お留守番 三日目

わたしたちのいない生活、小梅はどんな風に感じているのでしょうか。
“ 見放された? ” と思っているのか
“ 早く帰ってきて~!!! ” と心待ちにしているのか
“ 居なかったら静かでいいわ ”と思っているのか・・・。

きっと人間のほうが寂しくてたまらない頃だと・・・。
(出発前の現時点での予想です。)

以前、有名な動物番組で 
動物の心の声を聞き取れる外国の女性のことが紹介されていました。

その時は猫ちゃんでしたが
日本の普通のお宅で飼われていた猫。
そのお宅のお兄ちゃんに 一番懐いていたそうですが
ある日、お兄ちゃんは 猫ちゃんに黙って 進学のため引越しをしてしまいます。

数ヵ月後、帰省したとき
その猫ちゃんは 喜ぶどころか お兄ちゃんに攻撃をし、
お兄ちゃんは怪我をしてしまったそうです。
それ以来 お兄ちゃんと猫ちゃんの仲は険悪なままだとか。

そこでその外国人女性が呼ばれたわけですが
猫ちゃんの心の声は
“ ちゃんと報告をしないで黙って出て行った ”
ことに対し、怒りを感じているとのことでした。

動物には 言葉は直接は通じにくいかと思いますが
こちらの態度や目、声のトーンで ほとんどのことを感じ取っていると思います。

さすがに小梅に「30日の夜に帰ってくるからね。」
とまでは理解できないと思いますが
でも「必ず帰ってくるから待っててね。」ということは
きちんと言い聞かせていくつもりです。

留守中の小梅は いつも以上に車の音や人の通行に敏感になるのか
ひたすら寝て過ごすのか
もしや寂しさのあまりクンクン泣き止まないのか・・・

旅行中の人間は 小梅のことが頭から離れないのか
小梅のことなんて思いだす暇もないほど旅を楽しむのか・・・

結果は 帰宅後。

それでは過去記事探検シリーズ 第3回。
寝顔

赤ちゃんやペットの寝顔は本当に可愛いものですが
ビーグルの寝顔は 頬肉のあまり具合が微笑ましいです。

寂しくお留守番の小梅に 応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

スポンサーサイト



Category: 小梅