しまなみ遠征 16km

【 2014年7月19日 11:26開始、13:18終了 16.02km 1:52:27 平均 7:03/km ミズノ 】
7:15 - 6:58 - 6:47 - 6:30 - 6:26 - 6:34 - 7:03 - 6:47
6:25 - 6:30 - 7:27 - 7:36 - 7:14 - 7:23 - 8:22 - 7:02

ずっとずっと以前、何年も前から、いつか自転車で通ってみたいと思っていた しまなみ海道。
高速道路のフェンスを隔てた真横を、原付や自転車や徒歩で通ることが出来るのですが、
ばぁばや姉は自転車で通ったことがあります。
わたしは車以外で通ったことが無く、いつかは自転車で・・・と思っていましたが
自分自身が走り始めてからは、当然 「 いつかは自分で走って 」 に変化。

景色のいい橋の上を走ってみたいというのと、
ほんの一部のコースだけでも 「 しまなみウルトラ 100km 」 の真似事をしてみたい。
ということで、師匠を誘っていよいよ実現の日。

一年中で一番暑いであろうこの時期。
橋の上なので、直射日光を遮るものは一切なく、しかも もしもの時に助けを求めるのも至難の業。
歩道は、いつでもどこでもUターン可能ですが、4kmもある橋の上では本線が高速道路のため、
タクシーを呼ぶこともできず、ヒッチハイクも無理で ( ← しないけど、もしヒッチハイクしても今治ではなく大島へ。 ) 
よほど緊急時の救急車要請以外は 「 自己責任 」

な~んて書くと大げさですが、とにかく この時期ですから体調管理はしっかりして
炎天下なら無理はしないで 写真を撮ったりしながら楽しく短めに走るのもアリ、というつもりで。

でも、今日は ちょうどいい具合に曇り空。
とりあえず大島へ行って、来島海峡大橋全景が見えるところまでは走ろうという予定でスタート。

IMG_3417.jpg  糸山公園へ向かう車窓から

さすがにインターチェンジからの出入りは無理で、
歩行者・自転車だと、一般道から橋へは、画像左の勾配とループの連絡道路を通ることになります。

今治から来島海峡第三大橋と、来島海峡第一大橋から大島へ、帰りは逆に
つまり、2回ずつの上り下りをすることに。

今治側は、糸山公園発着ですが
大島では、海面からかなりの高さがある橋から ( 海抜78mとのこと ) 、
ぐるぐる回りながらとはいえ、一気に海面とほぼ同じところまで降りるため 勾配はかなりのもので。
ただ走る練習だけでなく、坂道練習も否応なく同時進行。

今まで、自転車には わずかながら通行料金がかかっていたのですが、
偶然にも、この日 7月19日から通行料が無料化されるとのこと。

テレビ取材が来てるだろうな、自転車の人であふれてるのかな?と思っていましたら
早速 「 サンライズ糸山 臨時駐車場 」 の案内と、たくさんの係員の方の誘導が。

このまま上へ行っても どうせ満車だろうし・・・
でも、わたしたちが目指しているのはサンライズ糸山ではなく、その上の糸山公園。
一度は、臨時駐車場へ行きましたが、係の方に糸山公園へは行けるのかを確認したところ
『 今、式典が終わったところですから、式典の出席者が帰って もう空くころだと思います。 』 と。
式典???

とにかく、駐車場が空いているのならばと、臨時駐車場を出て、糸山公園へ。
行ってみると 「 式典出席者駐車場 」 と 「 一般客駐車場 」 の案内がありましたが、式典は終わっていたので
建物に近い駐車場へ。

IMG_3418.jpg  愛媛のゆるキャラ みきゃん がいました♪
でも、私たちが行ってしばらくして去っていきました。
一緒に記念撮影したかったな。

いろんなカメラを提げた取材の人たちと、クールビズとはいえワイシャツにスラックス 革靴の人がうじゃうじゃ。
普段は、観光客の人がいるくらいですが、画像のような光景の中に
どピンクのランパンで突入するのは、かなりの違和感が・・・。

テーピングをしたり、日焼け止めを塗ったり ( さすがに曇りでも塗りました。 ) 靴下&シューズを履いたり
の~んびり準備をしているうちに、だんだんと人が減り。

IMG_3426.jpg  ゲート解体中。
少し前には、ここをたくさんの自転車が通過したのかな?

やっと車を離れて、売店で おやつとお茶を買って軽く腹ごしらえ。
お腹が空いては走れませんから。

IMG_3422.jpg  
見ての通り、雲が厚くて 直射日光はなく 走りやすそう! 
もちろん暑いのは暑いですが、直射日光をまともに浴びるのとは 後の疲労度が違います。

わたしのTシャツは、ナイキドライフィット。
胸のデザインは、シューズのマークに 「 I  」 だなんて、ランには ぴったりでしょ♪
相当前のものですが、ランパンがピンクだとTシャツは色が限られますからね。 
夏らしく さわやかに白で。 

IMG_3419.jpg  バスが通っていますが、この画像を見る限りでは 自転車はいないのかな???
このあと、GPSを取得し、ランスタート♪

最初の画像のループ連絡道路を通って、いよいよ高速道へ合流、本線横の歩道へ。
連絡道路の時から、前方から本格的な自転車がたくさん。
※ クロスバイク?自転車の種類は詳しくわからないので全部まとめて 「 自転車 」 と書きます。

IMG_3427.jpg  本格的な自転車&装備の方から、ママチャリレンタルの方まで
たくさんの方に擦れ違いましたが、ほとんどの方が 「 こんにちは~♪ 」
もちろんどちらが先にというわけでもなく、こちらからも 「 こんにちは~♪ 」
大人が引率した小学生の集団もいましたが、みんな元気よく 「 こんにちは~♪ 」
この時、自転車は下りで、わたしたちは上りでしたが 笑顔であいさつ。

しまなみの歩道を通るのは初めてですが、
登山の時みたいに、なんというか・・・一体感があって素敵♪
 
並走できるときは並走して、自転車が来るところは縦一列で。
式典時間の関係か、9割は前からだったのですが
たま~に来る後方からの自転車も、速い方はベルを鳴らしてくれて
追い越しざまに 「 失礼しま~す! 」 と声を掛けてくれたり 危険な思いをすることなく走れました。

IMG_3428.jpg  ブログを書いていて、いま知ったことですが、今治側が 「 第三 」 なのですね。
3つ続いていることは知っていましたが、てっきり今治側が 「 第一 」 だと思い込んでいました。

身分証明書を首から提げ、立派そうなカメラを持った自転車の男性は台湾の方だとか。 ( 師匠談 ) 
途中、日本語ではないアジア圏のグループがいたのも台湾の方?

しまなみ海道を自転車で走るというイベントは、世界へ向けて発信中らしいので
これから国際色豊かになるのかな。
いろんな国の人に、瀬戸内海の美しさとか、道後温泉の良さとか、愛媛の良さも知ってもらいたいと思います。
台湾語で 「 こんにちは 」 は・・・言えなかった~。残念!

と。
たったいま、ググりましたら 「 ニーハオ! 」 でいいのっ???
擦れ違うときに 「 ニーハオじゃないしなぁ・・・わからんっ。 」 と 無言だったのに。
そっか・・・。 無知ってツラいわ。

IMG_3430.jpg  あまりにも暑ければ、大島上陸は断念かと思っていましたが、幸い厚い雲に覆われていたので、無事に大島上陸。
とはいえ、走り出した頃よりは空が明るくなっています。

海抜78mの橋から、ループやらヘアピンカーブやらの連絡道路を通って、一気にこの地点まで。
かなり下っているのですが、下りの途中で師匠から意外な言葉が。

『 今 これだけ下るということは、帰りに上らなきゃいけないけど、それを意識してる? 』
( 注意とか指導的な問いかけではなく )
 
はっ。
まっっったく、意識していませんでした。

今日は、完全に行った道をそのままUターンなので、行った道 = 帰る道。
行きの今が急な下り =  帰りは急な上り。

もちろんその通りですが、 “ え~! 帰りはココを上るの~?キツそ~! ” という意識まるで無し。
つい先日も、急な坂道込の16km 意外に楽に走れましたし、
特に師匠と一緒だと、会話などで気が紛れますし、天気にも恵まれ (?) 大島まで行く気満々でしたし
「 帰りはこの坂を上るのが嫌だ 」 という感覚は、まるで無し。 というか気づいていない。笑

師匠にそのことを伝えると、
『 行った道を帰るのだから、帰りに上るのは当たり前だけれど
それでも “ 帰りはココを上るの~?キツそうだね~。 ” というお決まりのやり取りはないの? 』 と
なんだか拍子抜けした様子。
( ブログ用に言葉を変換しています。笑。 実際は方言 )

IMG_3432.jpg  振り返って撮影。

IMG_3433.jpg  こんな写真を撮っている間も、時計は進みっぱなし。

師匠から、7.5kmで折り返して15kmにする?という案が出されましたが、わたしが却下。
先日と同じ16kmにすることにして 8km分前進。
本当は 20kmとか、ハーフに挑戦したい気持ちもあったのですが、
ハーフ本番の一週間前ですし、暑い時期なので それは自粛。

IMG_3434.jpg  かなり本気で ( 全力でという意味ではなく ) 走ってはいるものの、ところどころで写真撮影。
わたしが写っているものは、もちろん師匠が撮影してくれていますが、
ただの風景は わたしが走りながら撮っているものも。

この写真、左足を広げてポーズをとっているように見えますが、
つま先は、きちんと揃えています。
アスファルトの丸い部分に重なってしまいました。 ($・・)/~~~

実にどうでもいいことですが、おまけ。 ↓
IMG_3434-2.jpg  膝から下の色が違う~。
アップにするとわかるように、左膝にのみテーピング。
でも、右脚も線が入っているのは、とくしまフルでの勲章・・・もとい、単なる日焼け。

今は靴下を脱いで、テーピングを外しているのですが・・・
見た目は、ふくらはぎだけサポーターをつけている状態です。
膝から上と靴下部分は白くて、ふくらはぎ部分だけ こんがり色。
 
それにしても、左脚のほうが横に広がっているO脚な感じが。
だから左足が不調なのかなぁ・・・。

IMG_3436.jpg  船が見えてきました。
一瞬、伯方島にいるのと勘違いしそうに。
このあともうしばらく走って、8km進んだところでUターン。

※ GPS時計をパソコンに繋いで、データ管理をしようと思ったらログインすらできず、お手上げ。(T_T)
   高度や、走ったコースなどが表示されるはずなのに。(T_T)

IMG_3438.jpg  復路の写真は、ほとんどなし。
もうこれが来島海峡第三大橋。 
今治国際ホテルの頭の先だけチラッと見えています。

IMG_3439.jpg  橋の上から、糸山公園 を。

IMG_3440.jpg  波止浜方面
折り返したあたりからどんどん陽がさしてきて・・・

IMG_3442.jpg  糸山公園へゴ~ルっ!!!
すごい晴れてる~!

正確には、その少し手前で16kmに達したので終了。
残りは、ダウンを兼ねてシャカシャカウォーキング。

16.02km 1:52:27 歩いたと言えるのは14km過ぎくらいの一度だけ。
写真を撮る間も時計を止めていないのに、なんと 7:03/km
( いい意味での驚き ) 

信号が無く立ち止まることがないけれど、暑いし勾配がキツイ。
そんな中、7:03/kmで、むちゃくちゃな疲労を残すことなく、気持ちよく走れたのは収穫。

なんて・・・また数日後にネガティブ記事を書くかも???


IMG_3441.jpg
リストバンドは暑いので、直接GPS時計をつけていて、外したらこんな感じ。
この跡は、すぐに取れますし、このくらい締めていると以前のように肌が擦れて傷になることもないので
夏の間は、この感じで走っています。
右手には汗拭き用リストバンド。

顔にも日焼け止めを塗っていましたが、汗が流れるたび リストバンドで拭いていたので
顔も日焼けを覚悟していましたが、大丈夫でした。
ただ、とくしまの時から分かっていたのですが、
今回も対策をしていないふくらはぎは・・・ 悲惨な日焼け跡。(T_T)

IMG_3445.jpg

IMG_3446.jpg

8kmを往復して16km、ランナーさんには誰一人擦れ違いませんでしたが、
自転車の方との接点が多く、挨拶もたくさんたくさんして、とても楽しい遠征。
ラン記録というより、もはや旅行記に近くなってしまいました。

今度は秋に、バラ園か 可能であれば伯方島まで行ってみたいです。
って・・・伯方島までの距離を調べもせずの発言。  ( 怖っ



帰宅後、久万高原マラソンの案内が届いていました。
ぜひぜひ出場したかったのですが、大阪と日程が重なってしまったので今年は大阪。
また久万を走れる日を楽しみにしています。

応援ありがとうごさいます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
ターザンのランパン、内側はメッシュで走りやすく、撥水加工、色も可愛くて最高♪
それが税別990円だったなんて、あの記事が人気記事に選ばれて書き足しづらいから、ここでそっと告白。
スポンサーサイト