熱い視線

090605.jpg

今朝、リードを離してもらった小梅。
食事中のばぁばに熱い視線を送ります。
足元は、しっかり腰を下ろして座っています。(^-^*)


小梅の散歩ルートに 野良猫ちゃんが出産し子育てをしている
農作業小屋があるそうです。
ばぁばはムツゴロウさんのように、どんな動物でも瞬時に仲良くなれる人なのですが
その野良猫ちゃんの赤ちゃんも、触らせてくれたそう。
ばぁばの手には小梅のリードがあるにもかかわらず。
(つまり小梅が1m以内にいる。)

初めて野良猫ちゃん親子に遭遇したときは
母猫は小梅を警戒していたそうですが、
小梅が危害を加えないと理解したのか、もう威嚇もしてこないそうです。

そして、赤ちゃん猫を抱っこした ばぁば。
赤ちゃん猫を小梅に見せようと、小梅のほうを向けると
小梅はジャンプしてバックしたそうです。

ビビリぃ~にもほどがあると思うのですが・・・。


以前、我が家に遊びに来てくれたチワワさんにもビビる小梅。
たとえ自分の家(テリトリー)でも、怖いものは怖い。
相手が小さくても弱くても 怖いものは怖い。
きっとハムスターでも まじビビリで逃げ回ると思います。

家族に対しては がぅがぅ強いのに、
内弁慶な小梅さん。
やっぱり我が家の子だわ。( ̄‥ ̄)=3


※野良猫ちゃんに餌付けはしていないのですが
 無事に元気に育って欲しいような
 野良猫が増えて困るような
 母子とも引き取って飼ってあげるのは無理なので複雑な心境です。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


さてさて、少雨の松山地方。
先ほど雨が降っていたので、にぃにぃの帰宅を心配しましたが
雨は止んでしまいました。

にぃにぃのためには 止んでくれた方がいいけれど
雨が降らないと水がないので困ります。

1号が赤ちゃんのとき、松山市ではほとんど雨が降らず
ダムの貯水率がゼロに。
当初は節水呼びかけや減圧給水でしたが
最後のほうにはとうとう「19時間断水」という処置がとられました。

いきなりその時間になったわけではなく
短時間の断水から徐々に断水時間が伸びていき
最後は「蛇口から水が出るのは 16時~21時の5時間だけ」
という不便な生活でした。

当時、1号は生後半年。
夫は普通のサラリーマン、わたしは専業主婦でしたが
蛇口から水が出ない生活って、かなり厳しいものがあります。

朝の洗面、朝と昼の料理用の水は夜のうちに汲んでおいて
洗濯、お風呂、炊事は16時から21時までに一気に済ませ・・・。
専業主婦のわたしですらかなり忙しかった記憶があるのに
仕事を持っていて帰宅が20時21時なんていう人は 一体どうしていたのでしょう?

あの苦い過去を繰り返さないためにも
雨よ降れ~と願っています。

※19時間断水は 15年前のあのときだけですが
それ以降も、少雨のため プール自粛などの処置は何度か行われています。

逆さてるてる坊主でも作りたい気分。(^^ゞ



愛媛県地方に雨が降るよう、応援クリックお願いします。ヾ(*'-'*)
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 (23位/438誌)


 

スポンサーサイト



Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅