なのかを確認していました。
その姿は、オールスポーツの写真にもくっきり。

あまりにも何度も何度も振り返っているのが申し訳ないのと、
そこまで心配されなくてもちゃんとついて行ってるから!というのと、疲れとで
「 もう うっとおしいから前 向いてて! 」
弟子、この場でありえない暴言。

肉離れっぽい症状が出たときは、斜め前の師匠に伝えることが出来ませんでしたが
もし真横を並走していても、喋る力が無かったかも。

ゴール直前、サブ5がほぼ確定したとき、万歳しながら二人並んでゴールするため
師匠がわたしの手を取ってきたのですが・・・先に書いた通り。
係員さんに制止され、すぐに手を振りほどきました。


楽しむために走っているのに、そこまでムキにならなくても・・・というほど引っ張られて
どうしてこんなキツイ思いをしてまで走っているのだろう?と疑問に感じるほどでしたが
結果としては、そうとうすっきり満足しているので、やはり師匠に感謝。

師匠がついていながら、5時間をほんの少しだけ越えた・・・という結果だったら
師匠は、わたしからどういう言葉を浴びせられていたのやら。想像するだけで恐ろしい。

そんな師匠、昨日開催された いびがわマラソン
は、目標の3時間40分を切って完走したそうです。
お疲れ様でした~!!!
これからもご指導よろしくお願いしますっっ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

昨日の誕生日祝い

※ 走るネタは後半に少しだけ。(*^^*)


昨日は小梅への誕生日おめでとうコメントありがとうございます!
昨日8歳になりました。

PAP_0007_201411081915172ee.jpg

PAP_0004_201411081915167c1.jpg
先日帰省した時に、姉に買ってもらっていたので付け替え。
たぶんこの8年ずっと赤いの ( もしくはピンク ) をつけているはずですが、時々 「 女の子? 」 と聞かれます。

PAP_0002_20141108191514fdc.jpg
1歳の誕生日には、人間用ケーキを注文したり ( もちろん人間が食べた ) しましたが
今年は、そういう用意もなく、急きょありあわせで ばぁばが誕生日プレートを作成。 

小梅用ビスケットをちりばめたお皿には まるごとリンゴ、その上には、皮を剥いた梨と、人間用手作りビスケット。
もちろんこのお皿ごと提供されるはずはなく、梨と 上のビスケットを少々。
後日、リンゴを少しずつ・・・という予定。
大量のビスケットは、容器に戻されました。

PAP_0010_201411081915197bb.jpg
せっかくなので点灯式も。
小梅さん、8歳おめでとう♪

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村


明日、レースを控えている方々、頑張ってくださいっ!!!

わたしは、大阪以降、全く走らず。
翌日 1km走っただけです。  ( 1kmなんて走ったとも言えませんが。 ) 

さすがに師匠から、 『 2週間は休みすぎかも 』 と言われてしまいました。
昨夜は夜勤早番で、その時間はすごく膝に負担がかかる仕事が多くて、今日はまた膝がカクカク。
走れないほどの痛みではないのですが、カクカクした違和感は ずーーーっとあります。

茂平はファンラン予定なので、特に焦ってはいないのですが
2月の高知は、本気で頑張りたいので・・・どうすればいいのかな?
今のうちにしっかり休むのか、とはいえ休みすぎなのか。

来週は、最低でも10kmは走っておきます。
初回は、走れるだけの距離で、2回目は10kmは走ろう。
再来週は、調整で・・・って、ハーフのファンランに調整は必要ない気はしますが、練習をさぼる口実として。

正直、練習はだるい。
でも、レース本番で頑張るために、後悔しないために、少しでも楽に走るためには
日々、走っておかなくては。

日々の走りは、明らかに 「 レースのための練習 」 扱いなので、ちょっと気が重いのですが
通勤中に走っている人を見ると 「 いいなぁ~♪ 」 と思うのも事実。
2週間ぶりに走ったら、どんな感じかなぁ。
身体は重いのかなぁ。

2週間前の今は、大阪にいました。
ドキドキの前夜。

で、ブログは、まだゴールして無いという。 汗
明日の夜は休みなので、そろそろゴールさせないと。
そのあと、旅行編や、時計編、飛行機の搭乗記などなど、まだまだ続くのに。
さすがにブログ村でも大阪マラソンレポは見かけなくなりました。

でもわたしはズルズルと書きつづけます。
のんびりお付き合いくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
総合 4050位


Category: 小梅

小梅 8歳の誕生日

TS320144001.jpg

帰宅時 横
2006年11月7日生まれの小梅。
2007年1月30日に家族になりました。

今日は小梅の8歳の誕生日。
もう犬生折返しかな?

これからも今まで通り、がうがうの可愛い可愛い小梅さんでいてほしいです。

IMG_4022.jpg

IMG_4026.jpg  今日の小梅


この先、超~手抜き過去記事リンク。
過去記事コピペですが よろしければ。
1歳の誕生日2歳の誕生日3歳の誕生日 4歳の誕生日 からお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅

いつになったら走り出すのやら

※ 追記があるので最後まで読んでくださいね。 (*^^*)


ブログ友さんからいただいた 「 大阪マラソン 7.5時間生放送 」 を見ています。
自分が走っているうちに、自分の知らないところではいろいろなドラマがあって
スタッフ・ボランティアさんの活躍があって。

今は、スタートから2時間43分のシーンを見ています。
各所からの中継で、背後にちらりとでも写っていないか見ながら、いろんなシーンに思いをはせ。

あ、「 代わったろか? 」 「 大阪走れていいなぁ! 」 というボードを掲げた二人の女性が
そのテレビで紹介されていますが、このボード、走りながら見ました~!!!

他にも 「 抽選外れた俺の分も! 」 というようなボードや 「 抽選外れ組 」 というボードなど。
走りながらでもしっかり目に入るので、せっかく選ばれたんだから頑張る! という思いを強くするのでした。

録画を見ながら改めて思うこと・・・
写っているみんな、暑そう。

レポーターさんたち、スタッフさん、ボランティアさんはウインドブレーカーを脱げないので
思いっきり腕まくりをしたり、かなり暑そう!!!
走りながら思ってはいましたが、改めて大阪は暑かった!

IMG_4019-1.jpg
パソコン画面のスクリーンショットが出来なかったので、パソコンをスマホで撮影。
スタートロスは 13分12秒

IMG_4020-2.jpg
誰がいたのかよくわかりませんが、主要な方々 (?) が右にいたので、とりあえず右に手を振ってから
師匠に何かを話しかけていました。

すごく左端を走っていた気がしますが、意外と真ん中寄りにいた・・・。
この後、応援の人とハイタッチが出来るほど左端に移動したようですが
意外と覚えていないものですね。


2時間35分後の、14km関門地点では女性をサポートしながら走っている男性の姿が映し出されていて
女性の涙に思わずつられて泣いてしまいました。
自分が走ることで泣いたことはないのに、見ず知らずの人のシーンで泣ける…。

3時間寸前のゴールシーンは、やはりサブ3を目指す人の波が。
2時間58分から2時間59分59秒あたりまでは ランナーが一気に増え、3時間を過ぎた途端にその波が治まり。
やはり、サブ3はもちろん、みんなキリのいいところで、サブ4なり サブ5なりを目指すわけで。

きっと、この後 サブ4の時間帯を見ても似たような光景が繰り広げられるのでしょうね。
もちろん人数は違うでしょうが。

わたしの過去の記録は・・・
大阪

過去3回のフルマラソン、わたしのゴールシーンはいつも混雑しています。
5時間くらいで走る人が多い時間帯というのはもちろんあると思いますが、
ビンゴに混みあう時間帯ということでしょうね。

こうしてみると、とくしまの17秒が・・・。
悔しいっ!!!


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


このことは、走るレポで書こうかと思いましたが、素敵な内容ではないのでここで書いておきます。

わたしたちのゴールシーン。
高知では、いよいよゴールという時に師匠がわたしの手をとってきて、
二人で手を繋いでバンザイでゴールしたのですが、大阪でも。

ゴールの少し前で、師匠がわたしの手を取ってきたのですが、その瞬間に
白のウインドブレーカーを着た係員 ( 役員? ) さんから 『 手を繋がないでくださいっ!!! 』 と
わりと厳しい目に言われたので、慌てて振りほどきました。

その係員さんの声が聞こえていなかったという師匠は、そのわたしの行為に驚いたそうなのですが
とりあえず並んでゴール。

5時間かかる市民ランナーといえども、ルールはルールですから
係員の指示はごもっともですが、録画を見ていると、少々違和感が・・・。


この先、7時間半 全部見たいと思います。
コピーして送ってくださった方、本当にありがとうございました!!!


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨夜、仕事中に ばぁばから電話が。
勤務中は、私物携帯はロッカーの中なので、会社にまでかかってくるとはよほどのこと。
どっと疲れました。
またこのことは落ち着いたら改めてゆっくり記事にしたいと思います。

昨夜は準夜勤だったので、今日こそは、今日こそは走ろうと思っていたのに
昨夜の出来事でどっと疲れ切ったのと、電話応対などで走ることにならず。

2014年2月、高知のあとは、首を痛めて走るどころではなく、仕事まで休んで
2012年4月、とくしまのあとは、足を痛めて、歩き回る仕事は普通にしましたが、走るのはドクターストップ。
今回は、足や膝の軽い痛みはあるものの、特別大きな問題はないのにまだ走ってない~!!!
明日は忙しくて走れないと思うので、次の休みくらいから・・・走れたら・・・。 ( 弱気 )
 
ふくらはぎの違和感は、さすがに時間とともに消えたので、病院へ行く予定は中止。
そろそろ走らねば・・・さすがに焦ってきました。


さすがに応援依頼も心苦しく・・・
でも、応援していただけたら嬉しいです。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村


【 追記 】

何をすっとぼけているのか、律儀に最初から、ひたすら中継開始から順番に見ていていました。
ふと気づいて、あ!5時間でゴールしたシーンは?早送りすればいいんじゃん!と気づいたのはこの更新を終えた後。
我ながら自分の脳が心配になりますが・・・

IMG_4030.png

IMG_4032.png

IMG_4031.png
まさにゴールの瞬間は、シーンが切り替わって写っていませんでしたが、
嬉しそうにゴールしてるわ~。
最後の追い上げはきつかったけど、5時間を切るのと超すのとでは大違いなので、5時間切れてよかった!

サブ5達成♪

ところで、この中継で話題になったていた、わたしたちの寸前にゴールした有名人は誰なのだろう???
コブクロの小渕さんでないことだけは確かです。
小渕さんは、もっともっと速いですから。

女性の川田アナウンサーは、ゴール直前で追い越したので、わたしたちよりほんの少し後のはず。
誰がいたのかな???
4時間55分でゴールしたという辛坊さんかな???

ちなみに、途中で赤星さんを追い越しました。
テレビクルーに囲まれた人がいて、誰かな?と見たら赤星さんでした。
お顔では分かりませんが、ナンバーカードにそう書いてあったから。

ということで 追記でした。
追記が、記事のメインの気もしますが。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

大阪マラソンレポ【6】 42.195km 前篇

2014年11月26日 (日) 快晴

天気予報が真実味を帯びてくるようになってから、今回のレースは 暑さとの戦いだと。
わたしは走り始めてまだ日が浅く、もともと寒いのが苦手なので
寒いよりは暑いほうがマシかな?と思っていました。

7月末の一年中で一番暑い時期の汗見川ハーフマラソンに出たこともあって
自分の中で、マラソン大会の適温というものがいまだわからず。

週間天気予報

走ってみて・・・この日の気温は26度とのこと。
確かに暑かったのですが、その分トイレに行かなくてよかったのでラッキーだった部分も。

でも、5時間走っている間に、倒れている人や座り込んで動けなくなっている人を何人も見ましたし
ランナー収容らしき救急車の音を何度か聞いて、一度は救急車がランナー収容のため真横にまで来ました。
嘔吐した人や、嘔吐する人を見たというのも、あちこちで話を聞き、
気象条件的には、本当に厳しい戦いだったのだなぁと改めて感じています。

わたしは、普段は屁理屈ばかり言ってわがまま放題なのに
走ることに関しては、坂があろうと風が吹こうと、 「 こういうものかな~。 」 と妙に素直に受け入れられる部分があって
大阪も、暑さも・走りづらさも・南港大橋の坂も、こんなものかな~という感じ。
ただ、前回書いたように、エイドの給食だけは、えぇ~!!!というところですが。

いつも通りではありますが、今回の大阪マラソンレポ、あくまで “ わたし個人の感想 ” ですので
一緒に走った師匠も、たぶん違う感想を持っているでしょうし、
今後、大阪を走られる方は、わたしのブログを参考にして鵜呑みにしないでくださいね。

ということで、やっと走り始めます。
当日、スタートするまでのことは こちらです。 ⇒ 大阪マラソンレポ【2】 スタートまで


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


IMG_3907.jpg  9:00ちょうどに撮影。
スタートまで15分を予定していました。

今までのフル、高知龍馬マラソンと とくしまマラソンでは、スタートラインまではのんびり歩いて、
スタートラインを超すあたりでやっと走り始めるという感じでしたが、今回はスタートラインの少し前から走り始め
GPS取得に大慌て。

IMG_3910.jpg  スタートラインを越えたのは 13分12秒後。

背伸びとはわかっていましたが、第一目標は 「 ネットサブ4.5 」 ( スタートラインから4時間30分以内でゴール ) 
第二目標、ここは死守!というのが 「 グロスサブ5 」 ( 9時号砲から5時間以内でゴール ) 

師匠の時計をグロス、わたしの時計をネットにしてスタート。
この時、師匠に確認したはずですが、わたしはずっと 「 スタートロス12分 」 と誤解したままでした。
5時間もかけて走るのに、ここでの1分の勘違いは後々すごく響いてくることで。
フルマラソンの時計設定については改めて記事にしますが、また一つ勉強になった出来事でした。


わたしたちは4時間半で申告していましたが、スタートブロックはJ。
ペアエントリーやグループエントリーは、本来の持ち時間より ( というか背伸び時間で申告していますが ) 
後ろのブロックからのスタートになる感じ。

よほど先頭からスタートしない限り、どんなフルマラソンでも
「 最初の5kmは思うように走れないので ウォーミングアップのつもりで 」 と言われますが、もちろん今回も。
でも、身体じゅうのあちこちぶつかり合いながら走るというほどではなく、
さすが3万人もいたら混雑するのは当たり前よね。という想定範囲内。

大阪の地理には疎いので、コース図をなんとなく覚えているくらいで
今どこを走っているのか、どっちの方向に何が見えるのかなどは分からず。

最初は、とにかく 人 ・ ヒト・ ひと なので、師匠と はぐれないよう注意して流れに沿って走りました。
GPS時計が 1kmごとに ピッピッと鳴って合図をしてくれるのですが、
「 3km走ったのか~。 」 と思ったら 4km、 「 これで5kmかな? 」 と思ったら 6kmと
早くもランナーズハイですか?という状態。笑  ( もちろんランナーズハイは冗談ですが ) 

このあたり 1km走るのに 6'30くらいかかっているのですが、とにかく 「 あっという間 」 でした。
時計がピッピッと鳴るたび、 「 えぇっ!? もう1km走ったの? 」 という感じ。
ただただ流れに沿って進んでいるだけで どんどん進めている~!!!

IMG_3917.jpg  今回初めて、レース中にも自分で写真を撮りました。
ほんの数枚だけですが、これは 9:45撮影なので 5kmの少し手前くらいかな。
下寺町の下寺町歩道橋。

なぜここで写真を撮ったかというと、わずかな坂で、先を行くランナーの人波がすごかったから。
無理矢理切り取ると・・・

IMG_3917bv.jpg  人 ・ 人 ・ 人。  ランナー ・ ランナー ・ ランナー 。
普通のマラソン大会だと、 『 5kmまでは思うように走れない 』 といいますが、大阪マラソンはずっとこれに近い感じ。

この後たびたび通る 難波交差点を右折。
上の画像では若干左寄りを走っていますが、スタート時はかなり左端にいて、そのまま左にいたので
御堂筋は中央の大きな車線を走りました。

グリコの看板を背景に写真が撮りたい、またはオールスポーツの写真を撮ってもらいたければ右の細い車線とか
折返しのトップランナーを見たければ左の車線とか、事前にリサーチしておくならいろいろあるようですが
わたしたちはただ左にいたから、そのままの流れで進んだら左の広い車線に入ったというだけ。

この先何度も折返しがありますが、大きな大きな中分離帯に阻まれているところも多くあり
対向ランナーをハッキリ見ることが出来るポイントは少ないので、個人的には左で正解だったなと。
ただ、沿道の応援を身近に感じたい場合は、右のほうがいいのかも。

左車線の左にいたら テレビで見るような、先頭のバイクカメラとかトップの外国人選手とか
それに続く速い速い人たちとか、間近に見ることが出来て とっても新鮮でした。

今まで、高知ととくしまでは、そういう人たちには擦れ違うことすらなかったので、
同じ大会に出ている実感がありませんでしたが、今回は あの人たちがさっき通ったコースを自分も走っている!と。
そんな一流の人たちと同じところを走っている!と新たな感動も。

かなり速いところにブログで知り合った方の旦那様がいつものウエアで走っているはずなので探しましたが分からず。
コメントはしたことないのですが、有名な女性ブロガーさんもウエアを公開していたので
そのウエアの女性・・・と、走りながら探しましたが見つけられず。

「 トップランナーの走りってどのくらいだろう? 間近で見たことが無いから、数字で3分台と聞いてもよく分からない 」
と、いつも言っていますが、結果は、真横で見ても わかりませんでした。
自分も走っていたら、相手がどのくらいのスピードなのか さっぱりわからず。

このあたりはチャレンジランの人も一緒に走っていて、チャレンジランの人は、御堂筋を直進
フルマラソンの人は右折と、コースが分かれるので、
係の方があちこちで ランナーのほうを向いて必死に声をあげていました。
『 フルマラソンは左に! チャレンジランナーの方は右に入ってください!!! 』

んっ?
係の方はずっと同じことを言いすぎて疲れが見えていたのかな?
バスガイドさん状態で、ランナーのほうを見て話しているので左右が逆転するはずが、逆転していませんでした。
係員の方なのか、ボランティアさんなのかはわかりませんが、暑い中、本当にお疲れ様でした。

このあたりは、そういうツッコミが出来るくらい余裕。
初フル高知は、師匠の真横にいて なにかしら喋りながら走っていましたが、今回は 無駄なお喋りはちょっと自粛。
でも、この左右の間違いは思わず師匠に話しかけてしまいました。(*^^*)


御堂筋を右折。
10km地点で、従姉と伯母とばぁばが応援してくれているとのことでしたので、
9kmを過ぎたら右端を走ろうと申し合わせていて。
さすがに、右の歩道にいるはずと・・・目を凝らして沿道のたくさんの人の中から3人を探して、見つけました!

IMG_3982.png

image1.jpg

image3.jpg
従姉が撮ってくれた写真。

一番に従姉が一人でいるところを見つけたのですが、従姉は俯いて iPadを見ていたようなので
きっとランナーズアイをチェックしてくれていたと思われ。
走りながら大声で叫んで、気づいてもらうことが出来ました。

従姉だけがいたので、ばぁばは?と思ったらそのすぐ先にいて、ばぁばも俯いて携帯を眺めていて。
また大声をかけ、気づいてもらい、手を振り合いました。
あとで聞いたのですが、とにかくランナーズアイが繋がらなかったと。
読み込むまでに5分くらいかかるので、「 リアルタイム 」 には程遠かったようです。

姉が 東京からWi-Fiで繋いですら、相当混雑していたようですが
ランナーズアイ自体が混雑していたのはもちろん、大阪の基地局も混雑していたということかな。
ランナーが3万人で、応援している人が その数倍。
沿道から応援していたり、自宅からネット上で応援していたり、すごいアクセス数だったのでしょうね。


スタートロス15分で予定していたので、従姉やばぁばには 10km地点に 10:21予定と言っておいたのですが
実際は、10:19 と ほぼ計算通り。 我ながらすごいっ。笑

このあと、片町で折り返して また3人の前を通るのですが、この先、どこにいるかわからない。(T_T)
走りながら、近くに歩道橋があるかを探しましたが見つからず。
いうことは、地下道があれば 3人は地下からコースを渡って走る側に来てくれるはず。
地下道が無ければ、さっきと同じところで反対車線を走るわたしを遠巻きに応援してくれるはず。

3人がいてくれたのは、1階部分を改築?工事中のビルの前。
その場所をしっかり記憶して、折返し後は そのビルを目印に。

公式プログラム3  従姉が、事前に大阪マラソンの応援をしたことがある人や走ったことがある人にリサーチしてくれていて
2か所、それぞれ折返しで合計4回応援が出来るようにと決めたポイント。

どちらの歩道にいるのかは分かりませんでしたが、左右の歩道をきょろきょろと探し回って、
右側の歩道で従姉を発見!
地下道で移動してくれたようでしたが、伯母とばぁばは見つけられず。
でも最初の一回は会えたので本当によかったです。

そのあと、また御堂筋を通って難波交差点を右折。
師匠のGPS時計は、時々LOSTしていたらしく、全く同じ時計のわたしはLOSTには気づかなかったものの
距離表示がずいぶん違っていて。
わたしの時計のほうがずいぶん進んでいて、
コース上の公式表示が15kmなのにGPS時計は16kmを越えていたり、もうはちゃめちゃ。

あとで聞いたところ、ビルの谷間や高架の下を走ることが多くて
LOSTしてもGPSが自動修正はするものの、どうしても誤差が多く出たのではないかということでした。
コース上はいつまでたってもランナーだらけで、ばらけることはなく、
人を追い越すためには蛇行するしかないので、そういうのも誤差につながったのだとは思いますが。


従姉たちの応援ポイントその2は、大正橋付近。
電車での移動で、駅がどこにあるのか、駅の出口がどこなのかさっぱりわからないので
どちら側にいるのか全く想像がつかず。

右側の歩道をメインに、時々左側を見ていましたが、見つけられず。
電車での移動が間に合っていないのかな?と心配しましたが、
折返し後、無事に見つけることが出来ました。
この時も先に見つけたのはわたし。

みんなで必死になってわたしたちを探してくれたそうなのですが、ランナーズアイは頼りにならず。
あとは人力で、多くのランナーの中から 『 ピンクのシャツに白い帽子 』 のわたしを探そうにも
ばぁばいわく、 『 4人に1人はピンクのシャツ! 』 というくらいピンクのランナーが多くて。

人酔いしそうなほど、走る人をひたすら目で追いかけていたら気分が悪くなりそうだったというほど
探してくれたのですが、無事に再会することが出来ました。
2か所、4回のチャンスがあって、うまいこと最初と最後で会えたので ヨシ!ということかな。

それと、ブログを読んでいてくださって、ご自身もエントリーしたけれど抽選に漏れたという方が
沿道に応援に来てくださっていました。

ピンポイントで応援場所を聞いていたわけではないのですが、偶然というか奇跡というか
沿道で振ってくださっていたウチワを見つけることが出来、一瞬ではありましたが対面を果たすことが出来ました。
たくさんの応援は本当にありがたいのですが、やはり 「 わたしを 」 応援してくれるというのはまた格別。
本当にありがとうございました!!!


IMG_3919.jpg  レース中に写真を撮ったのが2か所。
その2か所目がこちら。 11:13
18.3kmトイレ地点の目前 日吉橋手前

IMG_3920.jpg  ここも、坂になっていてランナーの波が見えていたのでそれを撮影。
18km地点でこの状態って・・・聞いてはいましたが、ランナー多っっ。

男女込 17000位台でスタートして、12000位台でのゴール。
つまり5000人ほどを追い越したわけですが、とにかくランナーが多くて抜くのも一苦労。

仕方なくランナーとランナーの間をすり抜ける時は、「 通ります! 」 と後ろから声を掛けたり
思いっきり蛇行して避けたり。

一度は、普通に走っていたはずが、何かを踏んでしまい 「 うわっ!なんか踏んだ! 」 と思わず声をあげたほどで
わたしが踏んだものの正体は・・・ 人の足。
普通にまっすぐ走っていて人の足を踏むってどういうこと???
思いっきり踏みつけたわけではなくて、軽く接触した感じだったので、怪我はなかったようでしたが、びっくりな出来事。
もちろん謝っておきましたが、後ろの方が急に回り込んできたようでした。

他にも、どのあたりだったかは忘れましたが、ある男性と接触。
右側を走っていたわたしが、左にコース変更をしようとしたのと
左側を走っていた男性が、右にコース変更をしようとしたタイミングが全く同じで、
男性の右側面と、わたしの左側面がしばらく くっついたまま。
ほんの数秒だとは思いますが、まるで磁石が吸い寄せられるように ピタッー!

スタート直後の人だらけのところならともかく、かなり過ぎてからでもそういうことが起きるとは
さすが3万人の大阪マラソン。
道幅はどこも十分広くて、安全上の問題は感じませんが、やはり3万人というのはすごい人だなと。

走っていて、腕がぶつかるというか、腕に触れるなんていうのは日常茶飯事。
誰かと触れる度、汗で濡れるので、うわ~と思いますが、当然 わたしの汗をその人にも付けてしまっているわけで。
もうこのあたりはお互いさまとしか言いようがないですが、汗のニオイはすごかったです。

途中で自分の頬を触るとザラザラ。
潮を吹いてる~!!!
ほんと、暑くて 各給水所では スポドリがあればスポドリを選択。
さすがに脱水症状や熱中症の心配をするほど。

距離が進むにつれ、コースを離れて座り込んでいる人や、コース上に横たわっている人の数が増え。
「 医師 」 のビブスを付けたランナーが対応していたり。
自分の身にも起きるかもしれない恐怖を少しだけ感じながら走り続け。

24kmあたりの折返しでは、左端を走っていたのですが 「 この先に通天閣が見えるよ! 」 という
手作り感たっぷりの看板が。
事前にその情報は知ってはいましたが、実際に走っていると とてもそんな記憶は残っていないので
あの看板がなければ、全く気づかず通り過ぎるところでした。

土地勘がなく、なにを観ても 「 あ~テレビで見たことある~! 」 という他所の人には
あの看板は役立ったのではないかと思います。

実にどうでもいいことですが、その先で 「 松尾産業 」 と看板のあるビルを発見。
思わず師匠に 「 あ、松尾産業だ 」 と言ってしまいましたが、師匠からすれば 『 は? 』 でしょうね。
わたしが以前 勤めていた会社の取引先。笑
大阪にあるのは知っていましたが、松尾産業という名前を見て懐かしくなりました。


もともと膝 ( 特に右 ) に不安があり、とくしまで痛めた左足も完治はせず。
絶対に痛み止めを飲むようになるのは分かっていたので、スタート前に飲んではいたのですが
ハーフを過ぎたあたり?25kmくらいから??? もう次から次からいろんなところが痛くなって。

高知の時に、師匠に脚が痛い!と訴えたのですが、症状を聞かれて答えると、それに対する返事は
『 そのうち治る! 』 と。
内心、なんじゃそれ~!!!と思いましたが、でも心強い言葉で、
独りで走ったとくしまでも、脚が痛くなると 「 そのうち治る! 」 と自分に言い聞かせていました。

今回もそう言い聞かせては見たものの、次から次からいろんなところが痛くなって
右膝が痛い~!と、しばらく我慢していたら、左足の裏が痛い~!と、それも我慢していたら左足側面が痛い~!
痛い場所は次々変わるものの、常に脚 ( 足 ) の どこかが痛い。


つづく


本当はもう少し書き進めていましたが、到底今日中にゴールしそうにないので、
キリのいいところで分けることにします。
後篇は、また改めて。

今日は少し走ってみようかなと思っていましたが、準夜勤に出勤まで時間が無くなってきました。
家事を放り出してブログを書いているので、そろそろ家事をしてきます。

明日は小梅の誕生日♪
一応ビーグルカテゴリーにも居座っていますが・・・小梅は元気です!


応援ありがとうございます(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

ブログでつながる縁

IMG_4011 (2)
先日、嬉しい連絡をいただきました。
『 大阪マラソン 7.5時間生放送と、ゴール定点カメラ映像を送りましょうか? 』 と。

連絡を頂いて、1分しないうちに返事を。
「 ぜひお願いします! 」

今日、届きましたのでさっそく見てみたところ、20秒くらい写っていました。
あ、よほど誰かと重なっていない限り全員写ってはいるのですが、でもやはり改めてみると感動。

ブログが縁で人と繋がって、沿道に応援に来てくださって出会えたり、
使わないからとはいえ、わたしの膝を心配してサポーターを送ってくださったり、
こうしてわざわざコピーして送ってくださったり。

同じ方ではなくて、たくさんの方々から こうして応援してもらえること助けてもらえること
本当にありがたく思います。


自分の記録として、好き勝手にブログを書いているだけなのに
応援していただいたり、励ましていただいたり、アドバイスをいただいたり、
わたしにいただいたアドバイスが、他の皆さんのためにもなったり。

まとまりのない、長い長いブログですが
こんなブログでも 「 楽しい 」 「 参考になる 」 と言ってもらえると相当うれしいです。
これからも長く長く書きつづけますので、よろしくお願いします。

今日は、仕事は休みなのですが、会議があるため ちょこっとだけ会社に行ってきます。
会議は2時間の予定なのですが、さて!?
本当に2時間で終わるとは誰も思っていない・・・。

わたしの脚のほうは、特に大きな問題は無いような、
でもまだ走るのは迷ってしまうような。
でも、茂平もありますし、本命高知もあるので、いつまでもダラダラしていてはいけませんね。
そろそろ走り出さねば・・・。  ( ← 相変わらず口だけ )

大阪を一緒に走った師匠は、次の本命レースが控えています。
次のレースは、世話を焼かなくてはいけない弟子がいないので、一人で思いっきり走るそうです。
ま、師匠にとっての大阪は 長めのLSDという扱いで・・・。
さすがに LSDといっても42.195kmを練習というのは長すぎますよね?
( ↑ わたしが勝手に言っているだけで師匠がどう思っているのかは知りませんが。 ) 

同じ会社の師匠とは、同じ会社に勤めているとは思えないほど会いませんが
順調に走っているそうなので・・・
茂平は、わたしは楽しく笑顔で!をモットーに 走ろうかと。
目標タイムは2時間30分以内。
というか、朝霧湖 ( 2:24:13 ) よりは短く。

さて。
今夜、会議のあとで帰宅してから、いよいよレース本編が書けるかな?
ゴールまでたどり着くかな?

食レポがあまりにも長すぎて、自分で読み返してもうんざりするほど。
あれほど長いのなら、前篇後篇に分けるとか、
レース版と旅行版に分けるとかすればよかったと後悔。
お付き合いくださった方々、ありがとうございます。

あ、そうそう 大阪のエイドのバナナですが、早くから切って剥いてあるから
かなり悲惨なことになっていたという話を聞きました。
わたしはエイドに近づいていないので、全く知らないのですが
師匠いわく、辺りはバナナの匂いがしていたと。
わたし、鼻が効くはずなのに、走っている最中にバナナの匂いは気づきませんでした。

それから、某所で見かけた文章。
個人の方のブログではなくて、記者さんというか、それなりの方が書いたもののようですが。
かなり大きな大会をいくつか走った方の意見として
“ 大阪の声援や給水。給食の充実度は恐らく世界トップレベル。 ”

食レポも追求したら奥が深い・・・。


では、次回更新内容はどうなるか全くわかりませんが、また明日♪


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


大変お世話になった大阪の方に、お礼をしなくては。
御一方からは 「 お礼なんていいですよ。 」 と言われていて
もう御一方とはそういう話すらしていないのですが、でもここは人としてお礼をすべきだと。

お二方とも大阪の方なので、お礼は愛媛県セットで。笑
愛媛といえば???
みかん、ポンジュース、ポエム、タルト。
カステラは全国にあるのかな?
長崎カステラとか有名だけど愛媛のカステラは全国的に有名というわけではないですよね?
あ! 愛媛といえば、今治タオル!?
走って疲れた身体に道後温泉の素?  ( ← さすがに冗談です。 ) 

何にしようかな~。
ゆっくり考えようっ。

いろいろ気遣っていただいて、サポーターや録画映像など、すごく有難く受け取って
お礼は何にしようかな~と考えるのも楽しくて、
ブログを書いていると、こういう楽しみも広がって嬉しいです。

今度の茂平 ( もへいと読みます ) では、コメントを下さる方、何人かにお会いできるはず。
これもまた楽しみっっ!

パソコンやスマホを通じての方も、実際にお会いした方も、
お会いしなくてもコメントで やり取りしている方も、これからもよろしくお願いします。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

長文の大阪マラソンレポは注目されないのに
今日は寝ます。 」 が注目記事に選ばれる不思議・・・。
 

今日は寝ます。

IMG_4008.jpg
いつもお伺いするブログで、素敵な内容がありました。
微笑ましい親と子 ( 母と娘 ) の やりとり。
 
それを読んでいて、わたしも思ったのですが。
というか、いつも思っているのですが、

わたしが死んだら、遺影はオールスポーツで買ってね♪

( わたしが読んでいるブログの内容を紹介していないので、突然何を言い出すかと思ったでしょ。笑 )
 
普段は高くて買えないのでパソコン画面を眺めていますが
もしも死んじゃったら、遺影は飛び切り笑顔の写真でお願い♪
レース時は、いつも帽子を被ってるけど そこはどうにか。(^^ゞ

今回も、嬉しそうに走っていますが、
前回の汗見川もかなり嬉しそうに走っていました。
カメラを見つける度に手を振って、カメラ目線で。

その割には一度も買ったことないけど。

今日こそは短めで・・・寝るの優先。
おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
Category: さくら日記

大阪マラソンレポ【5】 3日間の食レポ ※超長文

そろそろ走れ! ( レポの中で、スタートして走る記事を書け! ) と思って待っていてくださる皆さんこんにちは。
まだ 走り出せないさくらです。

普段のブログ記事は、指が勝手に動いて、何も考えず…という状態でスイスイ書けるのですが、
さすがにメインの走っているシーンは、相当考えてしまうので、かなり労力を使いそうです。
なので、休みの日とか、じっくり時間が取れる時に。

といいつつ、11月の勤務を見ると 「 ぇ? 」 という状態。
茂平へ向けて走る練習うんぬんはともかく、ブログを書く時間が取れるのか???
休みの日にもゆっくり休めそうにない感じですが、時間を見つけて書きたいと思います。

何度か書いていますが、今 書いているような普段のブログ記事は、指先のちっちゃな脳が担当していて
メインの脳をほとんど使わず、指先だけで書いています。
コメントのお返事は、大部分をメインの脳が担当しているので、全く別作業。
よく聞く話で、カノジョが彼氏に対して、 「 SNSしてるのにメール (LINE) に返事がない! 」 と怒るとかいうシーン
わたしにはとってもよく分かる話で。 

“ 新しい記事を更新しているのに、コメレスはしてない。 ” なんていうのはそういうことです。
担当部署 ( 受け持ちの脳 ) が違うので。
あ、コメントは大歓迎!!!で受け付けておりますので、お待ちしております。
ほぼ文通状態でお返事させていただきます。
他の人に読まれるのはちょっと・・・という方は、鍵コメでもOKです♪

コメントのお返事が負担になるかと気遣ってくださる方、ありがとうございます。
ブログ記事を書くのと、コメントのお返事は 担当する部署は違いますが
その分、違う楽しさがあるので、心配ご無用ですからね。

あ、指先にも脳があるなら、人より脳が多いのか?と思われた方がいらっしゃいましたら
それは 大きな誤解です。
メインの脳は、普通の人より少なめとなっております。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


では、やっと本題へ。

フルマラソンの前に行われるカーボローディング
わたしの場合は、さほど厳密にはしていませんが、もともと炭水化物は大好きなので、普段より更に多めに。

金曜日・・・記録には残っていないのですが、わたしの記憶では
朝 ( といっても夜勤明けなので一度寝てからの昼前だったはず ) パスタ レトルトソース
昼 ( といっても出勤前 夕方 ) カップうどん
夜 ( 会社で真夜中に ) パスタ

家の食事と 子どもの学校給食が重なるというのはよく聞きますが、
不思議と 家の食事と社員食堂のメニューも重なります。
会社でパスタは、月に一回くらいかな? たまたまこの日はパスタでした。


あ、そうそう。
カーボローディングは、厳密に実行しているとは言えないものの、常に意識の中にありますが
今回初めて 「 カフェイン抜き 」 というのも意識してみました。

今までは全く気にもしたことが無かったのですが、一度 軽い脱水症・熱中症気味のところに
冷たいお茶を一気に飲んで気分が悪くなったことがあり、コメントで カフェインが原因では?と指摘を頂き
そういえば、他の方のブログでも 「 カフェイン抜き 」 という言葉を聞くなぁ・・・と
今回は、初めてそれも意識してみました。

とはいえ、もともと一日一回 カフェオレを飲む程度で、自宅でのお茶は 基本麦茶。
冬場は日本茶も飲みますが、まだこの時期は麦茶。
麦茶ならカフェインが入っていないので安心して飲めます。

結果、カフェイン抜きがどう影響したのかは さっっっぱり分かりませんが、今回初挑戦してみたという記録だけ。


話を戻して レース前日、出発する土曜日。
朝、仕事から帰って菓子パン1個。 ん? 2個食べたような。

そのあと、ばぁばのキャンセル待ち予約のため、本来の時間より相当早く松山空港へ行き、待ち時間にまたパン。
松山空港の売店で、美味しそうなチーズの入ったサンドイッチ。
ごまパンにサンドされた具は、チーズ・トマト・レタス。すっごく美味しかったです。
飲み物は、言わずと知れた ポンジュース。

ちなみに、ポンジュースはポンジュースであって、ポンジュースのことを 「 オレンジジュース 」 とは言いません。
以前、松山全日空ホテルのバイキングにあったジュースの表記も 「 ポンジュース 」 でした。

話を戻して。時間を進めて。
お昼はインテックス大阪の うまいもん市場で食べようという予定でしたが、やはりごちゃごちゃした人ごみの中で
セルフで食べるよりは、ゆっくり座って落ち着いて食べたいということに変更。

食事にしろ、移動手段にしろ、レース以外の時間設定にしろ、ほとんどわたしが提案して
師匠が 「 いいよ。 」 というのが定番。
もちろんいろいろ相談はしていますが、レースの組み立て以外は、穏やかな師匠。
それがレース中だけ厳しくなるのでちょっと意外。(*^^*)

CIMG9947_20141103104612802.jpg  
受付を済ませて、エキスポでたくさんの試供品などをいただき、動線に沿って進むと うまいもん市場へ。
後ろに写っている袋は、ガイドブックや参加賞のTシャツなどが入っています。
※ 手荷物預け袋と柄は同じですが、サイズが違います。

受付は、また別記事にしますが 人酔いしそうなほどの 人・人・人。
その人たちが移動した先のうまいもん市場も 人・人・人。
わたしたちが受付をしたのは思いっきり混雑ビンゴの時間帯だったようで、
建物に入るまでに巨大テーマパーク並に縦横に幾重にも折り返された列に並びましたが
わたしたちが受付を済ませた後は、受付へ向かう列は縦一本になっていました。

13時を過ぎていて、梅田まで帰ってからの食事となると遅くなりそうなので
とりあえず空腹をいやす程度に食事。

一番空いている列を探してたこ焼きと唐揚げ。 ( ふたつで500円 ) 
列の短さから想像はついていましたが、冷凍食品を油で揚げただけ。
「 さすが大阪のタコ焼き 」 というには程遠いものでした。

カウンターテーブルで立ったまま食べて、インテックス大阪を後に。
食事を含めて前日受付をたっぷり楽しむというのとは、全く予想外の展開でしたが
3万人のお祭りに参加している!!!と否が応でもテンションは上がり気味。
翌日にフルマラソンを走って、今度は電車ではなく 自分の脚でまたここへ来るというのが信じられない不思議な感じで
「 前日受付というお祭りに参加して大阪旅行のメインは終了 」 というような不思議な気持ちにもなっていました。

あ、今回の記事は食レポでした。
話が逸れまくりっ。

梅田に帰ってから ちゃんとした食事をしようということでインテックス大阪を後にしましたが
コスモスクエア駅まで歩いていると、オシャレなレストラン Medi CAFE を発見。
店頭の看板を見ると、パスタセットとかあってお値段もお手頃なので入ってみることに。
かなりおしゃれなレストランでしたが、スポーツウエアの人もたくさん。(*^^*)

IMG_3881.jpg

IMG_3878.jpg  
師匠の ミート&べジ・ディッシュ 950円

IMG_3880.jpg  
わたしのステーキランチ 1100円  共にドリンクバー付き

この時、13:47
店頭のパスタメニューにつられて入ったはずが、店内でじっくりメニューを見てみると お肉に惹かれ。
パスタは夕飯にすることにして、お昼はお肉っ。

広い店内、落ち着いた雰囲気でゆっくり美味しくいただくことが出来ました。
炭水化物も大事だけれど、やっぱり お肉が好きっ!
究極に言えることは 「 好きなものを美味しく食べる 」 ことが 基本かな。

ゆっくり食事をした後は、また混雑した電車で梅田まで戻って、そのままホテルへ。
ホテルに戻ったのが15時過ぎ。
ホテルティールームのショーケースに眼が行き、 「 デザートを買おうよ。 」 と。
フルマラソン前日に、生クリームたっぷりのケーキとか 栄養学的にはどうなのかわかりませんが
好きなものを お腹いっぱい食べて元気の素にするということで。

CIMG9963_20141103113635794.jpg  
お昼に買っておいて、夕飯後のデザートにしたケーキ。
いざ開けようとして 「 あ! フォークとかないっ! 」 と思ったら、しっかり中に入っていました。

買ったときに、保冷材の有無を聞かれ、要らないことを言ったので、宿泊客だと思われ
イコール、自宅で食べるのではないからフォークが必要と思ってくださったのですね。
すごい心遣い。
ホテルの接客ってそういうものなのかな?


チェックインして それぞれの部屋に入って荷解きをして、夜勤明けだったわたしは一度お昼寝。
とくしまでも、ホテルに入って夕方に一度寝て 夜に起き出して準備をして、わりといい感じだったので
大阪でも師匠を巻き込んで、その行動パターンで。

お昼寝後、二人で一緒にお出掛け。
まずは閉まらないうちにと、阪急の地下で翌朝の朝食を買い込んで、それから夕飯へ。

わたしは大阪の地理には疎いので、出張で大阪にも行く師匠に任せっきり。
阪急三番街のいくつかのレストランを見て、portofino ( ポルトフィーノ )  へ。
若い女性グループやデートの人たちなど、オシャレな人達の中に、ジャージで突入。

IMG_3886.jpg  
この時間 20:22
サラダバーは付いていて、ドリンクバーをつけて 二人で2,905円。
客席の広さ ( 一人当たりの面積というか ) とお値段の違いは、土地の値段をそのまま反映している感じ。
夜の食事が高いというのではなく、お昼がお手頃だったなという意味で。

ホテルに戻って、ケーキを食べ就寝。
寝る前に食べたら太るとか消化にどうとか、気にしたことないので、フルマラソン前日でもそれは同じ。





CIMG9965_2014102910444806a.jpg  
26日 (日) レース当日。
5:00起床で 朝ごはん。

走る前には、松山から買って行ったカステラ二切れと、阪急地下で買ったプチトマト5個。
高知では会場に着いてから何も食べずに早々にお腹が空き、
とくしまでは、荷物預けのあとカステラを一切れ食べましたがそれでもお腹が空き、
それを踏まえて、今回は二切れ。 水分はトマトで。

このカステラ二切れの選択は 本当に正解でした。
( さすがに三切れは無理だったと思うので。 )
スタート前整列時に、まわりで何かを食べている人は皆無でしたが、
わたしはもしもここでカステラを食べていなかったら、ハンガーノックで足が動かなくなっていたと思われ。
 
走るたびに言われることですが、わたしは胃腸が強いらしく、ウルトラ向きだと。
この際ウルトラのことは抜きで、とにかく走りながらいくらでも食べることが出来ます。
走る直前に食べても平気です。
というか、食べなきゃ走れない。

人よりお腹が空くのが早いというか、空腹に対する耐性が無さすぎというか
食に対する願望が人一倍強いというか・・・。

今回は、食い倒れの街 大阪ということで、給食エイドを相当楽しみにしていたのですが・・・。
それもこれも、わたしのリサーチ不足とバナナ嫌いのせいなのですけどね。

エイドが充実しているとか、私設エイドのおもてなしもあるとか、いい情報ばかりを信じすぎていて失敗。
たいていのフルマラソンなら、10kmくらいから給食エイドがあるはずなのですが ( 今までのフル出場回数わずか2回 ) 
大阪では、エイドがいくつかあるものの給水ばかり。
10kmを過ぎても給食エイドはなく、待てど暮らせど給食エイドが見つからず。

こんなことなら一か八か、ばぁばに補給食を頼んでおけばよかったかな?と思うほど。
でも、それだともしも見つけられなかった時のショックが大きいし、リスクが高いので実際には無理でしょうが。

高知ととくしまの経験を踏まえ、スタート直前にカステラを二切れも食べておいたので、
空腹の限界という状態にはならなかったものの、じわじわと押し寄せてくる空腹の波。

師匠は隣でマイペースにサプリやゼリーを摂っていて、ほんの少しだけ羨ましいと思ったり。
でも、これは高知でのことがあってなので、やはりわたしにはサプリやゼリーは無理。
※ 初フルの高知で、師匠からゼリーを勧められましたが不味くて無理でした。
 
日頃の練習時、ロングの時は いざとなったらコンビニに寄れるよう
1000円札を折りたたんで小さなポリ袋に入れているのですが、大阪でもそれがいるかなぁ?と思案。
でも、エイドが充実しているらしいし、ゴール後は手荷物をすぐ取りに行けるからお金はいらないだろうと判断。
走りながら 「 お金があればコンビニに寄れるのになぁ。でも、お金ないしなぁ。 」 と考えるほど。
( 実際にはコースを外れたらルール違反なのですよね??? ) 

23kmで やっとやっと 『 給食エイド 』 の表示が。
やった~!!!!! と思って近づきかけると、バナナ。

バナナが嫌いなのは何度も何度も書いている通り。
へぇ・・・バナナなのね。バナナ。
多くのランナーが左によってバナナを手にする中、一人拗ねたように右端を走るわたし。

27kmのエイドも、バナナ。
そっか・・・3万人もいれば、いろんな食べ物を用意するのは無理なのね。(T_T)
一番無難なのがバナナなのね。(T_T)
バナナが嫌いな私が悪いんだよね。(T_T)
お金ないからコンビニ寄れないのよね。(T_T)
師匠のゼリー わたしにも分けてっ!って言いたくても、ゼリーも嫌いなのよね。(T_T)

5kmラップ new
25kmまではいたって順調に走り続けていたのに、そのあと失速。  
脚が痛くなったこともありますが、師匠の見解は 『 お腹が空いたからでは? 』

途中で、飴を差し出してくれている人も見かけましたが、なんたってランナーが多く
常に端っこを走っているわけではないので、気づいたときには、受け取りに行くこともできず。
あぁぁぁぁぁ・・・・と、横目で見ながら走り過ぎるしかなく。

どこだったか、むいてある一粒チョコをバットに入れて差し出してくれている方がいて まさに救世主。
今回の大阪マラソンで、師匠や、ブログの方と身内の応援以外で 見ず知らずの方に助けていただいたトップ2が
このチョコレートを下さった方と、スタート前に安全ピンを下さった方。
読んでいないとは思いますが、本当にありがとうございました!!!

普通のシンプルなチョコレートはあんまり好きではないのですが、嫌いというわけではなく
食べ物が豊富にあった高知やとくしまでは、チョコと分かるとスルーしていましたが
今回ばかりは、飛びついていきました。
手の届くところにあってよかった・・・。

二粒いただいて、飴を舐めるように少しずつ少しずつ溶かしながら栄養補給。
そのすぐ後に公式らしきエイドが見え、バナナではなさそうだったので行くと コロン!
がっつり食べたかったのですが、そうはいってもコロン。
水分無しでコロンだけもキツイし、たしか三粒。

帰宅後調べてみると、コロンはグリコ。
あの有名な看板になっているグリコ。
グリコの本社は大阪市。
なるほど。

でも、コロン三粒では、元気の素には足りず。
でもでも、チョコ二粒と合わせて、どうにか少しは足しになったかな。

今、公式ガイドを見直してみると、給食ポイントは4か所。
23.0km、 27.0km、 32.5km、 38.0km 
そのうちの 32.5kmは あの有名なまいどエイドで、他には バナナが三か所あったのは覚えているので
ということは、コロンは公式エイドではないの???

文句ついでに ( あ、いえ、決して文句を言うつもりはないのですが ) 
38.0kmで バナナって・・・。
バナナがどうとかではなくて、38.0kmで給食エイドを設けるくらいなら、
最初を 10kmなり 15kmなりにしてほしいなという個人的お願いというか独り言ですが。


給水
5000人の高知と、3万人の大阪を比べてはいけないのは分かっていますが・・・
高知の ちくわきゅうりは美味しかった~。

バナナとチョコが苦手でも、十分栄養補給は出来ました。
ここでの経験を踏まえ、フルマラソンではエイドロスを毎回計算しているのに、今回は幸か不幸か、エイドロスなし。
給水での少々のロスはありましたが 「 食べながら走るとペースが落ちるから 」 という計算は無意味なものでした。

その分、空腹でペースが落ちたというオチで。
そんなオチ、笑えませんってば。

高知では、図の公式エイド以外にも、私設エイドもかなり充実していて
食べることが大好きなわたしは 本当に幸せいっぱい。
かっぱ巻きとか、縦半分にカットしてべったり塩を付けたキュウリとか、文旦とか、私設エイドも相当充実していました。


なんだか散々文句を書いているようですが、決して文句ではないのです。
大阪でも、しっかり事前に公開されていたわけで。
改めて見直してみると。

公式プログラム1
※ クリックで大きくなります。

公式プログラム2
上の図の、右下の拡大図。
拡大しても小さいですが、最初の給食が 23.0kmなのは、見る気で見れば はっきりと分かります。

公式プログラム3
コース図ばかりに気をとられていましたが、ここにも 給食ポイントがしっかり描かれています。
バナナの画だから本当にバナナだとは思いませんが。(^^ゞ

自分が確認を怠っていたのがすべての原因なので、 ( バナナ嫌いというのは私個人のわがままですし ) 
お腹が空いたのは、エイドがうんぬんというクレームではなく、自分のミス。
今後はそのあたりも注意してガイドブックを読んでおかねば。
やはり3万人規模のマラソン大会を甘く見てはいけませんね。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


一口チョコ二粒と、コロン三粒で ほんの少し力を取り戻し、待ちに待った 32.5kmのまいどエイド。

給水所も、一か所がかなり長くとってあって、さすが大規模大会と思いましたが、
まいどエイドもかなり長くあるようで、事前にいろんな案内がありました。
でも、あれを食べたいからどの辺狙いでというのは無理だろうと思っていて、
実際には、お腹が空いていたのでとりあえず手近で!!!

一番手前がゴボウの漬物??? 何か忘れましたが、わたしはパス。
次のテーブルはプチトマトのはずでしたが、幟が残っているだけで
肝心のプチトマトは跡形もなくテーブルの上は綺麗に片づけられていて。
完走5時間で走っている人すらこの状態ということは、もっと後から来る人には何も残っていないのでは???

プチトマトの隣の、一口稲荷を二つと、その隣のきゅうり巻を一つ手に取り・・・
もっともっと食べたいけど、ものすご~くすきっ腹から一気に食べたらダメかな?とも。
そのあたりで 冷やしパイナップルというのが目に入って、テーブルを見ると何もなく。

用意する片っ端から、まさに “ 飛ぶように ” 売れていくので、わたしも少しだけ順番待ちをしていただきました。
「 冷やし 」 と書いてあるだけに、冷たいパイナップル。
気温26度と 相当暑いものの、給水所の飲み物はもちろん常温。
ここでの冷えたパイナップルは そうとう美味しかったです。

小さな紙コップに、パイナップルまん丸の一切れ分くらいが一口サイズで入っていて、冷えたシロップも。
最初にシロップを飲んだ時、 う~!!!五臓六腑にしみわたる~!!! という感じ。
『 生き返る~!!! 』

32.5kmでパイナップルで生き返り、お米で栄養補給をし、 ( やっぱりいざという時はお米が食べたい。 )
その後の師匠の引っ張りにどうにかついていくことが出来ました。
何度も書きましたが、師匠の引っ張り、キツかった~。

※ 手を繋いで引っ張ってくれたの?という質問がありましたが、もちろんそうではなく自分の力だけで走っています。
  ペースメーカーをしてくれたということと、精神的に支えてくれたという意味です。
  わたし独りで走っていたら、絶対にズルズルと5kmあたり 36分 ~ 37分 ~ 38分と遅れ続けていたでしょうから。

5kmラップ new2

しつこくまた出しますが、35km から 40km をまた元のペースに戻すって、すごくないですか???
師匠いわく、ついてきたわたしがすごいということでしたが、いやいやいや、引っ張った師匠がすごい。
わたしは見えない糸に引っ張られて、ただただ前へ向いて走っただけですから。


前半の 33分/5kmと、この35km以降の 33:13/5km では同じ33分でも 中身が全然違います。
ひたすらイーブンで走り続けていたとしたら、35km以降の 33分もさほどすごいとは思いませんが
イーブンで走り続ける予定だったのに、一度落ちたペースを そこから元に戻すって、すごすぎる。
( わたしがすごいのではなくて、師匠の手腕がすごい。 ) 

よく言われるのですが、みなさんが不思議に思うこと。
『 どうして師匠は自分のタイムを求めることをせず、わざわざサポート役をするの? 』

はっ、今回は食レポでした。
師匠との このあたりのことについてはまた改めて。

要するに、 食べたら元気が出たよ。食べなくちゃ動けないよ。
そのためには事前によく調べておかないと!
という自戒の念を込めた記事でした。


最後の給食のバナナはいうまでもなくスルー。
最後の給水は、本当は摂りたかったのですが、時間の関係でスルー。
残り2kmで14分も残っていないというので、必死必死。

4時間59分22秒
やっとの思いでゴールし、 「 立ち止まらないでくださ~い 」 と言われ前へ前へと進んで、インテックス大阪 建物内へ。

IMG_3921.jpg  
すぐにアクエリアスを 一人一本。

本当ならこのまま先へ先へと進んで、完走メダルやフィニッシャータオルと進むのですが、
とにかく休みたかったので受け取ってすぐに列から離れて、建物の淵へ。
同じ思いのランナーがたくさん。
座り込んでスマホを操作していたり、寝転がっていたり、ただ休んでいたり。

わたしたちはたまたま段差のあるところに腰かけることが出来、脚を だら~んと。
最後の給水に寄りたかったけれど時間の関係でパスしたので、アクエリアスを1/3ほど飲んで。
ふと師匠を見ると、きれいに飲み干していたので、師匠も最後の給水を我慢したということかな。
給水所ごとに寄るかどうか合図しあって、寄る人は寄る、寄らないほうは右を走りながら合流を待ったりしていましたが、
最後のほうはそれどころではなく猛スパートしていたので。
猛スパートといっても 6:30/kmより遅いですが。(^^ゞ

その場で30分足らず休憩。
ブログを更新したりして、やっと立ち上がり先へ。

※ 確かにここで更新したのですが、14:24更新の記事に14:33撮影の荷物受取写真があるのはあとで追加。
    ( その時の記憶が定かではないですが、状況証拠からして。 ) 

完走メダルを掛けてもらって、 ( 手渡しではなく掛けてもらえる! ) 、フィニッシャータオルも掛けてもらって、
給食入れ袋をもらって、バナナを一本もらって ( 即 師匠へ ) 、 ミニあんぱんを一個もらって、
最後に紙コップで水の給水があって、それをもらって飲んでから 4号館を退出。

とにかく喉が渇いて喉が渇いて。
でも、元々好きじゃないアクエリは もう要らないので、着替えた後 ペットボトルの冷たいレモンティーを購入。
カフェインを特に重要視していたわけではないのですが、もう気にしなくていいし。

そのあとうまいもん市場には寄らず、梅田まで戻り。
走った後はラーメン!と事前に決めていましたが、とにかく塩分を欲するのかラーメンが食べたくて食べたくて。

15:00寸前にインテックス大阪にゴールして、梅田のラーメン屋さんに着いたのは 16:35頃。
らーめん小菜 古潭 阪急グランドビルサン広場店

師匠がチャーシューらーめん ( 980円 ) 、わたしが野菜ラーメン ( 980円 ) 
さらに二人で半分こということで、海鮮チャーハン  ( 650円 )

フルマラソンを走り切ってお昼ご飯抜きという状態なので、かなり空腹。
一番に海鮮チャーハンが来て、あれ?思ったより小ぶりと思いましたが
それぞれのラーメンはすごくボリュームがあって具だくさんですごく美味しかったです。

かなり大当たりなラーメンでしたが、師匠が食べようとしたところを 「 写真撮るから待って。 」 と
空腹時のラーメンを待ってもらってまで撮ったはずの写真は、iPhoneの中に無く・・・。(T_T)

IMG_3930.jpg
杏仁豆腐の画像だけが残っていました。

お会計のレシートの時刻は 17:35
一時間も居たようです。
なんたってボリュームがあって、もともと食べるのが遅いうえに デザートまで追加してのんびり。

とにかく喉が渇いて喉が渇いて、大き目のグラスだったにもかかわらず お冷のおかわりを4回くらいしたかな?
そのあたりでやっと、のどの渇きも落ち着いてきた感じ。

そのあと、わたしの部屋に置いておいた師匠の荷物をピックアップし、新大阪へ師匠のお見送り。
予定では、新大阪で夕飯のつもりでしたが、さすがに昼ご飯が17時にずれ込んだので夕飯はナシ。

IMG_3934.jpg  
新大阪で買った神戸屋レストランのサンドイッチ。
ホテルに戻って、一度寝て、夜中に起き出して夜食として食べました。

ゴール後にもらったパンも神戸屋さんでしたが、大阪は神戸屋さんが主流?
パンは大好きなのでとっても興味があって、高知はヤマザキ、とくしまはPascoだったのですが
次に狙うは岡山。岡山マラソンではどんなパンに出会えるのかな?
あ、レース中は パサパサして飲み込みづらいのでパンはイマイチですが。

閑話休題


27日 (月)

7時から朝食バイキング。
2000円もする豪華朝食バイキングなので相当楽しみにしていましたら、意外とそうでもなくて。
帰宅後、東京のホテルの朝食バイキングを調べたところ、
一流と言われるホテルの朝食は 3800円とか普通なのですね。
ひぃぃ。

ホテルのバイキングを甘く見ていました。
だとしたら、2000円で価格に見合っているということかな。
広い大きな二人がけのテーブルで ゆっくり美味しくいただきました。
プチトマトが無かったのが残念だけど。

IMG_3941.jpg  
ミートボールに見える茶色の物体はタコ焼き。
甘酢がかかっているのではなくて、たこ焼きソースです。さすが大阪。

わたしの偏食ぶりがアリアリとわかる写真で お恥ずかしいですが、
日頃、お米にはこだわりがなく、パンでも麺でも全然平気なのに、なぜか白米が食べたくなりました。
走っているときは とにかくご飯 ( きゅうり巻とか、一口稲荷 ) が嬉しいですが、
前日に満足に食べられなかった反動かな? 笑

IMG_3942.jpg  
梅田のど真ん中のホテル。
外国の方も多くいらして、国際色豊かでしたが、お隣はランニングシューズの単独日本人男性。
わたしは普通の靴を履いていたので、ランナーとは気づかれなかったでしょうが、
単独の女性ランナーさんが居れば、思い出話に花を咲かせながら一緒に食べたかったな。

このブログを通してお友だちになった方が大阪にお二人いらして、
お一人は抽選漏れだったので沿道で応援してくれるということでしたが、奇跡的に会うことが出来ました。
もうお一人は、同じJブロックで、わたしのことを探してくれたそうなのですが、残念ながら会えず。

お二方とも月曜日は仕事ということで、結局ゆっくり会うことはできませんでしたが
お仕事がお休みだったら、ゆっくりお茶とかランチとかしたかったです。


朝ごはんをしっかり食べた後は、部屋に戻って のんびり。
どこかに遊びに行くか?観光に行くか? 北欧のショップ タイガーに行きたいとか ちょっと迷ったのですが、
結局 部屋で まったりすることに。

お昼前にチェックアウトして、空港バスで伊丹空港へ。
結局、大阪滞在中に 「 大阪らしいもの 」 なに一つ食べず。

兵庫県伊丹市 伊丹空港 
大阪空港ともいいますが、東京ディズニーランドみたいなものですよね。 
 
と思っていましたが、レシートをよく見ると 「 豊中市蛍池西町3-555 大阪国際空港ターミナルビル内 」 と書いてある。
へぇ・・・正真正銘 大阪だったんだ。

IMG_3946.jpg
以前食べたときに美味しかったので、帰りはココと決めていたラーメン屋さん 
蒼園 海鮮汁そばという名前だったかな。 930円
前夜に続くラーメンですが、またまた美味しかった~♪

そのあと、今一つ満腹にならず たこやき。
店内で食べるとアツアツを頂けそうでしたが、せっかく空港にいるのでテイクアウトでデッキで。

IMG_3950_201411031430553e5.jpg
ANA B787と一緒に。
ラーメンの直後なので6個でいい感じでしたが、残すのはもったいないので8個完食。

食べているときに、松山空港で別れたっきりのばぁばから 「 空港に着いたよ~。 」 と連絡があり
伯母と従姉に車で送ってきてもらった ばぁばたちと合流。
わかっていたことですが、「 お茶でもしよう。 」 と、カフェへ。

ラーメンを食べた直後にたこ焼き8個食べて、これからカフェ???と思われるかもしれませんが
底なしの胃袋にはいくらでも入ります。
フルマラソン翌日とはいえ、満腹中枢壊れてる?

IMG_3954.jpg  
従姉に教えてもらったカフェ。
出発階に飛行機を眺めながら食事ができるレストランがあるのは知っていましたが、このカフェは知らなかった~!!!
JAL側とはいえ、飛行機を眺めながらのパフェ。 幸せっ♪

杏仁豆腐とみかんのパフェ 734円  ( 税抜き 680円 ) 
空港の この眺めでこのお値段とは良心的っ。

前の記事でも書きましたが、マラソン前でもマラソン中でもマラソン後でも、
いつでも なんでも どれだけでも食べられるわたし。  ( 偏食は多々あり )
レース中のエイドは、思ったほど食べられず苦労しましたが、
旅全体としては、食べたいものを食べたいだけしっかり食べることが出来ました。

結局、レースで体重が落ちたのかどうかは分からず。
これだけ食べていれば、レースで体重が落ちたとしてもすぐに戻るでしょうね。
体脂肪率は、火曜日に計ったところいつもより2%減っていましたが、もう戻りました。

食べることが大好きで、マラソンうんぬんにかかわらず 旅行中は食べたいだけ食べていますが
今回もしっかり食を楽しむことが出来ました。

大阪マラソンレポ、まだまだ続きます。
というか、いつごろ走り出すのかは わたしにもわかりませんが。

こんな大作にするつもりはなかったのに、超大作になってしまいました。
( ただ長いというだけで中身が伴っているかは別。 )

すべて目を通して読んでくださった方も、適当にスクロールして読んで下さった方も
ここまで到達していただきありがとうございましたっ!!!  ( 本音 )

最後に応援ぽちっと・・・お願いします。(^^ゞ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村  
この記事作成 所要時間は、フルマラソン走るに近いくらい。(^^ゞ
あ、高知龍馬マラソン 10月30日で締め切ったそうです。
 

大阪マラソンレポ【4】 空からの大阪城

今日は時間がないので手短に。
レポの順からだと、そろそろ走り出そうかというころなのですが、それは長編になりそうなので・・・
手短に空から版を。
松山-伊丹搭乗機は改めてじっくり書き直します。

みなさんのレポではとっくに走り終わっていて、練習記録や次の話題に移っているというのに
わたしはしつこく大阪マラソンレポです。(^^ゞ
全く走ってないし・・・。

CIMG9922-1.jpg  松山から伊丹 A席からの画像。 トリミングなし。

CIMG9922-2.jpg  インテックス大阪のあたりをアップで。

CIMG9922-3.jpg  さらにアップで。 でも正確に 「 ここ 」 というのは分かりません。(T_T)
何度もグーグルマップと見比べては見たものの、どう走ってどこにゴールしてというのが分からず。
茶色の大きな橋を 「 これを走るのかぁ・・・ 」 と眺めていました。
空からも、前日受付へ行く電車の中からも。

CIMG9927-1.jpg  大阪城。はやくに飛行機を予約してA席を取ってよかったです。

CIMG9928-1.jpg  これはブログ用に縮小してしまいましたが、
原寸だと、テント以外に、仮設トイレが並んでいるのまではっきり写っています。

こういう画像、3万人の参加者の中でも ごく限られた人しか撮れないからちょっと自慢。
航空機内の電子機器利用制限が緩くなったからからこそなのですが。

というか・・・レース当日の上空からのシーンを見てみたいです。
テレビニュースなどではヘリからの画像もたくさん紹介されたのでしょうが、全く見てない。(T_T)
レース中に上空を通る飛行機からは、どんなふうに見えたのでしょうね。
広い道路がカラフルなランナーで 何キロにもわたって埋め尽くされているシーン・・・考えただけで鳥肌もの。

また改めてもう一度UPしますが、空からの大阪城でした。

では、17:30からの準夜勤に行ってきます。
明日のレポこそは、走り出す予定ですが、どうなりますやら。

応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
総合 3583位


今日から11月

今朝、仕事から帰宅した後はひたすらゴロゴロ。
オールスポーツの写真を見ながら座ったままウトウト。

中盤は、顎が上がって疲れているのがはっきり。
40kmを過ぎてから激走しているのが、笑えるような、“ わたし、頑張ってる! ” と思えるような。

走っている時から自覚はありましたが、今回は 師匠と二人一緒に写っているものがほとんどなく。
高知では、本当にほぼずっと一緒にいましたが、今回は わりとわたしが好き勝手に走っていました。
お互いの存在は常に確認しつつ。

真横でお喋りしながら並走というのは あまりなかったかな。
喋ると体力を消耗しますから、あえて喋らないようにしていたこともありますし。

師匠のナンバーで検索すると、40kmを過ぎてから後ろを振り返っている写真が数枚。
35kmでペースアップしてからというもの、何度も何度も何度も、
それこそしつこいくらい後ろを振り返っていたのですが、証拠写真がばっちり。笑

オールスポーツさん、もっと価格を抑えてくれたら買えるのになぁ。
送料や現像手数料のかからないデーターでいいから、安くしてほしい・・・。

IMG_3994.jpg

夜、帰省中だった姉夫婦が東京へ帰るので松山空港へ送っていってから
市内の友だち宅にお土産を届けてきました。
ゆっくり会って、ランチしながらたくさんお喋りしたいのですが、
今月は茂平へ向けての練習もありますし (言ってみただけ?) 、ブログも書き上げたいので
とりあえずお土産配りだけ先に。


わたしの身体は、今回フル三本目にして 驚くほど回復が早く、
月曜と火曜に、じっとしていてから動き出す最初のしばらくが、脚が筋肉痛だったくらいで
全身ロボットとか、階段の上り下りが苦痛ということはないまま。

レース当日は、ゴール後にインテックスから駅までしっかり歩いて、そのあと新大阪まで師匠の見送り。
翌 月曜日は、午前中はホテルでのんびりしましたが、午後からは伊丹空港をウロウロ。
帰宅後 500m離れた友だちの家に ゆる~くジョギングでお土産を届けたり
今回は、脚を使って歩くのと、ホテルでのんびりというメリハリ具合がちょうどよかったのかな。

高知やとくしまは、走り終えたその日に 高速バスで何時間も座ったまま身体も脚も動かさないので
それはとってもよくない感じ。
かといって、自分で運転するなんてことはもってのほかなので、次も高速バスで帰りますが。
2月の高知は、日曜日も泊まって月曜日に帰ろうかと計画中。

IMG_3990.jpg
レース当日はこれではなく 、とくしまで買ったものをつけていきました。
こちらに帰ってきてから、仕事の前にこれ ( ファイテンパワーテープ ) を、膝の周りに貼ったところ
膝の周りがすごく楽!
レース当日もこちらにした方がよかったかな?

膝や左足の元々弱かった部分は、走る前も後も変化なし。
フルを走ったからといって特別悪化したわけでもなく、もちろんよくなるはずもなく。

身体のダメージという意味では、筋肉痛はほとんどなかったのですが、
ここにきて心配なのがふくらはぎ。
レース終盤、ピッチを上げているときに、ふくらはぎの筋肉全体がコポッと動いた感じで
足が攣るのかと思いましたが、攣るというよりは 「 肉離れ 」 なのかな?と。
肉離れは未経験ですし、医学的知識もないので恐ろしく素人判断ですが。

その瞬間、ふくらはぎは特に痛みはなかったですし、ゴール後に悪化する気配もなく
結局二度、 ( 40kmを過ぎてからと、42km過ぎのゴール目前 ) 
その何とも言えない 「 筋肉の塊が分離する不思議な感覚 」 を味わっただけ。
歩くのにも階段の上り下りにも全く支障はなかったのですが
仕事でしゃがみこむ動作が多くあり、その時にふくらはぎに違和感が。

日常生活にも仕事にも 全く支障はないのですが、11/23に茂平ハーフもあることですし
そろそろラン再開したいので、気になるところ。

『 肉離れ 』 を検索してみても、わたしが該当するのかどうかすらわからず。
でも、一つだけ言えることは、素人判断で無理をしてはいけない。

今日が休みなので、日程的には明日が走る日なのですが
病院に行けるのが次の休みになりそうなので、それまで様子を見てみます。
無理をして悪化させてはいけませんから。

今月の茂平ハーフは、ファンランでもいいですが、
来年2月の高知龍馬マラソンは、それこそ大本命なので、無理のないように。 

IMG_3964.jpg

大阪マラソンレポを書きたいのですが、眠い~。
ボチボチ書きますので、ゆっくりお待ちくださいませ。


大阪マラソンは しんどかったけれど、
いま 「 一週間前に戻りたいですか? 」 と聞かれたら、迷うことなく 「 Yes 」

応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村