続 : 雨と風

走るようになってから、いろんな話題に触れてきましたが、
そういえば 「 風 」 については触れたことが無かったと、いまさらながらに。

マラソン大会では、『 雨はいいけど風が嫌 』 という意見があってわたしには目から鱗でしたが
わたしは、風はまだマシだけれど、雨だけは降らないでほしいです。


一昨日の記事で、このような事を書き、その後コメントをいただいたりして、
人それぞれなんだなと改めて感じているところ。

“ 自分の常識が世間の常識ではない ” とは、よく言ったもので
わたしは、世間のランナーは皆さん 風より雨がイヤなものだと思い込んでいました。

aCIMG0682.jpg

今回、この話題になってから、師匠に 風と雨のどっちが嫌かを聞いたところ 「 風 」 と即答。
えぇ~!!!

今まで、走ることに関してありとあらゆる話をしてきましたが、そういえば 風がどうとかは話したことがない。
高知の時に風除けになってくれたことはもちろん話に上がりますが、
風対策とか、風がイイとかイヤとか、話したことない。

改めて高知の時はどうだったかを聞くと
『 結構風が強かったよ。あの風が気にならないのなら、風は平気なんだね。 』 とのことでした。
へぇ~。

前夜に、高知市在住の友だちから、車が流されるほどの風の強さということを聞いていたので
ある程度の心積もりが出来ていたからかな?
とにかく、風が強くて走りづらかったという印象は全くなく。
風が “ 冷たかった ” という印象ははっきり残っているのですが。

これって、風に強いとかどうとかではなく、ただ単に 鈍感なだけ?
坂にも風にも。

与えられた条件をそのまま受け入れることが出来るというか、疑問を持たないというか
日頃のわたしと真逆ですが、走っているときは妙に 素直なのかも。
↑ 書きながら自分で笑える。

CIMG0695m.jpg

そういえば・・・
風ネタで思い出しのですが、今年の7月27日 真夏のレース 汗見川ハーフ。

前半は薄曇りで、途中は山の中で木陰で、最後の少しだけが 炎天下でした。
その炎天下の時、向かい風が吹いて、
向かい風でもなんでもいいっ! 風が吹いたら嬉しい~っ!!! と思いました。

身体じゅうに汗をかいていて、風が吹くと すごく気持ちよかったです。
たとえ向かい風でも。

aCIMG0638 1256

文章と写真の季節が真逆。笑
今回のセコ技過去画像は、高知龍馬マラソンのもの。
この画像は、レース前日の2月15日。

レース日は、いいお天気に恵まれましたが、やはり風は冷たかったです。
まぁ、2月ですものね。
海際だし。

風が吹くのと、無風とでは 体感温度はずいぶん違うそうですね。
真夏のレースは、風があったほうが走りやすいくらい・・・ なんて書くと、変な人かしら?

IMG_2787-1.jpg

お天気ばかりは、自分の力ではどうにもなりませんが、大阪は晴れるといいな。
走っている人はもちろん、エイドの方や応援の方にも、気持ちよく過ごしてほしいですしね。

大阪まであと少し。
まだ落ち着いているような、かなりわくわくしてきたような。

半期まとめが終わって、相当な重荷が降りたことも大きいですが、
気分はもう大阪マラソンへまっしぐら。
ふと気づいたら 単純作業の時に鼻歌まじりで仕事をしていたりします。

IMG_2773.jpg

膝や足の不安はゼロではないけれど、この先 走る量を徐々に減らしていけば大丈夫なはず。
大阪、楽しみですっ。



応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト