パラオ2日目 ドルフィンズパシフィック

ssmoblog_aa4df214.jpg

ssmoblog_17344ce9.jpg

ssmoblog_a045c0d1.jpg

ssmoblog_25406198.jpg



2日目のドルフィンズパシフィックに話を戻します。

実はこの日、正月に引いた風邪で体調の思わしくない姉、午前中寝ていたものの余り回復せず、間際までキャンセルするかどうか悩んでいました。でもせっかくここまで来て…と支度して出かけたら、あ~ら不思議、風邪がどこかへ行ってしまいました!! 強烈直射日光が風邪菌をやっつけたようです。

…ってそんな話はどうでもよく。ドルフィンズパシフィック、お勧めです。クロースエンカウンター、名前が小難しく、イルカのお勉強的なことがガイドブックなどに書いてたりしてかたいイメージですが、実はお楽しみがいっぱい♪ トレーナーの方の説明を聞きながらイルカの背中側、お腹側を触ったり、目の前でジャンプを見たり、イルカと握手をしたり。イルカの写真も間近でたくさん撮れて、説明も楽しいので動物好きのばぁばや姉は大満足♪

そして更なる期待を胸に、ばぁばはドルフィンシンフォニー、姉はドルフィンフリーダイブへと別れます。

この日のクロースエンカウンターは若いご夫婦3組と私たちの8人。うちドルフィンフリーダイブはNさんご主人と姉に、ワンデートレーナーをしていたロシア人のセルゲイの3人。まず、イルカのいないプールで素潜り(ジャックナイフ)の練習。3人とも練習で問題無しとのお墨付きをもらい、いよいよイルカのいるプールへ。ここでトレーナーさんからアドバイスが。何と、イルカのジェイくん、長袖長ズボンがお好みでないとか。ハイ、ジェイくんに仲良くなって貰うためなら脱ぎますとも!と、ラッシュガードは脱いで水着でプールへ!

プールに入ると、目の前にジェイくん!それだけでうれしい♪ そして3人が順番に素潜りすると近づいて来てくれるジェイくん。この時は自分のカメラを持って入っていいのだけれど、潜りつつ撮影は不可能。すると、トレーナーの方からカメラを交換してもいいですよと言われ、Nさんと交換、自分の素潜りを撮影して頂くことに。そうこうしているうちにあっという間の15分間が過ぎ、フリーダイブは終了。3人だから結構疲れると言われたけれど、我々3人はまだまだ泳ぎ足りない!! もっとジェイくんと泳ぎたかった~!! でも本当に感動のひとときでした(#^.^#)

その頃ばぁばは…なんか色々やってたみたいです(^_^;)
何でもフィンをつけて立ち泳ぎするのに少々苦労したとか。でも何とか立ち泳ぎでじっとイルカを待つ、というのをクリアーして、しっかり背びれにつかまって引っ張って貰ったそうです。もっと長く引っ張って貰いたかった~というのは、きっとみんな感じたことですね(*^^*)

因みにフリーダイブの方がかなり早く終わったので、Nさんと姉は待ち時間に桟橋でシュノーケリングも。オオシャコガイやサンゴがあってお魚もいて結構楽しめました♪

このドルフィンズパシフィック、最後には日本人参加者の集合写真を撮影して解散。フレンドリーなNさんのおかげで参加者みんな仲良くなって、本当に楽しめました♪ Nさん感謝です(*^^*)

追記&訂正
ドルフィンズパシフィックでご一緒させて頂いたのは、Nさんご夫妻です。翌日のロックアイランドツアーのガイドさんとお名前をごっちゃにしていました。Nさん、ごめんなさい!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今回の旅用バナー作成しました。 ( byさくら )
スポンサーサイト



Theme: 海外旅行記 | Genre: 旅行

パラオ4日目 ばあば旅行記

ssmoblog_1a3fa3e8.jpg

ssmoblog_23ac5cc0.jpg

ssmoblog_48b2e8ae.jpg

ssmoblog_51230d66.jpg

ssmoblog_2f678c85.jpg

パラオ3日目はツアー後半 ビッグドロップオフでばぁばが波酔いでダウンしたため、それぞれ日本から持参のお菓子で軽く夕食を済ませ就寝。4日目14日はしっかり食べるために9時頃からまたホテルのビュッフェで朝食。

ホテルのビュッフェは22ドル+サービス料で24ドルだけど、これを食べると昼が要らなくなるので2食分だと思うと高くはない。

朝食後は前日の疲れを取るべく、部屋でゆっくり朝寝。昼過ぎに姉は起き出し、ホテルのプライベートビーチでシュノーケリング。この日は海に向かって右側のブイからロープ沿いにずっと進んでみるが、濁りもあり中央辺りで海底が見えなくなってきたので岸に向かう。中央から左側(桟橋側)にはそこそこサンゴやシャコ貝があり、魚も多く面白い。そこで12日に見つけたクマノミ(恐らくオレンジフィンアネモネフィッシュ)を探すがなかなか見つからない。何度も何度も桟橋側の浅瀬を往復して、いい加減疲れて諦め立ち上がり、水上から探すと…あった!! 思ったより桟橋側ではなく、わりと中央にいた!!

やっと見つけたのが嬉しくて海に入って来た日本人にクマノミがいる場所を伝え、部屋に帰ろうと足を洗っていると、そこへ12日ドルフィンパシフィックで一緒だったご夫妻が。PPRのビーチへシュノーケリングをしにやってこられたとのこと。PPRでどう過ごすのがお勧めか尋ねられ、クマノミの場所と、5時のフィッシュポンドの餌やり、6時の夕日を楽しんだ後、レストランで夕食をされては、とお話しして3時過ぎに部屋へ帰還。するとばあばがバスにお湯をためていてくれた。何とばあば、暑くて部屋から出る気にならず、部屋の窓から姉がクマノミの場所を教えているところをビデオ撮影していたという。ストーカー出来るよと笑うばあば、昨日の疲れは随分回復した様子。

お風呂に入って一休みして、5時に遅れないようにばあばとフィッシュポンドへ向かうと、今日の餌やりのゲストは我々二人だけ。早速スタッフから魚とパンを貰って姉はエイに、ばあばは魚とピヨピヨ軍団(鶏とチャボ!?)に餌やり。すると程なく先程のご夫妻もやってきて、一緒に餌やり。ご夫妻にも楽しんで頂けたようで、私たちも満足。但しこの日はウミガメ(タイマイ)用の魚ではないとかで、カメには餌やりが出来ず。カメに会いたくて、13日もフィッシュポンドへ行ったのだけど、既に終了したのか、5時12分には人影なし。魚もピヨピヨ軍団も私を見て集まって来ていた所をみると、もしかしてノーゲストだったのかも!?

餌やりを終えてまた部屋で一休みし、6時前に夕日見物。パラオ2日目12日は雲が多く、水平線に沈むは見られなかったものの、焼けるような夕焼けを堪能、13日は水平線に沈む夕日と海の道を撮影し、この日14日もまた水平線に夕日が沈む。本当にこの旅、お天気に恵まれて毎日夕日が綺麗に見える。そしてこの日はヤシの木と夕日を一緒に撮ろうとプールサイドへ行くと、聞き覚えのある声が。何と昨日のロックアイランドツアーで一緒だったお二人。昨日、PPRの桟橋で降りたのは私達二人だけだったので、てっきり違うホテルだと思っていたら、ツアー後、ダウンタウンのホテルからPPRに移動してきたとのこと。この旅、出会う人にも本当に恵まれて、いつも楽しい時間が過ぎていく。昨日のお礼とパラオや沖縄の海のお話しを教えて頂き、写真を一緒に撮って名残を惜しむ。ドルフィンパシフィックで一緒になった方々もお二人も日程は同じ5日だけど、みなさんの飛行機はデルタの直行便で、私達はユナイテッドグアム乗継のため、空港では会えない。

お二人と別れた後、どらごん亭に電話して予約(パラオの市内通話は無料でホテルの部屋の電話から日本語でOK)。送迎を頼むと10分後に別のグループの迎えがあるとのことで急いで支度し、ロビーへ。ご夫妻2組が既に揃われていたので、ばあばは助手席、姉は後部座席に乗車。車中でどらごん亭のお勧めメニューやこれまでの海外シュノーケリング旅行のお話しを伺い、楽しくあっという間にお店到着。このとてもお元気なご夫妻2組、びっくりなのが年齢。何と70代!! 65のばあばが、もう海は体力的にキツイなんてことを言おうものなら、60代なんてまだまだ!! 70代になると疲れるのよ~もう化石だから、と仰る(笑) このパワー、ばあばにも是非とも見習って頂きたいもの(*^^*)

そしてどらごん亭ではまた楽しい出会いが。隣に座った20代女性お二人、マングローブガニを頼もうとしたが、二人には大きすぎるカニしかなく断念されていたので、もしよかったら…と私たちが食べきれそうにない魚の餡掛けをお裾分け。すると笑顔で受けて貰え、お二人からはフルーツバットのスープをお裾分けして頂く。

このフルーツバット、想像したより見た目も味も匂いもケモノ。このコウモリを他のお客さまも一緒に写真撮影して大盛り上がりの夕食に。そしてまた一緒に写真撮影してバイバイ。パラオ、現地のパラワン(パラオ人)も、遊びに来た日本人も本当にフレンドリーで楽しい場所♪

夕食をゆっくり楽しんだため、ダウンタウンでの買い出しは諦め、せめて地元スーパーを覗いて帰ろうとPPRに送って貰う途中、22時までやっているスランゲルス(スーパー)へ寄って貰い、お水とクッキーを購入。そしてホテル到着。あっという間の4日間、後は荷造りをする時間位しか残っていない。バタバタと部屋を片付け23時30分チェックアウト、二人だけのワゴン車で空港へ出発。本当に楽しい時間は矢のように過ぎ去っていく。



今回限りのバナーをポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Theme: 海外旅行記 | Genre: 旅行

ダイエット失敗

130120-k1.jpeg

20日、ばぁばが10日ぶりに帰って来たのですが・・・・。

「 あれ? かぁさんが10日間で ダイエットさせておくって言ってたのに
ちっとも痩せてないじゃないの。 」


え゛゛゛。

なんでだろ~ なんでだろ?  ( ← リズムをつけて歌わないでね・汗 )

ばぁばがいない間、おやつは減ってたはずなんだけど、散歩も減った?

でも、ばぁばとの散歩はいつもイヤイヤ行っているようだけれど
わたしとの散歩は喜んで走るし、2号との散歩もそのはず。

小梅が太っちょさんなのは、体質ってことでいいかな・・・。


ちなみに、わたしはダイエット未体験。
何度も言いますが、これは自慢ではないです。

わたしが太らないのもきっと体質。
すごく大食漢で、すごく不規則な生活で
ついさきほども、深夜3時過ぎに帰宅してから
コージーコーナーのバウムクーヘンと、千疋屋のプリンと、普通にスーパーで買った小さなピザと
会社から誕生日プレゼントとしていただいた焼き菓子を2つ食べ、たっぷりの紅茶を飲み、
これから少しだけ寝ますが・・・こんな生活してても太りません。

最近、体重の変化はあまりないものの
脂肪が無さ過ぎて、皮膚の下はすぐ骨という感じで 服に擦れて痛かったり、
痩せていると、どうしても貧相で、老けてみられたり。

上司から 「 もっと食え 」 とよく言われますが、食べても太らないの!
女性から 「 細くて羨ましい 」 ともよく言われますが、
もはや “ 細い ” という域を越えているような・・・。

でも、きっと 世の中の女性で 「 自分の この体型で充分満足 」 という人は、なかなかいないのでしょうね。


さて、寝よ。
今日は1号を起こすのが6:30なので、一時間ほど寝られます。
あ、言うまでもなく、1号2号を送り出した後は、改めて がっつり寝ます。


にほんブログ村、本日メンテナンスだそうですが、
応援ポチはしっかり反映されるそうですので、よろしければポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

仕事は、本当に嫌々やってますが
会社から、誕生日プレゼントをいただいたり、
子どもが小学生になる時は入学祝いをいただいたり、
なにかと気遣ってくれる会社ではあります。
Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅