おかやまマラソン【8】ふくらはぎの攣り

【 第1回おかやまマラソン 】

2015年11月8日 (日) 曇り
記録 4:56:09  ( ネット 4:52:38 )   

【速報】おかやまマラソン
おかやまマラソン【1】序章
おかやまマラソン【番外】ブログ
おかやまマラソン【2】準備
おかやまマラソン【3】岡山入り
おかやまマラソン【4】前日受付
おかやまマラソン【5】前夜 500系など
おかやまマラソン【6】費用
おかやまマラソン【7】当日朝 ~脱線多々~
おかやまマラソン【8】
おかやまマラソン【9】レース前半
おかやまマラソン【10】レース中盤
おかやまマラソン【11】レース後半 ~レポというより写真集~
おかやまマラソン【12】レース後
おかやまマラソン【13】レース翌日

11月8日のおかやまマラソンレポ、「年内には終わらせます」 と何度も言いましたがぎりっぎり。
最終回が【8】というのも変な話ですが、ふくらはぎが攣ったこととテーピングの話です。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2013年9月に走り始めてから2年と少し、当初は膝が不安でした。
特に右膝に不安があり、レースではいつもテーピングを。

IMG_2773.jpg
2014年2月 初フル高知龍馬マラソンのレース後

IMG_3943.jpg
2014年10月 大阪マラソン 
こんな風に幅広のテーピングを自分で切って巻き巻き。

走り始めた当初は常に膝が不安だったのですが、フル3本目の大阪マラソンで初めてふくらはぎが攣りそうになり。
かなり後半で 「ピクピクする!コポッとなる!」 という状態になったものの幸い攣ることはなく。
ゴール寸前でもまたその症状が現れましたが、ぎりぎりゴールできて攣らず。
※その時は 「攣る前兆」 なのか 「肉離れの前兆」 なのか分かっていませんでした。

2015年2月、フル4本目の高知龍馬では確か攣ることに関しては問題なかったはず。

2015年3月、フル5本目の四万十川桜マラソンでは、途中で右ふくらはぎが攣りそうになり
そういう時は意識的につま先着地にして、ほんの少し減速して庇った走りでかわして。
ゴールの瞬間に攣って、イタタタタタと身体が傾いているのがオールスポーツの写真にくっきり。

とはいえ、「攣りそう」 とか、「ゴールで攣ってしまった」 という程度で、攣って走れなくなったことはなく。
なので、今回のおかやまマラソンも、攣ることに関してや、ふくらはぎのケア(予防) は全く意識しておらず。
膝の不安は最近は軽減してきたので、今回のテーピングは膝はナシで足裏のみで走ろうと思っていました。

左足のかかと近くの側面はずっと弱点なので、そこにはファイテンテープを貼るのと、アーチ作り。
あと膝周りなど適当にファイテンテープを貼っておけばいいかなという程度で。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


※ この先、ブログ内でアシックスの「テーピング」 と何度も書いていますが、正しくは
テーピングではなく、「プレカットタイプのアスレチックテープ」 だそうです。
ほぼ書き終えてから気づいたので、記事内の訂正はしません。(開き直り) 



おかやまマラソンの前日受付の後でEXPOを覗いてみたのですが、
ちょうど有森裕子さんのトークショーが始まる寸前だったので聞いてみることに。

するとその話の中で、テーピングを勧められました。
『効果がありますからぜひ♪』 と。

『テーピング全般』 を勧められたわけではなく、『この商品が』 と品名を名指しで、『後ろのテントで売っています。』 と
とってもとっても大人の事情が絡んだ感じはしましたが、でも有森さんが勧めるのなら!と購入。

有森さんの話を聞いて、「そういえばわたしってふくらはぎがピクピクするんだった。」 と思い出したくらい
ふくらはぎに関しては事前に全く心配も対策もしておらず。

6093_20151112095549364.jpg
膝の不安はなくなってきていたので、何もしない予定でしたが、どうせならと膝用とふくらはぎ用を両方購入。
2枚セットで、980円+税と書かれていますが、会場ではひとつ900円で売られていました。

画像の左はふくらはぎ用、包装された状態
右はひざ用、説明書を袋から取り出し開いた状態


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ネットで出てきた2013年10月の記事 こちら
アシックスストアBLOG2013年11月の記事 こちら
Amazonでも売っています。 こちら ※アフィリではありません


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


テーピング
「ひとりでも貼れます」 とは書いてありますが、難しそうなので師匠に貼ってもらいました。
ひざ用とふくらはぎ用、両方貼った状態。

それにしてもテーピングって、普通は肌色とか目立たないようになっているはずなのに
どうしてこんなに派手なの?

わたしはタイツを履かず素足なので、つまり見た目にはこの状態で走っているわけで
背後から来た何人かの方に 『すごいね~!』 とか 『効果あるの?』 と声を掛けられるほど。

a9-20151108-134108_24915817-1-1_2321-2144512_ALLDATAx1.jpg
膝くらいなら見た目にも驚きませんが、たしかにふくらはぎのは後ろから見たらヒクかも・・・。

そして肝心の効果なのですが、ひざ用はすごく安心感があってサポートされている感じ。
走っている時も膝の痛みは全くといっていいほど感じませんでした。

ふくらはぎのほうは・・・
あくまでわたしの個人的感想であり、結果論なのですが、失敗だったかなと。

後でいろいろ聞いたり調べたりしたところによると (プロや専門家の意見ばかりではないです。)
『関節のテーピングは効果があるけれど、筋肉のテーピングは難しい』 とのこと。
要するに 『吉と出るか凶と出るかやってみなければわからない・やり方次第』 ということなのかな???

※ しつこいようですが、使ってみた感想もそういう意見も、わたし個人の捉え方ですので
  読んだ方がそのまま受け取らないようにお願いします。
  詳しくは前述で案内したHPなどご覧ください。m(__)m


今回のふくらはぎが攣ったことと、このテーピングの因果関係は全く分かりません。
テーピングをしていたから、あの程度で済んだのか、していなかったらもっとひどいことになっていたのか?
余計なことをせず、テーピング無しで走ったほうがあんな風にならずに済んだのか?
それを検証する術はないので、その答えは分からないのですが、ただいえることは
わたしは 「ふくらはぎテーピングはもうしない」 ということ。

今回と全く同じものは二度と使わないと思いますし、似たような商品とか
ただの帯状のテーピングを自分で貼るというものもしないと思います。
今後一切、ふくらはぎには長いテーピングは付けないつもり。
ファイテンテープの丸いシールなら広範囲に突っ張るものではないので、あちらこちらに貼ろうかと思いますが。

でも膝は、走っている時も走り終えてからもすごく楽だったので、全く同じ商品を探し中。
名古屋の師匠が、年末年始のお休みでランニングショップ・スポーツショップ巡りをするらしいので
見つけたら 「ひざ用」 の購入を依頼しているのですが、まだ見つかっていないそうです。
名古屋に売ってないなら松山にはないだろうな。名古屋にもなければネットで買いますが。

ふくらはぎが攣って大変だったので熱く語っていますが・・・
これって、機能性タイツを履く人には一切関係ない話なのですよね?
わたしは締め付けるタイツが大嫌いなので、部分部分のみのサポートのためテーピングに頼ってみました。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・



おかやまマラソンの失敗を教訓に、ブログで情報を依頼したり
自分で調べたりして辿り着いたのが、ふくらはぎサポーター ザムスト。

IMG6315.jpg
※クリックで拡大します

I6315.jpg
サイズを計ったところM
わたしがMなら、どんな人がSなの?と思いましたが、それでも表示の通りに選んでM

付け心地は・・・つけた瞬間はピチッと締まる感じがしますが、走っているときは全く違和感なし。
締められる感覚がないので本当に効果あるのかな?と疑いそうになりますが
すごく頑張って10km走っても、急坂を走っても、ふくらはぎに違和感や不安感はなし。

もっとロングを走ってみるとか、それこそフルマラソンを走ってみないと本当にところは分からないのかもしれませんが
今の時点ではすごくあっているように思うので手放せない感じ。

あとレース日は(前日あたりから摂取のようですが)、マグオンもしくは類似品で、サプリにも頼りたいと思います。

おかやまで攣らなかったら・・・というのはありますが、攣ってしまったのは自分の力量が足りなかったから。

高知龍馬ではベストな状態で最後まで走り抜くことが出来るよう
アシックスの膝テーピング(正しくはアスレチックテープ・最後くらいは正しい表記で) と、
ザムストのふくらはぎサポーターと、ファイテンテープと、
そして左足側面のテーピングとで万全の体制をとりたいと思います。

IMG_3776.jpg
今回のふくらはぎネタとは関係ありませんが、参考までに。
左足側面を痛めて整形外科に行ったところ 『アーチを作ってあげるといい』 と聞いたのでこちらを購入。
これ、ただの帯状のものなので、これを使い切ってからは
自分で普通のテーピングを38mm×150mmにカットして偽ランサポを作っています。


ということで、以上おかやまマラソンレポというか、わたしの感想&記録でした。
あくまでわたし個人のことを書いているだけですので、読んでくださった方が鵜呑みにしないようにお願いします。


~ おまけ ~

IMG_6314.jpg
わたしには二人の師匠がいますが、一人の師匠が
『プリンターを買い替えたから、もし機種があうなら古いインクをあげる。』 と。
その話をもう一人の師匠にしたところ、機種を聞かれたので 「EPSON PM-A890」 というと 『古っ!』 と。

そんなに言われるほど古いかしら・・・と、さっそくググってみたところ
発売日 2005年10月 ですって。
ほんの10年ほど経過しているのですね。へぇ・・・・

ほぼ年賀状に使うだけですし、写真なんて印刷しないし
年賀状はフチがあっても違和感のないデザインを選んでるし・・・
いいもんいいもんっ、買い替えるつもり全くないもんっ。

古いインクをあげると言ってくれた優しい師匠は同じ会社の師匠。
『古っ!』 と言ったのは名古屋の師匠。 
二人共の師匠を知っている方がほとんどいらっしゃらないので
このネタはブログのオチとしては あまりおもしろくないかな?

わたしのプリンターが10年物ということに自分で驚きつつ、今年のブログはこれにておしまい。

今年一年、父が亡くなったり、2号のトラブルが続いたり
マラソンはフル3つ、ハーフ3つのレースに出て、たくさんの方にお会い出来たり。
上司が転勤になって、社内のわたしの立場も変わったりと、ものすごくいろんなことがありましたが
どうにか元気に年を越せそうです。

たくさんの方々にお世話になりました。
読んでいただいたり、コメントを頂いたり、そしていろんなアドバイスをいただいたり本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。(*^^*)

来年の目標は、コメントのお返事を早くする。
月間100kmを目指して走って(フルレースの月以外)、年間1000km走る。
高知龍馬マラソンでサブ4.5
そして仕事の愚痴が少しでも減らせたら・・・
頑張ります!


一年間お世話になりました。(*^^*)

にほんブログ村


スポンサーサイト

おかやまマラソン【13】レース翌日

【 第1回おかやまマラソン 】

2015年11月8日 (日) 曇り
記録 4:56:09  ( ネット 4:52:38 )   

【速報】おかやまマラソン
おかやまマラソン【1】序章
おかやまマラソン【番外】ブログ
おかやまマラソン【2】準備
おかやまマラソン【3】岡山入り
おかやまマラソン【4】前日受付
おかやまマラソン【5】前夜 500系など
おかやまマラソン【6】費用
おかやまマラソン【7】当日朝 ~脱線多々~
※おかやまマラソン【8】テーピングのことを書く予定です。
おかやまマラソン【9】レース前半
おかやまマラソン【10】レース中盤
おかやまマラソン【11】レース後半 ~レポというより写真集~
おかやまマラソン【12】レース後

からの続きです。(*^^*)


レース日は21時前に就寝。
翌、9日(月)は午前4:00に目覚めたものの布団の中でゴロゴロ。
5:00 布団から出てロビーに新聞をもらいに行き、ついでにロビーの無料パソコンでブログ更新。
(その時の記事はこちら ⇒ おかやまマラソン【1】序章) 
 
ガラケーだと文字入力は苦になりませんでしたが、iPhoneになってからは苦痛で苦痛で。
なので大阪マラソンの後は、翌朝ホテルの部屋でブツブツつぶやきながら音声入力してブログ更新。
今回はホテルのロビーの無料パソコンを使用。

6129.jpg

6133.jpg
7:00 ホテルの無料朝食
好き嫌いが無ければ、充分食べられる朝食ですが、生卵は要らない・あれ要らないこれ要らないと言っていたら
こんなみすぼらしい朝食に。全てはわたしのわがままのせいです。
好き嫌いさえいわなければ、無料なのに充分食べられます。

ササッと食べて部屋に戻り、荷物の整理。
それから 【 8:20~9:30 寝た 】 と旅ノートに記されています。
連泊の醍醐味というか、こののんびりした贅沢な時間が大好き。(#^^#)

6140_20151226144851685.jpg
フィニッシャータオルを撮るのを忘れていたのでとりあえずブログ用にと撮影。

チェックアウトは10:00
岡山駅東口での待ち合わせは10:50

9:53にエヴァ新幹線が通るとの情報を得ていたので、ホテルの部屋から見ることに。
どうせ岡山駅に行くのですからまた入場券を買ってホームへ行く案もあったのですが
混雑していそうなので、少し遠いですが部屋から見ることに。

6143.jpg
ボケボケ(o_o)

6147.jpg
iPhone6で部屋から撮影。
とりあえず観れた&撮れた。

6155_201512261458161d5.jpg
10:01 部屋を出て、廊下で。
この写真を見て、中のベルトがはみ出していることに気付き直しました。
もし気づいていなかったら、雨の路面を引きずって大変なことになっていたと思われ。

6156_201512261501233ac.jpg

6158_20151226150126ac3.jpg

6159_201512261501276d8.jpg
このあとテクテク歩いて岡山駅東口ビックカメラ前の待ち合わせ場所へ。
10分くらいで着いたと思うので駅前に立って人間観察&昨日はここを走ったんだ~と思い出に浸って。

IMG_6177.jpg
10:23

IMG_6178.jpg
10:25

IMG_6179.jpg
そしておかやまマラソンが終わりを告げました。

6164.jpg
ただ立っているのも疲れたので、座れそうなところを物色。
ここに座ろうと、お尻を載せたら・・・・びちょ。
たしかに屋根のある部分なのに、よく見たらビショビショで、お尻全体ずぶ濡れ。
よりにもよって、ナイキのジャージで水に濡れるとすぐに色が変わる生地。

トホホ。
スーツケースの中に着替えは全部入っていますから、お尻ビショビショのまま岡山駅まで戻って
車椅子利用可の広いトイレで着替え。
その間の移動の恥ずかしいことと言ったら。
ま、生理で汚れたというレベルではなく、全体がびっしょりでしたけど。

6172.jpg
そのあと待合せていたcanteenさんと無事に合流。
ダイワロイネットホテル5階のレストランリゾートへ。
11月9日ですが、レストラン入り口には早くもクリスマスツリー。

canteenさんに場所選びから予約から、なにもかもお願いしていてわたしは付いていっただけ。
いまさらですが、お世話になりました。(*^^*)

6167.jpg
予約をしていて開店一番乗りだったためか、窓際のお席へ。
席の配置が少し珍しく、2人が向かい合うのではなく、二人ともが窓を向いて横並び。
このお席からだと、またエヴァが見える~。

6168.jpg

6166.jpg

6169.jpg
メインのピザやパスタから一つ好きなものを選んで、それ以外はブッフェ方式。
肝心のピザの写真がありませんが、のんびりお喋りしながらたくさんいただきました。
すごく気に入ったので松山にあれば何度でも行きたい!!!
来年のおかやまマラソンは土曜日に師匠とここへ行こうかな?
(月曜日にもう一度行くのもアリです!)

6170.jpg
12:39 見えづらいですが、エヴァ500系

11:00開店と同時に入り、13:00前まで。
それから高速バス乗り場へ移動。

6173.jpg

6174.jpg
13:50 岡山駅発、松山まで高速バスで帰ります。 
バスの車窓から。
大イベントから一夜明けた岡山県総合グランド。

バス車内の人はまばらでしたが、ほとんどの人がマラソン帰りのよう。
発車後しばらくして、皆さん眠りにつかれたようでしたが、わたしたちは延々と小声で喋り続けていました。

16:14 松山インター着。(これは時刻表の時間で、少し早く着いたはず)
わたしが先に降りるのですが、canteenさんからお土産をいただきました。
帰宅後、テーブルの上に置いておいたら・・・気づいたらなくなっていました!!!

1号か2号が食べた模様。
ショック。
なので 「美味しかったです♪」 というお礼も言えずじまい。(*_*)

月曜日は夜勤になると思っていましたが、なぜか休みをもらえたので、帰宅後洗濯だけしてのんびり休養。
ふくらはぎは攣ってしまいましたが、すごく楽しい素敵な大会でした。
関係者の皆さん、声を掛けてくださった方々、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

最後に、オールスポーツの写真ですごく載せたいのがあるのですが
自分が写っているものしか載せてはだめとのことなので、それはUPできず。

hp_20151226153003836.jpg
おかやまマラソン公式HPより。

11月13日、来年もおかやまマラソンに参加します。
待っていてくださいね。

 
これにておかやまマラソンレポは終了ですと言いたいところですが、あと一回分【8】が残っているので
年内には終わらせたいと思います。




応援ありがとうございます。(*^^)v

にほんブログ村

おかやまマラソン【12】レース後

わたしのブログが小梅ブログから走るブログになって、わりと早くにコメントを下さったCさん。
(今調べましたら初コメは2012年12月4日でした。)

偶然の共通点もあって、最初から親近感アリアリの方なのですが
2013年のしまなみウルトラでは師匠としばらく併走してお話もしたそうで。

今年の高知龍馬もCさん・師匠・わたしの三人とも出場しましたが
師匠がペーサー役でガチではなかったため、3人ガチバトルは行われず。

今回のおかやまマラソンでは、師匠もガチ参戦ということで
サブ3.5の師匠、サブ4のCさん、未公認コースならサブ4.5というわたしの三人が
30分ハンデガチバトルの約束をしてそれぞれが盛り上がっていました。
結果は、ふくらはぎが攣ったとはいえわたしの惨敗に終わり。

6112.jpg
ゴール後、お二人の結果を聞いてからラーメン屋さんへ移動。

3人の記録証を並べて写真を撮ろう!という予定にしていたのに・・・
途中でホテルに立ち寄った際、わたしは 「不要な荷物はホテルに置いていく」 と
なんと記録証も一緒にホテルに置いてきてしまい・・・。

6114.jpg
師匠が選んだラーメン屋さん(かな?)

向かい合わせで2軒のラーメン屋さんがあり、どちらにしようか?となった時、一方は並んでいたのでこちらに。
13:41にゴールして、記録証発行渋滞はありましたが、わりとすぐに競技場を出て、一度ホテルに寄ってから移動。
この写真を撮ったのが14:55。
わたしのゴールが予定より30分ほど遅れたので、ちょっとバタバタ。

14:55というと昼食の時間ではないはずなのに、店内の椅子席は満席で
仕方なく座敷席に行こうとしたら、椅子席が空きました。 ホッ。
フルマラソン後の座敷席はキツイ・・・。

師匠はネギ多めの。
記録証の写真を撮ろうということだったので、師匠は記録証を用意していますが、見ての通り、ポリ袋に入っています。
雨予報だったため、記録証を濡らさないようにと、記録証発行のすぐ後で希望者にはポリ袋を配っていました。 
こういう細やかな心配りが嬉しいです。

いろいろ話に花を咲かせながらのラーメンは美味しくて&とっても楽しかったです。
が、なんたってCさんの電車の時間があるので、わたしが30分遅かったことが悔やまれる~!!!
あと30分早く予定通りにサブ4.5でゴールしていたら、もう少しのんびりお話が出来たのに。

6115.jpg
食事を終えて店を出て、『駅はどっちかな?』 と言っていたらそばにいた方が親切に教えてくださいました。

師匠が背負っているのは、大阪マラソン2014のEXPOでもらった袋。
これ、よくあるタイプのタスキ掛けではなくリュックタイプですごく便利で、大阪マラソン前日と当日も使いましたが
今回のおかやまマラソンは、既定の預け袋が無かったので今回も2人ともこれを再利用。

このあとCさんはJRで愛媛へ。
わたしたちはまたホテルへ。
事前に、師匠の荷物はわたしの部屋に置いておくという連絡をしていました。
過去のマラソン大会でもわたしは連泊にしているのでいつも許可を得てそのようにしています。
(ホテルによっては追加料金が必要なところもアリ)

6120.jpg
ホテルに戻ってみると、フロントに朝刊が置いてあり、ご自由にどうぞと。
折りたたんだ状態でもこの図柄はハッキリとわかりましたので、一部貰って部屋で記念撮影。

1面がコレ!?と驚いていましたら、これはA面というものだそうで、内側に普通の1面がありました。
愛媛マラソンも、愛媛新聞では大々的に取り上げられますが、山陽新聞のこの取り組みはスゴイ!

18:00前にホテルを出て、師匠の見送りに。
レース当日の走った後、連泊だからとホテルにこもるよりはこうして少しは歩いた方が後々楽な気がします。

駅でいろいろお土産を買ったりしつつ、わたしの夜のデザートも買って。
夕飯は、まだお腹が空いていないので別れてからそれぞれで・・・と。
6124.jpg
18:50 師匠バイバ~イ。 今度は高知で。

6122.jpg
その後、おうどんやさんが目に入り・・・そのまま駅のホームで夕飯。

6125.jpg
きんぴら肉うどん 550円
美味しい♪
愛媛のうどんに似たこの甘さがたまらない♪♪♪

券売機で間違って「きんぴら肉蕎麦」を買っていたようで、
おばちゃまの『きんぴら肉蕎麦ですね~♪』という声を聞いてあわてて口頭で訂正。
わたしはたいていの麺類は大好きなのですが、日本そばだけはあまり好きではありません。
ここで日本そばが出て来たら立ち直れないくらい落ち込んでいたかも。

食べ始めてから食べ終わるまで、お客様誰も来ず。
iPhoneをいじりながら、の~んびりもぐもぐ。

6127_20151216160733529.jpg
その後、てくてく一人でホテルまで歩いて帰ってデザート♪
夜と朝にひとつずつで、まずはどっちを食べようかな~と迷って、結局両方食べました。
11月9日のイチゴはまだ珍しい貴重品。

その後、iPhoneでささっとブログ巡りをして、21時前就寝。
フルマラソンを走って疲れたとはいえ、21時前に寝るだなんてお子ちゃまかっ。笑

でも、これは連泊ならではこそ。
この日のうちに自宅に帰っていたら、洗濯だ荷物の片づけだと動くでしょうし
なんたって部屋にパソコンがあるのだからついついパソコンを開いて・・・・と夜更かしするのは明らか。

そういう事をせずひたすら休養に努めるという意味でも連泊をしています。
初フルの時、その日のうちに高速バスで爆睡しながら帰って首を痛めたのも大きなトラウマですし。

6039.jpg
シングルルーム、師匠と並びで。
Cさんは同じホテルでしたが違う階、
そしてどのホテルか聞いていなかったMさんはなんと同じホテルの同じ階だったと後から聞いてびっくり!

6040.jpg
照明はしっかり明るくなりました。
ホテルによっては全部つけても薄暗いところがあるので、しっかり明るくなるところがいいです。

6041.jpg
ビジネスホテルらしく、大きな壁掛け時計が。
でも5分ほどずれているという隠し技が。

6042.jpg
紹介しそびれていた客室と、紹介済の部屋の窓からの景色

来年も絶対このホテルにしようっと♪
そして7階以上で新幹線の良く見える部屋をリクエストしておこうっと。

スタート地点の目の前もホテルだったので、空気を感じられてよさげではありましたが連泊するなら
やっぱり駅に近い方が便利かな。

ということで、翌日編に続きます。

まだまだ続くおかやまマラソン 応援ありがとうございます。

にほんブログ村

走ろうか、ブログを書こうか・・・後者を選択してしまいました。
明日は13時からの勤務ですが、明日は午前中に走らねば。

  

おかやまマラソン【11】レース後半 ~レポというより写真集~

11月8日のおかやまマラソンレポ、まだ終わっていなかったので続けます。
おかやまの後、神戸・金沢、そして昨日は奈良マラソンもあり、
さすがにいまだにおかやまマラソンのレポを書いている人は居なくなりましたが、
5名くらいは待っていてくださるかと思いますので、書きます。

さすがに文章が思い浮かばなくなっているのと、小出しにして書いてしまったこと
そしてオールスポーツの写真がたくさんあるのでほぼ写真集、しかもほぼ既出という
読む価値があるのかどうかわからない記事ですが、よろしければお付き合いくださいませ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【 第1回おかやまマラソン 】

2015年11月8日 (日) 曇り
記録 4:56:09  ( ネット 4:52:38 )   

【速報】おかやまマラソン
おかやまマラソン【1】序章
おかやまマラソン【番外】ブログ
おかやまマラソン【2】準備
おかやまマラソン【3】岡山入り
おかやまマラソン【4】前日受付
おかやまマラソン【5】前夜 500系など
おかやまマラソン【6】費用
おかやまマラソン【7】当日朝 ~脱線多々~

おかやまマラソン【9】レース前半
おかやまマラソン【10】レース中盤

からの続きです。(*^^*)

おかやまマラソンコース

6116 全ラップ

岡南大橋手前でふくらはぎが攣り、しばらく立ち止まって警察官(?)と話。
そのあと、歩いて岡南大橋を上って、下りを利用して走り始めたものの・・・
 
31kmからのラップ (GPS時計・SOLEUSのデータ) 
1132 - 731 - 802 - 759 - 824
843 - 800 - 708 - 655 - 634
609 - 607

b20151108-122648_24915817-1-1_309-2262010_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
12:26 背後に岡南大橋

a1-20151108-123658_24915817-1-1_4517-21870_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
12:36  33kmあたりかな。 

雨が数滴落ちてきたので、念のためポンチョを装着。
普通に走っていて、走り続けるならわざわざ着るほどのことはない雨粒でしたが、
この先、走れるのか、もしかしたら延々歩くことになるのか、まさかの収容バスか?
濡れて体が冷えるのが怖かったのでポンチョを着ましたが、雨粒は数滴のみでポンチョはすぐに脱ぎました。

a20151108-124704_24915817-1-1_366-2948957_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
12:47 スタートから4時間と2分後  34.5kmあたり
Cさんはもうゴールしたかな?と思いつつ。
わたしのGPS時計によると、そのあたりのラップは、8'24 - 8'43

本人的にはものすごくまじめに走っているというのに、8分台って・・・。
周りの方も疲れているのか、カメラに向かって手を振っているのはわたし一人。

b20151108-125601_24915817-1-1_945-1189166_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
12:56  36km付近
ほんのちょっとした下って上ってのところかな?
完全に歩いているように見えますが・・・わずかな上りは歩いた記憶が。

眼が・・・イッちゃってます。

a2-20151108-125603_24915817-1-1_945-1189170_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
12:56
壊れた。

a8.jpg
©allsports.jp
13:07  38km付近
カメラに全く気づいておらず。
沿道の何がそんなに気になっていたのかな?

このあたりから少しずつ走れるようになってきて
36kmからのラップ (GPS時計・SOLEUSのデータ) 
843 - 800 - 708 - 655 - 634 - 609 - 607

塩タブレットの効果が出て来たのか、「ちゃんと走っている!」という感覚に。

a20151108-132214_24915817-1-1_1129-1557396_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
いまさら自分にモザイク要る?と毎回思いながら写真加工しています。
13:22、4時間37分後、40km手前

b20151108-132438_24915817-1-1_2480-2126330_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
13:24 40km地点あたりかな。

40km手前で、朝のコースに戻ってくるのですが、就実高校の生徒さんが演奏をしてくれていました。
いろんなマラソン大会で演奏の応援がありますが、その場を通り過ぎる一瞬だけでなく
遠くからでも聞こえて、目の前を過ぎてからもしばらく聞こえてくるので音楽での応援は大好きです。

高知龍馬マラソンの高知新港の中学生ブラスバンドも好きだし、
とくしまマラソンの、個人でしてくださっていたオカリナもすっっっごく力になりました。

話を戻して、おかやまマラソン・就実高校
なんと! わたしの大好きな曲、B'zのOCEAN
「海猿」の主題歌でiPodにも入っていて、好きな曲でテンションUP!
女子高生たちの列にハイタッチをしにいき、音楽とハイタッチとでたくさん元気をもらってラストスパート!

コッコさんの試走レポで、『最大の難所は岡南大橋といわれているけれど、最後の跨線橋も強敵』
ということが書かれていて用心していましたが、復活してきた脚で突破。
さすがに普通に走り続けていた方たちは疲れが出ているところでの坂で苦戦していたようですが
わたしはあまりにも休養時間が長く、復活したばかりなのでごぼう抜きで跨線橋越え。

ちょうと新幹線が入ってきて、先頭車両を見ることが出来たので 「おっいいタイミング♪」 と。
なんたって新幹線を見慣れていない愛媛県人なので。

a20151108-133125_24915817-1-1_298-2796279_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
跨線橋を越え、大きな歩道橋のある交差点へ。
この交差点を右折したらゴールはもうすぐ!
※泣いているのではなく、眼をこすっているだけです。

歩道橋の上からはとっくにゴールして帰途のランナーが手を振ってくれていたので、大きく振り返しておきました。
ランナー同士でのこういうやりとりはあまりないのですごく嬉しかったのですが、
自分が逆の立場になった時、なぜか歩道橋の上から下を走っているランナーさんに手を振ることはできず。

「応援される」 ことには慣れてきて反応できるのですが、「応援する」 側はまだ慣れません。
フルマラソン・ハーフマラソン等の応援は、自分が走り出してからは未体験。
昔々のエリート愛媛マラソンの時は、33号線沿いに住んでいたので沿道で応援していましたが。
それと、最近しまなみウルトラの応援経験は二度。
いつかフルマラソンの応援にも行ってみたいと思いつつ、こちらは当分実現しそうにありません。

たくさんの応援に励まされつつ、ゴールはあと少し!
すごく順調に走っていたのに、競技場に入る寸前でまたふくらはぎがピクピク。
そして 『さくらさん頑張れ!』 という声援を頂いた直後に攣ってしまいました。

~ 声援をいただきました女性の方へ私信 ~
ありがとうございました♪ しっかり耳に届いてすごく嬉しかったです!!!
ふくらはぎが攣ったのは声援を頂いて反応したこととは全く関係ないので心配なさらないでくださいね。


途中何度も時計を見て計算し、ワースト記録だけは出すまい・サブ5だけは確実にと思っていましたが
どうにか時間内に帰ってこれました。
やった~!!!

6103.jpg
師匠撮影

ランナーズアップデートでわたしの状況をチェックしてくれていた師匠。
今か今かと競技場に帰ってくるのを待ってくれていましたが、無事に到着。

既に記事にしましたが、似たウエアの人が多いので、わたしを探す目安は 「生腕&生脚」 だったそうです。
ピンクのウエアの人が多い。 しかも、白のキャップで黒いパンツという人が多い。
身長164cmというのは男性8割女性2割の中では目立たない。 (女性だけの中だと高めですけどね。)
なので、「生腕&生脚」 を目安にチェックしていたそうで。 

a20151108-134039_24915817-1-1_2629-2223225_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
スタンドの師匠に手を振っています。
1時間前にゴール予定の師匠はスタンドで待っているとのこと。
一番近くに居て立ち上がって大きく手を振ってくれていましたので、
わたしは走りながらふくらはぎを指さし脚のトラブルを伝え。

背後の時計は 4:55:39


師匠撮影

競技場入り口でまた攣って、競技場内はベストな走りはできず。
脚で走れないので、必死に腕を振っています。

わたしは締め付けるタイツが大嫌いなので、真冬の高知龍馬マラソン以外は生足ですが
そういわれてみればタイツ着用率高し。

6110.jpg
師匠撮影
ブログに載せられるようにタイムを入れたりと、いろいろ工夫して撮ってくれました。

a20151108-134107_24915817-1-1_576-3118620_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
ゴール3秒前
オーロラビジョンでは有森さんのインタビューが映し出されていましたが
そうでなければ競技場内のランナーが写っていたのかな?

a9-20151108-134108_24915817-1-1_2321-2144512_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
無事ゴール♪

b20151108-134108_24915817-1-1_1690-1339495_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
13:41  
8時45分にスタートして、4時間56分09秒、ふくらはぎが攣るアクシデントがありましたが、どうにか無事にゴール♪


©allsports.jp
全く同じ写真ですが、画像は待ち受け画面プレゼントのもの。
ロゴ入りもいい味が出ている気が。

b20151108-134119_24915817-1-1_1427-1158029_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
やれやれ・・・と動線に沿って移動しているとカメラの視線を感じ、慌ててポーズ。

このあと、タオル・給水・メダルを受け取って、競技場の外へ。
メダルは首から掛けてくれたので嬉しかったです。(*^^*)
某大会ではメダルを手渡されたのでショック。

競技場を出てみるとすごい混雑で、端っこの空いているところを通って先頭付近まで行き、
【記録証発行の渋滞】 ということに気付いてまた最後尾まで戻って列に並んで。

たくさんの記録証発行レーンがありましたが、わたしの並んだところの係員は障がいのある学生さん。
背後には補助の方がいて、そういう生徒さんがボランティアとして参加してくれているというのはすごくいいなと思いました。

前日受付で元気よく声掛けしてくださった方や、写真撮影係を引き受けてくださった方
そして、不自由な手でひとつひとつ丁寧にテンキー入力していた生徒さん、
ランナーからみて、お一人お一人印象に残るボランティアさんもたくさん。
こういう方々お一人お一人の力で大きな大会が支えられていて、本当にありがたく思います。

記録証を受け取って出たところで師匠とCさんと合流。
4時間30分と偉そうに宣言していたのに、不甲斐ない結果に終わりましたが、でも無事にゴール出来てなにより。

6111.jpg
なぜ身体の中心で持っていないのかは謎。

師匠に預けていた荷物からウインドブレーカーを羽織って3人で記念撮影。
それから会場を後にして、ラーメンを食べに行きました。
その後のことはまた改めて。

最後にコースとラップをもう一度。
おかやまマラソンコース

6116 全ラップ

おかやまマラソンに関係したすべての皆様に、ありがとうございました!

にほんブログ村

12月

6127.jpg
当日夜、ホテルで撮った写真。
ラーメン屋さんで、3人の記録証をまとめて写真を撮るという約束だったのに・・・わたしのミスで撮れず。(*_*)

おかやまマラソン、わたしのこの記録で、女子だけだと上位40%、男女込で上位54%
もしも、サブ4.5だったら・・・女子だけで上位21.5%、全体でも上位36%


12月に入り、気分一新 今日こそ走ろうと思っていましたが・・・
思っただけで終了。

風邪が思わしくなく、自粛。
えぇ、言い訳大魔王なので。

では準夜勤、行ってきます。



にほんブログ村

フルマラソンでの私の見つけ方

a20151108-134039_24915817-1-1_2629-2223225_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp
スタンドの師匠に手を振っています。
背後の時計は 4:55:39

わたしより一時間早くゴール予定の師匠は競技場のスタンドで待ってくれているとのことでした。
サブ3.5を達成した師匠、記録証受取もまったく混んでいなかったとのことで、
スイスイと記録証を受け取り、スイスイと預け荷物を受け取り、スイスイと着替えてスタンドへ。

ランナーズアップデートでわたしの進捗をチェックして
何かあったのだろうとは思っていたようですが、競技場に入るタイムを予想して、そろそろかと・・・。


大阪マラソンでは、母と伯母と従姉が沿道に応援に来てくれました。
折り返し部分2か所、つまり合計4か所での応援だったのですが、見つけられたのは2か所のみ。

もしも愛媛マラソンなら、△△前とか、◎◎の前付近とか、かなりピンポイントで場所を決められるかもしれませんが
大阪マラソンではわたしに土地勘がありませんし、
沿道もすごい人なのでもしも場所を決めたとしてもそこに立てるかどうかもわからず。
10km付近と、大正橋付近というアバウトな応援場所だったので、
ランナー側が沿道の中から見つけ出すということになりました。

よほどの目立つ格好じゃない限り、沿道からランナーを探すのは大変だそうで。
大阪マラソンは常にすごい人だかりでしたからなおさら。

『とにかくピンクの人が多くて』 とは母の弁。
大阪マラソン大会Tシャツが赤メインで、大会Tシャツの方も多かったので、
とにかく赤やピンクが多い。

黄色や黄緑なら?と思っても意外とそういう色も多く・・・
わたしが思ったのは 「意外と白が目立つかも?」


話が逸れましたが、師匠がスタンドからわたしを見つけるポイントは。
『ピンクの人が多くて。しかもピンクのウエアに黒いパンツで白いキャップの人が多い!
だから 生腕・生脚 を目印に探したよ。』 とのことでした。
たしかに生腕・生脚の人は少ないかも。

高知龍馬マラソンは2月なので、さすがに長袖と防寒用タイツで肌は露出しませんが
それ以外の季節は、生腕・生脚です。


さてさて。
風邪のほうは一向によくならず。
昨日の夕方から今日の夕方までずっと寝ていました。

ほとんど睡眠で、たまに目が覚めたら布団の中でiPhoneで遊んでみたり。
さきほどやっと起き出して、行動開始。
では、今日も夜勤に行ってきます。


にほんブログ村


走っている写真

a20151108-133125_24915817-1-1_298-2796279_ALLDATAx1.jpg

a20151108-133125_24915817-1-1_298-2796280_ALLDATAx1.jpg
©allsports.jp

跨線橋を越えて右折したらゴールは間近、国体筋へ。
カメラの存在に全く気づいておらず、眼をこすっているのかな?掻いているのかな?
泣いているのではありません。
後ろのお兄さんに大変申し訳ないことをしましたが、後ろが見えておらず・・・ごめんなさい。

ところで、この脚の躍動感(自分で書いていて笑える表現)は 「走っている」 でいいんですよね???
このあたりは確かに走った感覚があります。
GPS時計でも、最後の2kmは 6'09 と 6'07
跨線橋の登り坂はごぼう抜きっ!
といっても、いまさら感はぬぐえませんが・・・。 


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


下記記事にコメントを頂きましたたくさんの方々、大変遅くなりましたがお返事をいたしました。
いつもながらお返事は遅いですが、これに懲りず、コメント大歓迎でお待ちしています。(#^^#)
• 師匠の存在とペースメイクと。 (11/26)
• 風邪っぴき (11/25)
• 疲れが (11/24)
• おかやまマラソン【10】レース中盤 (11/24)
• 先ほどまで多忙につき (11/23)

おまけ(?)
小梅 ・・・ こちらの記事、Rさんから頂いたコメントにお返事をしていたにもかかわらず
二度目のお返事をしてしまいました。
重複分を消せばいいだけの話ですが、せっかくなのでお返事二つということで。(^^ゞ



にほんブログ村