ばぁば&姉ガラパゴス旅行記【イスラ・ソル朝食&プエルトアヨラ出発】

2013年10月11日(金)、日本を出発して7日目。クルーズ3泊+ホテル1泊で4泊したガラパゴスを去る日がやってきました。(この前の記事はこちら。)

PA110001.jpg  6:45 朝食へ。ホテル出発が7:30なのでこの時間に行ったら朝食1番乗りでした。

PA111925.jpg 手前がばぁばセレクト、左奥が姉(私)セレクト。私達が席に着いた後、ハムなどのホットミールももって来てくれたような記憶が。

PA111927.jpg  この時、姉妹ホテルのソル・イマルが改装中だったので、もしかしてここは臨時の朝食会場かも?本来であれば、ソル・イマルのレストランで朝食だったのかもしれません。

PA110007.jpg  7:30 前日と同じドライバーが時間前に来てくれてホテル出発。桟橋からバルトラ通りへ。

PA110010.jpg  8:16 イバタカ海峡到着。42KMを46分で走破したので平均時速は60KM弱だった模様。

PA110011.jpg パロサントの木が繁るサンタ・クルス島。

PA110018.jpg  この渡し船に乗ってバルトラ島へ。

PA111930.jpg  8:23 サンタ・クルス島出発。

PA111931.jpg

PA111932.jpg

PA110021.jpg 帰りにも赤いブイにアシカが2頭。前日はウェルカムアシカだったけど、今日はお見送りアシカくん。

PA111935.jpg  このアシカを撮るために船内を歩いていたばぁばに異変が(おおげさ)。何と、知らないおじさんにいきなり肩を抱かれました。

PA111937.jpg ばぁばの肩を無言で抱いてきたのはこのおじさん(もしかしてお兄さん?)。一緒にいた女性にカメラを渡して、「写真を撮って」と言ってた様子だったので、珍しい東洋人と一緒に写真を撮りたいんだろうな~と姉(私)は冷静に見ていましたが、いきなり肩を抱かれたばぁばは目を白黒(笑)。でもすぐに状況を理解して、こちらも一緒に記念撮影して頂きました(*^_^*)。その後話してみると、こちらのお二人はグアヤキルから来られたとか。

PA111938.jpg  8:31 バルトラ島に到着。桟橋の奥に見える青いバス(無料)で空港へ向かいます。

PA110022.jpg

PA110023.jpg バスから見たイバタカ海峡。

PA110026.jpg  8:48 空港到着。スペイン語オンリーで英語での意思疎通は殆どできなかったけど、本当に親切だったドライバーさんと記念撮影。空港送りの時もずっと荷物を運んでくれて、チェックインまで付き合ってくれました♪

次回はガラパゴス出発。バルトラ空港のご紹介と、ガラパゴス-グアヤキルのアエロガル2K33便の搭乗記です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よかったらぽちっとお願いします♪
スポンサーサイト



Theme: 海外旅行記 | Genre: 旅行

高知龍馬マラソン 案内

高知龍馬マラソン
高知龍馬マラソン2014 
参加のご案内がネット上で見ることができるようになりました。

今日、仕事で嫌なことがあって 結構凹んでいたのですが 帰り際に嬉しいこともあって、
今日は走って その嫌な部分を忘れてストレス発散・・・そのために まずは寝る予定だったのですが
いろいろ詳しい案内を見ていたら、すっかり目が覚めてしまいました。
興奮しすぎて、寝るどころじゃないっ。笑

初フルマラソンって みなさんそういうものなのかしら?
わたしだけではないですよねぇ・・・。

当初、5000人程度という募集で 7995人の申し込みがあり、抽選になって
ネット上でも ( Twitterで検索しても ) 落ちたという話を聞かないので、全員当選かと思っていたのですが
最終的に、きちんと支払いをして手続きをした人が 5586人とのこと。
やはり、辞退者がかなりいるんですね。
愛媛マラソンでもかなりの辞退者で二次抽選までありましたし。

5586人のうち、男性が4678人・女性が908人で、女性の割合は16%
これが多いのか少ないのかはわかりませんが、先日のマラソン教室で女性アドバイザーさんが
『 以前は女性トイレは空いていたけれど、最近は女性ランナーも増えてきて並ぶようになりました。 』 と。

うちは、従兄弟夫妻がアスリートなので、女性ランナーも身近で違和感はないのですが
20%にも満たないということは、やはりまだ少ないのかな?
これはフルだから?
久万 ( 5km・10km・ハーフ ) は、もっともっと女性の割合が多かったような。

女性の年代別内訳は 29歳以下 173人、30代 255人、40代 276人、50代 150人・・・
30代と僅差ではありますが、40代が一番多いのですね。
男性も、一番多いのは40代でした。 へぇ・・・。

フルマラソンだとある程度の練習は必要ですから
フルタイムの仕事うんぬんはともかく、小さな子どもさんがいるママなどは 時間の確保が難しいのかもしれませんね。
子どもだけでお留守番させて走りに行ってくるとか無理ですし。
ましてや、お泊りで遠征なんてママの立場なら大変かも。

わたしは 正社員でフルタイムの仕事はしていますが
子どもに割く時間というのが恐ろしく少ないので 練習時間の確保は自分次第。
でも、いまのわたしに幼稚園児の子どもとかいたら・・・フルマラソンを走ろうとは考えなかったと思います。

小さな子どもさんがいてフルマラソンに挑戦しているママやパパのブログも読んでいますが
ほんとすごいなぁと感心します。
子どもっていろんな病気をしますから、看病をする親 ( 特にママ ) にまで移る率も高いですしね。

話を戻して。
高知龍馬マラソンですから、高知県内の参加者が一番多いのは当たり前ですが 2378人で42%
次が愛媛県 1081人で19%
同じ四国だからといっても、香川は279人、徳島は221人ですから、高知を除けば愛媛断トツ。

5586人の参加者のうち、何人が宿泊かわかりませんが
わたしが予約したホテルは かなり立地のいい場所で ホッ。

高知に集まってくるのは、前日の昼とか夜とか、当日の早朝とかバラバラでしょうが
全国各地から来られた人が帰るのは 当日 日曜の夜がほとんどでしょうから
高知駅とか高知空港って、ランナーとその応援者・関係者とかであふれかえっているのでしょうか。
ジャージのおじちゃまおばちゃまがうじゃうじゃ?
そういうシーンも想像するだけでわくわくします。
なんたって久万の小さな大会にしか出たことないので。


9時スタートというのは、はじめっから分かっていましたが
細かなタイムスケジュールも正式に発表されたので
ホテルを何時に出て、移動に何分かかって・・・荷物預けが8:15までだから・・・
あ~ ドキドキしてきた~!!!

ところで。
今年は、ゼッケンに氏名が入るそうです。
昨年のHPの画像を見た限り、昨年はなかったようなのですが。

代理出走とかも問題になっていますし、氏名が書かれていたらそういうのもしづらいでしょうからいい案かも。
そういう理由ではなくて、万が一の救急搬送時のため とかなのかな?

あと。
トイレの場所や救護所の案内など。
トイレは、常設と仮説があるらしいので、常設のところをチェックしておいた方がいいかな。
「 このポイントでトイレ! 」 って決めておくものなの?
それとも行きたくなったら 次にあった場所で?
マラソン教室では 「 開始前は、とにかく空いているトイレがあれば済ませておく! 」 とのことでしたが
走り出してからのことは・・・その日の気温や体調次第ですよね。

高知龍馬マラソン2
37.7km バナナかぁ・・・。
わたし、バナナ苦手なんです。バナナ単体とか バナナと名の付く食べ物は30年くらい食べて無いと思います。
でも、もしかしたらここでバナナを食べたら 30年ぶりくらいに 「 バナナ美味しい♪ 」 って思えるのかも?

30kmがトマト。
トマトは大好きなので、ここは外せないっ。
30kmはトマト。
もう覚えたので、30kmの壁はトマトの力で越します。

ところで トマトって プチトマトですよね?
口に二つ三つ放り込んで、あとは両手に握って 走りながらゆっくり食べたいと思います。
あ、豊富に十分あればですが。
まさか一人2個ずつくらいということはないでしょうし。 ( 願望 )

でもいろんな大会の感想を見ていると、最後のほうは食べ物がなかったというのも多く見かけるので
こういうのはもう早い者勝ちという感覚でいいのかしら?
それとも、全員に行きわたるように配慮して遠慮するもの?
もう何もかもが分からない。
また師匠に聞いておきますし、その場の雰囲気で感じ取っていくしかないのでしょうが。 

ちなみに、読んでお分かりのように 自分が 「 最後の方 」 になるという計算はしていません。
今回のパンフレットも、救護所のところは目を通しましたが
関門がどうとか、収容バスがどうとかはスルー。 チラッと見ただけ。
このくらい強気でないとっ。

と、自分を奮い立たせて。
パンフレットを ( ネット上で ) しっかり読んでいたら、なぜか体温が上がりました。
興奮しすぎ。笑

あ~ それにしても楽しみ楽しみ~♪

そのために ( 笑顔で完走するために ) は 今日も走らなくちゃ。
そのために ( 今日走るために ) は 寝なくちゃ。

夜勤明けにつき寝ます。おやすみなさい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村