高知龍馬2019レポ 温泉・うちあげ

ただいま!高知 (02/16)
明日は高知龍馬マラソン (02/16)
【速報】高知龍馬マラソン (02/17)
高知龍馬2019レポ 序章 (02/18)
高知龍馬2019レポ 当日朝 (02/19)
高知龍馬2019レポ スタート (02/21)
高知龍馬2019レポ 今日は脱線 (02/22)
高知龍馬2019レポ レース中盤 (02/23)
高知龍馬2019レポ ゴール (03/03)

9:00 スタート
14:11 ゴール
15:30頃に春野総合運動公園を出て、15:40 速報を更新。
県庁前でバスを降り、三翠園さんへ。

日帰り入浴900円のところ、ランナーは600円になるという特典が。
6年連続6回目ですが、初めて行ってみましたら、入り口でまず驚き。
高級旅館な感じで、汗臭いランウエアで行くのが申し訳ないほど。

快く迎えていただき、分かりづらい温泉の場所も丁寧に教えていただき進んでいくと、
途中、あちこちのソファでは ぐったり ぐっすり眠っている男性が。
(長風呂の連れの女性を待っていると思われ…。)
「長いからゆっくりね!」 と言って、待ち合わせ場所を決め、ラン友さん男子と別れて女湯へ。

広い~!
キレイ~!
明るい~!

今まで、1年目は日帰りなのにホテルを連泊扱いにしたり、
実際に連泊で、自分の部屋の狭い狭いユニットバスに入ったり、
確か昨年はお風呂には入らず、2人打ち上げをしてからバスで帰り、自宅でお風呂だったはず。
もっと早くに三翠園さんを知っていたら、たとえ連泊でも自分の部屋のユニットバスより
こちらに入りに来るんだったのに~!!!

「三翠園さんのホテルの温泉がある」 というのは前々から聞いていましたが
どうせ女湯ですら芋の子を洗う状態で、すみませんすみませんって言いながら
順番待ちとかするんでしょ・・・と敬遠していましたが、なんのなんの。

過去の5年間が悔やまれる・・・。

ものすごく広くて明るくて開放的な温泉で、洗い場もたっぷり。
順番待ちすることもなく、ゆっくりシャンプーをして身体も洗って、スッキリしてから浴槽へ。
ものすごく広くて大きなお風呂で、手足を伸ばして、の~んびり。
本当に癒されます。

部屋のユニットバスだと、「汚れをとる」というだけの目的ですが、
広い温泉だと疲れもとれる~!!!
露天風呂もあったので、涼みがてら露天へも。
そして水風呂も脚だけ入って、脚だけ交替浴も。

待っているであろうラン友さんのことなど考えず、ひたすらのんびり~。
幸せ~♫ (少しは待っている人のことも考えましょう。)

散々のんびりした後は、洗面台もたくさん並んでいますが、よく見るとドライヤーは一つおき。
洗面台が10個で、ドライヤーが5つだったかな?(8と4かな?)

ドライヤーが空いた時を見計らって髪を乾かしていたら
隣の方から 『終わったら貸してください。バスの時間が迫っていて・・・。』
高速バスなのか、空港行きのバスなのか、それは大変!とその方に先に譲りましたが、
わたしに悪いと思ったのか、本当にバスの時間がヤバかったのか、早々に返してくれました。
あの方は生乾きの髪のままで帰宅して風邪をひいたりしなかったかしら。

その後はドライヤーも空いてきたので、しっかり髪を乾かしてから、ラン友さんの待つソファへ。
やっぱり疲れ切った男子たちが何人もスヤスヤと。
女子は髪を洗うにも、すすぐのにもすごく時間がかかりますし
さらに乾かすにも時間がかかるので、どうしてもお風呂は長くなりますから
ソファで待っているのは全員男性…。
大変お待たせいたしました。

fc2blog_20190304221350da2.jpg
17:18

fc2blog_201903042226265a7.jpg
いつものウインドブレーカー2枚重ね。
軽くて、かさばらず暖かいのでマラソン遠征はこのパターン。
何年か前とは内と外が逆のパターンですが。(;・∀・)

ちなみに、走っている時と同じ眼鏡ですが、調光レンズにしていて
建物内から出た直後なので、レンズは透明です。

fc2blog_201903042215331d1.jpg

fc2blog_201903042215567da.jpg
イマドキなので、デニムではダメということはないでしょうが、ドレスコードがありそうな高級旅館のような門。
そこへジャージで行くという・・・この日限りだとは思いますが、
ランナーを快く受け入れてくださって有難い限りです。
来年はここへ泊まりたいけれど・・・高いんだろうなぁ。

この後は国道まで一緒に歩いて出て、一度解散。
三翠園さんから国道までの道はランナーがぞろぞろ歩いていますが、
前から来た全く見ず知らずの女性に 『お疲れ様♫』 と言っていただけました。

以前にもこういうことがあって、ジ~ンとしたのですが、
大きな道路を通行止めにしたり迷惑をかけているのに
こういう温かい言葉は本当にうれしいです。
あちこちから聞かれる 『また来てね!』 も嬉しい。


国道へ出てからは、わたしは自分のホテルへ、ラン友さんは駐車場へ車を取りに。
フロントに預けていた荷物を受け取り、ザザッと帰り支度。
ラン友さんの車で帰るので、荷物が多くても平気ですが
高速バスだったら預け荷物は2つまでらしいので大変な騒ぎになるところでした。(*^^*)
その後、再度合流し、大急ぎで打ち上げの場所へ。

fc2blog_20190304223135f0b.jpg
いつもの とさ市場へ。
18:00集合で、ぎりぎりセーフ。

6年連続高知龍馬マラソンを走っていますが、そのうちの何回ここへ来たのだろう?
もしかして6回?
今日はそこまで時間がないのですが、後日調べておきたいと思います。

  どうしても気になったので調べました。
  2014年 師匠はJRで帰宅、わたしもバスで当日帰宅、夕飯は抜き
  2015年 師匠はJRで帰宅、わたしはぼっちで とさ市場① 後泊有
  2016年 師匠はJRで帰宅、8人でうちあげ、とさ市場② 後泊有
  2017年 師匠も後泊にしてうちあげ参加、6人でとさ市場③ 後泊有
  2018年 師匠龍馬不参加、りかさんと2人でとさ市場④ 後泊無
  2019年 師匠龍馬不参加、5人でうちあげ、とさ市場⑤ 後泊無
  つまり5年連続で、走った後の夕飯は、とさ市場の 四万十ポーク定食。(*^^*)
  来年は、また とさ市場で打ち上げをして後泊して帰ろうかな~。


“ ランナーはナンバーカード提示でビールかソフトドリンク1杯無料 ” というサービスが。
温泉の後、しっかりナンバーカードだけは別にしておいて、
みんなで嬉しそうにナンバーカードを提示して飲み物を頂きました。

ここで嘘をつく人はいないと思いますが、みんな微妙に歩き方がおかしいし
(歩き方というか、最初の一歩がオカシイ)
掘りごたつの席で並んでいる靴の半分以上はランシューだし、なんたって会話が全部走ること。
昨年は大荷物を持ったまま行ったらナンバーカードを出す前に 「走ったの?」 と聞いてくださいました。

高知の街をあげて(県をあげて?)、高知龍馬マラソンランナーをおもてなし。
とってもとっても嬉しいです。

fc2blog_2019030422320888e.jpg
何回来たのかは後日調べるとして、来た回数分だけこの 「四万十ポーク定食」 を食べています。
お魚メインのお店ですが、わたしはお魚がダメなので毎回これ。
お鍋があって、水分もしっかりとれるし、この先も何年でも同じものを食べられます。(*^^*)

fc2blog_20190304223416117.jpg
安定の走りの人、目標達成した人、危うく救護車に乗せられそうになった人、
それぞれのドラマを語りながらの楽しい食事。
一組だけ 「はじめまして」 がありましたが、
前の会社のラン友さんは久万高原マラソンや汗見川・茂平に一緒に行っているので、既にあちこちでお知り合い。

名古屋の師匠が居なくて本当に残念でしたが、楽しい食事が出来ました。
飲まない人が多いので、それぞれがそれぞれ食べたい定食を頼んでそれぞれで会計。
会社でこの話をすると 『それって打ち上げとはいわないのでは?』 と言われましたが
これでも立派な打ち上げです。(*^^*)

全員でアイスクリームもいただいて、20:30 お開き。
翌日は、1人は早朝からお家の用事、2人は仕事ということで、早々に解散。
ただ、わたしたちは松山まで帰るという重大任務が。
今回はラン友さんの車なため、運転交替はせず、わたしはただただお喋り係。
時々その職務を放棄し、寝そうになりそうでしたが(覚えていないだけで寝ていたのかも?)。
でも、『寝てくれてた方が静かでいいわ。』 と思われていたのかも???

我が家の位置を考えて、33号経由か高速経由か迷ったようですが、高速を選択。
ラン友さんのご自宅は松山市内なのに我が家の玄関まで送ってもらって(まーまー鬼)、23:30帰宅。

以上、とってもとっても楽しい1泊2日の旅でした。
土日で触れ合っていただいたみなさん、
走りながらとか沿道から 「さくらさーん」 と声掛けしていただいたみなさん、
そして高知龍馬マラソンに携わったすべての皆さん、高知家の皆さん、
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします!

来年は愛媛マラソンが2月9日、高知龍馬マラソンが2月16日とのこと。
来年も高知龍馬マラソンに伺います!


 ~ 高知龍馬マラソン2019レポ 完 ~


高知龍馬マラソンへのたくさんの応援ありがとうございました。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
金さんとは、走りながら握手しました。
寛平ちゃんは一度も見なかった…。







スポンサーサイト



高知龍馬2019レポ ゴール

ただいま!高知 (02/16)
明日は高知龍馬マラソン (02/16)
【速報】高知龍馬マラソン (02/17)
高知龍馬2019レポ 序章 (02/18)
高知龍馬2019レポ 当日朝 (02/19)
高知龍馬2019レポ スタート (02/21)
高知龍馬2019レポ 今日は脱線 (02/22)
高知龍馬2019レポ レース中盤 (02/23)

ら2-2
ランフォトより 仁淀川河口大橋でのシーン


fc2blog_201902232155488a3.jpg
わたしが撮った写真。今回は浦戸大橋と、この場所でのみ写真を撮りました。
この時点で13:31。
目標としていた5時間以内というのはずいぶん前に絶望になっていましたが、
それでも精一杯走る!(ちょこちょこと歩きを取り入れつつ)

この場所から少しして甲殿交差点を左折。
前回は左折寸前に反対側の走路(斜め前)から 「間もなく関門締切!」 という声が聞こえていましたが
今年はわたしが遅くなったため関門は既に締め切られた後だったようで
わたしが左折後すぐに収容ランナーを乗せた大型バスが三台、真横を通過。

バスに乗っている人たちの気持ちはどんなだろう?
バスの中から見るとまだ走っているわたしたちは光っているのだろうか?(ボロボロだけど)
それともうつむいて窓の外なんて見ていないのだろうか?

前回の奈良マラソンでは全くの予想外での30.5km関門閉鎖によりバス収容。
フルマラソン13戦目にして初のDNF。

そして今回、結果的にフルマラソン14戦目(完走13回)にして初のネット5時間越え。
こうして悪い方での 「初」 ばかり更新していますが、全く原因不明。
転職以外に大きな理由が見つからない。

甲殿交差点を左折後も、すっかり走り慣れたコースを、歩きを取り入れつつ走り、
「さくらさん、ブログ読んでます!」 と言いながら抜いていった女性の背中を追うことも出来ず
5時間9分台ではゴールしたいと時計を見て計算しつつ
高齢者施設(?)のいつものおばあちゃんの声援に和みつつ
頑張って頑張って頑張って。

ちず1
やっとのことで春野運動公園の敷地内に入り、この先は延々上り。
最後は右に折れて陸上競技場に入るので、過去には、「そろそろ右に?」 と何度も思っては
「なーーんだまだテニスコートか」 と何度も裏切られた感じでしたが
「ココは裏切られることが多いのでヘンな期待はしない」 と心して挑みました。

坂も終盤に近づいたころ、わたしの本名を呼ぶ声が。
高知ではたくさんのブログ友さんから 「さくらさん」 と呼ばれ
学生時代の友だちからは本名下の名前で呼ばれていますが
ここでわたしの上の名前で呼ぶ人がいるとは思えない。
でも自分の本名なのでまさか?と思いつつ反応すると、なんと今の会社の人が!

tn3.jpg
2人組のお兄さんと会話をした記憶はないのですが、「キツイ~」 とか言い合って笑ってたのかな?
この写真を見る限りマラソン大会のレース中とは思えない・・・(笑)

tn1_20190303164658561.jpg
お腹に入れたスマホが。(*^^*)

この後、右に曲がって競技場へ。
2年前かな?思いっきり躓いて転びそうになったので慎重に。
というほど走ってもいないのですが。

t1.jpg

fc2blog_2019030317040371d.jpg
サブ5を達成した、たがやいちさんが撮ってくれました。

ら3-2

ら1-1
そしてゴール。
5時間切りはならず。
5時間10分以内には、というのも達成できませんでしたが、自分の脚で制限時間内にゴールできたのでヨシ!

この写真では、周りの方のスタートブロックはDの方もいらっしゃいますが、FとGの方がほとんど。
今回は4:29で申請していたのでDブロックスタートの5:11ゴール。
四万十川桜では5時間以内を目指しますが、
今後も5時間オーバーであれば今後の申請タイムは大幅見直しが必要。

申告タイムの目安は 「3年以内」 が目安だと思いますが
2015.2の高知龍馬マラソンが4:35
2015.3 四万十川桜マラソンが4:28
2017.11の下関海響マラソンが4:41
2018.2の高知龍馬マラソンが4:40

このあたりの成績から、4:29はそんなに見え透いた嘘というつもりなくまじめに申請しているのですが
結果は奈良では関門閉鎖、高知龍馬では5時間オーバー。
結果としては虚偽申告?と思われかねない状態。
4年も前に未公認下り基調のコースで 「サブ4.5をしたことがある」 というにも無理があるか・・・。

冷静に考えたらちょうど1年前の高知龍馬マラソンから
「わずか1年で30分もタイムを落としている。」
日々、それなりに走っているつもりなのに、単なる1年分の老化だけでは30分もは落ちないはず。
貧血でもなさそうだし、なんなのだろう???
病院に行くほどの不調はないし、なぜ?

ま。
結果はどうであれ、どこにも不調がなく、気持ちよく走れたのでヨシ!
腰から下は疲労からの痛みはあるものの、それは当たり前レベルのものだし
ごく軽い攣る前兆はあったものの、攣ることもなく、胃の不調もなく(最後にわずかに反乱の兆しだけ)
ヘトヘトに疲れたとはいえ、故障なく元気にゴールできたのでヨシ!

k1_2019030316293373d.jpg

高知龍馬マラソンは制限が7時間なので、すそ野が広く
5時間10分でも女子総合で上位の1/3あたりにいるという・・・
これ、制限6時間の大会なら割合は相当違うはず。

ゴール後もそのまましばらく進んで、コースに一礼してから左に曲がってトラックの内側へ。

fc2blog_2019030317273645c_2019030317290256c.jpg
そこで東京から参加の男性に写真撮影を頼まれました。
なので、その後でわたしもお願いすることに。

そのあと、チップはボランティアの男子高校生がサッと外してくれます。
こちらは立ったままで足を出せば、高校生がしゃがみこんで。
フルマラソンの後、立ったり座ったりという動作はなかなか大変なので本当に助かります!

すぐあと、前の会社のラン友さんと、友だちのご主人が続いてゴール。
高知龍馬マラソンは、走り終えたランナーとゴールしてくるランナーが
競技場の内側と外側でしっかり対面できます。
応援の方も、競技場の同じ目線のすぐそばまで近づくことが可能。

わたしは、高知龍馬マラソンや、おかやまマラソンのように
競技場をしっかり走ってからゴールするのは新鮮で好き。
とくしまマラソン2014は、競技場に入った途端にゴールでちょっと物足りませんでしたが
高知龍馬マラソンはいろいろ好き。(*^^*)


高知龍馬マラソンはアップダウンが多いと、よく言われていますが
わたしが 「坂」 だと思っているのは、浦戸大橋と春野だけ。
最初の市街地を抜けた後の南下中のトンネルや、
仁淀川河口大橋の前後も坂だという話しですが、わたしの中では坂認定はしておらず。

そして、もちん年によって違うのでしょうが、高知は風が強いそうです。
海際で遮るものがないから?太平洋だから?
愛媛マラソンも堀江や北条のあたりで風が強いとのこと。

今年の高知龍馬マラソンでは、海沿いでわずかに風を感じましたが
いつものごとく、暑いか寒いかというのが気になるだけで、
走りやすいか走りづらいかということまでは気にならず。
「あ!(向かい)風が吹いてる!」 とはっきり認識したのは、ゴール手前の100mくらい。

坂と風に対して、相当鈍いのはなぜなのでしょう?
「坂」 に関しては、坂だらけの田舎で生まれ育ったからだと自己分析していますが
「風」 に対しては、どうしてこんなにも気にならないのか不思議です。


前の会社のラン友さんと、友だちのご主人と、トラックの内側で3人で合流して
給水をして、てくてく歩いてから記録証発行へ。
数年前には相当並んで待った挙句、列がグダグダでトラブルになったという話も聞きましたが
昨年くらいからずいぶん改善され、待ち時間なし。
今年は、記録証不要の方は一番端からそのままもらわずに出ることも可能になっていました。

昨年からトラックの内側を広く使うようになって、いろんな混雑が緩和された感じ。
市民マラソンになって7回目。
わたしは2回目から6回連続で出ていますが、だんだんとよくなっている感じがします。
ただ、ずる賢くなって整列で不正をするランナーが増えているのは残念ですが。

2回目(わたしの初フル)の2014年ときは5000人、
翌年の2015年は7000人の募集で、それでも定員がいっぱいにならず締め切りを延長していました。
今年は1万人をずいぶん超える参加者だったとのこと。
確かに5000人や7000人の時と比べると明らかにランナーは増えましたが
「走りづらい」というまでではないかな・・・。

確かに5000人のときは、ずっとずっと道路は広々していましたし
対向するランナーの顏も一人一人はっきり見えていたとは思いますが。

あぁ、話が飛びすぎ。

一人二人待つ程度で、記録証を受け取り、メダルをかけてもらって。
ゴール直後にいただけるタオルは、マフラータオルからバスタオルになり、
今年は普通のタオルになっていました。
個人的には高知龍馬マラソン過去の3択でいうならば今回のタオルでいいかな。

ゴール後のタオルで羨ましいのはやっぱり愛媛マラソンの今治タオル。
オシャレだし、使いやすいし、なんといっても今治タオル。
愛媛マラソンは走ったことがないけれど、あのバスタオルは憧れです。

ゴール順位で抽選があり、その発表ボードを見てから出口へ。
スタンドを見上げると、友だちが居てくれました。

j1.jpg

j2.jpg
あ~ホントっっっ、ゴールできてよかった~!!!
タオルをかけて、メダルをかけて、完走証を手にするというのは 「当たり前」 ではないということ。
5時間11分もかかったけれど、こうしてみんなゴール出来てなにより。

j3.jpg
スタート地点で見送ってくれて、花海道でも応援してくれて、ゴールでも。
ご主人の応援のついでとはいえ、友だちの応援はとっても心強かったです。

そのあと、ゼリーとゆずジュースとケンピの入ったお土産セットを頂きました。
高知のお友だちの娘さんがお土産セットを配るボランティアをしているそうで
ぜひその娘さんから受け取りたかったのですが、お顔が分からず、残念。

競技場から出て、友だちと無事に再会。
友だち夫妻とはこの先それぞれで分かれて行動することにして、ばいばい。

わたしは前の会社のラン友さんと一緒に荷物を受け取って、(ここでもボランティアさんが大活躍)
更衣室へは行かず、テントの裏側で着替え。
着替えといっても脱ぐものはなく、ウインドブレーカを着たりジャージを履いたり。

fc2blog_20190217153520dca.jpg
いつもはサンプラザさんのブースで写真を撮っていましたが、今年は第一生命さんで。
少し並んで待ちましたが、尾崎さんと。
隣の四国銀行さんのブースは、ものすごい行列でした。

fc2blog_20190303233033b92.jpg
別の写真撮影スポット。
龍馬さん(張りぼて?)と一緒に撮れるようでしたが、ココも大行列で諦め。

そのあと、打ち上げまでに中途半端な時間があるので 「軽く」 何かを食べたいと思いましたが
どの露店も大行列。
たこ焼きとか、おうどんとか、どこもすごい行列で並んでまで買う気力なく帰路へ。

fc2blog_20190303233402cf4.jpg
15:19撮影 

5時間11分でゴールしたのが14:11、それからなんだかんだと1時間。
過去最大のバス待ちの列。
サブ競技場の入り口にまで列が伸びていてびっくり。

とりあえず列に並んでから、サブ競技場のトイレに行こうと後ろを振り返ったら・・・・知った顔が。
ここで会う?
1万人以上が出走して、応援の方々もいて。
いくらゴールタイムが近いからといって、ゴール後も着替えや写真撮影やらいろいろしていて
ここで会う?
昨年の四万十川ウルトラマラソンで初対面したブログ友さんと一言だけ会話してとりあえずトイレへ。

初フルのときは途中でトイレに行きましたが、それ以来高知龍馬マラソンでは
レース中にはトイレには行かず。
スタート整列にはたいてい早くから並ぶので、トイレはその前に済ませたっきりですが
もともとトイレは近くないので、「帰りにサブ競技場のトイレ」というのが定番になっています。
6年連続で出ていても、メインの競技場のトイレがどこにあるのかいまだに知らない…。

トイレから戻って、前の会社のラン友さんが並んでくれている場所に戻ろうにもなかなか見つからず。
特別長いトイレではなかったのに、列がずいぶんと進んでいてびっくり。
寒くもなく、雨も降っていなかったので、お喋りしながらだと、苦にならないくらいの待ち時間。
もしも雨だったり極寒だったりしたら・・・ツライのだろうな。
でも無料で大型バスで運んでもらえるので(応援の方も可)助かります。

県庁前でバスを降り、温泉割引のあった三翠園さんへ。


~ 続く ~


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村のバナーがなぜかエラーになり作れない~。



高知龍馬2019レポ レース中盤

ただいま!高知 (02/16)
明日は高知龍馬マラソン (02/16)
【速報】高知龍馬マラソン (02/17)
高知龍馬2019レポ 序章 (02/18)
高知龍馬2019レポ 当日朝 (02/19)
高知龍馬2019レポ スタート (02/21)
高知龍馬2019レポ 今日は脱線 (02/22)

5.1km 最初の給水所
6年連続6回目なので、どこに何があって、
あとどのくらいでたどり着くかはだいたい覚えてきました。

暑くなることを予想し、第1エイドでポンチョとネックウォーマーとアームカバーをすべて処分。
アームカバーは 「寒さ対策」 としては不要でしたが、
「日焼け対策」 として残しておくべきだったと、後に思いましたが後の祭り。


fc2blog_201902231932477b0.jpg
初めての時は、とにかく花海道の前半が長かった。
※花海道を花街道と誤表記していましたので直しました。
 ご指摘ありがとうございました。

浦戸大橋を降りてから、25.8kmの甲殿交差点までが長くてげんなり。
実際は4kmほどしかないのですが。

次の年はスタートから8.8kmの右折ポイントまでが長かったような?

いつの時だったか、コースが変わり仁淀川河口大橋を渡ることに。
その橋自体は1kmあっても意外と長く感じないのですが、
橋を渡り切ってから折り返しまでが、とにかく長かった。

いつまでまっすぐ進み続けるのか、いつになったら景色が変わるのか
わりと重要なので、こんなメモを作ってナンバーカードの裏ポケットに忍ばせておきました。
メモの裏にはエイド情報。
どのエイドで何が置いてあるか。
バナナだと寄る必要がないので。

でも結果的には、これは不要でした。
もう身体が覚えているというか、だいたいわかってきたので見ることもなく。

5時間は切りたいと思っていて、7分で走り続ければいいと分かってはいましたが
ペースの確認をしておこうと・・・・よく見たら、ペース表を作るのを忘れていました。
7分で走り続けて、ざっくりでいいからと思っていたのに、すっかり忘れていました。

IMG_2745.jpg
こちらは2014年2月に初フルの高知龍馬マラソン用に作ったもの。
師匠が終始並走してペーサーをしてくれるので自分でのペース管理は不要ですが
なんとなくの目安として。
今回は6'30なんてとてもとても無理なので、7'00のところだけ拾ってメモしておくはずが。

結局のところ今回は花海道で5時間ペーサーに抜かれた時点で危ういというのは分かりましたし
全く追いつけない時点で無理だとわかりましたが。

スタートから8.8kmで右折。
少し上りになりますが、わたしが高知龍馬マラソンで坂だと認定しているのは
浦戸大橋と春野だけ。
トンネルの前も 「坂」 という認識はありません。
田舎育ちで自宅の周りがとにかく坂だらけなので、坂に対する感覚が人とはズレているらしい。

高知龍馬マラソンは、ずっと応援がたくさんで暖かで
走っていて本当に元気をもらえるので
音楽を聴きながら両耳を塞いでいる方を見ると少し残念に思います。
今はワイヤレスで片耳だけのものもあるので、せめて片耳は応援を聞くように開けておいたらどうかな。

どこだったか、田園風景の中(一昨年と同じあたり?)、
個人的にエイドをしてくださる方からイチゴの差し入れが。
イチゴは大好物なのですっごく嬉しいのですが、さすがに1パック丸ごとは無理なので
4粒いただき、美味しく食べました。(*^^*)
(もしも来年もしていただけるようであれば場所を指定していただいたらちゃんと端っこを走りますね。)

15.1km ちくきゅうエイド。
昨年はちくわときゅうりの、それぞれ単体を取ってしまったので、
今年は 「ちくきゅう完成品」 にターゲットを絞っていて。
無事にちくきゅうを見つけて両手を広げて差し出すと、3つ乗せてもらえました。


今回、5時間11分もかかってしまったことで、「撃沈」のイメージがあるかもしれませんが
わたしにとっては大成功な結果です。
そりゃゃゃゃゃゃ、本音は5時間を切りたかったですが、
今回のレースで、こんなワースト記録でも大成功と言えるのは

* 胃の不調がなかった。
水分がちゃぷちゃぷすることもなく空腹になることもなく。食欲が落ちることもなく。
* どこにも痛みがなかった。攣りもなし。
もちろん腰から脚にかけての疲労からの痛みはありますが30km以上本気で走れば当たり前というレベル。
トラブルや故障での痛みは皆無でした。
* 1kmごとの表示が現れるのがすぐだった。
1kmを7分ペースで進んではいますが、「さっき5kmだったのにもう6km!」
「さっき12kmだったのにもう13km!」
ほとんどの時間でこの感覚が続いていました。
42kmも走っていると、どこかしらでこういう感覚がくることはありますが、一時的なことが多く。
今回の高知龍馬マラソンでは25kmまではずっとこの感覚が続いていました。

マイナス要因が何もない中でのこの結果は、もう実力をすべて出し切った結果なので
それが5時間11分でも、わたしにとっては大成功。
完走できたらそれで十分。

11月 100km *前半は四万十後の風邪をこじらせていたので中盤から走り出し
12月 80km *奈良の絶不調を引きずったまま
1月 180km *しっかり走ったつもりだけれど短めが多かった

反省点を上げればいくつもあるのでしょうが、
今回の高知龍馬マラソンは土曜日も含めて、打ち上げまで含めて
全部楽しかったので、全部大成功。(*^^*)
レース後に免疫力が落ちて風邪をひくかインフルもらうかと心配しましたが、それもなし。


基本的にガチレースでは携帯は持たないのですが
今回は奈良の再来が怖くて、ラン友さんと連絡がつくように携帯を持って走っていました。
iPhone8は重くて、ポケットに入れて走るとすごく邪魔なのですが
四万十ウルトラ用に買ったノースフェイスのフライウェイトトレイルショーツの
「前に」 入れると揺れないことが判明。

普通は後ろ側の腰に入れると思うのですが、わたしはなぜか後ろに入れると揺れるので前へ。
激しい反り腰だからだろうなぁ。
ちなみに、スタート前にiPhoneをお腹に入れるとiPhoneが冷たくてお腹が冷えました。
逆カイロ。アイスノン状態。(笑)
お腹が弱い人やトイレが近い人にはお勧めできませんが、大抵の人は腰なのだろうなぁ。

ということで、ブロック整列で写真を撮った以外はずっとしまっていたiPhoneですが
浦戸大橋で写真を撮るために取り出しました。

fc2blog_20190223201806e42.jpg
11:24 前の方も愛媛県人だ。サイクルみきゃん可愛い。(*^^*)

fc2blog_20190223201830272.jpg

fc2blog_201902232022155a6.jpg
11:27
この景色を見るために高知龍馬マラソンを走っているといっても過言ではない。
ココから下りになるのですが、太平洋がキラッキラ。
本当に眩しく輝いています。

この景色が大好き!というと、高知市在住の人からも 「この景色は感動する」 とのこと。
えぇっ。高知に住んでいたら見慣れているのでは?と思ったら
運転しながらだとそこまで景色を堪能できないからとのこと。
自分の脚で走っているからこそのこの雄大な景色。

わたしは山育ちなので、海自体が珍しいですが、たまに見るとしても瀬戸内海。
この雄大な太平洋は本当に大感動間違いなし!
このブログを読んでくださっている全国の皆さん、高知龍馬マラソンは絶対にお勧めです。
「わざわざ」 高知で走る意味あり。

fc2blog_2019022320194530d.jpg
11:30

たしか3年前までは橋を降りきったあたりに文旦の私設エイドがありました。
お礼の手紙を書いて持って行ったこともあるのですが、昨年からはいらっしゃらず。
そのかわりにというのは変ですが、今年は 「フンバ・ルンバ」 のお2人が右側にいらっしゃいました。

一昨年の四万十川ウルトラで見かけて、
昨年の四万十川ウルトラでも再会を楽しみにしていたのに見当たらず。
同じ高知とはいえ、龍馬マラソンで再会できるとは!

ここでは龍馬に扮した仮装の方も毎回いらっしゃって
『頑張れ~! ○△※□~!(覚えていないだけです。)
もうすぐゴールだよ~!ウソだよ~!』 と笑いを誘っていました。
バリバリの高知弁で。

残り3kmとか2kmで 『もうすぐゴール』 と言われると
「お気持ちはありがたいのですが、それが意外と長いんですよ・・・」 と愚痴りたくなりますが
半分の位置で 『もうすぐゴール』 と言われると笑うしかないので面白かったです。

浦戸大橋を降りたあたりで、スタート前に一緒だった まっさん に合流。
ほんの少し一緒に走りました。
今日のブログにわたしが登場しています!記事にリンク)

あ。話が前後しますが、田園風景で少し上りのところ(15km付近かな?)で
公式と間違えるほどの立派な私設エイドがあり、文旦をいただきました。
あちこちにたくさんの立派な私設エイドがあり、飴やチョコの簡易的な物を含めると
本当に数えきれないほどでありがたい限り。

公式エイドでは給水もしつつ、トマトやポンカン等、水分の多いもので補給。
胃がちゃぷちゃぷ言い出すか心配でしたが、それがなかったのでなにより。
10km・20km・30km(あたりの給水所)でアミノ酸を摂ろうと思って3つ用意していましたが
完全に意識から抜け落ちていて、15kmの給水所で思い出したのかな?17kmかな?
とにかくそのあたりの給水所で完全に立ち止まってアミノ酸摂取。

次は30km付近でもう一度。
結局1つは余ってそのまま持ち帰り。


花海道に入ってからは、ひたすら高校時代の友だちを探しながら走りました。
ご主人が初龍馬なので、友だちは応援のため一緒に。
右にいるのか左にいるのか分からずキョロキョロ。
すると左側に居てくれて、しっかり手を振りあうことが出来ました。

しばらく走っていると、沿道の女性から 『さくらさん!ブログ読んでます!』 と
応援していただきました。
ありがとうございます!!!

以前は花海道に入ってから甲殿交差点までがすっごく長く感じていましたが
最近はいろいろわかってきたのでそうでもなく。

fc2blog_20190223211515e72.jpg
20~25kmは、あわせると00:35:58なので、
30kmまではきっちりキロ7 を維持して走っているのが分かります。
その後はズルズルと落ちていくのですが・・・。

順位はDブロック前方スタートで最初は一気に抜かれ続けましたが
その後はまぁまぁ維持というところかな。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


甲殿交差点からはスライドになるため
会うお友達の名前を脳内で繰り返しながら探します。

Jさんとはお会いしてもわからないだろうな。
○○さん、△△さん、□□さん・・・・
会いそうな順に脳内で繰り返し繰り返し右側だけを見続けて・・・

左側にある距離表示には目もくれず、応援への反応もせず
ひたすら擦れ違うランナーさんを探しながら走っていると
距離を感じずに済むので楽ちん。
お友だちに会ってハイタッチをすると元気が出るし。

最初に会ったのは、みーおさんかな?kirichanさんかな? (もう覚えていない・・・)
みーおさん・・・数年前までガチライバルだったのに、サクッと余裕のサブ4達成。
なんなんだ・・・。
そのあともYさん、りょうさん、カズさんに会い、
カープの赤いユニフォームのきゃさりんさんを探して、「いた~!」と手を振ったら
全く見知らぬ男性で・・・・、その後に無事に本物のきゃさりんさんを発見。
そして5時間ペーサー集団の中にたがやいちさんを発見。

こちらが見つけたり、相手に見つけてもらったり、同時に気付いたり。
こうしてしっかりすれ違えるのが龍馬マラソンが大好きな理由のひとつ。
わたしの時間だと、よっぽど速い人と、関門に引っ掛かりそうな人以外はほとんど会えます。

折返しまできても、前の会社のラン友さんとリクさんがいない・・・
見落としたかな?と思っていると

o2.jpg
どうして 「折返し後」 に会うの?
「なんでそっちから来るんよ~!」 と文句を言いながら近づいていますが、
この車線部分はどっちの走路なのかな?

fc2blog_20190223214800d83.jpg
最初にこの写真を見たとき、どういう意味なのかさっぱり分かりませんでしたが
よ~く見たらわたしの腕が写っているのですね。
偶然写っている後ろの応援団の第一生命さんには、本業では全く無縁ですが
高知龍馬マラソンでは大変お世話になりました。(*^^*)

リクさんには会えなかったわ・・・
この先に会えそうなのは○○さんと□□さんと△△さんと・・・とやっぱり右側を見ながら走っていると
リクさん登場。 またしても 「なんで後ろから来るの~!」 と愚痴。
後にコメント欄で 『先に見つけて欲しかった。』 と書かれていましたが、だったら前に居てくださいっっ。
ずっと前ばかり探していたのに~。

往路で仁淀川河口大橋を渡り終えたすぐのお土産物屋さん(?)の駐車場にいた
賑やかな応援団が今年はいないな~とか、
仁淀川河口大橋後も意外と 「すぐ」 だったな~とか、
いつもここにいてくれたお友だちは今年はスタッフとして龍馬マラソンに参加しているので
応援が居なくて寂しいけれどスタッフとして働いてくれてありがとう!とか、
昨年は復路の仁淀川河口大橋登り口でイチゴの私設エイドがあったな~とか
いろいろ思いながら時々(というかしょっちゅうに近いかも)短い歩きを入れながら走り続け。

fc2blog_201902232155488a3.jpg
iPhoneは持って走っているとはいえ、ここまでで取り出して使ったのは浦戸大橋の写真撮影のみ。
13:31に、残り5kmの地点の写真を撮り、いつものLINEグループに送信。

13:31で残り5km。
つまり残り5kmを29分で走らないと目標の5時間以内は無理。
えぇ、この先が上りなことを考えると絶望。
でもゴールは出来るよ!という意味を込めて、この写真を送っておきました。
「なう」 という二文字を添えて。

アップデートで追ってくれているはずなのでわかるとは思いますが
5kmごとにしか更新されないし、ハラハラしているかな?と思って。

そしてゴール後に落ち着いてLINEを読み返したら・・・
この写真を送ったつもりが、浦戸大橋の写真が送られていました。
13:31で浦戸大橋だったら大変な事態ですが。

楽しいスライド区間も終わり、いよいよ甲殿交差点を左折。

~ 長くなったので続く ~

あ。スライド区間中に救急車が2台通りました。
あと、なぜか緊急走行の白バイも。
救護所の中の様子は全く分かりませんが、道ばたで倒れ込んでいるランナーは全く見かけませんでした。



応援ありがとうございます。(*^^*)
レポ中ですが、ジョギングカテゴリー2位。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村リニューアル工事中のため今年のバナーが作れない~。

高知龍馬2019レポ 今日は脱線

ただいま!高知 (02/16)
明日は高知龍馬マラソン (02/16)
【速報】高知龍馬マラソン (02/17)
高知龍馬2019レポ 序章 (02/18)
高知龍馬2019レポ 当日朝 (02/19)
高知龍馬2019レポ スタート (02/21)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


レポ続きはおやすみして。

ブログのコメントで 【完走証にある「たまぁるかっ」ってどういう意味ですか】
という質問をいただきました。

らんふぉと2-m

高知龍馬マラソンに6年連続出場していて、高知の地が 「ただいま!」 と感じるわたしですが
この言葉は聞いたことがない。
ググれば答えは出ているのでしょうが、ここはネットの力よりも
生粋の高知人さんや、途中から高知に移住した方に聞いた方が
より分かりやすい回答を得られる気がしたので、
たくさんの高知の友だちの中から厳選して3名の方に聞いてみました。

お1人目の回答
「驚いたとかびっくりしたとかいう意味です文章の前に付ける感嘆詞みたいなものです」

お2人目の回答
「まぁ!何て事 驚嘆の意 感謝の意 だそうです
一番近いのは。すごいねえ! でしょうか」

“だそうです” ということはわざわざ調べてくださったのかな?

3人目の回答
「標準語に治すのが苦手なのですが英語にするとWOW!
みたいな感じですかね!」


以上、コメントのお返事にも書きましたが、せっかくなのでご紹介。
高知(龍馬マラソン)の良さを全国に広めたいので。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


高知から帰ってからの体調は・・・
筋肉痛は月曜と火曜あたりまでかな、水曜の朝も少し残っていたかな。

体重は・・・
出発前、50.0くらい。
日曜日の夜だったか、月曜日の朝だったか計った時は50.2だったはず。
そして今日、50.0

高知から帰ってから、全く走りもせず、いただき物の焼菓子三昧の日々ですが太っておらず。
もともと体重を気にする方ではないのですが、気兼ねなくおやつが食べられて幸せ。

日曜日の帰宅は23:30頃。
月曜日は普通に仕事。
会社のエライ方から、「仕事はどうにでもなるから半日くらい休んだら?」 と言われましたが
遊んでおいて休むのも悪いし、仕事は忙しいしで普通に仕事。

平和なはずの月半ばですが、年度末が近づいてバタバタ。
秋から新しい仕事(といっても事務ですが)、が増えています。
我が社自体は年度末というのは関係ないのですが
取引先が年度末に大いに関係のある所が多く、
そういう取引先とのやり取りが一気に増えるこの時期。
新しい仕事が増えて初の年度末、無事に乗り越えられますように。

ということで、話が逸れに逸れていますが
仕事が忙しくて、毎日残業。(昨日はヨガのため定時上がり。)

身体が疲れたという自覚はないけれど、
とにかく身体が睡眠を欲している感じ。
つまり、身体から 「休んで~!休養して~!」 のサイン。

20日(水)は、夜のお昼寝をしてからブログを書こうと思いましたが
夜のお昼寝からそのまま朝までぐっすり。
電気はつけっぱなしでしたが、寝るのはちゃんとベッドで楽な服装で寝ました。
そして朝早くに目覚めたので、朝起きてブログ更新。

21日(木)は、ヨガの後あまり時間もなく、寝るかブログかの選択を迫られましたが
「寝る」 に軍配。
レポを書きはじめるとどうしても10分20分では終わらなくなるので。

22日(金) 20時まで残業 
レポを書こうか迷いましたが、レポを書くのは写真加工やら脳の記憶を呼び戻したり
いろいろ手間取るので今日は休養優先にします。

レポ・・・
高知で初めてお会いした方、
何度もお会いしている方、
ランナーからも沿道からも 「ブログ読んでまー―す」 と声掛けしてくださった方など
たくさんの方々と接点を持つことが出来ました。

わたしの記憶力ではレポに書き漏れる方が出てきそうで怖いのですが
明日から思い出しつつレポを再開します。(*^^*)



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村リニューアル工事中のため今年のバナーが作れない~。



高知龍馬2019レポ スタート

ただいま!高知 (02/16)
明日は高知龍馬マラソン (02/16)
【速報】高知龍馬マラソン (02/17)
高知龍馬2019レポ 序章 (02/18)
高知龍馬2019レポ 当日朝 (02/19)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


8:00ブロック整列開始なので、7:55頃にチェックアウトをしてフロントに荷物を預けDブロックへ。
7:58頃に着いたところもうそれなりに並んでいて、前から3列目になりましたが
予定通り、りょうさんと合流。

わたしが走るブログを書くようになって初めて 「さくらさん」 と呼んでくださった記念すべき方。
四万十100km完走経験のある りょうさん。
高知龍馬マラソンでは毎回待ち合わせせずともこの場所で会えます。

あ!そういえばバタバタとチェックアウトをしてしまったので、最後の水分補給を忘れた!
いつも最初の給水が待ち遠しくて喉が渇くのに、しまった!
今日の手持ちは、大きないちご大福のみ。(アルフォート2枚も)

ふと見ると少し前の方が、しょうが湯を飲んでいて 『そこで配ってるよ。』 と。
少し後方の歩道で、しょうが湯サービスがありました。
このあたりにそういうサービスがあるらしいのは知っていましたが、初めていただきました。

温まる~!
水だけでも助かりますが、水分もとれるし温まるし、栄養もあって最高。(*^^*)

fc2blog_2019022105564818f.jpg
手がシワシワだ・・・。

r1_20190221061716d2a.jpg
すぐに、まっさんさんも合流して、3人でワイワイとお喋り。
(「まっさん」 というHNには「さん」 をつけるのが正式かもしれませんが、以下敬称略。)

りょうさんとまっさんは初対面ですが、年齢が近いこともありすぐに仲良くなって
待ち時間を退屈せず、楽しく過ごすことが出来ました。


2014年~2017年まで4連続でわたしのペーサーとして高知を走っていた名古屋の師匠。
昨年2018年は、愛媛マラソンにアスリート枠で出場。
今年2019年は、先週宮崎のエリート大会である延岡西日本マラソンを走ったため
ここ2年は高知龍馬マラソンは欠場。

それでも高知にたくさんのお友だちがいるので、
「りょうさんと会えるはずだから会えたら連絡する」 と伝えていたのですが
無事に会え、予想外に まっさんにも会えたのでテレビ電話。
まっさんとも、おかやまで会ったことがあって。

名古屋の師匠と、りょうさん・まっさん・わたしの3人が高知からスマホを通してお喋り。
待ち時間は重装備防寒でしたが、特別寒くもなく楽しく過ごせました。
この整列中に、たがやいちさんと高校時代の友だちとも ちらりと再会。

8:30 ブロック閉鎖。
Dブロックに並ぶと先頭のみ陽の当たる場所で温かいのですが、
国道の歩道にはたくさんのランナーが。
そして 『間もなくブロック閉鎖です。』 のアナウンスと共に、前から前からランナーが。
ぇ?

その後、国道へ出てスタート位置へ移動。
続々と前からランナーが増えてきて、たしかに前から3列目に居たはずなのに
国道に出て落ち着いたころにはDブロック先頭はずいぶんな前方に。

高知龍馬マラソンが大好きなわたしでさえ、こういうのを見るとすごく嫌な気持ちになりますが
遠くからわざわざ高知龍馬マラソンに来てくださった方は、こんなシーンを見たらげんなりだろうな。
わたしが走ったフルマラソンは7つ (延べ14回)。
わたし目線で、好きな大会・苦手な大会がありますが
大好きな高知龍馬マラソンでの唯一といっていい残念なシーン。

スタートブロックの整列に関しては、下関海響マラソンがダントツでスッキリはっきり
割り込みや不正が一切なく、安心して気持ちよく並べます。

いろんなところが改善されて、年々よくなっていく高知龍馬マラソン。
来年はこのあたりの改善がされるといいな。
学生ボランティアさんに 「厳しく取り締まって」 なんていうのは変な話なので
このあたりは下関のように 『スーツを着たエライ人』 が対応してくださると助かります。
とはいえ、各ブロックでそんな人員も用意できないのでしょうね。

.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・

国道へ出て、みーおさんからいただいた 巨大ないちご大福を補給。
この時間に食べている人は周りを見てもまずいませんが、わたしは直前補給派。
ポリ袋に移しておいた、大きないちご大福を食べて
暖かいので、スタートの少し前に合羽を脱いで、準備万端。

一昨年は、途中で脱いだ合羽は、第一エイドまで師匠が持ってくれたのかな?
昨年は、スタート後しばらくの沿道に中学時代の友だちがいてくれたので渡す約束をしていて
「捨てとって~」 と走りながら渡しました。
今年は、第一エイドまで自分で持っておくしかないと思い、走りやすいよう腰に巻き巻き。

しょうが湯の紙コップといちご大福のポリ袋のゴミを結んだ袖の中に入れ、
もう一方の袖と裾を腰に縛って落ちないように、走る邪魔にならないように。

ワガママな希望ですが、スタート前にゴミ回収があればとっても助かるのですが。
こちらは奈良が良かったです。
奈良の記憶が新しいだけで、他にも大阪2014等、あったように思いますが、
整列中にゴミ袋を持ったスタッフさんが行き来していて、とってもとっても助かりました。

9:00スタート。
時計は毎回グロスで合わせていて、元気に再会を誓って、りょうさん・まっさんと、しばしお別れ。

e1.jpg

fc2blog_201902210651255f8.jpg

fc2blog_20190221065224a6c.jpg
イツカさんが撮ってくれました。(*^^*)

道幅は広く、走りづらい感じはしませんが、右端の路面電車側にコーンが置いてあって、
それに躓くランナー多数。
えぇ、昨年はわたしも思いっきり躓いて、全く無意識に前のランナーのシャツを掴んで
転ばずに済んだという経験を持っていますので、右端は避けて慎重に。
(昨年の前のランナーさんにはご迷惑をおかけしました。)

2月のわりにはずいぶん暖かかったので、写真を見てお分かりのように
わたしほどの防寒重装備をしている人はおらず。
そもそも半袖生脚の人がいないというのもありますが。

沿道から ご主人の応援をしているはずの、高校時代の友だちには会えず。

6年連続で走っているといろんな景色も覚えてきて
本当に 「ただいま~!」 な感じ。

沿道に2か所くらい、脱いだ合羽の山があって
それが公式なものなのか(?)、誰かが捨てたのをきっかけにあれよあれよと増えたのか
気付いたときには真横で、わたしは腰に巻いているものだから外すにも手間取るし
しばらく巻いたままで走っていましたが、はりまや橋を越えたところの左側から
スーツ?の男性スタッフさんの 『捨てていいよ~!』 というわたし向けの声が。
声が聞こえたときは真横で、外すのにも手間取るので、そのスタッフさんに渡すのも無理で
「え?ぇ?」 と戸惑いながらも走っていると 『いいからそこに置いていきなさい。』 と背後から声が。
(伊予弁だと 「かまんけんそこにおいとーき。」なのですが、高知弁では何というのだろう?要するにそういう意味でした。)
お言葉に甘えて、腰に巻いた合羽は外して歩道へ。

日産前に中学時代の友だちがいてくれてまた元気をもらって
そのあたりか、もう少し先か、後方から追い上げてきた りかさんの背中を発見し声掛け。

fc2blog_20190217153719b29.jpg

o3.jpg
Eブロックスタートの、前の会社のラン友さんが撮ってくれました。

いつも第1給水エイドに着く前に喉が渇いたと思うのですが、今回はそれは無し。
最初の給食エイドに着く前にお腹が空いたと思うのですが、それも無し。
スタート前のしょうが湯といちご大福で力が出ました。

肝心のペースは 「最初は抑えて7分で」 と言われていた通り
抜かれても抜かれても気にせず7分を維持。
この時点で7分だったら十分余裕ですが、そのまま42.195km維持できるのかは
若干の不安を感じていました。

フルマラソン、42.195km
先は相当長いので、「もっと速く走りたい」 と思うくらいでいいのですが
焦らず、ちょっと抑えた感じで気持ちよ~く走って7分でした。

fc2blog_2019022107185057b.jpg

fc2blog_20190221072020596.jpg


~ 続く ~

応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村



高知龍馬2019レポ 当日朝

高知龍馬マラソンは6年連続6回目ですが、すべて前泊です。
2014年から2017年は西鉄イン、2018・2019年はオリエントホテル高知。

前夜は・・・何時に寝たのだろう?
たしか23時前。
マラソンで知り合った素敵な女性のFacebookで結婚式報告を見てほっこりしながら就寝。

夜中に目が覚めて、しばらくネットをウロウロして再度就寝。
5:20頃に起床。

同じホテルに友だち夫婦も泊まっていて
朝食が6時からなので、5:50にロビー集合ということにしていました。

朝食に行くために靴を履こうと思ったら・・・キレイな靴下がない。
「お風呂を出てから寝るまで」 の靴下なんていらないと思って入れておらず。

レース当日にホテルのレストランで朝ごはんを食べるのは高知龍馬マラソンのオリエントホテルのみ。
大抵は準備と並行して、部屋で食べていますので、朝ごはんに行く用の靴下を用意してなかった~。

仕方なく昨日一日中履いていた靴下をもう一度。
こういう場合、どっちが正解なのかしら?というかどっちが多数派なのかしら?
① 素足で靴(移動時はon)を履く。
② 昨日の靴下を出してもう一度履く。

今回に限っては例外で、③レース用の5本指を履くという選択肢もあったのですが
③を選択していたら後から大惨事が待ち受けているところだったので、③にしていなくてよかった~。

閑話休題。
5:50にロビーに行くと、既にレストランはオープンしていて、友だち夫妻と合流して食事。

fc2blog_201902192335064bf.jpg
5:57 珍しくおかわりはせず、この1回のみ。
お茶碗はかなり深くて、おかゆ は、たっっっぷり。

fc2blog_20190219233622328.jpg
6:37 
朝食を終え、いったん部屋に戻ります。
ホテルスタッフの方が何度も 『バナナどうぞ~♫』 と言ってくださるので断るのも申し訳なく頂きました。
そして、そのまま友だちへ。(*^^*)
ばぁばのお土産にしようにも、ニオイすら嫌だ。

預け荷物は自宅から準備してきているので、部屋に戻って預け荷物をもって会場へ。

fc2blog_201902192342074bd.jpg
6:48
先に荷物は預けておいて、チェックアウトしてそのままスタートブロックへ行くという算段。
ホテルが目の前のオリエントということと、Dブロックということで有効となる技。

当日入りのラン友さんと連絡を取り合うもうまくタイミングが合わず。

fc2blog_20190219233724052.jpg
6:57
荷物預けは7:00~。
すぐに預かってもらえましたが、ボランティアさんは
わたしがパーカーを着たままでジャージも履いたままなことが不思議そう。

fc2blog_2019021923494303d.jpg
すんなり荷物を預けた後は、ラン友さんと合流のため城西公園入口で数分待機。
少しだけ立ち話をしていったんバイバイ。

大勢のランナーが国道から城西公園へ向かう中、唯一といっていい逆走。
軽くアップを兼ねて(ウソです。寒いから。)、ジョギングでホテルまで戻ります。

国道を渡る横断歩道が青で、今のうちに渡ろう!とスピードを上げたところ
『さくらさんっ!』 とのお声が。
本日最初の出会い(というか再会)、Yさん。
渡りかけていた横断歩道を引き返し、歩道に戻って少しお喋り。

それから部屋に戻って、身支度とチェックアウトのための荷物整理。
fc2blog_20190219235238771.jpg
7:38
iPhone8は持って走るため、ケースを入れ替えることにして、この時は裸ん坊。
このあと、奈良の失敗を教訓にして、
「ポンチョを着て、合羽を着て、ネックウォーマー+カイロ」 の重装備で仕上げて
チェックアウトの荷物を持って部屋を出ました。

ホテルを出てDブロックの整列に直行。
待合せはしていなくても、毎回必ず会える、りょうさんと合流。
いつ以来の再会かな?
久しぶりな感じはしなかったけれど・・・・・・・・・・前回顔を合わせたのはどのマラソン大会だろう?


  ~ 続く ~


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


高知龍馬2019レポ 序章

1泊2日の高知の旅。
とっっっても楽しかったです。
高知龍馬マラソンにかかわったみなさん、わたしと接点を持ってくださった皆さん
高知家の皆さん、すべての方々に、ありがとうございます!

時系列で書くか、書きたいことから書くか・・・
レポをじっくり書きたいのですが、とにかく時間がない。
(19時まで残業しましたが、どうして時間がないのかは謎のまま。)

寝る間を惜しんでブログを書きたいところですが
気付かない疲労も溜まっていることだし、今日は今日中に寝ます。
なので、レポではないのですが、レポみたいなもの…になる予定。
書きはじめたらあとは指が決めることなのでどんな内容になるかは指次第。

ちなみに今日の体調は、太もも前面が軽い筋肉痛です。
フルマラソンを走っても筋肉痛具合はその都度様々。
今回は意外と軽めでした。

いつものように足の指には一切問題なし。
皮膚が強いのか、雨さえ降らなければ皮膚トラブルに遭うことはないので助かります。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


e1.jpg
スタート後しばらくして。撮影は、この世界では知らない人はいないイツカさん。
実は・・・友だちというにはおこがましいですが、知り合いなんです。(*^^*)

イツカさん経由でハスキードッグさんとも繋がって、そして・・・
人と人って、本当に繋がっているんですね。
今回もあちこちで、え~!な繋がりを感じました。

合羽を腰に巻いていることとか、ネックウォーマーをしているのはわたしくらいとか・・・
書きはじめたらそれだけで1日分の記事になりそうなので、先へ進みます。
このあたりのことはまたレポで詳しく。
えぇ、これは 「レポではありません。」

o1.jpg
5kmあたりで撮影は元同じ会社の師匠あらため、前の会社のラン友さん。
師匠が2人いると紛らわしいのと、わたしのほうがはやいこともあるので師匠は辞任とのこと。
ポンチョ以外の防寒着についてはレポで。(笑) ←需要は無さそう。

あ!
昨日の速報を読み返したらこの写真は既にUPしていました・・・。
では違う写真も。

o2.jpg
スライド区間。
ラン友さん西へ、わたし東へ。
なぜか・・・いつの間にかわたしが前だった。

tn1.jpg
ヘロヘロになりながら春野の坂を上っていたら本名(姓)を呼ぶ声が。
「まさかわたしではないよね?」 と思いつつ声のする方を見たら!
同じ会社の人が居てくれました。
わたしメインで応援に来たわけではないとはいえ、とっても嬉しかったです!

t1.jpg
撮影はたがやいちさん。

ゴールではサングラスを外す!と決めていました。
えぇ、オールスポーツとかランフォトのため。
自分大好きなので。

ゴール寸前になるとそれを忘れてしまうので、早めに外しておきました。
0.1以下のド近眼なので、自分が走るコースは見えるけれど
それ以外はすべてぼやけて何にも見えず。

青いウエアと、なんとなくのシルエットと、この時間にここにいる人ということから
この写真のあとくらいに、たがやいちさんだと認識して手を振っておきました。
「眼鏡かけてないけん見え~ん!」
えぇ、伊予弁炸裂です。

j1.jpg
撮影は高校時代の友だち、スタンドから。

らんふぉと2-m

以上、超!短縮版の写真集でした。
実際はたくさんの写真があるので、ぼちぼちUPします。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


わたしが一貫して言っていること・思っていることは
【“絶対にしたくない” という人に勧める気はないけれど、“やってみたいな” という人にはお勧め!】
【初めての大会がフルマラソンというのもアリ】

このところ、自分が発した覚えのない言葉を 『さくらさんに○○と言われて』 とか
『さくらちゃん(実際は本名が入りますが)の影響で』 と立て続けに言われたりして
ちょっと驚いています。
えぇっ、わたし、そんなこと言ったの?というような。

コメントを頂いた初期のころのをいくつか読み返してみましたが・・・
よくわかりませんでした。(;・∀・)

わたしが人を傷つけたとかいうのではなくて、
わたしの発言で走り始めたとか、ウルトラに挑戦したとかで
「いい意味」 での 「わたしのせいで」 なのですが、びっくり。


あ~。
書きたいことは山ほどあって、何から書けばいいのやら。

ぼちぼち書いていきます。
まずは 「その日のうちに寝る!」 実行せねば。(無理っぽい。)


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村