しゃおめいの毛色(姉日記)















今日もばぁばにしゃおめいの愛らしさをしつこく訴えていて気付いたことが。

ばぁばはしゃおめいを白とグレイのツートンカラーの縞縞猫だと思っていたのですが、実はしゃおめい、三毛の縞猫です。小梅とお揃いの白黒(灰)茶のトライカラー。お腹と四つ脚が真っ白なのも小梅と同じ。耳は小梅と違って、片一方が茶色でもう一方が灰色です。

ということで、しゃおめいの毛色が分かる写真を選んでみました。

因みにしゃおめい、瀋陽の実家近くのペット市場出身ですが、誕生日が分かりません。猫も犬も買うつもりではなく(最初両親は飼うのはダメ見るだけと言っていました)、見本?のようにケージから出されていたしゃおめいの兄弟の白猫を私が抱っこしてた時、売り主が猫を買うかと声をかけ、義父が『息子の嫁は日本人で、猫が好きだから見てるだけ』と答えたら、売り主が『(日中友好のために)じゃあ一匹あげるよ』と5匹位いたケージから無造作に一匹取り出して貰った猫なのです。なので性別も誕生日も育て方も何も聞かずに、『え!?いいの!?連れて帰っていいの!?』とびっくりしたまま連れて帰ってしまいました。まぁ毛色から雌だというのはすぐ分かったのですが、誕生日は聞いておけばよかったと後悔しています。多分生後4週間から5週間位かなと思うのですが、大体どの位かどなたか分かる方がいらっしゃったら教えて下さいm(_ _)m。



この先さくら追記

写真、大きいサイズにしてみましたが なんだか不鮮明な気がするので
姉からのモブログ画像はそのままで 大きい画像も追加として貼っておきます。

100525_0529~02

100528_1030~01

100526_1637~010001

100525_0552~0100010001

100528_1029~030001

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Category: 姉代理更新