日常

110620_1828~01
相変わらずの毎日です。

わたし、仕事と1号2号の送り。
ばぁば、小梅のお世話と1号2号のお迎え。
1号、勉強。
2号、部活。
小梅、お昼寝。

なんだかんだいってこういう毎日こそが幸せなのでしょうね。


この先、ちょっとローカルネタ。
1号を北井門へ送ってから、2号を北久米へ送りますが
当初は高速の下を通って農面道路を通ったり、その間の狭い狭い道を通ったりしていました。

が、この最近は R33の裏道を経て、愛媛幼稚園のほうから行っています。
それでも最後は、曲がって曲がって曲がっていましたが
なんと、昨日になって 2号が 「 ここからでも行けるよ。 」 と道を教えてくれました。

一回曲がるだけ。

え?
今までのは何だったの?
っていうか、どうしてそれに気づかなかったの?自分。

どこかでR33を横切るのですが、椿参道か、はなみずきに抜ける新しい道か
はたまた杉尾内科を曲がって直進するか。
そこだけ、まだ結論が出ていませんが あとはほぼ道が決まりました。

普段はもちろん自転車ですが、雨の日だけ、車で送迎しています。
男の子なのに、たかが雨が降ったくらいで・・・という意見は多々ありますが
我が家の方式ということで。
塾の送り迎えとかがないので、せめて雨の日くらいは。

わたしも雨の日のレインコートでの自転車通学は相当苦痛でしたし。
( ほとんど送ってもらっていたので多くは体験していませんが。 )
ま、わたしと姉の場合は 公共の交通機関がありましたから
帰りは、バスとか電車とかで帰ってきていましたが
1号、2号ともにバスも電車もバス停・駅が異常に遠くて使えません。

高校名、出してもいいのですがこれだけ地名を出すと
愛媛県中予地方の方にはお分かりかと思います。
どちらも近くに他の高校がないので。

こういう話、自分が数年後に読み返すと懐かしいものなので
記録として書いておきました。

長く続いた雨もやっと上がるようなので 明日は送迎はないかな。
あさっては わたしの母校へ20数年ぶりに行ってきます。

高校時代のお友だちを誘うと、快くOKしてくれたので
二人で懐かしい校舎に足を踏み入れて来ます。
そしてランチ♪

15歳、違う中学から、同じ高校同じクラスになって初めて知りあって・・・はや25年。
お互い、息子が高校生なのだから、当たり前といえば当たり前ですが、歳をとったなぁ。
平成元年の卒業式の日、最後の最後まで一緒だったお友だちと 
いまでもずっと友だちでいられることに感謝。

CIMG8906.jpg 一緒にジャンボを見に行った この時 以来のランチになるのかな?



あ。
今朝、私の母校へ行くという話から、1号が 「 母さんが卒業したの何年? 」 と聞いてきたので
「 平成元年。 」 と。
「 へぇ~ よく覚えてるね。 」
「 平成元年は昭和64年だから、64-46=18でしょ。 」

わたしは昭和46年 ( 1月 ) 生まれなので、
昭和64年から、生まれ年の昭和46年を引くと、高校を卒業する18 ( 歳 ) になり計算は合うでしょ。
と、言いたかったのですが、 「 ふ~ん。 」 という1号の声がどうも納得のいかない感じ。

しっかり話を聞いてみると
「 へぇ~ かぁさん、46歳? 」

これ、1号との会話です。
1号、大学進学を目指していますが、家族の生年月日とか年齢とか携帯番号とか、全く覚えていません。

つい先日まで 「 あなたの同級生の親で30代はかなり若いよ。 」 と何度も何度も言っていたのに
どうしてもう46歳にワープするわけ???

わたしがまだ30代の時に
「 友だちと親の年齢の話になったけど、オレはかぁさんの歳がよくわからなかったから40にしといた。 」
と 適当なことを言ってわたしを怒らせたのも つい最近のことなのに、もう46歳?


一方 お勉強が大嫌いな2号は、生年月日とか電話番号はしっかり覚えています。
不思議。

うちの会社が西暦なので、わたしは今が平成何年なのか一瞬分からなくなりますが
平成一桁生まれの1号や2号にとっては、昭和なんて、そうとう昔のことなのでしょうね。
まさに 「 世代が違う 」 ですものね。((+_+))


わたしの46歳・・・まさか、おばぁちゃんになってたりして???
クリスマスまであと半年(笑)。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村


ちにみに・・・1号
「 父さんが50だから、かぁさんは46くらいかなと思った。 」 ですって。
どうして別居の父さんの年齢はしっかり覚えていて、
同居のわたしの年齢を覚えていないのっ???
両親は年齢が10才離れていたとかも覚えていないのね。

1号マザコン説が一部で流れておりますが、違いますからっっ
たぶん。
スポンサーサイト



Category: 小梅