どうして走るのか? ( タイトルはほぼパクリ ) 

高知龍馬マラソンまで あと11日



えぇ、タイトルはパクリです。
某有名女性ブログの 「 なんで走るの? 」 という記事を読んできたばかりなので。
しかも ほぼ仕事の愚痴です。
それでもOKな方は 先へお願いします。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


いつもの夜勤を終え、何とも言えないグレーな気持ちを抱え込んで帰宅。
時間的には 残業はほとんどしていないのですが、どうも納得のいかない出来事があって。

お友だちに ちょっと ( 延々? ) 愚痴を聞いてもらって、
わたしがおかしいのか、うちの会社がおかしいのか、世間一般的にはどうなのか?いっぱい問い詰めてしまいました。

眠~い と思いつつ ずいぶん遅く回し始めた洗濯が終えるまでは起きていなくちゃと ネットを徘徊。
「 なんで走るの? 」 というタイトルとその記事を読んで眠気が覚めました。

まったく運動とは無関係な日々を過ごしてきたのに 突然走り始めて 友だちにもよく驚かれるのですが
わたしの場合は?と考えてみると

今の仕事、自信がないんですよね。
自分のやっていること、言っていることに。

前の会社では、事務員をしていましたが、事務所の人は全員が正社員で
わたしは一番下っ端で ( 後に後輩事務員も入ってきましたが ) 
男性営業マンの補佐役をしていました。

いろいろ大変なこともありつつも、仕事内容はすごく自分に合っていたと思うし、好きだったし
基本的には周りの人に大事にしてもらっていましたが、出産を機に 退社。
わずか20年足らず前とはいえ、当時わたしの周りでは 仕事をやめて自分で育てるのが主流でした。

ギリギリまで働いたので、退社の翌月 1号出産。
2年後 2号出産。

2号が1歳になったころから
「 働きたい~。外に出たい~。 " 1号クン2号クンのママ " というだけの存在は嫌だ~。 」
同じアパートの人たちとはとても仲良くしていたものの
雨の日なんかは 「 今日一日で会話したのは 夫と子供だけだ~。 」

スーパーに行っても、レジの人を見て 「 この人働いていて羨ましい 」 とか思ったり。
働いていない自分への不満が沸々と湧きだし、「 働くっ! 」 と。

こう書くと、イイトコの奥様みたいですが (笑)、
お金のためではなく 自分の時間を持つため・ワタシという一人の人間として扱ってほしくて働きはじめました。

それが今では世帯主。
生活のために働いています。
短時間のパートだったはずが、運も味方につけ いつしか正社員に。

今の会社はパートさんが多いので、正社員はパートさんを管理する立場です。
仕事のシフトを組んで指示を出して、気配り目配りをするなんて わたしには向いてないっ!!!
わたしが指示をするのではなく、だれかわたしに指示をしてほしいです。
もちろん上司から 続々と指示は入りますが それを理解し、分解して わたしからパートさんへ指示を出すわけで。

ま。
余計な話が多くなりましたが、本題へ戻って 「 なんで走るの? 」 ですが、
わたしの場合は 『 フルマラソンを 』 ということにして。

従兄弟夫妻や 前の会社の担当営業マン、今の会社の違う部署の人 ( 現師匠1 ) や
ネットで知り合ったお友だち ( 現師匠2 ) が フルマラソンやウルトラマラソンを走っていたこと、
もともと見るのは好きだったことから 愛媛マラソンのボランティアをしてみようかな?と思い立ち・・・
気付いたら 二人の師匠に背中を押してもらって 自らが走ることにしたのですが。

フルマラソンを完走したら
世界が変わるかな? 自分に自信がつくかな? 
上司に何を ( 理不尽なことを ) 言われてもめげない強い人になれるかな?
という気持ちがあったのも確か。

仕事では、上司に あれこれと言われてばかりで、 ××で、△△で、◆◆で・・・と
昔々の某ドラマのスチュワーデスさんの様な悲惨なことばかりですが
上司ができないようなことを わたしが成し遂げたら ( 大袈裟? ) 自分の気持ち的に強くなれるかな?と。

第一種衛生管理者という資格を持っているのですが、業務上必要なので取れと言われて取りました。
この資格を取るまでにも、取ってからも すったもんだあったのですが
わたしの能力からすれば、すごく難しい試験で 3回目でやっと合格。

上司がいうには 「 第一種衛生管理者の資格が取れたんだから 」
その言葉の意味するところはいろいろあるのですが・・・。
でも、わたしとしては 自分でコツコツ努力してその結果、合格したとは思っていなくて
運と奇跡とまぐれのおかげだと。

でも、マラソンに奇跡は無いと言われているらしく
フルマラソンを走りきるなんて、運と奇跡とまぐれではどうしようもないでしょうから
やっぱり自分の努力が必要なわけで。

今まで、のらりくらりと生きてきて、
離婚しても実家に舞い戻って ぬくぬくと過ごしていて、
何の努力もせず、自分に自信がないのは当たり前なので、
ここらあたりで ちょっと頑張ってみるのもありかな~と。

自分に自信がついたら、仕事も もう少し頑張れるかな~と。

昨年 2013年の9月から走り始めたのですが
その前の7月に 会社を辞めるかどうかという瀬戸際までいって ( というか一度は辞める決意をした ) 
何かが吹っ切れた・・・ではないなぁ、
自分の中で何かを変えたくて・・・というのが適切かな?
フルマラソンに挑戦することにしました。

こんな風に書くと、さも 「 仕事を頑張るためにフルマラソンに挑戦する 」 みたいな感じですが
そうではなくて。
う・・・ん、表現が難しい。

いつも言っているように わたしの仕事は ひたすら歩き回る仕事。
フルマラソン挑戦を上司に伝えたら
「 自分だったら仕事に支障が出るようなことはしない。 」 と言われ
全体朝礼で 「 公休の日は、仕事に備えてゆっくり休んでください。 」 と嫌味を言われ。

ここまで言われたら 元気に完走するしかないでしょう!!!!

書いていたら 腹立ってきた~!!!
朝から落ち込んだり 腹を立てたり 大忙しだわ。

とりあえず寝よう。

自分の性格はなかなか自分ではわかりづらいものですが
とりあえず、眠れないことはほとんどなく、食べられないことは全くありません。

腹が立とうが落ち込もうが、お腹は空くししっかり食べることができる。
稀に 睡眠が浅くなることはあるけれど、眠れないことはない。

けっこう ずーずーしく 図太く 作られています。
そうでないと こんな会s・・・以下自粛。

t.jpg
今朝 Twitterで見つけた名言。
25kmで辛くても、30kmできつくても、35kmで苦しくても
頑張ったら ゴールでは 絶対 顔が晴れるでしょうね。
( ちょっとぉ! 「 顔が腫れる 」 って変換されたっ!!! いいところなのにっ! )




感動して泣き腫らすのはゴール後にしてね。と思われる方は応援ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト