結果 【17時追記あり】

110920.jpg

夜勤から帰宅し、疲労困憊でソファで爆睡。
9:30 にネットで発表なので、9:20 に携帯アラームをセットするも その前に しっかりお目覚め。

さっそくパソコンでチェックすると、9:25頃には既に発表されていて。
ダメと分かっていてもドキドキ。

焦るあまり、一番最初の欄を見て 「 あった~!!! 」
しかし この喜びは一瞬で消え。

9/3.4と2日間でいくつもの試験が行われたのですが、
わたしが見たのは、なんと別の試験の発表。
そこにはわたしと同じ受験番号が。
でも、受験会場の人数と、合格者欄の人数があまりにも違いすぎるのですぐに気付きました。

そして、ドキドキしながらスクロールして該当のところまで行きましたが
わたしの受験番号は・・・見当たりませんでした。
見落としていないか、本当に第一種衛生管理者の合格者欄か
しつこく確認しましたが、ありませんでした。

あるわけないと思っていても必死で探す悲しい自分。
今は 「 ダメだった 」 ということしか分かりませんが
この後、ハガキで通知が来て、点数を知らせてもらえるそうです。
ギリギリダメだったのか、全く無理なチャレンジだったのか。


今日の予定は・・・

これからお風呂に入って、ロクシタンシャンプーして (笑)、それからランチ。
前から決まっていたランチ。
お祝いになるか、残念会になるかと思っていましたが、やけっぱちランチ。

そのあとは、こまごました用事がいっぱい。

郵便局へ行き、1号のセンター試験の受験料振り込み。
それから100均へ行き、次なる衛生管理者試験受験のための申込書用封筒購入。
そして夕飯の買い物やら、銀行やら。

帰宅したら、熱が冷めないうちに ( というかキンキンに冷え切ってますが ) 、
次の受験申込書を依頼しなくては。

そして夜は会議。
その資料はまだ作っていないという無謀さ。



試験前には、ややこしい用語が頭の中を渦巻いていましたが
やっとそれも薄れ、日常生活に戻れていたのに
またこれから勉強の日々・・・(泣)。

次の試験は、11月14日 (月)、福山になりそうです。
3回目までには受かるよう頑張ります。


110919_1300~01
昨日、親戚の人たちが遊びに来てくれました。
生後3カ月の女の子の赤ちゃんと、6カ月の男の子の赤ちゃん。
可愛い~♪♪♪

赤ちゃんを抱っこしたのは久しぶり。
少し前に、同僚の赤ちゃんを抱っこさせてもらいましたが
このぷにぷにした感覚、最高に気持ちいいです。
しがみつかれると、なんともいえない幸せに満たされます。

赤ちゃんを見てて・・・
わたしももうひと頑張り・・・なんてことは微塵も思わず
わたしもそのうちおばあちゃんになるのかなぁ~と(笑)。

まだ40歳なのか、もう40歳なのかは謎ですが
17歳と15歳の息子がいるから・・・だいたい10年後くらいには おばあちゃんになっているかも???
同級生の友だちで、育児まっただ中の子もいますが
わたしの感覚では、赤ちゃん = 孫 だわ。

わたしに孫が出来たら・・・ ばぁばには ひ孫。
ものすっっっごく溺愛しそうです。

さっ、ランチ行こうっと♪



【 この先 17:00 追記 】

ランチして、いろんな用事を済ませて来ました。
詳しいことはまた明日のブログ更新で。

とりあえず気持ちの整理だけ書いておきますね。

9:30 発表があり、心配して下さっていた方へメールで報告。
温かい言葉に励まされました。
そして、Twitter でつぶやき、mixi のコミュにも報告。

さっそく封筒を買ってきたので ( 角2号と指定 ) 、申込書を取り寄せる段取り。
さっそく明日から再始動!というわけにはいきませんが
今日のうちに予熱スイッチは入れたので、ぼちぼち頑張ります。

今日までは、お勉強スイッチは完全OFF。
コンセントから根こそぎ抜いてましたからね。
とりあえず予熱だけはONに。


それから・・・
この先言い訳ですが(笑)。

mixi でお世話になった方が書かれていたのですが、今回の試験の合格率は4割ほど。
そして、一発合格の方は2割弱 だそうです。

初回は落ちて当たり前といってしまうと元も子もないですが
「 3回目までには合格 」 を目指して頑張ります。

それにしても合格するまでに経費が幾らかかるのか・・・。
ユーキャンと受験料以外にも、こまごま費用がかかりますが、今後はさらに福山までの交通費も。
( 会社からの指示の割には全額自費・涙 )

勉強のプレッシャーや睡魔とも戦いも大変だけど
財布の中身も大変だぁ!


気持ちよく新年を迎えられますように!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記