「待て」大成功の裏側

この記事のこと 詳しく書きます。

昨夜、日付が変わってから書こうとしたら 管理画面にログインできず
のびてしまってごめんなさい。

5058.jpg
基本的に、小梅は盗み食い&いたずら防止のため
室内にいながらにして 1.5mのリードに繋がれていますが
ばぁばとわたしが 二人とも台所にいれば それらを防げるので リードを離してやります。

わたしたちがお茶しているところへ来た小梅。
女3人、仲良くティータイムしましょ。
ということで、小梅には 炒り大豆。 (人間用)

眼が隠れていても、どんな視線で見つめているのか 想像がつきますよね(笑)。

5059.jpg
後姿はこんな感じ。
椅子はきちんとしまわれていても、鼻先でぐいっとずらして上手に上がります。

5060.jpg
まずはこの状態で 「待て。」
たいていは大丈夫ですが この「待て」すら無理な事もあります。
ものすごく空腹とか、はしゃいでいるときは 待てず おやつに飛び掛ってくることも。
(人が持っている時でも その手に危害を加えるほどひどいことは絶対にしません。)

もちろん 落ち着かせようとはしますが こちらの隙をついて
食べられてしまうこともあります。
でも 言葉で注意したり 軽く叩く仕草を見せるくらいで 
こっぴどく叱ったり おやつ中止(没収)ということはしていません。

最初に一粒か二粒、ちゃんと食べさせてあげてから
「待てばもらえる」と改めて理解させ また目の前に置きます。
このとき たいていの場合は 鼻先のくっつきそうになるくらいまで近くてもガマンができます。

5062.jpg
その目の前の一粒に全神経を集中させる小梅。
「よ」という言葉を聞きのがさまいと必死。

前脚にまで神経が通ってなさそうなので(笑)、そっと前脚にもおいてみると

5062b

大成功~♪


5063.jpg
「よしっ」の声でまずは目の前の大豆を食べ、
それで身体が揺れ、前脚の大豆が床に落ちたので 慌てて降りてそれもGet。

5064.jpg
次は 「目の前に集中させて足から気を逸らせて」でという反則技ではなく
正当に戦いを挑んでみると・・・

またまた 大成功~♪

今まで、身体に触れた状態での 「まて」 は、出来なかったので
ずいぶんと成長しました。

5067ki.jpg
この眼が なんとも言えず可愛いです。
大豆は一回5粒を目安に。

生まれて初めて食べたときは 出したり咥えたり 3回ほど繰り返していましたが
今では上手に 噛んで食べています。


今日は ばぁばと1号2号がお出かけ(ゲーセン)なので
小梅は わたしの部屋でスヤスヤ寝ています。
わたしは 今日は13時から仕事です。
月に一度、棚卸の日だけ 13時出勤。

2月はまた夜勤復帰ですが、仕事ちゃんと覚えてるのかなぁ・・・?
2月に入ると いよいよ受験シーズンですが
今日は珍しく2号の部活がなかったので 仲良くゲーセンへと行きました。
それなりに勉強は頑張っているようなので 勉強も遊びも 本人に任せています。

ということで(どういうことで?)、14位目前、応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ (15位/383誌) 
スポンサーサイト



Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅