エクアドル キト&赤道観光【姉日記】

昨夜23時前、定刻より5分ほど早くキト空港に到着。今年(2013年2月)開港の新空港になって、入国審査がスムーズになったのと、到着便が重ならなかったのとで、時間がかかるとネットで見ていた入国審査は15分程の待ち時間で終了。係官は笑顔で分かりやすい英語ととても親切♪ 入国後、手荷物台へ行くと既にスーツケースはぐるぐる回っていて一周待ってピックアップ。カートは$2だったのでコロコロ引いて出口に向かうと、イケメン男性が漢字で佐藤(仮)とプリントした紙を持っていた。すぐ分かって間違える心配なし。

イケメン男性、ダニエルさんの運転45分でホテル、パティオアンダルスに到着。
20131007125905608.jpg
部屋はかなり広くて2人でスーツケースを開けても十分なスペース。ベッドもダブルサイズが二つで寝心地もOK。

この日は2人とも時差ボケもなく、午前1:30頃からばぁばは6時まで、私は8時までぐっすり熟睡。
翌朝はホテルで朝食後、10時ホテル出発でキト市内&郊外の赤道観光へ。
キト旧市内は世界文化遺産第一号。ホテルも文化遺産の中で400年位前の建物らしい。旧市内は独立記念広場、大統領府、サンフランシスコ協会などを見て、パネシージョの丘から赤道記念公園へ。ここは昔フランスの調査隊が測った赤道だけれど、GPSで測ると200m位ずれていたというのは有名な話。ここで赤道を跨いで写真を撮り、ランチ。(写真は帰国してから詳しい旅行記で)

その後、いわゆるホンモノの赤道へ。
20131007121507957.jpg
ここは赤道記念公園と違って個人の所有地だとか。そして赤道に纏わる色々なものの博物館になっている。ホンモノの干し首もある(写真は撮らず‥)

2013100712584670c.jpg
コリオリの力の実験。赤道上では渦を巻かずに水が真っ直ぐ落ち、北半球では反時計回り、南半球では時計回りに水が落ちる。まぁ、実際にはホンの数メートルで変わる訳ではないらしい(実際の赤道は最新のGPSでは更にずれているという話もある)が、見ていると本当に違うので面白い♪

20131007125845f13.jpg
実験その2 赤道上では釘の上に生卵が立つ‥ので挑戦中のばぁばとガイドの石倉さん。でも観光客で実際に立てられるのは3人に1人位とかで、立てられたのは私も挑戦したけれど石倉さんだけ。

201310071258471bb.jpg
実験その3 赤道上では遠心力が強いから目をつむって真っ直ぐ歩くのは大変‥を体験中の姉。確かに左右に引っ張られるようでグラグラ。

201310071258474e0.jpg
ここで買った手織りのタペストリー、ガラパゴス模様で$45。最初$50だったのを石倉さんが値切ってこの値段に。因みに作成者は画像の男性。

20131007125846941.jpg
赤道博物館の後、キト旧市内に戻り、ラ・コンパーニャ協会とバシリカ協会を見学。画像はスペインから独立後に建てられたバシリカ協会。エクアドルならではの協会で、外装の装飾に、ガラパゴスゾウガメやコンドルなどのエクアドルの動物が用いられている。

ここで一日観光は終了。ホテルに戻って明日からの説明を聞き、私たちからお楽しみ袋を進呈。これをお渡しするのも今日の楽しみの一つで、期待以上に石倉さんに喜んで頂けて私たちも大満足。

夕食は石倉さんお勧めのテアトル劇場2階のレストランへ。6次過ぎにドアマンにタクシーを頼む撮らず近いから歩いて連れて行ってくれるとのこと。徒歩5分強でレストランへ着くも、レストランは7時からで開いてなくてもう一度ホテルに戻り、7時に別のお客様を迎えにくるというレストランの車で出直すことに。

レストランでアスパラガスのスープ、シーフードスパゲッティ、ビーフステーキの野菜添えを一つずつ頼んで2人でシェア。地中海料理のお店らしいが、パスタは不味くはない。スープは結構美味しくて、絶品はステーキ。これは本当に美味しい♪ デザートにアイスクリームとクリームブリュレ、紅茶を頂いて、レストランの車でホテルへ。

さて、明日はいよいよガラパゴス! 何と早朝4:30ホテル出発なのでこれからシャワー浴びて、荷造りして寝ます。
因みに現在時刻は23:43。早く寝なくちゃ‼


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Theme: 海外旅行 | Genre: 旅行