ばぁば飛行機受難の旅 ~大阪マラソン翌日~

詳しいレポは、また改めて始めるとして。

25日、朝一の7時から空港でキャンセル待ちをしていたばぁば。
9時発の便を予約しているわたしまでもが、7時から松山空港で待機することに。
おかげで、1便出発のブログ友さんに会うことが出来たのですが。

結局、ばぁばは 午前中の便はすべて満席で、午後からの搭乗に。
13:10 松山空港発、14:00 伊丹空港着。  

土曜日に松山空港を出てから、月曜日に伊丹空港で合流するまで、
ばぁばとは完全別行動。

帰りは、同じ便の予約が出来ていたのですが、座席は別々。
わたしが伊丹に移動した後、大阪市内ではゲリラ豪雨があったとかで、大気が不安定の様子。

飛行機は、離陸時も着陸時もかなり揺れ
乗り物酔いをしやすいばぁばはあっさり攻略され、撃沈。
後ろの座席から最後に降りてきたばぁばは、顔に血の気が無く真っ青。

今もダウンしています。

こんなことになるとは思わず、ばぁばがご近所のお友達に買ったお土産は 蓬莱551の豚まん。
帰宅後、小梅の最低限のお世話をしてから、ばぁばの代わりにわたしが配り歩いてきました。

3、400m離れた ばぁばのお友だちのお宅には、小梅の散歩がてら歩いていき
500m離れた わたしの友だちのお宅には、疲労抜きジョグがてら、ゆるくジョギングをしていってきました。
往復で ちょうど 1kmだけですが、疲労抜きジョグといっていいでしょうか。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


わたしは、昨夜から今日の昼にかけて、寝たり起きたり。
身体は、特に痛いところはなく、B1へ朝食に行くのも普通に歩いて。
ただ、階段を降りるのは 少し うっっ となりますが。笑
寝て、目覚めてブログ書いて、また寝て、家計簿つけて・・・

出発前は、月曜日は阪急で お土産などお買い物をするか
大阪城に疲労抜きジョグに行くか
はたまた関空に遊びに行く・・・には時間が足りない?とか思っていましたが
すべてをなかったことにして、ホテルの部屋でゴロゴロ。

ホテルの部屋でのんびりゴロゴロしたり、お昼寝をするなんて、なんという贅沢。
誰にも邪魔されない自分一人の時間を堪能。

夜中0時過ぎに目が覚めて、iPhoneをいじりながら1時ころに夜食のサンドイッチを食べ
そのあとiPhoneでサイトを見ながら寝落ちしたのがたぶん 1:30頃。
4:30頃に目が覚めて、布団の中でiPhoneをいじって、そのあとブログの更新。
7:00~8:00 朝食
部屋へ戻って、また8:30 から1時間足らず ウトウト。

そのあとお金の計算などをして、荷造りをして 11:20 チェックアウト。
11:35 梅田からバスで伊丹空港へ。 12:00頃 伊丹空港到着。
飛行機の出発は16:05ですけれども。

IMG_3950.jpg
ラーメンを食べたものの、どうも食べ足りず、たこ焼きをテイクアウトしてデッキへ。
無理矢理飛行機と一緒に撮影。

前日受付で、たこ焼きを食べたものの、なんというか冷凍食品を油で揚げた感じ。
「 大阪らしい 」 というものを全く食べておらず、帰りの伊丹空港で やっと。

このあと、ばぁばや伯母、従姉と合流し パフェ。
そして松山に戻ってきました。
ばぁばは飛行機酔いで大変なことになっていますが、わたしは元気いっぱい。

脚全体の筋肉痛は、ある程度の時間、じっとしていると、次に動かした時に 若干筋肉痛というか
張りが残っているというか・・・な感じ。
でも一度身体を動かすと、あとはもう何でもないくらい平気です。

走っているときに痛かった膝や足首は、特に問題なく 走る前と同程度。
とくしまで痛めた左足の横の部分は、相変わらず鈍い痛みというか違和感というか・・・しっかり。(T_T)
ゆっくり気長に直したいのは山々ですが、来月後半にはハーフマラソンがあるし・・・。

とりあえず 今月はこの後忙しいですし、走るよりブログを書きたいので ( 本末転倒? )
走ることはないかな。
でも、気を抜かず 茂平マラソンへ向けて頑張ります。 


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


5kmラップ new
さきほど、ランナーズアイの資料から、5kmラップを拾ってみました。
( ランナーズアイ、一部 変だったので。 )

25kmから35kmだけ、カクンとペースが落ちています。
初めて感じた 「 30kmの壁 」 かな???
それとも単なる空腹???
ま、このあたりの反省は改めて書くとして。

※ この表の予定では、最初の5kmも 他と同じく 33分/5kmにしていますが、
  実際は最初の5kmはもう少し多めに見積もっていました。


今日は、伊丹空港を ウロウロウロウロしたくらいで、
帰宅後に小梅の散歩 + 疲労抜きジョグ 1kmだけ
明日、起きたら身体がどうなっているのか分かりませんが、きっと大丈夫なはず。
( 28日朝追記 大丈夫でした! )
 
食事は、走り終えてから 食べる食べる食べる。
今日も食べる食べる。
胃袋が底なしになったのかと思うほど。
昨日は水分摂取もすごくて、飲んでも飲んでも喉が渇いていました。


フルマラソン3本目。
ネットタイムは、わずかずつではありますが確実に縮まってきているものの
グロスタイムは、5:00:00 ± 1:00

コースも、気温も、師匠の同行有無も、ロスタイムも全部違うのに
3本のフルマラソンすべてが 5:00:00 ± 1:00
ある意味すごいわ、自分。 笑

大阪

いかにグロスサブ5に照準を合わせているかというのが丸わかり。
やっぱりスタートロスが何分だったとしても、グロスサブ5というのがわたしの目標のようです。
今回、スタートロスがたとえ15分でも16分でも、グロスサブ5は達成していた気がしますが
それは言い過ぎかしら?

それが言えるのなら、今回のネットがもっと縮まっているはずでは?というのは、また別次元の話で。
走れる身体はもちろん必要ですが、フルマラソンって もはや精神力との戦いなのかも。
( 今頃やっと気づいたの?というツッコミ、または否定のツッコミも歓迎です。 ) 

あれほど反抗的で、感謝の言葉すらない弟子ですが、
師匠からは褒めてもらえました。
高知が楽しみだ と。

はいっ、昨年くらいの天気なら 高知が楽しみです。
でも、雨とか極寒とかは嫌だな。

それにしても大阪は暑かった。
前日受付から、半袖でいいくらいで、暑いのなんのって。
でも、それはすべてのランナー共通の条件ですから、言い訳にはなりませんね。


今日の記事は、大阪マラソンレポ関係ではなく ただの 「 今日の日記 」 となりましたが
書きたいことはたくさんあるので、時間が取れ次第 頑張って書きます!


寝ろ~!と思う方も、ブログを書け~!と思う方も、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
( 総合 3762位 ) 
当日お会いしたお二人以外にも、わたしのことを気付いてくださった方はいらっしゃるのかな。
姉が買ってくれたウエアの この背中、目立ちますよねっ。

※ 大変お待たせしておりますコメントへのお返事は明日の予定です。
   明日 28日は 14:00~23:00の勤務なので、13:00までにお返事しなければ さらに翌日になります。
   いただいたコメントはしっかり読んで励まされています。
   ありがとうございます。(*^^*)
スポンサーサイト



大阪マラソンから一夜明け


インテックスを出た直後。
背後は6時間20分くらいでゴールするランナーさんが走っています。



すっきりと目覚めたものの、疲労抜きジョグに出掛ける気力は不足気味。
夜中に風と雨の音で目が覚めました。
今は、雨は止んでいるようですが、お天気が良くないようですので、部屋でゆっくりしたいと思います。

昨日は、たくさんの応援をありがとうございました。
師匠が35キロ付近で、このままだとグロスサブ5が危ない!と
ペースアップを言ってきたのですが、疲労困憊だった私はもう諦める!と。
でも、師匠が諦めることを許してくれず、引っ張られて引っ張られて、どうにかゴールすることができました。

40キロを過ぎたあたりで、右脚のふくらはぎの筋肉が、丸ごとビクッと移動した感じで、脚がつるのかと思いましたが、
それよりは、素人判断ながら、これが肉離れ( の前兆 )かな?と。

肉離れになるとかなりまずいとは思いましたがさすがに立ち止まる気にもならず、
祈る気持ちでゴールを目指し、
42㎞を過ぎてから、またもその症状が現れましたが、祈りが通じたのかどうにかゴールできました。

ゴールしてしまえば、全体の痛みはあるものの、右脚ふくらはぎの肉離れの不安はなくなりました。

1人だったら絶対に絶対に達成できていなかった記録で、相当引っぱられての結果。

前半は、母や叔母、従姉妹が応援に来てくれていることもありついつい気が焦ってスピードが出てしまい、一度は師匠に速すぎると注意されたほどで、
前半の無理がたたったのか、暑すぎたのか、それとも練習不足なのか、
25㎞あたりから疲れて失速してしまいました。

50mくらい歩いたのが数回と、立ち止まって膝や足首のストレッチをしたのが2回。
25㎞から35㎞あたりがかなりしんどかったです。
これが『30分キロの壁』というものかと初めて感じていました。

時計で1㎞ごとのラップは時々見ていたものの、
腕時計はネットタイム、ナンバーカードに書いているのはグロスタイムと、
しかも腕時計の距離数と実際の距離数がどんどん差が開き、とってもトンチンカンな事態になりもうぐだぐだ。
ネットサブ4.5が絶望になったののを確信した時点であまり時間は気にしないようにしていました。

そのせいでペースが落ちたのもあるかもしれませんが私の中ではグロスサブ5はいけるはずだったのに、
最後があんなに苦しくなるとは、やはりマラソンは最後の最後まで何があるかわからないものですね。

コース上でも横たわっている人が何人もいて救急車が来たり、
『医師』いうビブスをつけたランナーさんが対応していたり
気温が高いレースだっただけにあちこちでいろいろなアクシデントが起きていて、私自身も最後は肉離れの恐怖と闘いながらでしたが、何はともあれ無事にゴールできてよかったです。

私は師匠に、「もうサブ5を諦める」と言ったのに無理矢理?引っ張られて凄くしんどかったと憎まれ口を叩きましたが、結果を報告した母や姉からは師匠のおかげだねと言われました。
確かにそうなのですが、私一人で走っていたら、あんなにしんどい思いをしなくてよかったのに…なんて邪悪な気持ちも。笑

私はまだフル三本目なので、気温に対することがよくわからないのですが、かなり暑かったのでタイムが思ったほど良くないのも仕方がないとのことでした。
暑くて暑くてすごい汗でトイレは行かず。

楽しみにしていたエイドは、20㎞あたりで初めて給食があったものの、なんとバナナで私はスルー。
私設エイドも全くと言っていいほどなく( 見つけられず? )かなり寂しい状態でした。

高知では5㎞の時点でお腹が空いたので、とくしまではスタート前にカステラをひと切れ食べましたが、それでもお腹が空いたので今回はスタート整列時にカステラを2切れ食べていました。
そのおかげでどうにか空腹の限界にはならなかったものの、給食エイドを楽しみにしていただけにそこはかなりがっかり。

事前にアピールのあった大きな大きな給食エイドのまいどエイドでは、
プチトマトは全く残っていなかったものの
いなりと、きゅうり巻きと冷やしパイナップルを食べ
そこから生き返り復活。

35㎞以降は、歩かずペースアップして必死。
楽しむ余裕なんて無し‼︎

それにしても、高知のちくきゅうと、今回の冷やしパイナップルの美味しさは、一生忘れないと思います。
冷やしパイナップルで生き返ったと言っても過言ではないくらい最高に美味しかったです。

無事にゴールして地下鉄で帰っているときにホームでアクシデントに遭遇しましたが、
フルマラソンでたくさんのボランティアさんに協力をいただき、自らもランナーでありながら倒れた方の救護をしている医師の方を見たりしていたら、困っている人を前にすぐに動くことができました。

ブログを通じての応援、リアル友達や身内の応援、たくさんのお世話になったボランティアの方々や全ての皆さん、ありがとうございました。

今の素直な心境は、「楽しかった」というよりは「きつかった」という方が大きいですが、これからじわじわといろんな感動がよみがえってきそうです。

またそれぞれについて長く長く続くレポを書く予定でいますので、よろしければお付き合い願います。
ホテルの部屋でiPhoneに向かって喋りながら音声認識での更新でした。
※iPhone6の音声認識は4sから劇的に精度がアップしていてびっくり。

それでは7時からの豪華バイキングに行くために準備をします。




応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村