伊予市中山 花の森行脚21km

今日はお友だちに誘われて 「花の森行脚」 にいってきました。

a1_20170604215541665.jpg
この高低図がどの程度なのか・・・・フラットでないことだけしかわかりません。
わたしは明らかに高低図を見た感覚がおかしい。

第1基準が 「高縄山」 第2基準が 「萩往還」 それと比べたらどうなのか?
普通に考えて、この花の森行脚が楽ではない事だけは分かりますが、
「高縄山よりはマシだな。」 という時点で何かがおかしい。

a2_20170604215542ea4.jpg
参加賞がお花、先着順で好きなのを選べます。
たくさん種類があって、どれがいいのかさっぱり分からず、3つの写真を撮ってばぁばにLINE。
でも既読がつかず、電話にも出ないのでテキトーに選んでコレ。
花の名前や育てやすさや珍しさなど、わたしには皆目見当がつきません。
もしもわたしが独り暮らしだったら、受け取り辞退するか、権利そのものを誰かに譲るというほどお花に興味なし。

その後、お花は記名して預かってもらえます。
車に積んでおくと暑すぎてダメになるから。


この大会(正式には練習会)初めて出たのでイマイチ要領が分からず。
わたしたちは2人ですが、レジャーシートとかで陣地とか作るのかと思ったら 「陣地は車」
へぇ~。こういうパターンは初めてだわ。

9:20 開会式
音響設備がいまいちで聞こえづらかったので、前方にいて耳を澄ませて。
開会式で早くも抽選会があり、あんな楽しい開会式は初めてかも。
とってもアットホームでした。(*^^*)

昨年までとの変更点ということで 「イヤホン禁止」
自然の音に耳を傾けてください、と。
この趣旨、大賛成。
途中、ホーホケキョの鳴き声が聞こえてきました。
※ 交通規制をしていないので車の音を聞きもらさないためという意味も兼ねているそうです。

10:00 開始 
胸につけるナンバーカードもなく、チップ計測はなく、自分で。

a9_0655.jpg
この写真はレース後に撮ったものなのですが、まずはこの坂から始まります。
開始直後、人で渋滞して走れないというレースは多々ありますが
開始直後に坂が急すぎて走れないコースはレアかと。

ピストルが鳴って即歩き。
こんな坂、走れませんっ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


素で走ったらとってもとっても速いお友だち女子、今日はゆっくり走るから一緒に走ろう♬と言われていました。
萩往還以降、普通に走ってキロ7分のわたし。
絶対無理だと思いましたが、お友だちは体調がすぐれないとのことなので・・・。

a2-2 (1)
もしものことを考えてiPhoneはポケットへ。
やっぱり持っていて正解。
昨日のエアコン工事でネットの配線が切れてしまい、固定電話とネットが不通になっていて
今日 工事に来てくれるとのこと。
ネットだけなら順番待ちになるようですが、固定電話も使えないので優先順位が高かったらしくて。

それで工事完了後、ネットが繋がるか確認のためPCを付けたものの、パスワードがかかっているとの電話。
10:00~マラソンというのは知っているはずですが、電話&ネットの工事のほうが優先。
わたしはゼェハァ走りながら工事業者さんと電話対応。
電話は右ポケットに入っていて、左手はペットボトルを持っていて、聞き耳は左なのでこんな風に。
それなりに、いえ、かなり真剣に走っている上りでの電話はしんどかった・・・。

a2-2 (2)
汗見川のように、真半分の折返しコースなので全員と擦れ違い。
(スタート直後とゴール寸前だけコースが違いますが。)

a3_20170604215547d95.jpg
こんな坂…って、画像で通じるかな?

a3-2.jpg
9kmくらい必死で頑張ってついていきましたが、限界。
お友だちとはさようなら~。
わたしの写真はちょっと順番が分からないものもありますが、お友だち撮影。

a4_20170604215550956.jpg
内子町に入ります。
ひたすら坂坂坂。
平地なし。

『もうちょっと詐欺』 いつもひかかります。
『折返しまでもうちょっとだからね~』 とこちらが上っている時に対向ランナーから何度も何度も。
全然 “もうちょっと” じゃないっっ


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


弓削神社でお参りするためにお賽銭を用意しておくといいとのアドバイスで10円をポケットに入れていました。
少し山を下りたらエイド&弓削神社

a4-.jpg

a5_20170604224154f2d.jpg
エイドで補給して、この橋を渡って弓削神社にお参り
みなさんちゃんとキャップを脱いでいましたので見習って。
(あ、常識?独りだったら・・・レース中なのでと言い訳しつつ被ったままだったと思われ。)

萩往還全員無事完踏のお礼と、お仲間さんが出るレースの無事完走祈願と
抽選レースの当選祈願と、来年の萩往還にまた5人で出られますように。
10円のお賽銭で 欲張りすぎたかなぁ。

a6_2017060422415548b.jpg
菖蒲園(???)のほうからまわって元のコースへ。
このあたりはどう通るかは本人の自由・・・っぽかったです。
チップ計測もないので、そのあたりは適当な感じ。

a1_20170604215541665.jpg
コース図をもう一度。
往路は2上り・1下り、復路は1上り・2下り

a7-0652.jpg
高速道路を越えます。
行きの時点からどうも気になっていたのですが、ここは宇和駅伝の帰りに事故渋滞で
1時間以上止まっていた場所ではないかしら。 きっとそう。

下りは相変わらず。
まぁ~抜かれる抜かれる。気持ちいいほど抜かれっぱなし。
【ロードはともかく、不整地の下りが苦手で】 と言っていたはずが、ロードで抜かれっぱなし。
いったい何人に抜かれたのやら。
はぁ・・・。

距離が21kmと短くて、すべて舗装路ですが、プチ萩往還の感じ。
キツイ~。
前半に全力を出しすぎてせいもあってヘトヘト~。

途中、前を走っていた女性ランナーさんにアクシデント発生。
その場にいた女性と男性2人ランナーさんとで声掛けをして、出来ることはないかと協力し合って。
倒れたとか、熱中症とかではなかったのですがヒヤッとしました。

ハーフマラソンで、残りはまだずいぶんありましたが
頑張りたいという意思を尊重して、こちらが救護を呼ぶことはせず。

そのプチ騒動のあとは、アクシデント発生のご本人はゆっくり自力で帰ると。
『ここまで来たら自力でゴールしたい!』 と熱望。
第三者的には無理をせず救護を頼んで車で帰ったほうが・・・と思いましたが、
そのセリフ、ちょうど1か月前に自分も言ったばかりなので気持ちはわかる。

その先、若い女性ランナーさんとしばらくご一緒。
独りだったら歩く時間が長くなりますが、二人だったので色々お喋りしながらジョグ。

花の森行脚のこととか、花の森ホテルのこととか、愛媛マラソンのこととか
萩往還のこととか、ゆっくり走りながら楽しく会話。

AEDと飲み物を積んだバイクが何台か、何度も行き来していて
アクシデントの女性も心配だったので、前方から来たバイクに二人で合図。
「その先に怪我人がいますから様子を見てあげてください。」 と言おうとして
よく見たらバイクの方は何の関係もない一般の方で、相当驚かせてしまいました。
というかお互いが驚きました。

もうお一方、その前にも女性としばらくお喋りしながらのジョグ。
給水で別れるまでしばらくお喋りしました。
上りで、わたしはひたすら歩きながら、その方は走りながら。
でも並走。

萩往還でも何度も感じましたが、こういう状態になると走っても歩いてもペースがそう変わらない。
事実、今日のわたしたちは延々並走(並歩?)していましたし。

萩往還では、わたしが走っているのに前を歩いている人との距離が全く縮まらなかったり。
だったら走る方がしんどいから歩いた方が省エネ?
これ、どうなのでしょう???

a8-0654.jpg
ゴールが近づいてきました。
最初に上った坂を怪我なく下りるにはどうすればいいか?
蟹歩きか?と思っていましたが、さすがにあの急坂部分はコースが違っていました。

実際萩往還では相当きついところは蟹歩きしたり、ロードの続く上り坂では後ろ向きに歩いてみたりも。
これ、自分の後ろのランナーと向かい合わせになるので、後ろに誰もいない時選定ですが。

今日の大会 (練習会) は、ホントいろんなことが萩往還に似ていました。
距離が短いのと全面舗装路というのは大きく違いますが。

坂練・山練が好きな方たち (というかわたしに付き合ってくださったのですが)
このコースは、お勧めですよ~!!!

a8-0700_2017060423093321b.jpg
ゴール寸前。
ちびペットボトルはポケットへ。

ゴール結果は 3時間11分58秒
まさかのハーフマラソンで3時間越え。しかも12分も。
コース上でのアクシデント対応で1分?2分?引いたとしても、3時間10分~!!!

えっと、萩往還の疲れが取れていないということでいいでしょうか。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


a10_0656.jpg
預けていたお花はお友だちが回収してくれていて、車に戻り一息。
それからお弁当引換券をもって花の森ホテルへ。
肝心のおかずが隠れていますが、豪華お弁当、屋外の木陰でいただきました。

それから温泉~。
予想通り激混みでしたが、ランナー同士、一般のお客様とも譲り合ってどうにか。

初参加のレース(しつこいですが練習会だそうで)、とっても楽しく練習が出来ました。
まさかの3時間越えでしたが、11ヶ月後に迫った萩往還の練習になったかしら。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


帰りにエミフルへ。
お友だちに買い物に付き合ってもらいました。

10倍ポイントの日だったそうで、エミフルはすっっっごい人。
買ったものはトレッキングシューズ。
見た目やデザインはそう変わり映えしないので、色だけ。
苦手な色があるのでそれだけは避けて選びました。メンズ25.5で。

ランシューをトレッキングシューズに変えたからといって
山下りが劇的に速くなるとは考えられないけれど。

a11_0658.jpg
フルーツパフェ。
バナナは全部お友だちへ。

家を出てから帰るまで12時間ほど。
今日も楽しい1日でした。(*^^*)

IMG_0659.jpg
帰宅後、なぜか車に乗りたがった小梅。


夜、復旧したパソコンでたまたま見つけた心理ゲームをしてみました。
その結果が・・・笑える。

IMG_0662.png
チクチク刺さる。(゜o゜)


その通り!と思う方をこちらを。(*^^*)

にほんブログ村
そんなことはないよ・・・・と思う方はこちらを。
どちらをクリックしてもわたしには分かりませんから遠慮なくどうぞ。(*^^*)

にほんブログ村
今日はこのウエアではなく茂平マラソンの もへいくんTシャツにしました。
途中で 「さくらさん!」 とお声掛けくださった女性、ありがとうございます。(*^^)

時計のデータはUPするほどもないですが明日以降に。
寝不足と走った疲労で寝落ち寸前です。
このブログを書きながら何度も意識を失っていました。


スポンサーサイト

汗見川ハーフエントリー完了。

某所で見かけた 「四十九日(法要)」 の文字が 「四万十(ウルトラ)」 に見えました。
脳内が ・・・・ やばい。

さきほど(20:02) 無事、汗見川エントリー完了しました。
元同じ会社の師匠とはそれぞれでエントリーしましたが、2人ともエントリーできました。
もしものことを考えて、車は同乗にせず、運転を選択。
駐車場は先着順なので、大まかな台数を把握するためだとは思いますが、同乗でよかったな。

着替えがしやすいのと、半分ずつ運転するので、毎度のわたしの車で行きますが。
わたしの車を誰か他の人が運転するのは構わないけれど、
わたしが他の人の車を運転するのは嫌だから。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2016.7.31 第29回 高知・本山汗見川清流マラソン大会


いよいよ汗見川ハーフ
汗見川ハーフ無事に?終了
つっかれた~!
元気です。(*^^*)
汗見川清流マラソン プチレポ 1
汗見川清流マラソン プチレポ 2
汗見川清流マラソン プチレポ 3
汗見川清流マラソン プチレポ 4

IMG_8073.jpg
第27回と第29回のウエアが同じ過ぎて笑う。
第30回もきっとこれと同じ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2015.7.26 第28回 高知・本山汗見川清流マラソン大会

汗見川清流マラソン 無事エントリー
汗見川清流マラソン【速報】まさかの結果
汗見川清流マラソン【1】序章
汗見川清流マラソン【番外】天然アイシング
汗見川清流マラソン【2】まだレポじゃない
汗見川清流マラソン【3】レポ書く書く詐欺
汗見川清流マラソン【4】長文レポ

a1 0903 IMG_5644


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2014.7.27 第27回 高知・本山汗見川清流マラソン大会

汗見川エントリー完了
無事にゴールしました!
第27回汗見川清流マラソン大会レポ 前篇
第27回汗見川清流マラソン大会レポ 後篇
ハイレベルな戦い?
動画

IMG_3483.jpg


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


汗見川ハーフ(いつも相当略していますが)、一番好きな大会です。
2013年9月に走り始め、その後高知龍馬マラソン・とくしまマラソンなど走りましたが
ジョギングカテゴリーとしてブログの認知度も低く、「さくらさん」 と呼ばれることもなく。

2014年7月のこの大会で、初めて 「さくらさんですか?」 と声を掛けられました。
嬉しいような恥ずかしいような不思議な感覚。
その方とは今でもしっかりお友だち。

陣地(二人ぼっちですが)にいてもそうだし、走りながらでもですが
すごくたくさんの人と触れ合える大会で大好き。(*^^*)
地元の方もすごく温かいし、水も空気もきれいだし。

10km合わせても参加者が1000人ちょっとのこじんまりとした大会。
半分山登りして、来た道をそのまま戻る分かりやすいコース。
そして、全員と擦れ違い。
そしてそして、トマトと川遊び。

真夏の大会。
これで夏場もモチベーション維持出来そうです。
チーム青野、また坂練やるんだろうなぁ~(汗)。
いやいやいや、坂練が出来るわ。(喜)


今日のエントリーは7分で締め切られたそうですが、みなさん無事にエントリーできたでしょうか???
当日お会いできるのを楽しみにしています。(*^^*)
ハイタッチしましょ~!!!


fc2blog_20150726120641ed3.jpg
なぜか突然変異のようにこんな記録。
さすがにコースベストを狙おう!という気にはなれませんが、久万よりは速く走ります。
さくら伝説に残る久万ハーフ2時間55分・・・。



この先どんなに太っても汗見川は生足で。
暑いのは苦手なので。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

今日は走らず。
夕方には雨が上がる予報だったので、準備はしていましたが17時ころでもまだ降っていて中止。
でも18時に退勤するときはキレイな夕日が。
しまった・・・走れたのに・・・。

明日はばぁばとお出掛け予定なので走らないかな。
日曜の激坂練(というより普通に山登り)に備え、今週平日は週に一回でもいいかなぁ・・・。

「萩往還までは坂練する!」 と言っていましたが、汗見川まで続きそうです。
どんな坂練でも付き合ってくれる人も見つかりましたし。(*^^*)

4/23(日) 東温市坂練 お仲間募集中です。

まつの桃源郷マラソンレポ 一話完結

4月2日(日) 今日、まつの桃源郷マラソン大会 ハーフ
4月8日(土) 塩ヶ森&白猪ノ滝 練習会

なので、4/3(月)~4/7(金) は少し休んでもいい?と名古屋の師匠に聞いてみたところ
『練習会のために休む必要はないよ。』

あ、そうですか。そうですね。
優しい言葉を期待したわたしがバカでした。

今日、別のレースを走ったブログ友さん、すごい記録。
いいなぁ。
みなさん着々とタイムを伸ばして(縮めてというべき?)いるというのに、わたしは平行線どころか下降。

でも今日のレースで収穫もあったので、「わたしはわたし」 ということで
これからも頑張りたいと思います。
帰宅したら、山口100萩往還マラニック大会の案内が届いていました。
いよいよだ~!!!

今日は萩往還の練習と思って走りましたが、3月の坂練がしっかり効果を表して
坂も一歩も歩かず走りきれたので満足満足。
タイム自体は決して自慢できるものではありませんが、
後半しっかり上げられたし、歩かず走り切ったし、このところの絶不調なりに頑張れたのでヨシ!

月間150kmに大満足したり、ハーフに2時間20分もかかってすら満足と言いきれたり
聞く人が聞いたら呆れるかもしれませんが、今のわたしなりには十分な結果でした。


では超長文になりそうなレースレポ。

a
6:00 お迎え。
7:35 松野町役場 指定駐車場へ到着。

「起きたら連絡するので、連絡がなければ寝過ごしていると思ってください。」と前夜のうちに連絡。
“ 迎えに来てくれた時にはまだ熟睡中だった ” という前科者ですから。
金曜日にガソリンを満タンにしておきましたが、びっくりするほど減ってない。
満タンの時点でFより上まであるとはいえ、高速を走ると燃費がいい。
ちなみに、自宅から101km 全部わたしの運転で。

ところで、ガソリン給油口の向きが、◀ と ▶ で示されているのはご存知ですか?
マイカーならみなさん分かっているでしょうが、レンタカーや滅多に乗らない社用車の時など便利。
テレビで知って、眼から鱗な情報だったのでここで共有。(複数回目)

閑話休題。
それでなくても長くなる予感なのに。

車で朝ごはんを食べた後、会場へ。

b_20170402200949f39.jpg
朝6時の我が家は3℃。
会場へ着いても寒い~。
長袖のウエア+アディダスのジャージ+アディダスの裏地付厚手のウインドブレーカー。
それでも寒くて寒くて手を袖の中に収納。
ちなみに今日はナイキは封印で、行き帰りのシューズやジャージやウエアはミズノ。

ちなみに後ろに写っているのは計測スタッフのspicaさん。
3回くらいお話させていただきましたが、お世話になりました。(*^^*)

陣地・・・といっても二人ぼっちですが、体育館ではなく屋外の陽の当たる場所で。
この時までは晴れていたので。

陣地で朝ごはん追加。
そして自宅から着てきたウエアにナンバーカードを付けるのに・・・苦戦。
結局、下はヒコまるで上は安全ピンという変則技。

10:30スタートなので、10:15頃にトイレに行ってから整列。
トイレの列は短かったのですが、さて整列・・・が、意外と遠い!

c
スタート整列へ行く途中。その①
あまりの寒さに上から参加賞Tシャツも着ようか散々迷いましたが、
もともと着ているのがピンクで、参加賞Tシャツもピンクで、迷った末に着ず。
震えました。

d.jpg
スタート整列へ行く途中。その②
どうせ最後尾からスタートするつもりだったのでのんびり移動していたら
「スタート位置まで数分かかりますから、早目に移動してください。」 とのアナウンス。
慌てて時間を確認するわたし。

あ
スタート整列へ行く途中。その③
いざ戦いへ。 (嘘です。気負うものはないので、お気楽に。)
ホント寒くて、両手はしっかり握って。

車道はランナーで埋め尽くされていて、歩道を通って最後尾まで。
汗見川ではずいぶん場違いなところからスタートしてしまう結果になったので
今回はしっかり最後尾から。

e.jpg
仮装の方たちのところへ整列。
10kmに並んでいる人たちがすぐ真後ろに。

画像の左の方は第53回愛媛マラソンの参加賞Tシャツ
画像の右の方は第54回愛媛マラソンの参加賞キャップ
画像中心の方は第55回愛媛マラソンの参加賞グローブ
制限2時間30分なので、ガチランナー率が高めな印象。

3分くらい前にGPS時計をセット。
でもGPS取得失敗2回。
そして10:30スタート。うぇぇぇぇ。

結局スタート時点でGPSは取れず。
動きだしたら取れないよ~!!!とかなり焦りましたが、
スタート直後はノロノロで走れないのでどうにかスタートラインを越えて200mくらい
号砲から2分以上経ってからやっと取得。
はぁ。焦りました。

10kmや3kmのスタートごとに花火が上がっているのが聞こえたので、
ハーフの時も花火が上がったはずなのですが、全く耳に入っておらず。
GPSの取得に大焦りでした。

05_20170402203852375.jpg
1km弱を元同師匠(元同じ会社の)と一緒に走ってそれからバイバイ。
途中2回折返しがあるのでわたしたちくらいのタイム差なら2回会えるかな?
1回は輪になっているところがあるのでどうかな???ということは事前に聞いていて。

登ったり下りたり登ったり下りたり。
本当に小刻みなアップダウンで飽きることがなく。
そして雨が降ったり止んだり、時に晴れたり、また降ったり。
コロコロ変わる天気に翻弄されつつ、頑張って走りました。

なんたってほぼ最後尾からの出発なので、抜かれることは皆無。
後ろに人がいないんですもの。

たくさんの応援の中を進んで、5km過ぎで踏切通過。
マラソン大会で踏切は初体験。
電車は止めていないので、踏切に掛かったら待つしかないそうですが。

そのあと、土手に出るなんでもない道で、おもいっきりつまづいて転倒寸前。
ヒヤッとしました・・・どころではなく、本当に一時は転倒して流血を覚悟。
まだ5kmだったのでどうにかこうにか持ち直しましたが、その後しばらくは怖くてスピードを出せず。

f.jpg
一度目の折り返し (のはず。もしかしたら二度目?)
画像にはこちらへ向かってくる人しか映っていませんが、元同師匠と擦れ違い。

わたしはいつも片手がグーで片手がパー。
ま、だからどうしたということもないんですが、無意識。

それにしても相変わらずあごが上がりすぎ~。
途中雨足が強くなったところでは、ひたすら俯いて真下を見て
眼鏡が濡れないよう帽子のつばで顔を隠して走ったところもありましたが
そういう場合を除いては常にあごが上がりすぎ。(´・ω・`)

g.jpg
こちらが二度目の折り返し・・・のはず。
さっき走ったばかりなのに覚えていない・・・。

h_201704022031257ee.jpg
トリミングなし。
師匠も走っているので、こんな写真も。(*^^*)

い
順番は訳が分かりません。(´・ω・`)

お天気は雨が降ったり止んだり目まぐるしく変化。
コースは常に坂で平地がなく、上ったり下りたり大忙し。

沿道の応援はところどころではありますが、みなさん温かい♬
時折雨が降る寒い中、本当に心からの応援に励まされました。

12km手前と14km手前の河川敷で花のないお花見中のおじちゃま方
『ピンクのおねぇちゃん頑張れ!』 の声援ありがとうございます!!!
大きく手を振っておきました。

今日は比較的元気だったので (だったらもっと速く走れと言われそう・汗)
沿道の方の応援には出来る限り応えました。
頭を下げる、手を振る、「ありがとうございます。」 を言うなど。

踏切傍のデイケア(?)のおじいちゃま、突然窓から視線を感じ驚きましたが手を振りました。
帰りは絶対に声掛けしよう!と、そのつもりで窓を見たら、窓際にいらっしゃらず。残念。

今回、知っている方がレースに出るかどうかの事前情報は全くなし。
名簿を見ていて、おひとり知人を発見!
スライド区間はいつもランナーの顔を見ながら知っている人はいないかな~と探すのですが
今回のミッションは 元同師匠と、地元アスリートクラブの方の2人だけ。

でもお二人の方に 「さくらさん!」 と声をかけていただきました。
お1人はSSさんですよね。お顔で知っている方だ!というのは分かりました!
コース上では何度かお会いしているのに、いまだお話したことのない方。

もうお1人はYDさんかしら??? 追記訂正 しょうさん でした。
ハイタッチ、2回とも届きませんでしたね。残念!
なんだか正体があやふやなままで申し訳ないです。

それから会場近くの最後の坂で声をかけてくださった方は、このお2人とは違う方かな???
お顔などは全く分かりませんでしたが、声はしっかり届きました♬
ありがとうございます!!!

最後の最後までアップダウンは厳しくて、ちょこまかちょこまか。
でも一度も歩かず速度も出来る限り緩めず走り抜きました!


5km過ぎで転びそうになり慎重になったこともありますが、10kmほどは全く走れず。
こんな状態では萩往還が走れない・・・と思考が下向きになりましたが
10kmを過ぎたあたりでフッと体が軽くなり。

わたしは一定のペースで走り続けているつもりなのに、上り坂ごとに人を追い越し追い越し。
平地でも一人ずつまた一人ずつ追い越し。
一番の目標としている 「撃沈せず安定して走り続ける」 というのは達成しました。

う
会場に戻ってきました!

え
時間内に戻ってこれて満面の笑み。

お
spicaさんに ただいま!の声掛けをしてゴール。

か
アクエリアスを1本いただいて、記録証発行へ。
この時、何か用紙を一緒に受け取りましたが、全く気にも留めておらず。
帰宅後に落ち着いて見てみると事前抽選の結果でした。
どちらにしろ当たっていませんでしたが、全く見てなかった~。
(師匠がしっかり二人分チェックしてくれていました。)

i.jpg
平凡な記録ですがしっかり走れたのでヨシ。( ;∀;)

01_201704022115293c8.jpg
スタート後、2分以上経過してからやっと起動したのでEPSONの距離は短め。
下りではブレーキがいるほどの坂も多かったから、6'39/kmならヨシ。

このところあまりの不調に本気で2時間30分以内に帰れないかもと思っていて
ゴール地点の係員さんに聞いたところ、ゴールは通過させてもらえるけれど完走証はもらえないとのこと。

グループLINEに報告すると、師匠から 『せめて記録証はもらっておいで。』 と。
ハイ、ワカリマシタ、ガンバリマス ということで走りましたが、時間内にゴールできてよかった~。
このハーフを2時間半で走れなかったら、萩往還の完走危うし!と思っていましたが
とりあえずハーフ2時間半はクリアできました。 (我ながらレベル低っ)

03_20170402211532c72.jpg
相変わらずよくわからないグラフ。
とりあえずUP。

02_201704022115319e8.jpg
EPSONでは分かりづらいけれど小刻みなアップダウン。
わたしは今回は記録狙いではなかったこともありますが、嫌いなコースではないです。(むしろ好き)

坂がキツイという不評を散々聞いていたので覚悟が出来ていたからかな?
3月の集中坂練で鍛えられたからかな?

 04_20170402211534c92.jpg


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


k.jpg
閉会式&抽選会のため体育館へ移動、引換券でおにぎりと豚汁。
豚汁が具沢山であつあつで美味しかった!!!

町長と同じ誕生日の方には記念品が贈られていました。
某月某日、その誕生日には聞き覚えがある。
たしかブログ友さん・・・と思ってiPhoneで確認したら、走らないお友だちの誕生日でした。
走るお友だちだったら、来年は出たら記念品がもらえる(かも)よ!と言ってあげようと思ったのですが。

3kmや10kmなどいろんなコースがあって、表彰式がわりと長めでしたが
のんびりおにぎりを食べながら、LINEのやりとりをしながら、師匠とお喋りしながら待って、それから抽選会。
ですが、とにかく寒い。
芯から冷えるとはこのこと。

体育座りで聞いていますが、だんだんお尻が痛くなり。
そして疲労から眠気に襲われ、体育座りのままウトウト。
抽選会は結局何も当たらず、会場を後に。
(ほとんどの景品が事前抽選に回っているようです。)


朝、役場から会場へ徒歩移動の時、足湯があるのを見つけていました。
朝も時間に余裕はあったので、「入る?」 と言い合いましたが結局入らず。
帰りは激混みだろうな・・・でも少しでも足湯に入りたいなと思っていましたら、意外にも空いていて。

l_20170402212834a2c.jpg
(この一枚は朝に撮影)

m_20170402212835265.jpg
水から出ている部分が真っ赤に日焼けしたように見えると指摘を受けましたが、陰になっているだけです。(*^^*)
それより、人物の影をよく見たら、恋人同士が頭を寄せ合っているように見えるのはわたしだけかしら???
誰かとそんな風にしたいという希望的観測でそう見えるだけ??? ← 笑うトコ

これ、師匠がトイレに行っている間に撮ったので、左隣は無人。少し離れた右隣には女性が。
陰のひとつは人物(わたし)の影に見えますが、もう一つは何の影???

とにかく足湯がものすっっっごく気持ちよくて。
入った瞬間は少し熱いと思いましたが、しばらく入っているとぬるいかな?という感じ。
5分くらいは居たかな?10分? 全く混むこともなくガラ空きだったのでのんびり。
手も顔も洗っていませんが、足湯に入ったら相当スッキリしました。
そして芯から冷えていた身体もほんわか。

お隣のぽっぽ温泉は半額割引券が入っていたのですが、さすがに激混みだろうと。
師匠が確認に行くと、『これから混む』 とのことでパス。

n.jpg
当然のように助手席に乗り込んで着いたのはこちら。
宝泉坊の湯

のんびり温泉に入って、顔も身体も洗って、大きな浴槽で手足を伸ばしてスッキリ。
その後、100円の足マッサージに2人で悶絶。(10分100円)
足首から先だけを機械に入れるのですが、
時々内臓をくすぐられているというか、ねじっているような感じが。
足裏刺激で内臓がムズムズするとは不思議~。

そして内子から高速に上がって帰宅。
帰りは110kmくらいあったかな。
行きもよく喋りましたが、帰りはずっと助手席だったので喋り通し。
走って、温泉入って、喋り倒して元気に帰宅。


タイムそのものは全くパッとしない数字ですが、走った内容は自分としては満足なので
大満足な一日でした。

大会関係者の皆さん、応援してくださったみなさん、ありがとうございました。(*^^*)



明日は休養日で明後日は走ります。
明後日あたり、月末締めで忙しそうなんですが・・・そういう調整も大事!
「走れ~!」 のポチお願いします。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

帰宅したら山口100萩往還マラニック大会の案内が届いていました。(*^^*)
今日は開封のみ。
明日、ゆっくり目を通します。(*^^*)

風早マラソン 10km

転職して、相方さんと走るようになってから一気に走る世界が広がりました。
※ 相方さん・・・同じ会社の男性で、恋愛感情はお互いありませんが、
   まさかこの愛称で誤解されそうですか?やっぱり面倒でも 「同じ会社の人」 のほうがいいのかしら。

時期を同じくして、地元のクラブの方にも誘われ、駅伝にも二度出場。
そして今日は、自身初の 10kmレースを走ってきました。
10kmレースも初、12月にレースを走るというのも初。

今日の大会はランネットなどには出ていない、風早マラソン (かざはや)
土佐礼子さんの出身地 北条(現松山市) で行われ、もちろんゲストに土佐礼子さん。

午前中に子どもレースがあるらしく、大人は 11:30までに受付をして、12:10スタートと、のんびり。
10:00に出発しようと思っていましたが、安定の寝坊で9:40起床、10:15発。
茶碗蒸しを作る準備はしていたので、急いで蒸して食べ、
りんごを一個手に持って出て、車でまるかじり。

少し遠回りにはなりますが、開通したばかりの外環状を通ってR56 余戸へ。
そこからフライブルグ通り経由で、たいした渋滞もなく、ちょうど一時間で到着。

すごく天気が良くて、走るには絶好のお天気。
北条バイパスに入って、平田の坂を通って・・・驚きの光景が。
すごいランナーの数!!!
我が町ではそんなたくさんのランナーを見たことがない!!!

シーズン真っ只中、日曜日の良く晴れた11時となると
曜日、時間的にも多かったのでしょうが、本当にびっくりするほどのランナーがいました。
みなさん、レースのようにオシャレをしていましたが、わたしが田舎道を走る格好とはずいぶん違うのね・・・。


たくさんのランナーに刺激されつつ、会場到着。
そのうちにお仲間さんも集まってきて、合計4人に。
ゆるゆると移動し、スタート整列へ。

スタートラインが見える大会は初めて。
なんたって参加者 大人の部全員合わせて160人ほどですから。

コースは・・・北条なので海沿いで平坦だろうという予想を覆し、坂とのこと。
ま、折返しなので、行きに登れば帰りは下りですが。

LINEグループで聞いていたタイムは、
サブ3さんからは 『55分切れるかも』、名古屋の師匠からは 『57~58分』 と。
平坦コースと思っていたとはいえ、60分切りは最低限のラインとして走りました。

161218-1.jpg

161218-2.jpg
いつも停止を押してから保存がうまくいかず、再開してまた停止して・・・と時間が過ぎるのですが
自分で計測した結果は57分30秒。 ※チップなどなく、自己計測。

161218-3.jpg
EPSONくんは標高が分かりづらいですが、前半上りで後半下りのわたしの好きな感じ。
前半が6'00~6'10、後半が5'30~5'40
途中でペースがカクンと落ちているのは折り返し地点の減速&給水のため。

折返しで全ランナーと擦れ違うので、知っている人はいないかな~と探しましたら
お1人だけ地元クラブの男性を発見し 「こんにちは~♬」 『ライスランっ』 と、やり取り。

登りでは数人抜かれたと思いますが、下りでは誰にも抜かれなかったはず。
じわじわ距離を詰めながら、一人また一人と抜いていきました。
わたしが5'30~40で走ろうと思ったら、そうとう ゼェハァ。
レースでなくては出ない速さ。

ゴールでは先着の二人が待ってくれていて、給水に向かおうとしたら spicaさんにばったり。
擦れ違ったはずなのに気付かなかった~。
お声掛けありがとうございます!!!

もう一人のお仲間のゴールを待って、4人揃ったところで会館のほうへ移動し着替え。
12:10開始のこのレース、ご・・・ごはんは?
ハーフなら豚汁とおにぎりとか、おうどんとかいうのが定番ですが、なにもなさそう。
念のため持っていたソイジョイを食べて空腹を癒し、抽選会へ。

fc2blog_2016121818172958a.jpg
土佐さんの地元

その前にまたクラブの別の方にお会いし、タイムを聞かれたので
「57分でした♪わたしにしては頑張ったほうです!!!」 と得意げに報告。
『僕、36分でした♪』
意味が分からないんですけど・・・36分って何?
速っ!とは思いますが、それがどのくらいすごい記録なのかさっぱりわからない。

そんな人たちがいる地元クラブ・・・わたしには無理っっ。
また誘われたので丁寧にお断りしておきました。


「全員に何かが当たる」 という抽選会。
大会議室に1人1人椅子が用意されています。
屋外の寒風吹きすさぶところかと覚悟していましたが、何と親切な。

わたしの番号は早々に呼ばれ、なんと某所5000円の利用券。
2500円の参加費で、5000円の商品券♪♪♪
でも、その場所は遠いし、わたしにはあまり縁が無さそうな場所なので、相方さんに。

そして・・・わたしには焼肉店の3000円券が回ってきました!!!
やった~!!!

野菜、お米、紅まどんなやキスケの湯の利用券など豪華賞品が当たる抽選会
なんと全員にあたった後は二巡目まであって、なかなか楽しかったです。

12:10 スタート、13:07ゴール。
14:00~閉会式と抽選会で、会場を出たのは15:00をまわってから。
お腹が空いた~!!!
朝も満足に食べれていないのに、10km走って、昼抜きで もう15時。

fc2blog_2016121818180449a.jpg
ということで、お仲間さんとは現地で解散したので、独りで帰りに生石のスシローへ。
それがあっちもこっちも大渋滞でなかなか進まず。

やはり一番疲れたのは運転でした。
10km走るより、片道30km運転する方がしんどい。
外環状通りたさに遠回りしたので片道35km近くあったようで。

今日は10:15に出て帰宅は17:00すぎ
10km走るだけなら自宅の周りでも可能ですが、あのペースで全力で走るのは一人では無理なので
いい練習が出来ました。

本当は走り足りなくて、あと10kmくらい緩く走りたかったのですが
お腹がすきすぎて無理でした。
来年は、ブログ友さんを誘って・・・10kmレース+個人的に10kmおかわりジョグ(ただし平地)、どうですか?

fc2blog_20161218181859b23.jpg
さてこの時計は何色でしょうか? (答えは白)
VO2maxの数値
ん~。
※ このあとふざけた感違いをしていたのでバッサリ消しました。恥ずかし~。


応援ぽちっとお願いします。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

今日も自分の写真は一枚も無し。
時期が時期だけに、生脚女子はわたしだけだったかも。
上は長袖+半袖の重ね着にしていましたが、上も一枚で充分でした。

12/25 重信川土手 引き続き募集中です。(*^^*)

雨の宇和駅伝結果

駅伝なのでスタート時間が分からず。
遅れるわけにはいかないので、早めにスタンバイ。
モコモコに着込んでも体育館は底冷えがするし
まして、走る準備をしてからの待ち時間は寒いのなんのって。
気温は9度とのこと。

またしても半袖ランパン生脚+撥水キャップ。
ワセリン塗り塗りしても濡れるし寒い。
スタート前にシューズはずぶ濡れドロドロ。

平地3km(1.5km折り返し)コース
通行規制のない商店街は時折車が通り、少し危ない感じでしたが
走り出すと寒さは感じず、かといって汗ばむこともなく
メガネが濡れて見えづらい以外は大丈夫でした。
雨レースに耐性が出来てきたかな。

レース中はともかく、雨の中、濡れながら待つ間が恐ろしく苦痛ですが
このところ初駅伝や初雨レースなど立て続けで
いろんな経験値を増やしています。

自分の時計での結果は15分15秒
タスキをもらう前に計測開始して、タスキを渡し終えてほんの少ししてから停止させたけど
15分は切れてないだろうなぁ。
ちなみにEPSONくんでは2.9㎞。

ゴール後、すぐに着替えてLINEグループに報告。
『5キロ15分かと思った。』というヒドイ言葉にもめげず、自己満足です。

正式タイムは15:04
悔し~!!

40.jpg
走ったあとは豚汁で温まり。
替えの靴下は帰り用に温存のため、素足で。

fc2blog_201612041438432b3.jpg
閉会式に みきゃん登場。

fc2blog_20161204143956da4.jpg
会場の上には、よくテレビで見る雑巾がけレースのところ。

fc2blog_201612041441480af.jpg
ずっと雨。

周りで咳をしている人や、発熱している人がいて気になりましたが、わたしは元気です。
風邪を引かないよう体調管理に努めます。



駅伝頑張ったねのポチ、よろしくお願いします。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村


二週連続雨レース

自宅を出たときは降ってなかったのに、会場が近づくと雨。
本気雨降りの中、レースはスタート。
わたしの出番はもう少しあとなので、体育館で震えながら待っています。
スタート(タスキ受渡し)は運動場。
じゅるじゅるどろどろ。
雨でもアップはいるのかしら?
雨だからいるの?
濡れる時間は少しでも短いほうがいい。

う~嫌だ嫌だ~。
とりあえずタイムは気にせず、風邪を引かないように走ります。



雨に負けるなのポチ、よろしくお願いします。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

ひだか茂平マラソン(ハーフ)レポ

おかやまマラソンレポはいったん諦め、ひだか茂平マラソンレポを。
本当は3回シリーズくらいで書きたいのですが、
とにかく仕事が忙しくて時間が無さすぎるので強引に1回でまとめます。

5:30 出発。
一昨年は5時に迎えに来てくれたのに、わたしが寝坊して6:00過ぎ出発。
それでも十分間に合うのですが、雨予報どころか、前夜からしっかり雨なので
下の駐車場に止めるべく、5:30出発。
2時間かかって到着し、ギリギリ下の駐車場にとめることが出来ました。

暗い時間で、雨で、三坂峠は霧、慣れない道での運転はぐったり疲れたので行きの半分だけわたしが運転。
帰りは、はなっから運転する気なし。
移動距離…帰宅したときに177.7kmだったので、片道約89km

fc2blog_20161127082930208.jpg
国道を曲がるとたくさんの幟で歓迎してくれています。
2年前はここも走路でしたが、今年は変わっていました。

fc2blog_201611282332344e5.jpg
ブログ友さんと。(*^^*)

レース中は1度目の折り返しでは見つけられず、2度目の折り返しで気づいたときは真横で声を掛けられず。
昨年の汗見川では、わたしがブログ友さんを追い越したのに、今年は全然っっ違うところにいました。
ガチライバルだった方たちがどんどん遠ざかってわたしは追う側になっていく~。

いつもウエアの写真も撮っているのに、今回はわたしが写った写真はこれだけ。
唯一の貴重な写真・・・と思っていたら、またまた別のブログ友さんから写メが送られてきました。
それは改めて。

会場に着いて、受付をして、朝ごはん第2部を食べながら準備。
今回はナンバーカードが事前に送られてくるシステムでしたが、
Tシャツ(他にも選べる)やパンフレットの受取のため、受付は有り。

雨がザーザー降っていて、気温は11℃か12℃くらいだったかな。
わたしはどうせ濡れるなら素肌のほうがいいかな?と思いましたが、とりあえずいつものLINEで相談し
半袖+ランパン+ランニングポンチョで走ることに。
ハーフなのでゲイターも膝サポーターも、事前に攣り防止漢方を飲むのも一切なし。

IMG_2705.jpg
ゼビオで買ったこれ。
2014年2月の初フル高知龍馬マラソンで初めて買って2つ目。
防寒のために着ていて、脱いでもそのままポケットに入れて持ち帰ったりで使いまわし。
本来は使い捨てても惜しくないお値段で、わたしは使いまわしていますが
さすがに今回使用後は捨てました。

このゼビオのピンクのポンチョはあまり着ている人がいないので、相手からわたしを探すには便利そう。
色違いで水色と紫があります。
きれいな透明のアシックスやミズノ製品もあり、マラソン大会EXPOでは売っているはず。

今回の雨対策は、身体中といってもいいくらいにワセリンを塗る。
普段は足の指のごく1か所のみで、ほんのわずかしか使いませんが
今回は腕・脚は まんべんなく(足の裏以外)、そしてお腹にもワセリンぬりぬり。
水を弾くのと冷え防止のため。
ボトルで買ったので、一生かかっても使いきれないと思っていましたが、ちょっと減りました。 笑


9時を過ぎて駐車場のトイレへ。
かなり並んでいましたが、下のトイレはガラガラ。これはひとえに雨だったからでしょう。

9:40頃にやっとスタート地点へ移動。
開会式が終わりましたというアナウンスが聞こえていました。

給水場のテントで雨宿りをさせてもらって、ついでに給水も。
ボランティアのおばちゃま方とTシャツのことなど会話が弾みました。(*^^*)

スタート地点には続々とランナーが集まっていますが、わたしたちはギリギリまでテント下で待機。
9:58になったのでやっとスタート地点へ行き最後尾に整列。
GPSを取るのをすっかり忘れていてバタバタしましたが、どうにか間に合いました。
(7秒 ズレていたけど。)

最後尾スタートで、スタートから2kmはウォーミングアップのつもりで。
昨年とコースが変わっているそうですが、昨年は走っていないのでわからず。
一昨年から比べるとかなり変わっていましたが、早々に未舗装路というのは変わらず。

最初こそ、出来るだけ水たまりは避けようと、道路幅と走れる幅が一致せず渋滞になったり
砂時計の様になったりしていましたが、未舗装路に入ってからは諦めの一言。
びしょびしょだけならまだしも、ドロドロ。

体調は、ぐいぐい走れる気は全くしないけれど、2時間55分かかった久万の二の舞だけは避けられそう。
しばらくは流れに沿って走ることに。
といっても最後尾スタートなので、わずかずつは抜く形ですが。

そしてたがやいちさん発見っ。
しばらく一緒に走ろうと思ったら、たがやいちさんはプチアクシデントにより一瞬離脱。
この間に引き離しておこう・・・と思って、遥か後ろにいると思い込んでいたのに

も7
まさかこんな写真が撮れるほど真後ろにいたとは。
知らぬが仏。
知っていたら変なライバル心むき出しで、落ち着いて自分のペースで走れなくなっていたと思われ。

髪の毛は普段は一つに縛っていますが、本気の雨だったので
水滴が先からぽたぽた落ちてくるのが嫌なのと、
濡れた髪の毛は重くなってそれが左右に揺れるとポンチョに擦れてうるさいので、ねじり上げ。
四万十川桜では、髪の毛が濡れて背中のナンバーカードに擦れてかなり耳障りだったので。

ランパンは、おかやまマラソンEXPOで買った短めのもの。
Sサイズしかなかったものの強引に購入。
ちなみに今の体重は48kg台前半、体脂肪率は22~23%
で。お尻はパツンパツン。

あまりにムチムチだと、見苦しいかな?という感じではありましたが・・・
ポンチョで隠れるし、せっかく買ったんだし。(*^^*)

も8
写真の撮り方が下手過ぎなのはスルーで。
たくさんのレース参加史上初、参加賞Tシャツで走りました。
Mは大きすぎたので次からSにしよう。(*^^)v
(久万を四万十川桜のTシャツで走ったことはあり。その時の大会Tシャツで走ったのは初めて。)

も4

も5
たがやいちさんご自身も激走中なのに、撮ってくださってありがとうございました。(*^^*)
今回、前からの写真は無くて残念ですが、またそのうち撮れます。
オールスポーツもあるし。
でも、後姿はなかなか頼んで撮ってもらえるものではないのですごく嬉しいです。

↑この画像でもお分かりの通り、膝と膝が擦れるのが今回の問題点。
今まで時々というか、たま~に感じていて、おかやまでは何度となく感じていて。

サポーターなり、なんだかの措置をしていればいいのですが、今回は膝は何もナシ。
走り始めて1kmくらいで 「やばい~膝が擦れる~。」 と。

ストライドが約80cmだから・・・・21km走るには何回擦れるの?
5回で400cm、50回で40m、500回で、よ・・・よんじゅ?よんひゃ???
頭 回らず。
このあたりの計算、いったい何回したやら。
「42km(もちろん40kmとして計算しますが) 走るには、、、あっハーフか。」 とか。

フルマラソンとかウルトラマラソンを走ると計算できなくなるとよく聞きますが
わたしは単なるハーフマラソンで、しかもまだ2kmくらいの地点。
もともと頭が弱いのがバレバレ。

で、結局何回 擦れるのかは計算できず。
以前テレビでマラソン中継を見ていて、トップの女子ランナーが左のシューズが右足首に擦れて
出血しながら走っていました。
あの後のお風呂が痛そう!!!と強烈に印象に残っていて、それだけは嫌だ~!!!と
できるだけ膝がぶつからないように意識はしましたが、意識しすぎると変な走り方になりそうで。

今回新しく購入したシューズは、目標タイムからすると釣り合わないのですが
膝が内に入るランナー向けということが書いてあったので、それで採用というのも大きくて。

も6
2回すれ違い区間があるので、茂平は好きなコース。(雨以外)

1度目のすれ違いでわたしを見つけて声を掛けてくださった女性がいて、「ぇ???誰???」 状態。
てっきりブログ関係の方だと思ったら、クリテリウム駅伝の時に応援に来てくださっていた方で
この方には2度目の擦れ違いでしっかり挨拶しておきました。(*^^*)

毎回、【わたしの後ろの人に声を掛けたのにわたしが反応する】 という失態をやらかしますが
今回はちょっとだけ。対向の女性がこちらに手を振っていてとりあえず少し振り返しましたが
よく見るとその方の目がこちらを向いていなくて、慌てて手を引っ込めました。

今回は目標タイムは定めず、2時間30分くらいかな?と。
いくらなんでも久万ほどの絶不調はないだろうけど、2時間6分以内とか、まして2時間以内というのは望まず。

今の第一目標はフルサブ4.5ですが、いつかはハーフ2時間切りもやってみたい。
でも今回は望まず。
その代り、沿道の応援に出来るだけ応えました。

笑顔で手を振ると 『余裕じゃの~!!!』 という声援をいただいたりしましたが
2年前には 『手を振る暇があったら はよ(速く)走れ~!!!』 という声援も。
こうして書くと、言葉は冷たく感じられるかもしれませんが、本当に温かい応援の数々。

も2
中には一瞬耳を疑う声援も。

「ありがと~!!!」
ぇ? 走らせてもらって、応援してもらって、こちらがありがとうをいう立場なのに
住民の方々から 「ありがと~!!!」 だなんて。
本気でウルッとしそうでした。 (*^^*)
(レース初心者さんへ上からアドバイス。泣くと呼吸が乱れるのでゴールするまで泣くのは我慢したほうがいいです。)


  さすがにタイムアップ。
  25:00には寝ないといけないのでここで切り上げます。
  続きは後日。
  ここに書き足しかもしれないし、新規に書くかも。
  書き足す場合はまたその日のブログでお知らせします。





応援ぽちっとお願いします。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村
高知大好き。(*^^*)