さくら日記 また走る編

※ 文字だけではつまらないので 適当に検索した過去紹介済み画像も載せています。
  写真と記事の内容は関係ありません。

写真120928

今では信じられないかもしれませんが、ここは当初 「 ビーグル小梅の成長記 」 というタイトルでした。
家族旅行の写真も 「 ここは小梅ブログなので 」 と前置きしたうえで 数枚載せた程度。

その後、小梅が成長しきったので・笑 、 「 ビーグル小梅と三世代家族日記 」 となり
1号2号ネタや旅行記もバンバン載せるようになり、
時には旅行 ( 飛行機 ) ブログ? あれ?小梅ちゃんは? というふうになり、
今や小梅はそっちのけの走るブログになっていますが。

aCIMG0265.jpg

なにはともあれ、来ていただいている皆さん、ありがとうございます。
やっぱりたくさんの方に来ていただけると嬉しいです。

ということで。
いよいよ明日に迫った 初レース。
わずか5kmの大会ですが、わたしにとっては初めてのことなので わくわくドキドキ。

自分が走り始めてから、たくさんの走る方のブログを読み始めましたが
みなさん、それぞれに苦労があるようで、そういうのを見ると、わたしは走れて幸せだなと思います。

わたしが読ませてもらっているブログの方は、40代以降の方が多いのですが
中には、子どもさんが小さい若い女性もいらっしゃって、
子どもを見てくれる人がいないと、走れないとか。

そうなんですよね。
「 お母さん 」 という立場は、外せないですものね。
自宅周辺を走るにも、大会に出るにも、子どもさんだけでお留守番はできないですよね。

aCIMG0553.jpg
※ この画像は ちょうど5年前の 2008年10月27日のものです。

うちは、高校3年生と大学2年生なので、そういう意味での子どものお世話というのは必要なく
しかも、ばぁば ( 実親のHN的な呼び方 ) が同居ですから、そういう意味では相当恵まれていて。

日頃の旅行も、一応 ばぁばの許可は取りますが 平日でもあっさりばぁばに丸投げで出かけてしまいます。
子どものご飯やら洗濯やら、なにもかも丸投げ。
なので、この先、県外の大会に出たいなと思っても、そういう意味では家庭に縛られることなく自由。

大会に出ようと思えば、少々はお金も必要ですが、わたしの場合は、それも自由。
( ちなみに参加料は、愛媛マラソン 7000円、高知龍馬マラソンは 8000円、明日の5kmは3500円 ) 

今のところ、たまたま夏物バーゲンの時期と重なったこともあり DRY-FITの半袖Tシャツを買ったり、
今月に入って DRY-FITの長Tを買った程度。
この先、もう少し本格的にフルマラソンを視野に入れて、高知に受かったら・・・
いろんなものを一つずつ買い揃えていくのも楽しみです。

ただ、働いていて実家暮らしとはいえ、母子家庭ですので決して楽ではなく
美容院代をケチったり、練習着を買うため 普段の服を買うのを減らしたりという努力はしています。
あ、そういうの 「 努力 」 とは言わないか。

IMG_0552.jpg


さて。
大阪マラソンも明日に迫り、いろんな方のブログで 勝負服がUPされたりしていますが
わたしは、何を着ようかなと まだ決定しかねています。

とりあえず半袖と長袖を両方用意しているので
暑そうだったら半袖、涼しそうだったら長袖、寒そうだったら長袖+半袖。
待つ間はウインドブレーカー。
すべての色はピンク。
( 白地にピンクのラインとか、そういう意味です。全身ピンクじゃないです。笑 )

IMG_1553.jpg

師匠からの 前日のアドバイスは 「 身体を冷やさないように。忘れ物をしないように。 」

ここへきて技術的なアドバイスとか、戦法とか
アドバイスを受ける側の技量がないと 無意味ですし
素人の初めての5kmレースに戦法も何もないですし。

忘れ物・・・って そもそも準備物って何?
車で行くので、ウェアは着ていくし、あとはハガキと、着替えくらい?

フルマラソンだと、栄養補給も大事で、それぞれご自分で用意されるようですがそういうのもないし
走り終わったらすぐ帰るし、 ( せっかくだから帰りに観光とか無し。 ) 
でも、今後の遠征の予行演習のつもりで。
今後は、半分旅行目的で県外にも足を延ばしたいと思っているので。

CIMG5510m.jpg

明日の大会は、小学生の1.5km、中学生の3kmから 最長ハーフまで いろんな部門があって 5kmが最後の出発。
誰かと一緒に走るということが初体験なので、楽しんで走りたいと思います。
「 自分のペース 」 っていうものが全く掴めていないので 不安だらけですが
とりあえず関門閉鎖とかはないので、目指すは タイムうんぬんより無事にゴールすることが一番かな。

でも、せっかくだから目標を立てておきます。
1. 無事にゴールする。
2. 楽しく走る。
3. 30分は切る。

あとは、いきなり飛ばしすぎないとか、安全策を取りすぎないとか思うけれど・・・
そんなの調整できる力はナシ!
とにかく、行ってきます!

明日の午後か夜には結果報告しますね。
会社は365日営業で、希望日に休みを取れるので 今日と明日は休みを取っています。

20070602125513.jpg
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

 

スポンサーサイト



ばぁば&姉ガラパゴス旅行記 【キトのホテル】

成田を出発してからほぼ24時間でやっとキトのホテルに到着。今回の旅は手配旅行(クラビ・パラオはホテルも自分でネット予約)で、キトにあるナウタルーツの石倉さんにホテルを紹介して頂きました。最初にご提案頂いたホテルは、Hotel Radisson Royal Quito(別ウィンドウでトリップアドバイザーのページが開きます・他ホテルも同じです)。調べてみると、4つ星の高級ビジネスホテルという感じで、トリップアドバイザーのキトのホテル人気14位となかなかいい感じ。また、サロンゴさんの見積もりでは、メルキュール。沖縄で何度か泊まったホテルの系列ですが、キトの方がランクが高く、ラディソンより高級そうで、日本発のガラパゴスツアーでも使われているところです。他に気になっていたのは、ガラパゴス旅の先輩方が絶賛されている、カフェ・クルトゥーラ。100年以上前の邸宅を利用した高級ホテルで、とても雰囲気がよさそうです。

因みにエクアドルの首都、キトは旧市内が世界文化遺産第1号になった歴史ある街。せっかくなら世界遺産の中に泊まってみたいとも思いますが、地球の歩き方によると、「セントロ・ヒストリコ(旧市街)には植民地時代のコロニアルな宿が多いが、治安が悪く、特に夜は外出を差し控えた方がいい」とあります。うーん、治安が悪い???それはやっぱり心配です。母娘2人旅だし。。。でも、せっかくだから、その土地ならではのクラシックなホテルにも泊まってみたい、と石倉さんに相談。キトかグアヤキルでカフェ・クルトゥーラのようなクラシックなホテルに変更するとお値段はいくらになりますか?

すると、石倉さんからのお答え「グアヤキルは大昔大火事が合った為に古い建物が燃えてしまい、近代的なホテルばかりですが、キトはカフェ・クルトゥーラのようなクラッシックなホテルがあります。下記参考にしてください。 *追加料金は2泊分です。」

そこでご紹介頂いたホテルがこちら(石倉さんのメールを一部抜粋・リンクは姉作成)。
Cafe Cultura
*新市街にあり。  追加料金 $12/人
City Art
*新市街にあり。 追加料金 約$18/人 ←確認中です。
Relicario del Carmen
*旧市街にあり  追加料金 $46/人
Patio Andaluz
*旧市街にあり  追加料金 $48/人

石倉さんに教えて頂いた内容から、グアヤキルのホテルはご提案通りにしたので、キトのホテルをじっくり検討。カフェ・クルトゥーラ・・・最初ここが気になっていたのですが、旅行記で沢山紹介されているのでどうせなら違うホテルに泊まってみたい。City Art・・・かわいいが天蓋つきベッドがあんまし好みじゃない。Relicario del Carmen・・・良さそうだけど、ちょっと部屋が狭そう?$2しか違わないならPatio Andaluzかな。Patio Andaluz・・・旧市街の真ん中!築400年(地球の歩き方では1534年築)の建物を改装!部屋が広そう♪雰囲気たっぷり♪旧市街だから治安への不安はあるが、トリップアドバイザーの口コミではそんなに危なさそうではないし、2泊するとは言え、1泊目は深夜到着、2泊目は翌朝早朝出発なので夜ふかしはどうせできないから近くに食事に行くくらいだしそんなに問題はないだろう、ということでPatio Andaluz(パティオ アンダルス)に決定♪結果、ここに泊まって大満足♪♪♪それでは、長い長い前置きとなりましたが、私達の泊まったパティオ・アンダルスをご紹介します♪

PA061262.jpg パティオ アンダルスの部屋。ダブルベッド2つのツインでかけ布団は毛布にシーツ・ベッドカバーですが、寝心地はGood♪

PA061255.jpg 客室入口方向。中庭(パティオ)に面して窓があります。外向きの窓はないの?と聞いたら、このホテルに外向きの窓があるお部屋はないとのこと。でも部屋も広くて中庭向きの窓があるので閉塞感はありません。

PA061261.jpg 奥のベッドの横にはデスクと鏡。床はフローリングで絨毯がベッドの足もとにあります。この絨毯に足をひっかけないよう、若干注意が必要(^_^;)

PA061256.jpg ベッドの足もとにはTV・エアコン・バスルーム入口・クローゼット。

PA061257.jpg クローゼットの中には暗証番号式の金庫。パスポート・余分な現金・日本の財布などはこの中に入れて出かけます。(でも翌日、日本円の小銭を持っていなかったことをちょっと後悔。。)

PA061258.jpg バスルーム。洗面台にミネラルウォーター。因みにキトのお水は結構いいそうで、歯磨きや洗顔には全く問題ありません。多分飲んでも大丈夫そうだけど、水質が日本とは異なるので飲み水だけはミネラルウォーター(まあ、日本でもあまり水道水は飲まないですね)。あと、注意が必要なのはトイレ。トイレットペーパーは流してはいけないので、隣のくずかごに入れます。つい、日頃の習慣で流しそうになってしまうので、本当に注意が必要です。

PA061259.jpg パティオ・アンダルスはバスタブ付でシャワーカーテンは2重。でも高山病予防のため、お風呂に浸かることはしないでシャワーだけに。写真撮り忘れましたが、シャワーヘッドは可動式です(←これ結構重要)。

PA061267.jpg 朝食会場はパティオ。明るくて気持ちのいいところです♪

PA061270.jpg 朝食ブッフェ。温かいメニューはありませんが、一通りの洋食がそろっています。

PA061271.jpg ジュースはイチゴ・ナランジャ(オレンジみたいなの)・マンゴーの3種。

PA061272.jpg 前夜、お迎えに来てくれたダニエルから、パティオ・アンダルスの朝食はいいよ♪特にフルーツ♪、と聞いていたフルーツ。お隣はハムやチーズ。

PA061268.jpg そして本日の朝食がこちら。コーヒー・紅茶などは席まで持って来てくれます。ばぁばはホットミルクをオーダー。

PA061273.jpg 朝食後、図書コーナー?を撮影。エクアドルは生花の産地。至る所にバラなどの生花が飾られています。

PA061274.jpg 反対側のソファ。

PA061275.jpg 24時間、いつでもここでコーヒー・紅茶を頂けます。ここのソファで寛いでもよし、部屋へ持って帰っても多分OK。

PA061276.jpg 朝食会場奥の中庭1階。このポンプは今は使われてないのかな?

PA061277.jpg アマゾンのオウム(インコ?)のオブジェとテーブル・椅子。写真撮影には絶好のポイント♪

PA061289.jpg 屋根裏?に続くらせん階段。どこを撮っても絵になります。 

PA061291.jpg 中庭に面した廊下の周りに部屋が並んでいます。そしてその廊下にはソファセット。ここで寛ぐ欧米人ご夫婦の姿もありました。部屋でもWi-Fiは使えましたが、部屋から出た方がスピードが速かったので、私も夜はここでブログをUP。

PA061298.jpg ホテルはこんな感じで3階建て。エレベーターはありませんが、ベルボーイを呼ぶとスーツケースは運んで貰えるので問題ありません。

PA071450.jpg 部屋の見取り図。※この画像はクリックで大きくなります。エントランス(写真撮り忘れました。ホテル玄関という感じではなく、車寄せもありません。ブティックの入口のような感じ。)を入って朝食会場の中庭、その奥の図書コーナーを通り抜け、奥の中庭にある階段を1階上ると私達の部屋のある2階(最上階)になります。

PA071446.jpg 部屋の鍵。鍵もクラシックな感じで、出かける時はレセプションに預けます。部屋は219号室でした。

PA070062a.jpg パティオ・アンダルス、コロニアル調のユニフォームを着て、分かりやすい英語を話してくれるフレンドリースタッフでした。そして何より、世界遺産の一部である築500年近い建物でに泊まれるというのが感動的でした。長期滞在だと朝食が物足りないと思われるかもしれませんが、2泊程度ならとってもお勧めです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
よかったらクリックお願いします♪
Theme: 海外旅行 | Genre: 旅行