さくら日記

本日、姉が二つの旅行記を更新してくれていますが、わたしも書きます。

とはいえ、これといってネタはなく。
夜勤を終えて帰宅したのが am5:30ころ。
少しだけPCしたものの、眠くて眠くて眠くて。

昨日、結局寝ないままに夜勤突入だったので
今日は帰宅後一日中寝て過ごしました。
起床 16:00

5月23日に救急搬送されて以来、ずっと入院していた じぃじが 今日退院。
今日は、相当珍しく家族全員が夕飯に揃ったので、退院祝いということで お寿司を食べに行ってきました。
もちろん回っているところ。

わたしが日頃夜勤ですし、 ( 昼勤でも21:00まで仕事 ) 
1号もバイトやサークルで不在がちですし
家族全員が揃うなんて、本当にいつ以来?という感じ。

じぃじがいなければ、その後大型スーパーにでも行ってそれぞれ好きなことをするのですが
今日は じぃじがいたので さっさと帰宅。
じぃじとのお出掛けは、非常に疲れます。(T_T)

走るのは・・・雨のため中止。
というか、雨じゃなくても 休んでたかも。
ブログ用と、義務感で走ってたかも。

9月21日から走り始めて、17回、約80km。
初の大会が近いので ちょっとドキドキ。

わずか5kmなので、食事調整するわけでもなく 事前の走り込みをするわけでもなく。
でも、さすがにドキドキしてきました。
目標タイムは、30分以内。

今週は 昼勤が2回あって、走るにはいい感じかな。
昼勤だと、体力の消耗も少ないですし。

時計は、今から買っても使い方に慣れないから無し。
走る大会に出る人が腕時計無しなんて、変なのかな? でも無し。
どうせ調整できる力がないし、わずか5kmだし。
それより、どんな格好で走ろうかしら?


今日は画像がないので、Twitterで共感したものをUPしてみます。

IMG_1712.png

IMG_1670.png

IMG_1777.png
耳 痛い。

わたしの場合、来週の大会が終わったら・・・長い休みに突入しそうです。
再開は、寒い冬が終わって暖かくなってから・・・じゃ さすがにまずい?

冗談は抜きにして、次なる大会エントリーの抽選結果が11月末なので
それまでどうやってモチベーション維持するか、それが大きな課題です。

そのためにブログを書いているようなものなのですが。
「 ブログを書くために 」 走っているようなものです。
一人だと孤独すぎて、今日サボっても誰にも迷惑かけないし。とか変な理屈を並べて休みそうですが
一度書き始めたら、ここでさぼり癖がついたら恥ずかしいと思うようになって。

明日走るかどうかは・・・天気と気分次第かな?雨だと迷わず中止です。



ところで。
にほんブログ村登録中ですが、本日カテゴリ変更をしました。

20131019.jpg

今までは、40代主婦、ジョギング、ビーグルの3つのカテゴリでしたが、
本日から、ビーグルを脱出し、「 旅行 - 中南米旅行 」 に参加。

さっそく姉撮影の画像でバナーを作りましたので
今後ともよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

ブログにUPされた画像からわたしが勝手に作ったものと
姉から 「 この画像で作って 」 と依頼されたものがあります。
今後、どのバナーが出るかは、姉次第ということで、
主婦バナーやジョギングバナーでも、どれかおひとつクリックしていただければ
各カテゴリに自動で振り分けられます。



旅行カテゴリから来られた方へ・・・

ブログ管理人さくらです。

今回のエクアドル ガラパゴス旅行は ばぁば ( 実母のHN的な呼び方 ) と、実姉が行ったものです。
こちら のカテゴリー内に、二人の海外旅行記がまとめられていますので
よろしければ見てくださいね。

タイのクラビ、パラオに続いて現在エクアドル旅行記を執筆しているのは、わたしさくらの実姉です。


ということで。
本当になんでもありの さくら日記、今日も来て下さっとありがとうございました。

本文中のバナー、もしくは下記バナー どれでもいいのでクリックしていただければ喜びます。(^^♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



Theme: 今日の出来事 | Genre: 日記
Category: さくら日記

ばぁば&姉ガラパゴス旅行記 【成田-ヒューストン】

10月5日、前日東京に着いたばぁばと一緒に10時半頃東京の姉宅を出発、タクシーで隣の駅まで移動し、11時前の高速バスで成田空港へ向かいます。バスは渋滞もなく、成田空港に12時前に到着。空港の薬局で風邪薬、マスクなどを購入、非常食?用にとらやのようかんを買って海外旅行保険に加入し、$に両替をするために成田空港のレートをチェック。1月のパラオでは国際線出発口近くの両替所でしたのですが、前回の経験から「空港の駅から遠ざかるほどレートがよくなる」という仮説を立てて検証。写真が見つからないので記憶頼りですが、まず4階エアポートモールの三菱東京UFJ銀行で$1≒101円位。次に前回両替した千葉興銀で100.5円位。そして出国後の両替所で99.8円くらい。やった、仮説は正かった!と、ここで10万円両替。1,000ドル買うのに他なら10万に追加しないといけないけど、ここなら10万でお釣りがくる♪・・・と言っても千円も変わらないんですけどね(^^;) 因みにチップを払うためになるべく細かいの($1)が欲しかったので、五万円パックというのを2つ買ったような。$501か$502入っててお釣りで日本円の小銭が少々。ここで両替した$1,000と事前に両替した$が今回の旅の軍資金。ガラパゴスでどのくらいカードが使えるのか分からないので、少々多めに両替をしておきました。(結果、$をかなり余らせて帰国しました。。。今後円高になったら泣きます。。。が、海外には行きやすくなるのでいいです。。。)

あ、そうそう。1月のパラオでグアム行きのチェックインの際にお世話になったUAの佐藤(仮名)さん、今回はお会いできませんでした。ばぁば&姉と同姓(本当は佐藤ではなく、珍しくもないけど多くはない名字)だったので忘れられないお名前ですが、この時はエコノミーのカウンターにいたようです。前回、私がチェックインしたのはどこのカウンターだったのかな?もしかしてエコノミーのカウンターだった?今回はスターアライアンスGだから、とビジネスクラスのカウンターへ行こうとしたら、あっち、とその隣のカウンターを案内されました。ここはスタアラG専用???めったに国際線なんて乗らないので、よく分かってないです。。。それと、今はパーマをかけている姉が気になっていたことが分かりました。ヘアムースのスプレー缶、1本位なら預け荷物に入れて問題ないそうです。で、小さいの(100ml以下)でジッパー付透明ビニール袋に入れれば機内持ち込みも可能とのこと。これはUAのカウンターで聞いたことなので、他の航空会社がどうかは正確には分かりませんし、結局ヘアクリームで代用したのでムースを持って飛行機に乗ることはありませんでした。

それから預け荷物について。キトまでは預け荷物はスルーで行ってくれるので荷物のピックアップの必要はありません。また、TSAロック対応のスーツケースですが、鍵はかけられるか確認したところ、自分で預け荷物のX線チェックに持って行って、検査後であれば鍵をかけてもいいとのことで、預け用のタグなどをチェックインカウンターで付けて貰った後、自分で検査場まで持って行きました。スーツケースベルトはしてあるので、万一スーツケースの蓋が開いてしまっても大丈夫なようにはしてありますが、念のため。なんせ、UAでパラオ-グアム-成田と乗り継いで帰って来た時、ばぁばのスーツケースは蓋が開き、ベルトで留っている状態でしたから。(この時、ベルトは飾りではないことを実感しました。。。)

因みにスーツケースですが、ばぁばのはクラビに行く時に買ったもの、姉のは出発前日に買ったもので、重さは両方とも17~18KG位。10日間の旅行ですが、5日用というサイズのもの。でも当初、それより一回り以上小さいスーツケースで行こうとしていたので、このサイズで十分です。これ以上大きいと自力では持ち上げられません。あと、キトまでは重量制限にかなり余裕があるけれど、キト-ガラパゴス間の飛行機が20KGまでしか預けられないし。キトではロストバケッジ(意図的な積み残しとか?)が多いと聞いていたので、成田ではキトで無事スーツケースに再会できることを祈ってしばしお別れ。ニンゲンはエコノミープラスだけど、スーツケースはファーストクラス扱いだから大丈夫と信じます(^^;)

あああ、今回も文章が多い!ここからは写真で行きます!

PA051157.jpg 手荷物検査は優先レーンで、その後の出国審査もほとんど並ばずに済み、まずはUAのラウンジへ。ばぁばはスープと巻きずしを貰ってきました。

PA051158.jpg UAのラウンジは不思議な日本風。姉の背後に日本人形が飾ってありますが、他にも祠みたいなのとか。

PA051161.jpg これから乗るのは15:45 UA6便 ヒューストン行。6って数の少なさが凄いと思います。。

PA051166.jpg 搭乗口はANAラウンジの近く。せっかくなので、ラウンジのハシゴ。途中でUAのB747を撮影。
今回、B747でシカゴに飛び、シカゴからヒューストンへ、というルートもあったのですが、乗継が増えるのと乗継時間がタイトになるのとでやめて、乗継1回で済むヒューストン行に。機体はB777-200でグアム行と同じですが、座席配列は3-4-3(グアム行は2-5-2)。もしかしてもしかして、隣空席だったらいいな~と窓側から並びで2席を事前に座席指定していました。

PA051168.jpg ANAラウンジで初めて食べた山菜そばと、ばぁばはフルーツカクテルに紅茶。ANAラウンジではこの後席を移動して、ポチ袋に事前に予算を立てておいたチップを詰めていきます。

PA051170.jpg いよいよヒューストン行きに搭乗。前回はプライオリティアクセスと、チケットに印刷してくれていたような気がしますが、今回はボーディンググループが2となっているだけ。でもグループ2で乗る人は並んでいたわけでもなく、スムーズに搭乗。ここで痛恨のミス。お水かお茶のペットボトルを買うのを忘れました。。。

PA051172.jpg いつも撮っているので、搭乗機のエンジン。あまりいい絵ではないなぁ。。

PA051173.jpg 早速シートTVで航路図を表示。

PA051174.jpg 窓側にしたから、こんな写真も撮れます♪ と、まだ元気なころ。

PA051178.jpg 最初のドリンクサービス。プレッツェルと紅茶。日本人クルーがいるので日本語でOK♪
余談・・・ストレートティーって日本語英語だったことを今回知りました。英語だと正しくはブラックティー。

PA051182.jpg 17:39 出発後1時間ほどで機内食1回目。チキンorポークだったかな?これはチキンで親子丼。

PA051183.jpg ポークで豚丼。味は。。。まぁ。。。1月のグアム行きの方が美味しかった気が。

PA051189.jpg ばぁばは寝てしまうから、とこの時は姉が窓側に。でも窓を開けていたらCAさんに「外を見ていないなら閉めて欲しいとのご要望が」みたいな感じで窓はほとんど閉めっぱなし。機内食を食べて窓を開けてみると、既に日が暮れていたのが何だか残念な感じでした。(追記:最初ばぁばが窓側で、映画を見ようとしたら音声が出なかったため、後半私と席を替わったことを思い出しました。)

PA051191.jpg 日本時間22:23。太平洋を3分の2くらい渡りました。

PA051192.jpg この時間に夜食。サンドイッチとアイスクリーム。これは結構美味しかった。

PA061198.jpg 日本時間だと6日のAM1:10。アメリカ上空を飛行中。

PA061201.jpg 日本時間だと6日AM2:12。朝食のパスタ。味は。。動いてないからお腹減ってないしね。。。

PA061202.jpg オムレツとソーセージ。それぞれ味見してみますが、半分以上残した記憶が。

PA061204.jpg 日本時間だと6日AM3:50、現地時間5日13:50、ヒューストンに到着。アメリカでは着陸後電子機器使用可になるのでバシバシ撮影。ヒューストンの青空と白い雲が777の主翼に写りこんでいます。この時は窓側でよかったと思います。

PA061206.jpg KLMのB747。日本国内ではB747は絶滅危惧種(今年度中に退役決定済)ですが、海外の航空会社ではまだまだ現役なんですね。ANAももっとB747飛ばし続けて欲しいのにな。。。

PA061207.jpg なんて思っていたら、一際大きな機体が。これはルフトハンザのA380でしょうか。オール2階建てで、遠くから見ても遠近感を無視した大きさです。

PA061210.jpg 色んな航空会社の飛行機が見えて嬉しいな~と思っていたら、辺りはUAの飛行機だけに。これは管制塔?現役???

PA061211.jpg そして日本時間6日AM3:56、現地時間5日13:56、ほぼ定刻にヒューストンに到着。とりあえず成田出発後の1フライト目、お疲れさまでした。

余談・・・とかく日系と比べてサービスが・・・という米系航空会社ですが、パラオへ行った時には特に何も感じず。でも今回、やっぱり日系(ANA)とは違うなぁ、と。機内食、ANAの方が美味しいです。。そしてクルー。日本人CAさんに座席のライトの点け方を尋ねたのですが、違うボタンを教えられました。もう一度聞くと、他のクルーに確認してやっと教えて貰えるという。。。自分の乗務している機体のライトの点け方ですが。。まぁ、同じB777-200でも帰りの機体はシートTVの操作がタッチパネルになっていたりと設備が微妙に違ったので、その為もあるとは思いますが。そしてヒューストンでの乗継について。ヒューストンでは全員入国手続きと荷物のピックアップが必要だと仰る。もちろん、入国手続きはしますが、荷物はスルーだと聞いている、というと、それは空港カウンターのスタッフの間違いだと断言なさる。いやいや、他の人の旅行記などでもキトまでスルーだと読んでますよ、と言い、Tのタグの付いた手荷物預かり証を見せるも納得せず、それを持って他のクルーに確認に。結果スルーだと言われたようで、「荷物のピックアップは必要ありませんが、心配なら地上係員に確認してください」と。いえ、心配はしてないです。最初からスルーだって分かってましたから。。。ヒューストンってUAだと南米行きの玄関みたいなところだから、私みたいな乗客は珍しくはないと思うのですが(^^;) ま、私も彼女にずっと「紅茶をストレートで」と言い続けてたから、似たようなタイプなのかもしれません(汗)。

覚書・・・機内で見た映画「華麗なるギャツビー」※字幕なし 英語のリスニングのトレーニングになったような気がします。機内は窓側・通路側は空席なし。でも真ん中4列の内側などには所々に空席有。ばぁばの隣は長身細身の親切な白人男性(身長200cm近いかも)。長い長い脚でエコノミープラスでないと厳しいだろうな、という感じ。私のリュックの出し入れなど、いつも気遣って手伝ってくれた親切な青年でした。私達のすぐ前はパパと2人の男の子。2歳と4歳位?人種問わず、男の子は元気なんだと実感。1号と2号の15年くらい前を懐かしく思い出しました。ばぁばの後は空席でした。


それではやっと飛行機がヒューストンに着いたところで、次の記事に続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらぽちっとクリックお願いします。コメント歓迎です♪
Theme: 海外旅行 | Genre: 旅行

ばぁば&姉ガラパゴス旅行記 【旅の準備】

10日間(移動を除くと実質7日間)のガラパゴス&キト&グアヤキル旅行を終えて、14日に帰国しました。
いつか行ってみたい、でも夢だろうなぁ~と思っていたガラパゴス、本当に凄いところでした。
海好き・動物好き・爬虫類好きの姉にとって、これ以上の旅先はちょっと思いつかない、そんな最高の旅でした。
この旅の記録はこれから綴っていきますが、旅行前にさかのぼって準備から書いていきます。

PA081587.jpg 文字だけだと面白くないので、ガラパゴスレジェンド2日目 サンティアゴ島のガラパゴスアシカの子供と姉
※ひたすら長文なので、旅の準備に興味がない方はさくっと次の記事へ移動してください。

そもそもガラパゴスへ行きたいと思ったのはいつ頃か・・・時期はわかりませんが数年前、どなたかのブログでガラパゴス旅行記を読み、「ああ、こんなところまで行く人もいるんだ、凄いな~」と思ったことは覚えています。そして「東洋のガラパゴス」と言われる小笠原諸島、2011年ここが世界遺産に登録され、本家ガラパゴスにも注目が集まったのか、今年(2013年)2月~3月、立て続けにガラパゴスがテレビ番組に登場、全て録画。2月「ダーウィンが来た!」でウミイグアナ、3月「世界ふしぎ発見!」・「中川翔子の奇跡の旅 ガラパゴス」。これを見てツイッターで「ガラパゴスに行きたい」と呟いたら、それに反応して下さる方が!「いいですね、ガラパゴス。私も一度は行きたいと思っています」というような内容でした。

そこから、じゃあ本当にガラパゴスへ行くにはどうしたらいい?費用はどのくらい?と調査開始。まず、ガラパゴスって国でいうとどこ?からのスタートでした。こんな時、とっても参考になるのが既にガラパゴスへ行かれた方の旅行記。ふむふむ、ガラパゴスはエクアドルという国の一部で、首都のキトかグアヤキルから飛行機で行くらしい、ということを理解し、ANAのHPで航空運賃をチェック。全日空はエクアドルまでは飛んでいませんが、スターアライアンスの路線なら全世界の路線が確認可能。グアヤキルは…確か一人成田からの往復で40万位と出た記憶が。これはあり得ないな~と思い、行き先をキトに変更。お、20万位?パラオ往復が約10万だったことを考えるとそれほど高くはないぞ?これなら行けるんじゃないか、そう思い始めました。これが多分4月~5月頃。そして年間の休日を設定する時に、何となく10月に10連休を入れ、行くなら10月となったのが6月。でも10連休、一人で東洋のガラパゴス小笠原へ行くか、本家ガラパゴスへ行くかで少々迷っていました。というのも小笠原へ行くなら一人旅で、実は一人旅は苦手な姉。小笠原へ行った姉の友人数名に聞くと、小笠原は一人旅には絶好の場所、しかも人見知りをしない姉なら大丈夫!と太鼓判を押して貰えたのですが、姉の旅先での積極性は連れがいてこそのもので、一人だと怪しいヒトと思われそうで本領発揮できません。。。じゃあ、本家ガラパゴスは誰と行くのか、これには心強いツアーメイト、ばぁばがいます。ばぁば、1月のパラオで海はちょっと、なんて言ってましたが、旅先で出会ったお元気な70代ご夫妻に比べるとまだまだ若い!と言われてましたし、何より動物好き。そして怖いもの知らず。最初は遠いね~なんて言ってましたが、私のガラパゴス熱にだんだん感染し、その気になってくれました。これが7月~8月頃。

よし、じゃあ本格的に調べよう、ということでガラパゴス旅行記を読みあさり、東京発のガラパゴスツアーの値段を調べ、大体の希望スケジュールと予算を決め、エクアドルの現地旅行代理店に見積もり依頼のメールを送信。今メールを確認したら8月24日のことでした。10月5日出発の南米の旅を8月下旬に準備開始とは…結構差し迫ってたんですね。ここで見積もりをお願いしたのは2社。両方とも日本人スタッフのいるキトにある旅行会社で、サロンゴさんとナウタルーツさん(クリックで別ウィンドウが開きます)。両社ともガラパゴス旅の先輩方がお願いして絶賛されていたところです。すると翌8月25日、早速ナウタルーツの石倉さんからお返事が。メールの内容は割とあっさりしたベタ打ちのものでしたが、私の希望をほぼ入れてくれた内容で提案してくれています。おお、これは本気でガラパゴスに行けるんじゃないか、と思った瞬間でした。でも、見積もりをお願いしているのはもう1社。ここからの見積もりを待って色々決めて行こうと回答を待ちます。。。

で、見積もりが来たのが8月27日。PDFの添付ファイルが7つもついた立派な見積もりです。内容はキト観光・ガラパゴスレジェンド3泊4日・ガラパゴス1泊・グアヤキル1泊とほぼ同じ、違いはキトのホテルとキト観光が日本語になっていること、最終日キトでデイユースのホテルを用意してくれること。正直、こちらの見積もりを先に頂いていたら、サロンゴさんに決めてたな~というような、素晴らしい内容でした。石倉さんから最初に頂いたメールにはホテル名の記載がなく、その後教えて頂いたホテル名にそれぞれリンクがあったのですが、英語やスペイン語のサイトだったりしてよくわからなかったり、リンク先に飛べなかったりしたので、自分で色々調べていったのですが、サロンゴさんでは、ガラパゴスレジェンドやホテルの説明などもPDFファイルに詳しく出ています。値段も色々比較していくと、若干ですがサロンゴさんの方がお得なようでしたし、何より最終日にハチドリが見られるというホテルのデイユースは魅力でした。でも、サロンゴさんから見積もりを頂いた時点で既に石倉さんとは3度のメールのやり取りをしており、私は石倉さんのお人柄(行動が早い、でもちょっとおっちょこちょいっぽい・笑)にとても魅力を感じていました。これはもう、縁と相性ですね。サロンゴさんへは別のところでガラパゴス旅行の手配をした旨をお返事しました。なので、これからガラパゴスへの旅行を考えていらっしゃる方がいたら、ぜひサロンゴさんとナウタルーツさん(クリックで別ウィンドウが開きます)の2社へ見積もりを依頼することをお勧めします。頂いたメールの印象では、時間がなくできるだけ詳しい情報を貰って代理店の提案でほぼ行きたいのであればサロンゴさん、ホテルや観光の内容・時間など自分で色々調べて調整したいのであればナウタルーツさんがいいのではないかと思いました。でも、きっとどちらも自分の好みを色々言えば、色々提案してアレンジして下さいます。せっかく行くガラパゴス&キト(&グアヤキル←これは行く人行かない人あり)、自分で納得してスケジュールやホテルを決めるのが一番だと思います♪

そしてナウタルーツの石倉さんとメールのやりとりをすること10回以上で全ての日程を決定、支払いも済ませました。実はナウタルーツさんに決めた理由の一つが支払い方法。ナウタルーツさんではペリカントラベルさんと契約していて、こちらを通すとカード決済が可能でした。8%という手数料はかかりますが、ドルでエクアドルの口座に振り込むというのもやり方がよくわからず(←調べる気力がなかった)、サロンゴさんで日本の口座に振り込む場合は+2円のレートで、ということでしたので、$1≒100円として両替に2%と振込手数料と、クレジット払いでつくマイル1%を考えると、実質的な手数料差額は4~5%とみて、振込に行く手間を省く(ネットバンキングはやっていないので)のと、マイルを貯めたいという思いでクレジット決済にしました。この辺、海外送金に慣れている(かやり方を調べられる)なら手数料分を安くあげることは可能だと思います。

あ、書き忘れていましたが、ナウタルーツの石倉さんにお願いしたのは、キト到着~キト出発までの各所の送迎、ガラパゴスレジェンド3泊4日の手配、キト・プエルトアヨラ・グアヤキルのホテルと、キトの1日観光(日本語)とグアヤキルの半日観光(英語)で、航空券はUAのHPで自分で8月26日に予約。航空会社はANAマイルを貯めたいのと、スターアライアンスGの資格を活かしたいのとでUAにしました。でも、この航空券の取り方は…、反省点がいくつか。UAで取ると事前に座席指定ができるので、UAで取り追加料金を払ってエコノミープラスにしたのですが、ヒューストン-キト往復は片道5時間ほどのフライトなので窓側でいい(キトの夜景が本当に綺麗に見えたので価値大)として、成田-ヒューストン間は通路側にするべきでした。いくら窓から景色を眺めるのが好きだからと言っても、長距離便の窓はほとんど閉めたままで開けることもできず(開けていると外を見ないなら閉めて欲しいと言われたり、帰りは眩しすぎて開けていられなかったり)、そして12時間~14時間半というフライトでは自由に席を立てないのは辛い…もちろん、通路側の人に声をかければいつでも席を立ってくれますが、そこは遠慮深い日本人、やっぱり我慢してしまうこともあります。さくらにも「当たり前」と言われましたが、6時間を超えるフライト・太平洋を横断する時は席は選べるなら通路側で!これは次回以降の教訓です。

そんなこんなで9月2日にはESTA(米国の電子渡航認証システム)申請もばぁばと姉の2人分済ませ、図書館でガラパゴス関連本を予約して借りて読み、石倉さんにお土産のリクエストを聞いて準備し、と着々と準備をして、パッキングはばぁばが東京に着いた出発前夜・・・これもまあいつものことで、更に夜が更けてUAのEチケットを印刷・・・と、WEBチェックインができない。旅行のドキュメント(書類)のチェックがカウンターで必要とか何とか・・・え?何で???ESTAはとっくに申請済だよ???と、念のためESTAの申請状況をHPで確認・・・すると、ばぁばと姉の名前の横に「申請する」というボタンがある!ま、まさかこれを渡航72時間前までにクリックしなきゃいけなかった???でも、クレジットカードで手数料は支払い済みだし、申請日9月4日ってなってるし・・・とあせりつつ、UAから来た航空券の予約確認のメールとESTAの申請状況が許可になった書面を印刷して用意。実はこれが一番この旅で不安だった時かも。もしかしてもしかして、UAに乗れなかったら???いやいやいや、そんなはずはない。。。

ま、結果既にお分かりの通り、無事飛行機には乗れたし、ガラパゴスまで行って帰ってきたんですけれどね。。。で、ドキュメントがなんたらは、恐らくですが、ばぁばのパスポートの有効期限チェックだったものかと。UAのラウンジカウンターでは、エクアドルは有効期限半年以上でOKと確認済だったのですが、ばぁばのパスポートの有効期限が1年を切っていたため、航空会社の係員のチェックが必要だったのだろうと。はぁ、そういうこともあるんですね~。

あ、あと旅の準備でしたことをもう一つ。ばぁばには念のため、掛り付けの病院で高山病予防の薬を貰ってきてもらうように言いました。毎度、旅に出る時は酔い止めの注射に通うばぁばですが、今回はそれに加えて高山病予防薬も処方。私は薬局で買おうとしたら処方薬だから売ってないと言われました。。。キトで高山病、多くはないそうですが、なる人はなるので、事前に病院へ行くことができたら処方してもらっておくといいと思います。

そんなこんなで(2回目)、やっと次の記事でガラパゴスに向けて出発です。
(でも多分、当分ガラパゴスには着かないものと思われる。。。)

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらぽちっとクリックお願いします。コメント歓迎です♪
Theme: 海外旅行 | Genre: 旅行