運命的な出会い

2007.1.30 
小梅と運命的な出会いをしたのは この海のすぐそばでした。
素敵な出会いが待っていることも知らず のんびり海を眺めてから 
目指すペットショップへ。

海


犬種の違う3匹の候補がいましたが、
元気がよく、見るからにおてんばであること、
表情がしっかりしていて とても愛らしいこと、
そして金額とも折り合いがつき(笑)、
この仔に決定。

とはいえ、実際にこの仔に出会うまでは 
買う(飼う)気は・・・ あったようななかったような・・・。 

帰宅時 縦


購入を決め、支払いをし、
詳しい説明を受け ペットショップを後にしました。

姉が抱いて店を出たのですが
ペットショップのお姉さんは 目がウルウルしていたそうです。
やはり 商品とはいえ 愛情が移っていたのでしょうね。

小梅は 車内では母に抱かれ
“ わたしはどこへ連れて行かれるの? ” という不安を
全く感じさせず しばらく車内探検をしたのち
疲れたのか 眠ってしまいました。

それにしても飼い主が決定してから 
まだ1時間も経っていないというのに この安心した寝姿。

D屋上指


車中では さっそく名前決め。
当初「もしペットを飼うことになったら 
全員でひとつずつ候補を挙げて
自分のもの以外に投票して 決めようか?」などと話し合っていましたが
車内で 母が「小梅」 、姉が「姫」 、わたしが「さくら」
と案を出しました。

この日 買う(飼う)と確定していたわけではないので
我が家にはペットグッズが全くありませんでした。
早速 ペット用品も多く扱うホームセンターへ。

ペット入店可の店ですが、店内でじっとしていないので
母が買い物をしている間に 姉とわたしとで
屋上の駐車場にあがり 車の少ないところで散歩をさせました。

まだお散歩禁止の時期ですが
ここなら 他の動物との接触もないでしょうし・・・。

ちょろちょろと自由奔放に走り回る仔犬から片時も目が離せず
3つの名前を何度も呼んでみましたが
「小梅」が 一番しっくり来るので
わたしの一存で、母の案である 「小梅」 に決定しました。

その後、別の買い物でスーパーへ。
またも屋上駐車場を選択。
ここは盲導犬以外の動物は入店不可なので わたしと小梅は屋上で待機。

しきりに お腹がすいたような 喉が渇いたようなしぐさをするので
早速 買ったばかりのえさ入れ に 
ペットショップでいただいた食べ慣れたドックフードを入れ
水でふやかしてお食事。

J屋上 えさ


ビーグル独特の大きな耳が浸かってしまうので
母が持ち上げていました。(^^ゞ

そして いよいよ我が家へ。


ランキング 応援お願いします♪
スポンサーサイト



Category: 小梅

仲間入り

20070212142148

2007.1.30 火曜日

一月にしてはずいぶん暖かい小春日和のこの日、
小梅が我が家の仲間入りをしました。

我が家からペットが居なくなって 数年。
この家の家族構成もずいぶんと変化しました。

少しさかのぼって 記録を残したいと思います。

Category: 小梅