1号17歳

110321_0912~01

110321_0914~01
昨日は1号17歳の誕生日でした。
なので、一日早い19日に、誕生日祝いの食事。


110319_2013~01 1号の希望でマルブンへ。

1号2号は春休みなので曜日の感覚がありませんでしたが さすが、土曜の夜。
20時頃に行った時は、満席でした。
右奥に見えるのは ピザの窯。

110319_2034~01 
ピザのコースをふたつと、パスタをふたつ。
すべては写真に撮っていませんが、次々といろんなものが運ばれてきました。

わたしの向かいにいるのは左利きの2号。
正方形のテーブルだと、座る位置を気にしなくていいので楽っ。
左利きさんがいると、狭いテーブルだと 座る位置って重要なので。

110319_2102~01
たしかこれは追加でお願いした3つ目のパスタ。
わたし、生のトマトは大好きなのですが、トマトソースのパスタは苦手。
トマトジュースは飲んだことがありません。

なので、友だちとマルブンへ行き、ピザとパスタを頼んで分けっこというとき
トマトソースのパスタだけはパスさせてもらっています。

閑話休題

あと、写真に撮れなかったのですが、パスタの包み焼き???
すごく豪華で、見ごたえもあって、もちろん食べごたえもあって。

パスタと、メインディッシュのお肉をピザ生地で包み焼きにしていて
「 お皿より上の部分のピザも食べられます。 」 とのことでしたが・・・
お皿を包んでいるピザ生地・・・お皿より下の部分もみんなで完食!

テーブルに届いた時は、すごく見栄えがよかったのですが
切り分けていただくと・・・・膨らんでいたのがつぶれてしまい、写真には残しませんでした。



ピザコース、一人分が1,980円で、二人分からお願いしますとのことで
但し書きに 「 ピザだらけなのでピザが好きな人 」 というようなことを書いてあったそうです。
わたしはそこまで見ていなかったのですが。
110319_2130~01
これ、なんだと思いますか?
ピザカッターがなければ、見ようによってはお好み焼き???

これ、デザートなんです。
コースに含まれている、ピザティラミス ( ん?ティラミスピザ? )

眼からの感覚と、舌からの感覚が一致せず・・・
う・・・・ん、美味しいのだけど、なんというか。
コーンスープをおみそ汁のお椀で飲んでいる感じ?
( こんな表現で伝わりますか? )

驚きというか新鮮というか不思議な感覚で美味しくいただきましたが
単品だと・・・頼まないなぁ。  ( ゴメンナサイ )

でも、やっぱりパスタとピザは マルブンよね~♪ というのが
我が家の一致した意見です。
この日のお支払いは、ドリンクをつけて 8000円までいっていませんでしたが、ばぁば。

わたし・1号・2号のお祝い食事は ばぁばが払ってくれることになっています。
そしてケーキはわたしが支払い。


ケーキは・・・
マルブンで食べるか?他のお店に移動するか?と迷いましたが、せっかくなので移動することに。

近くの・・・名前忘れた・・・に行きましたが
さすがに21時を回っていたので閉まっていて、華夢へ。

110319_2245~01
ケーキを買って帰って、自宅でお茶。
1号、17歳の誕生日おめでとう♪

CIMG8720a.jpg

110302_1923~01

110217_1827~02

110207_1813~02



.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


19日朝、たっぷり残業して帰り 昼間は居間で2時間ほど寝ただけ。
夜はマルブンへ行き、帰宅後ケーキを食べて 居間で寝てしまい、気付いたら朝。

20日、昼勤に行き、地震の影響で増産で大変な時に 更に新しい仕事が始まり
慣れない仕事で 精神的にいっぱいいっぱい。
また残業して22時すぎ帰宅。

夕飯を食べて、また居間で寝てしまい 気付いたら朝。 ( 今朝 )
そして今日もこれから昼勤。

いったい いつからベッドで寝てないのやら。
疲れてる時こそ、しっかり睡眠をとって、しっかり身体を休めなきゃいけないのに。
といいつつ、今日も帰宅後の更新は無理だと思うので、朝のうちにしておきます。

さ。
洗濯物干して、ご飯食べて、仕事に行ってきます。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
小梅は過去記事集でしか出てこなかったけど・・・。




ここで書くのもしらじらしいですが、
被災された方が早く温かいお布団で寝られることを願っています。

なにか書く度、被災された方への配慮が必要かな?とか
被災された方のことを思うと贅沢言い過ぎかな?とか考えてしまいますが
出来る限り、今までの ( 震災前の ) ペースで書きたいと思っています。

よろしくお願いします。

スポンサーサイト



Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記