ギプスと格闘

120518_1720~01
1号、4月27日(金)に事故をして ( 事故に遭い? ) 救急病院へ行き、「 一週間後に再診 」 と言われました。
手の痛みは続いていましたが、GWやら授業やらで、再診に行けたのは二週間後の5月11日(金)。

再診で骨折が判明し、がっつりとギプスを巻かれ
次回診察は 『 次の次の月曜日 』 と。

その時、1号も、付き添ってくれていた ばぁばも 「 21日 」 と思ったそうです。
次回診察で、いったんギプスを外し、短く巻きなおす予定とのこと。

わたしは、ばぁばからその話を聞き、1号から書類を預かったのですが
次回予約表には 「 2012年5月28日 」 との記載が。
ばぁばにはすぐに 「 次は28日って書いてあるよ? 」 と言ったのですが
ばぁばは 「 確かに次の次の月曜日と言ったけどね。 」 と。

う・・・ん。
5月11日の次の次の月曜は確かに21日だけれど、でも予約表には28日と書いてある。
きっと、医師の感覚では14日は直近すぎてスルーで、次の月曜というのが21日で
「 次の次の月曜 = 28日 」 なのでは? という結論に。


そして。
今日18日。

ギプスの中が痒いし、なんといっても臭くてたまらないという1号。
家庭教師のバイトをしているので、生徒さんとかなり近づくため、臭くて申し訳ないと。
でも、21日にはいったん外してもらえるから 」 うんぬん。

『 え?再診は28日って書いてあったよ。 』

「 うそ~!!!!!! 21日やろ!!! 」


「 えぇ゛゛゛゛21日と思って我慢してたのに、もうこれ以上我慢できない!
次の次の月曜って21日やろ~! 」

「 ちょっと嗅いでみて 」 と1号から手を差し出されますが
わたしが思うに、そんなに臭くないです。
でも、1号は相当気になるようで。

120513_1900~01

今は、付け外しのできるプラスチック ( ? ) のギプスもありますが
1号のは、昔ながらのタイプで、濡らすことも出来ず、当然手を洗うこともままならず。
掌は汗をかく部分だし、たしかに不衛生ではありますが・・・仕方がない。

なにか解決策はないかと、ググってみたところ・・・

ありませんでした。

今、1号が一番訴えているのは臭いこと。
ググったところ、かゆみが我慢しきれない場合は、かゆみ止めの飲み薬などあるようですが
臭いのはどうにも。
消毒液をしみこませた布で拭くくらい。

せめてギプスのふちの包帯だけでも巻き替えてあげられたらと思いますが
ギプスの内側に入り込んでいるので無理。


病院に電話して、再診日を早められないか確認した1号でしたが、あえなく撃沈。
28日まで、あと10日間我慢するしかなさそうです。

次回予約表のプリントをきちんと確認せず、 「 次の次の月曜 」 という言葉だけを信じていた1号とばぁば。
1号のショックは相当なものですが、確かにねぇ・・・。

まさか、医師は21日のつもりでいるのに、書類を作った人が28日と勘違いしただけってことはないですよね?
今日、病院に電話をしたけれど、次回診察は28日とのことでしたし。

それにしても、 “ ギプス かゆみ ” で、検索して出てきたところを読んでいると
不謹慎ながら噴き出すこと何度か。
でも、痒いのにかけないって本人にとっては笑い話じゃないですよね。

ギプスをつけた人や家族のブログを読んでいると、思わず笑ってしまいますが
Q&Aのサイトでは、「 子どもが痒がって夜も眠れない 」 とか 「 気が狂いそうになる 」 とか。


事故の当日は、骨折なしとのことで 「 この程度でよかった 」 と思い
骨折が判明してからも 「 この程度の怪我で済んでよかった 」 と思っていましたが
“ この程度 ” というほど軽々しいものではないんですね。

そりぁ、もっと大きな骨が折れていたり、大きな手術をしたり何カ月も入院することを思えば
“ この程度 ” ではありますが、それでも 1号の戦いはまだまだ続きそう。

手首って、大事な神経が集まっていて、きちんと治しておかないと大変なことになるそうです。
『 もう自分でギプスを外そうか。 』 とまで言っていたので、さすがに止めておきました。

1号、もうちょっとの辛抱、頑張れ。

120518_0709~01
仰向けに寝ているわたしのお腹の上に小梅。
わたしが顔だけ右向きにして左手に持った携帯を見ていると、小梅が顔を乗せてきました。

小梅はかなり頭が重いらしく、何にでもすぐに顔を乗せてきます。
可愛いといえばかわいいけど・・・。もぉ~。


応援ありがとうございます。(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
飛行機に乗りたいなぁ。



スポンサーサイト



Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記