走りましたが

昨夜の勤務は早早番で、身体は疲れますが 精神的疲労ほとんど無し。
ぴったり定時 3:30終了♪
4:00前帰宅。

なんとなく走りたい気分でしたが、さすがに午前4時に走り出す勇気はなく。
ちょっとパソコンして5:00就寝。
この時すでに明るくなりかけていたのですが、やはり一度座ってしまうと重い腰が上がらず。

起きたのはお昼過ぎ。
目覚めた時点で走る気。
本当は夕方、ある程度涼しくなってからがいいのですが、
今日は車の税金の支払いやら役所やら、用事をしておかなくては。

となると、先に走るのがいいかな・・・と、暑い中 走ってきました。
足は無茶をすると痛いので、走りながら様子を見て、
暑いし スピードうんぬんではなく、 身体が走ることを忘れないようにというのと、暑さに慣れようという目的で。

走り出した途端、iPod絶不調。
GPS時計を一旦停止させ、日陰のところでいろいろ操作してみましたが何度やっても絶不調。
さすがに今日はペットボトルのお茶を持って出ていたので、
ところどころ木陰で立ち止まって時計を止め給水。

ペットボトルの収納できるウエストポーチは二つあるのですが、
( 自分で買ったものと、とくしまマラソンの参加賞 )
今日は6kmの予定でしたから、初めから手で持って。

走る前に塩分たっぷりの いかり豆を食べていたので、今日の水分補給は 麦茶。
たぶん今後も 10km以内は、麦茶だと思います。
ポカリとかアクエリとか、あんまり好きじゃないので。

帽子をかぶってサングラスはしましたが、日焼け止めは塗らず。
短時間とはいえ、この時期、14時15時の紫外線は侮れませんね。
左手のリストバンド日焼跡はもう気にしないことにしましたが、とにかく暑かったです。

木陰のところで立ち止まって給水しつつ、6kmの予定を5.5kmで終了。
残りの 0.5kmは ダウンを兼ねて歩いて帰りました。

足は、走ると違和感はあるけれど、走ったからといって明らかに悪化するわけでもなく。
8時間ずっと動き回って仕事をしているのだから、
今更 40分ほど走るのを自粛したからといってどうなるものでもないか~ と。
もちろん歩くのと、走るのでは 足にかかる負担は全然違うのでしょうけど。

足が痛いから、これ以上悪化させてはいけないと思って走るのを自粛していたものの、
だからといって治る気配は無し。
これからは、様子を見ながら走ろうと思います。

とはいえ、これからしばらく、またバタバタと忙しくなりそう。
そろそろ歯医者さんにもいかなくては、毎月恒例のはずのクリーニング&点検、いったいいつから行ってないやら。
来月早々に健康診断があって、6月7日は、しまなみウルトラの応援。

わたしは1回6kmを目安にしているので、40分ほどあれば走れます。
準備と、そのあとさっとシャワーを入れても 約一時間。
そのくらいの時間捻出は出来ないほうがおかしいのですけどね。

140529.jpg
【 14:33開始、15:15終了 5.51km 0:38:02 平均 6:58/km 】
6:48 - 6:55 - 6:59 - 6:49 - 6:57 
立ち止まってiPodを操作したり、落ち着いて給水したところは時計を一時停止してこの時間。
時計を止めなかったら、ワースト記録かな?


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2号。
高校を卒業したから学生証が無い、
今は保険の手続きの間で保険証が無い、
教習所に通っていてまだ免許が取れないので、運転免許証が無い。
パスポートはとうの昔に期限切れ。
身分証明書がないって、なんとなく不自由ですよね。

身分証明書の無い2号に ( ? ) 応援ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



阿嘉島のウミガメ 2014年5月-3 【2日目午後・姉日記】

阿嘉島2日目。からはーいさんのボートで13時シュノーケルに出発。(※クリックでからはーいさんのHPが開きます。)

P5120001.jpg

P5120003.jpg
 まずは昨年6月に行った座間味島北側のポイントへ。ここには若いテーブルサンゴがいっぱい♪

P5120010.jpg
 サンゴの隙間をぬって進むとリーフが切れ込んで深くなったポイントがあり、その底に枝サンゴの群生が。

P5120012.jpg

P5120017.jpg
 8m程潜って上を見上げるとこんな感じ。毎回ボートスノーケルをからはーいさんでお願いして、素潜り(スキンダイビング)のトレーニングをして貰ったおかげで今では8~9m潜れるように。水面に浮かんで見るのとは違った世界を少しだけ覗けるようになりました♪

P5120022.jpg

P5120030.jpg
 ここでは友達がサンゴの下にネムリブカを見つけたのですが、私は見られず。サメ見たかった。。。

P5120045.jpg

P5120046.jpg
 ここで30分ほど楽しんだ後、タイマイに会える可能性の高いポイントへ移動。

P5120050.jpg
 移動した先は去年9月に行った阿真ビーチ沖の西側。水深6mにいるハナビラクマノミに再会。

P5120051.jpg
 こちらは水深7mにいるカクレクマノミ。前回はダイバーさんが見ているところへ潜っていって、ガイドさんに手を振ってもらいましたが、今回は私達だけの貸し切り。

P5120056.jpg
 慶良間のサンゴは八重山に比べて色合いは地味め、と思ってましたが、ここのサンゴは色とりどり♪泳いでいるのはセグロチョウチョウウオのペア。

P5120058.jpg
 エダサンゴの森に群れるデバスズメダイとネッタイスズメダイ(黄色)。

P5120065.jpg
 透明度もよくて、気持ちがいい♪

P5120072.jpg
 ガイドのひげさんがタイマイを見つけてくれたので見に行くと。。。

P5120073.jpg
 なんと、タイマイ2頭が接近!

P5120074.jpg
 んん??2頭であいさつしてる???ウミガメがコミュニケーションを取っているところを見るのは初めてです!

P5120075.jpg
 あいさつは一瞬で終わり、1頭は泳いでいきます。

P5120079.jpg
 残されたタイマイ。「あ~、いっちゃった。。。」って思ってるかのよう(*^_^*)

P5120084.jpg
 すぐに気を取り直して(?)、お食事開始。タイマイの顔の前にいるのはイロブダイの幼魚。ちびっこは可愛いな~♪

P5120085.jpg
 タイマイはサンゴの間に頭を突っ込んで、海綿を引っぱり出して食べるためクチバシが尖ってます。

P5120087.jpg
 アオウミガメに比べてクチバシが尖っているのが分かるかな?あと、甲羅の後がギザギザになっているのもアオウミガメと見分けるポイントです。

P5120110.jpg
 タイマイと分かれて、ユビエダハマサンゴの群落を観察。カメラのGPSによるとここで水深8m。

P5120111.jpg
 ユビエダハマサンゴの上にウメイロモドキが。青い体に黄色のラインが映えますね♪

P5120114.jpg
 水深4.5mから下をのぞくとこんな感じ。

P5120117.jpg
 ウメイロモドキと一緒に群れていたのはアマミスズメダイ。後のサンゴが倒れているのは台風の影響でしょうか。

P5120121.jpg
 エダサンゴが繁る浅瀬に戻る途中、タイマイに再会。

P5120122.jpg
 どこかで「アカウミガメはクロール、アオウミガメは平泳ぎで泳ぐ」というのを見ましたが、タイマイも平泳ぎですね。

P5120123.jpg

P5120125.jpg
 友達と一緒にエダサンゴの森に群れる熱帯魚をゆっくり楽しんで、ここでの滞在は約50分。趣の違うポイント2か所で色々なサンゴにきれいな熱帯魚、更にタイマイも2頭見ることができ、大満足のボートスノーケルでした(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったら、ぽちっとお願いします。バナーはパラオの夕日です。
Category: 姉代理更新